無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

音文協奏曲メイン掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン アイコンURL
削除キー 項目の保存

[1147]ラルフ・ヴァイケルト指揮東京交響楽団 in ICHIKAWA 投稿者:中塚博則

投稿日:2008年10月14日 (火) 00時12分

演奏会ご案内の書き込み、失礼します。
こだわりのプログラムを、表現力に富む指揮者、充実のソリスト、オーケストラであなたに。

日時:2008年11月15日(土)開演15:00  
会場:市川市文化会館 大ホール(千葉県市川市本八幡駅8分)
出演:指揮 =ラルフ・ヴァイケルト
   ソプラノ1=アデーレ、オランピア      天羽明恵  
ソプラノ2=ロザリンデ、アントニア、ジュリエッタ 大隅智佳子
メゾ・ソプラノ=オルロフスキー、ニクラウス    森山京子
テノール =アイゼンシュタイン、ホフマン     土崎 譲
   バリトン =ファルケ、ダッペルトウット    与那城 敬
管弦楽=東京交響楽団
合唱 =東響コーラス 
合唱指揮=山神健志    

曲目: @モーツァルト:交響曲第29番イ長調K.201 Aオッヘンバック:歌劇「ホフマン物語」より酒場の合唱 Bホフマンのアリア「クラインザックの歌」Cオランピアのアリアと合唱「森の小鳥は憧れを歌う」Dアントニアのアリア「小鳥は逃げた」Eアントニアとホフマンの二重唱「愛の歌が」F鏡の歌「まわれ、まわれ、雲雀を捕らえる鏡の罠
よ!」G舟歌H酒場の合唱 モーツァルト:I交響曲第32番ト長調K.318Jヨハン・シュトラウスU:喜歌劇「こうもり」より開幕の合唱「夜会は招く」Kアデーレのアリア「侯爵様、あなたのようなお方は」Lロザリンデのチャルダッシュ「ふるさとのしらべよ」Mアイゼンシュタインとファルケの二重唱「夜会へ行こう」Nアイゼンシュタイン、アデーレ、ロザリンデの三重唱「一週間もただひとりで」Oオルロフスキーのアリア「お客を呼ぶのは私の趣味で」Pシャンパンの合唱「葡萄酒の燃える流れに」

入場料:S席 6,000円 A席 4,500円 B席 3,000円

お求めは、市川市文化会館 047-379-5111 
Tokyo Symphonyチケットセンター 044-520-1511

ラルフ・ヴァイケルト

ラルフ・ヴァイケルトはオーストリアのザンクト・フロリアンに生まれ、リンツのブルックナー音楽学校で最初の音楽教育を受けた。その後、著名なハンス・スワロフスキー教授のもと、ウィーン音楽アカデミーを修了した。
1965年には、コペンハーゲンの「ニコライ・マルコ・コンクール」で最優秀賞を受賞。翌年には、オーストリアの文化大臣から「モーツァルト解釈賞」を授与された。1975年にはカール・ベーム自身から「カール・ベーム賞」を贈られた。
1977年までボン歌劇場の音楽監督を務めた後、フランクフルト歌劇場で総音楽監督に任命され、1981年には、サルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団および州立歌劇場の主席指揮者になった。
1974年にはウィーン国立歌劇場で、1975年にはハンブルク国立歌劇場でのデビューを果たした。1979年にはベルリン・ドイツ・オペラで公演し、1981年からミュンヘンのバイエルン国立歌劇場で、1987年からはニューヨークのメトロポリタン歌劇場、そして1997年からサンフランシスコ・オペラでの公演が続いた。
1971年以来、サルツブルグ・フェスティバル、エクサン・プロヴァンス・フェスティバル、ブレゲンツ・フェスティバルに定期的に出演し、1987年以来アレーナ・ディ・ヴェローナにも定期的に出演している。ヨーロッパとアメリカでは彼の指揮の下でラジオやテレビ収録された他に、オペラやコンサートのレパートリーの多くがLPおよびCDに録音されている。彼は自身のレコーディングによって、「エコー・クラシック2005」などの幾つかの賞を受賞した。
1983年から1992年まで、チューリヒ歌劇場の音楽監督を務めた。
その後、フリーの指揮者となり、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ハンブルクおよびドレスデンの他、フィンランド国立歌劇場で定期的に客演している。ゲスト指揮者としては、多くの世界的に著名なオーケストラ、例えばベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団、ウィーン放送交響楽団、NHK交響楽団、イギリス室内管弦楽団、スコットランド室内管弦楽団、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、北ドイツ放送交響楽団、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団などで指揮した。
2004/05年のシーズンには、フィンランド国立歌劇場で「ニーベルングの指環」チクルス上演を2度指揮し、05/06年にはヘルシンキで「アラベラ」、「サロメ」と「後宮からの逃走」を指揮し、チューリヒ歌劇場では「魔笛」、「セビリャの理髪師」と「マリア・ストゥアルダ」を、ドレスデン国立歌劇場では「アルジェのイタリア女」を、セビリアではマスネの「マノン」を、ヴェルスのワーグナー・フェスティバルでは「さまよえるオランダ人」の他、ハンブルクでは「カルメン」を指揮した。
更に、05/06年にはハンブルク、ハノーバー、ザグレブ、ベオグラード、北京などで様々なオーケストラと数多くのコンサートを行った。06/07年には、ヨーロッパ10都市でのコンサートの指揮の他、ヘルシンキでは「フィデリオ」、ハンブルクとミュンヘンなどでは「ナブッコ」を指揮。ベルリン・ドイツ・オペラでは「イドメネオ」を指揮し、今後は再び定期的にチューリヒで幾つかのオペラ作品を指揮する予定である。















----------------------------------------------

[1150]私は伺えないのですが、、。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2008年10月17日 (金) 00時07分
盛会になると宜しいですね。
指揮者もいいかたですが、歌い手の皆様も実力者そろいです。

[1146]10万アクセス近し 投稿者:どkたーT@管理人

投稿日:2008年10月11日 (土) 09時37分

閲覧されている方にとってはどうでもよいことでしょうが、このサイトもようやく10万アクセスになりそうです。

開設以来8年、ほとんどテキストだけで構成されたサイトにもかかわらず、月平均1000アクセスあるというのは、大変ありがたいことだと思います。

今後も細々と続けて行こうと思います(ただし、開設当初より当方も年をとり、昔のように頻繁な更新は難しくなっております。月10回が目処でしょうか)ので、宜しくお願いします。

10万アクセスを踏んだ方は、是非メールでご連絡ください。

----------------------------------------------

[1148]10万アクセス達成おめでとうございます!!投稿者:一静庵
投稿日:2008年10月15日 (水) 10時12分
どくたーT@管理人様の着実なホームページ運営の賜物でございましょう。
土曜日にこの書き込みなさったときのワクワク感が伝わって参ります♪♪~~~

----------------------------------------------

[1149]祝!10万回アクセス投稿者:ムゼッタちゃん
投稿日:2008年10月15日 (水) 11時17分
どくたーT様、おめでとうございます。
的確な感想と上演記録のデーターベースは
わたしにはなくてならないもの。
感謝、感謝!

----------------------------------------------

[1151]ありがとうございます。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2008年10月17日 (金) 00時09分
あっという間に10万アクセスを超えました。
これもひとえに、一静庵様、ムゼッタちゃん様を初めとする皆様のおかげです。
今後も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

----------------------------------------------

[1159]遅れてしまいましたね。投稿者:kintaro
投稿日:2008年12月21日 (日) 21時15分
10万アクセス突破おめでとうございます。
出遅れましたが、これからもよろしくお願いいたします。

最近N響定期から遠のいてしまいました。
こちらの評を読ませて頂いて気分だけ味わう事にします。^^

[1143]セブン 投稿者:一静庵

投稿日:2008年09月20日 (土) 20時20分

配置図を書いていただいてありがとうございました。
ほんとにこういう風にきっちりと並んでいましたね。
私は3階席でしたから、客席のヴァイオリンはバルコニーの篠崎さんと、パイプオルガンのところの山口さんしかわかりませんでした。
スピーカーはエレクトリック・ギターとサンプリング・キーボードのためだったのでしょうか?

----------------------------------------------

[1145]セブンのスピーカー投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2008年09月20日 (土) 22時30分
何ともいえない音楽でした。

>スピーカーはエレクトリック・ギターとサンプリング・キーボードのためだったのでしょうか?

そうではないかと思います。ただ、スピーカーから音が出ている印象はあまりありませんでした。

[1142]Cittadino プッチーニ:オペラ「蝶々夫人」のご案内 投稿者:Soave

投稿日:2008年09月16日 (火) 00時29分

こんにちは。オペラ「蝶々夫人」を上演いたします。
よろしかったら是非お越しくださいませ。
よろしくお願いいたします♪

プッチーニ生誕150周年記念公演
コンサート形式による
G・プッチーニ作曲 オペラ『蝶々夫人』(全三幕・全曲・原語上演・字幕付)
Madama Butterfly
2008年11月2日(日)文京シビックホール
18時開場 18:30開演
指揮:草川正憲
ピアノ:今東薫
主なCast
蝶々夫人:片岡ひろみ
ピンカートン:加藤康之
シャープレス:中原和人
スズキ:鈴木美恵子
ゴロー:浅原孝夫
ヤマドリ:小川雄亮
ボンゾー:窪川真也
ケイト:柿谷美雪
神官:比嘉誉
ヤクシデ:丹羽広 ほか
合唱:コラーレ・ソアーヴェ
【チケット】全席自由 3000円
【主催】Soave (ソアーヴェ)
【共催】NPOチッタディーノオペラ振興会
【チケット予約・お問い合わせ 取り扱い】
Soave(ソアーヴェ)オペラ事務所
電話:090-4955-2297
メール:soave-info@dw.rmail.ne.jp
【会場アクセス・最寄駅:文京シビックホール】
・東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅4Bまたは5番出口徒歩3分
・ 都営地下鉄三田線 春日駅(文京シビックセンター前)
・ 都営地下鉄大江戸線 春日駅(文京シビックセンター前)
文京シビックセンター連絡通路徒歩3分
・JR中央・総武線 水道橋駅徒歩8分

----------------------------------------------

[1144]楽しみですね投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2008年09月20日 (土) 22時27分
Cittadino歌劇団は、文京区の区民参加オペラ団として活躍していらっしゃるのでしたよね。私は、市民オペラにも興味があるので、時間に都合がつけば伺うのですが、あいにくその日は別の用事があって伺えません。悪しからずご了解ください。
また、是非成功をお祈り申し上げます。

[1140]小空間オペラ【ランメルモールのルチア】上演 投稿者:風の丘HALL

投稿日:2008年08月28日 (木) 20時50分

お邪魔いたします。
千葉市花見川区において、オペラ公演を行っています。85席の小空間ですが、こだわって上演、早8年目、90公演越えました。秋葉原から45分ほど。宜しければ!

****************************

おかげ様で「小空間オペラTRIADE」
文化庁公認・文化市民団体登録・記念公演

小空間オペラvol.25
ドニゼッティ【ランメルモールノルチア】08年9月10日(水)12時開演
    13日(土)15日(月・祝)15時開演 (全3回公演)

出演:ルチア:蒲原史子
   エドガルド:小山陽二郎
   エンリーコ:鹿又透
   ライモンド:志村文彦
   ノルマンノ・エンリーコ:藤原海考
   アリーサ:松浦麗
   アンサンブル
     :伊藤晴・冨田裕貴・高嶋康晴・佐々木典・和下田大典
   ピアニスト:河原忠之
   稽古ピアニスト:山崎真

演出:木澤譲
   字幕・舞台監督:岡本泰宏
   舞台美術:鍵井保秀
   衣装:イシカワマリコ

チケット:4,500円(風の丘取り扱いのみ・一般全席自由)
         ほかプレイガイド一般:5,000円(東京文化会館ほか)
     2,500円 学生(中高校生・大学生〜25歳まで・風の丘のみの取り扱い)

公演HPをご参照ください。

*ルチアの予習交流会は、8月31日1時半から行います。
ご希望の方は、風の丘まで
お申し込みください!参加費はお茶代500円です。

*****************

千葉市花見川区朝日ヶ丘
JR総武線新検見川駅下車徒歩9分
   tel 043-273-4217

----------------------------------------------

[1141]楽しみですね投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2008年08月31日 (日) 23時11分
風の丘ホールさんの上演は、小空間であるがゆえに、歌手の息遣いがよく見えて、きっと楽しいに違いないと思っています。

今回のルチア役の蒲原史子さんは、素敵なソプラノで、私も随分前ですが一度聴いて感心したことを覚えています。

だから行きたいのですが、この3日間全て予定が入っていていけません。また、多摩の人間が千葉まで遠征するのはなかなか大変です。

いろいろと難しいとは思いますが、また、多摩まで引っ越し公演に来ていただけると嬉しいです。

あ、お近くの方はどうぞ楽しんでください。

[1139]ホルスト・シュタイン逝去の件 投稿者:どくたーT@管理人

投稿日:2008年08月02日 (土) 09時26分

N響名誉指揮者のホルスト・シュタインが逝去したそうです。1928年生まれの80歳。私にとっては、N響でドイツ物を演奏したときの印象が忘れられない指揮者です。

私は、彼の演奏を都合10回聴きました。全てN響。演奏するプログラムもドイツ物が多く、また、ドイツ物に良い演奏が多かったのは事実です。

特に印象深い演奏は、1993年の1214回定期、ヘルマン・プライ(この方も故人ですね)をソリストに迎えたシューベルトの歌曲、1995年の1254回定期、演奏会形式の「さまよえるオランダ人」、1996年のオール・ベートーヴェンプログラムなどがあります。

1998年を最後に10年間N響の指揮台に立つことはなかったのですが、N響にとって非常に重要な指揮者の一人でした。

ご冥福をお祈りします。

[1137]『夜長姫と耳男』 投稿者:一静庵

投稿日:2008年07月29日 (火) 00時11分

東京室内歌劇場のオペラ『夜長姫と耳男』を観ました。
間宮芳生さんの音楽は太棹三味線が入っていたり、フルートを尺八のように吹いたりしても日本調ではなくジャズ風ともいえる感じでした。ものすごく難しそうな歌を、歌手の方々は歌い切りましたが、夜長姫の大貫裕子さんは強いソプラノでわがままな夜長姫を演じ、最後についに耳男に刺殺されるまで、はっきりした日本語が聞こえる素晴らしいものでした。可愛らしい微笑みがなんとも恐ろしかったです。耳男の太田直樹さんは、夜長姫に魅せられて屈折していく自分でもどうしようもない状態の苦しさのようなものを、実に巧みに歌っていたと思います。ストーリーテラー的役割のアナマロ多田康芳さんも歌詞がよく聞き取れ、一幕のこのオペラを集中して聴くことに一役買っていたと思います。「好きなものは呪うか殺すか争うかしなければならないのよ・・・立派な仕事をして・・・」というクライマックスでは、心が震える思いがしました。
バルコニー席で、舞台の全体は見えませんでしたが、彼岸と此岸をあらわしているらしい彼岸花やからたちの枝が、なんとも不気味でした。上がり下がりするハーフミラーを使用していましたが、その中は見えなかったので、何の効果をねらったものかは、良く解りませんでしたが、第一生命ホールのような室内楽向きのホールで最大限工夫してあったのではないかと思います。寺嶋陸也さんの指揮は見えなかったけれど、非常に明晰な音楽づくりだったように思います。

原作:坂口安吾
台本:友竹正則
作曲:間宮芳生

指揮:寺嶋陸也
演出:中村敬一

夜長姫(ソプラノ):大貫裕子
耳男(バリトン):太田直樹
夜長の長者(テノール):吉田伸昭
アナマロ(バリトン):多田康芳
エナコ(ソプラノ):松本薫

太棹三味線:田中悠美子
ヴァイオリン/ヴィオラ:手嶋志保
チェロ:松岡陽平
フルート1st:中川昌巳
フルート2nd:西村いづみ
クラリネット/バスクラリネット:伊藤紀江
パーカッション:山口泰範
ピアノ/チェンバロ:藤原弥生

第一生命ホール

----------------------------------------------

[1138]ありがとうございます。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2008年07月31日 (木) 00時36分
一静庵様

私も行きたかったのですが、この週末は多忙でとても行く時間は取れませんでした。

詳細のご報告、ありがとうございました。再演されたときは是非聴きたいものです。

[1136]多忙で追加できません。 投稿者:どくたーT@管理人

投稿日:2008年07月28日 (月) 23時55分

先週から今週にかけて忙しく、本文の更新が出来ません。8月までお休みです。

[1132](削除) 投稿者:システムメッセージ

投稿日:2008年07月16日 (水) 07時03分

投稿された方の依頼により、2008年07月18日 (金) 02時14分に記事の削除がおこなわれました。

このメッセージは、設定により削除メッセージに変更されました。このメッセージを完全に削除する事が出来るのは、管理者の方のみとなります。

----------------------------------------------

[1134]別に結構です。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2008年07月16日 (水) 21時08分
通りすがり様

もう書き込みは無いかと思っておりました。

>先にも申しましたが、ある程度データとして、作品名や著書を示しているはずですので、これ以上どのようなデータを示せばいいのか、ピンポイントでお教えください。

個別のデータは別に教えていただかなくても結構です。というよりも記名でメールを頂き、論文リストを教えていただいたほうが、すんなり納得できそうです。

>自説に大分とこだわってらっしゃる様子にお見受けしました。
別に拘りはありません。
それなりに調べて書いたつもりですので、修正するのもきちんと調べて修正しようとしているだけです。

週末私も図書館で少し調べましたので、貴見の妥当性もある程度は確認しました。100%同意はしませんが。そのうち修正して公開します。

そういう調査の気持を起こさせてくれた意味で、深く感謝しております。

[1131]八周年、おめでとうございます! 投稿者:一静庵

投稿日:2008年07月15日 (火) 23時19分

「どくたーTの音文協奏曲」八周年おめでとうございます。
当初の熱気は薄れたとはおっしゃりながらも、地道な更新があり、素晴らしいです。「あれは、何時だったっけ?」とか「指揮者はどなたっだかしら?」などと思った時にすぐに解り、活用させていただいております。
ますますのご発展をお祈りしております。

----------------------------------------------

[1133]便乗して〜♪投稿者:kintaro
投稿日:2008年07月16日 (水) 12時00分
8周年なのだそうですね。おめでとうございます!!
私のサイトが出来た頃からのネット上でのお知り合い〜〜^^;

これからも楽しみにしていますので、よろしく〜♪

----------------------------------------------

[1135]ありがとうございます。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2008年07月16日 (水) 21時13分
一静庵様
Kintaro様

結構マイナーなサイトですが、月1000人の方が見ているわけですから、ありがたいことだと思います。これからも、データの蓄積をしながら続けていければと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板