無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

音文協奏曲メイン掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン アイコンURL
削除キー 項目の保存

[1207]福井敬テノールリサイタル 投稿者:福井敬.net

投稿日:2009年08月16日 (日) 15時30分

こんにちは。一回宣伝でお世話になりましたが、
曲が一部決まりましたのでぜひ、もう一度お願いいたします。

9月5日(土)午後1時開演、日本大学カザルスホール(御茶ノ水駅)にて
歌唱力に定評のある福井が、湯山昭「さくら伝説」梁田貞「城ヶ島の雨」などの日本歌曲や、ヴェルディのオペラ「アイーダ」より「清きアイーダ」などを歌います。日本歌曲、オペラアリアから当日サプライズプログラムで。ゲストにジャーナリストの江川紹子も迎え、オペラの舞台裏などのトークも披露。

ピアノ:河原忠之 特別ゲスト:江川紹子
全席指定  S席4000円、S席ペア7000円(完売)A席3000円
お申し込み方法は、メールにて
メール   fukuikei.recital.0905@gmail.com
@氏名 A券種 B枚数 C連絡先(メール)D郵送先住所
チケットぴあでも販売中
チケットぴあ (Pコード:320-492) 0570-02-9999
電子チケットぴあ http://pia.jp/t

主催 福井敬.net http://fukuikei.net
お問合せ 090-9852-3323 (大江)

----------------------------------------------

[1208]楽しそうですね。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年08月17日 (月) 00時14分
福井さんの歌唱力は定評ありますし、河原さんの伴奏も、非常に上手です。たぶん楽しいリサイタルになるでしょう。
私も伺いたいところですが、当日は別件があって伺えません。
ご盛会をお祈りいたします。

----------------------------------------------

[1212]掲載して頂きありがとうございました。投稿者:福井敬.net
投稿日:2009年09月08日 (火) 20時46分
お蔭様で、大盛況のうちにリサイタルを無事終了することが出来ました。
ありがとうございました。
リサイタルは、福井さんの練りに練った企画と、ピアニスト河原さんの素晴らしい演奏
そして、お客様の暖かい雰囲気で会場が一体となった本当に素晴らしいものでした。
皆様のご期待に応えるべく、福井さんも素晴らしい歌唱を披露していただき
音楽の素晴らしさを実感する幸せな時を過ごすことができました。

尚、当日のリサイタルのプログラムや感想はこちらをご覧ください。
http://www.fukuikei.net/


福井敬.net管理人より

----------------------------------------------

[1213]大盛況、良かったですね投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年09月13日 (日) 07時12分
福井さんは日本を代表するテノールの一人ですし、その力量は、広く認められています。そういう方がファンの前で歌うとなれば、いつもに増して頑張られるのは当然かもしれません。
大盛況をお祝い申し上げます。
私も今後も福井さんを聴き続けていくだろうと思います。

[1203]パソコン壊れました。 投稿者:どくたーT@管理人

投稿日:2009年07月22日 (水) 22時01分

パソコンのマザーボードが壊れたようです。
修理に出すか、新しいマシンを買うか検討中です。
それが終了するまで、更新はお休みになります。
以上、ご報告まで

----------------------------------------------

[1204]オリー伯爵投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年07月26日 (日) 23時47分
パソコンを新たに購入しました。
まだ設定が完全ではないので、サイトの更新はお休みです。

本日、津田ホールで、南條年章オペラ研究会の「オリー伯爵」を見て参りました。詳細の感想は、後日掲載します。ひとことで申し上げれば、昨年の方がよかったですね。でも楽しめました。

----------------------------------------------

[1205]設定大変です投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年08月01日 (土) 10時36分
まだ完全に復帰できていません。
いろいろと問題があります。
とりあえず、オリー伯爵の感想はアップロードしました。

----------------------------------------------

[1206]10年前投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年08月01日 (土) 21時37分
どくたーTの音文協奏曲は9年前から始めておりますが、基本的な構造は変わっておりません。当時私の持っていたパソコンはWindows98のマシンで、オフィスソフトはワード2000、エクセル2000を使っていました。
その後、動画等の利用のため、XPのマシンに更新したのですが、ソフトは古いものをそのまま使っていました。
ちなみにホームページの作成はアウトルック・エクスプレスを使用していました。このソフトは細かい問題はあるにせよ、非常に優れたエディターソフトで、大変重宝してきました。
ところが、今回のVistaマシーンは、性能が良すぎて、古い使いやすいソフトがどんどん使えなくなっています。オフィスの2000なんて問題外。アウトルックエクスプレスも動きません。その代わりにワード、エクセルを使用してサイトを作成してみてはいるのですが、シートが重くなるし、思ったようには作成できないし、困っています。そんなこんなで、一部のページが消えたりしているはずです。

オリー伯爵の感想は、カルメンの感想の下にありますので、カルメンの感想をクリックして、さらに下を見てください。

本当にどうしようか悩むところです。8月は夏休みで、音楽会の回数も減りますので、少しじっくりとサイトの修復に取り組みます。

[1201]おめでとうございます! 投稿者:一静庵

投稿日:2009年07月16日 (木) 17時41分

「どくたーTの音文協奏曲」9周年、おめでとうございます。
着実なご努力の賜物と、尊敬の念をあらたに致しております。
今後も長くお続けになられますよう、お祈り申し上げます。

----------------------------------------------

[1202]ありがとうございます。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年07月19日 (日) 00時09分
一静庵様
お言葉ありがとうございました。

これもひとえに一静庵様をはじめとした、見ていただいている方のおかげです。
今後も、無理をせず頑張ります。

[1199]佐々木邦、大好きな作家です。 投稿者:M.S.

投稿日:2009年06月11日 (木) 23時16分

佐々木邦を取り上げているサイトが、果たして今ある
だろうか、と思って検索していましたら、ここに来ました。

>もうほとんど知る人はいないでしょう
とお書きですが、私は「少年倶楽部文庫」で復刻された
十代向け小説だけですが、佐々木邦と南洋一郎(『吠える
密林』、あの、一人称で書かれた猛獣狩りの小説です。彼の
全集の内一冊、猛獣狩り物中心のアンソロジーは古書店で
買って持っています)の作品は全部読みまして、大ファンに
なりました。

大人向きの作品は知りませんが、佐々木邦の少年向け
ユーモア小説の一番良いところは、登場人物に悪人が
絶対出てこない所だと思います。みんな基本的に善意の
人、そこから生まれるユーモアは良質で、後味が良いです。

「苦心の学友」も良いですが、私が一番好きなのは
「トム君・サム君」です。

大学生の頃、同じ英文学科で、大学院に進み、今では
大学で教鞭をとっている、ある女の子と友人でして、
彼女に、「まぁ読んで、面白いから」と、上に挙げた
作品を含めて、文庫本4,5冊をを貸した事があります。

学級肌の彼女には、この手の小説はバカバカしく思われ
るんじゃないか、そう思っていましたら、さすがに大学院へ
進んで文学研究をする人は違います、翌日には全部読んで、
意外にも大変喜ばれました。彼女も、やっぱり善意の人々が
織りなすユーモアが良い、そう言っていました。

早いもので、あれからもうじき30年です……。

----------------------------------------------

[1200]ご感想ありがとうございました投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年06月14日 (日) 11時06分
M.S.様
はじめまして。
書き込みありがとうございます。

>佐々木邦の少年向け
ユーモア小説の一番良いところは、登場人物に悪人が
絶対出てこない所だと思います。みんな基本的に善意の
人、そこから生まれるユーモアは良質で、後味が良いです。

本当にそうですね。そして、トム君・サム君も勿論傑作だと思います。第二次大戦前の欧米との関係が悪化する直前に書かれたこの作品の意義は大きいですし、内容もとても楽しいと思います。

大学を出て30年といいますと、M.S.様と私とはほぼ同世代と思われますが、私も少年倶楽部文庫を中高生の時分購入して楽しんだ口です。

佐々木邦は実はその前から好きだったのですが、それ以来彼の書いた作品が復刻されるたびに購入しています。

どうかこれからも楽しんでください。

[1197]Music  Tomorrow 2009 投稿者:一静庵

投稿日:2009年06月03日 (水) 21時41分

6月1日東京オペラシティコンサートホールでMusic Tomorrow2009を聴いて参りました。
今年のN響委嘱作品・斉木さんの「モルフォゲネシス」は、とてもおもしろく、迫力があり変化に富んだ躍動感のある曲でした。鳥のさえずりなどが聞こえますが、心拍の音も聞こえるので、ものすごい盛り上がりのところ、きっと臨死とはこんなものじゃないかと思いました。その後の静けさはあの世でしょうか、この世でしょうか。また聴きたいと思います。
藤倉さんの「secret forest ensemble」は、少ない人数の弦がステージの上にいて、1階客席には、後方は見えませんでしたが、前方両側にフルート、クラリネット、横の通路両側にホルン、中央にファゴット、後はオーボエ、トランペット、トロンボーンが配されていたのだろうと思います。ちょっとおとなしめな感じだなあと思っているうちに、後半は弦楽器の手が千切れんばかりのトレモロの連続でした。どうもピックでかき鳴らしているようです。客席の管楽器がたいへん面白く、特にファゴットは大ソロ、水谷さんの素晴らしい演奏が聴けました。他の管楽器奏者は雨の音の筒に持ちかえて、ホール全体にザザーという音が広がりました。ノットさんは右や左から後へ指揮するという大活躍です。この曲もとても楽しめました。

リゲティのヴァイオリン協奏曲。最弱音から始まる第1楽章はオーケストラとかなり同化しているような感じです。数日前、音楽の心象風景を描いた庄司紗矢香さんの絵画の個展を京橋で見てきたのですが、第2楽章冒頭のソロ部分の絵もありました。どこか懐かしいような広々とした田園風景を地平線にあるヴァイオリンを弾く手が包み込んでいるような作品でした。その絵は茶系統の色使いでしたが、私はこのコンサートで聴いて、なんとなくブルーグレーを思い浮かべました。ソロヴァイオリンのなみなみとした音色に包みこまれるような中、おもしろい音がすると思うと水谷さんや加藤さんがオカリナを吹いておられ、ちょっと愛嬌のある音が怖いようなヴァイオリンとの対比を浮かび上がらせていました。複雑で色々な音やリズムが繰り出され、最後はものすごく早くて、コントラバスは殆どコマのあたりまで両手が及んでいましたし、チェロのピッツィカート、藤森さんはついに右手で弦を押さえていらっしゃいました。 確信を持った指揮者のもと、小柄なソリストが強大な力を発していて、且つオーケストラもとても上手なので、名演だったと思います。

N響 Music Tomorrow 2009
指揮:ジョナサン・ノット
ヴァイオリン:庄司紗矢香
管弦楽:NHK交響楽団

原田敬子:エコー・モンタージュ―オーケストラのための(2008) [第57回「尾高賞」受賞作品]
斉木由美:モルフォゲネシス [N響委嘱作品・世界初演]
藤倉大:secret forest ensemble(2008)[第57回「尾高賞」受賞作品]
ジェルジ・リゲティ:ヴァイオリン協奏曲(1992)

----------------------------------------------

[1198]一静庵様、レビューありがとうございます。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年06月05日 (金) 00時47分
何か、凄い演奏会だったようです。
一静庵様、本当にありがとうございました。

[1195]どくたーTさん凄すぎます 投稿者:さまよえるオペラ人

投稿日:2009年05月24日 (日) 13時39分

初めまして。
驚きました。「オペラの部屋」を感動しながら拝見させていただきました。どくたーTさん凄すぎます。個人でこのような素敵な作品?(不適切な表現でしたらお許しください)を公開していることに頭が下がります。
小生1993年に某音楽雑誌を通して同好の友と小さなオペラの鑑賞サークルを結成して今に至っていますが、どくたーTさんの活動は実に素晴らしいと思います。どうぞこれからも頑張ってください。

----------------------------------------------

[1196]お褒めのお言葉、ありがとうございます。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年05月25日 (月) 00時14分
さまよえるオペラ人様

お褒めを頂き、大変嬉しいです。ありがとうございます。
根っからの理系で、データをまとめでデータベースを作るのがすきなのですね。

とは申し上げても、とても1万以上のデータを扱うとなると、素人には手に負えない部分もすでに出ております。また、ケアレスミスも多く、随分注意も受けております。最初はもっとちゃんとできるだろうと思っていたのですが、体力、気力が続かないところもあります。

しかし、研究費を貰ってやっている仕事ではなく、あくまでも自分のお遊び、したがって全て自分の持ち出し、時間も資料等の購入費用もそうですので、きっちりとまとめようとは思わず、今後もマイペースで続けていければと思います。

データばかりで楽しめるページではないかもしれませんが、誉めていただけるのは、とても嬉しいことです。どうもありがとうございました。

[1193]ソプラノ本宮寛子水無月コンサートのお知らせ 投稿者:スザンナ

投稿日:2009年05月20日 (水) 21時37分

はじめまして、声楽家の経歴がとても詳しく載っていて驚きます。どのようにお調べになられたのですか?それは秘密ですか?
時々訪問させていただいていましたが今回は本宮寛子さんの例年行われているコンサートのご案内をさせてください。

第12回本宮寛子ソプラノリサイタル「水無月に寄せて」
6月19日(金)6時30分開演 ピアノ呉惠珠
今年はヘンデル没後250年ということもありプログラムは日本歌曲とオペラアリアには特にヘンデルのオペラ「リナルド」や「セルセ」からの名アリアが歌われます。
京葉銀行文化プラザホール(千葉駅より歩3分)
チケット取扱:京葉銀行文化プラザ Tel.043-202-0800
       千葉三越友の会 Tel.043-224-8228
       本宮寛子後援会 Tel.043-255-4719(栃尾)
               Tel.043-256-7921(香西)

----------------------------------------------

[1194]秘密ではありません投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年05月22日 (金) 21時04分
スザンナ様、書き込みありがとうございます。
また、本宮寛子さんのコンサートの盛会をお祈り申し上げます。

さて、ご質問の
>楽家の経歴がとても詳しく載っていて驚きます。どのようにお調べになられたのですか?それは秘密ですか?

これは、全て公開されている情報を組み合わせて作成しております。
具体的には、私が聴いたオペラやコンサートの公演パンフレットに記載されているプロフィール、「音楽の友」などの雑誌の記事、インターネットのホームページ、音楽年鑑等に記載されている記事などから情報を拾い上げて、個人的にデータベースにしているのですが、それを公開しております。
結構手間な仕事なので、数の増え方は遅いけれども、時間と手間さえ惜しまなければ誰でもできることです。

したがって、そのような情報が完全に公開されていない方の記事は書けないということになります。

[1191]福井敬テノールリサイタル 投稿者:福井敬.net 

投稿日:2009年05月05日 (火) 12時02分

こんにちは。今年も福井敬.net(福井敬さんのファンサイト)主催でリサイタルを催します。この演奏会は、ファンのための演奏会というより、まだオペラなどご覧になったことのない一般の方でも楽しめる内容にしております。よろしくお願いします。
「福井敬テノールリサイタル」
福井敬プロデュースによるオリジナルプログラム
日本歌曲、オペラアリアなど
2009年9月5日(土)午後1時開演
会場:日本大学カザルスホール ピアノ:河原忠之 特別ゲスト:江川紹子

全席指定 S席4000円、S席ペア7000円(福井敬.netのみ販売)
     A席3000円(2階バルコニー席)
※チケット好評発売中です!!

詳細は福井敬.netへお願いします。

----------------------------------------------

[1192]しっかりと江川紹子さんが登場ですね。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年05月06日 (水) 23時03分
ゲストが江川さんというのがいいですね。
江川さんが福井さんの「追っかけ」だということは結構有名です。
私も追っかけている江川さんを見たことがあります。

[1189]メリー・ウィドウ ハイライトのご案内 投稿者:ジャンニ

投稿日:2009年04月30日 (木) 00時40分

こんにちは。公演情報です。宣伝させてください。
ご興味ありましたらぜひご来場ください。どうぞよろしくお願いいたします。

Soave Salon Concert vol.4
F・レハール作曲 オペレッタ「メリー・ウィドウ」ハイライト 日本語上演
2009年5月21日(木) 18:30開演(18:15開場)
会場:文京区本駒込地域センター
(地下鉄南北線本駒込2番出口徒歩3分)
チケット料金:2500円(全席自由)
ハンナ:鈴木美幸
ダニロ:小川雄亮
ヴァランシェンヌ:南條みどり
カミュ:岡村北斗
ツェータ:清水崇彦
ピアノ伴奏:村田千晶

チケット予約・問い合わせ
y_ogatea@yahoo.co.jp

----------------------------------------------

[1190]ご盛会お祈りいたします。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年05月02日 (土) 13時19分
ジャンニ様
二度目の書き込みですね。
ありがとうございます。
私がいけるかどうかはわかりませんが、盛会を心からお祈り申し上げます。

[1186]自主公演のお知らせ 投稿者:大隅智佳子

投稿日:2009年03月25日 (水) 23時19分

時々私の出演する舞台を観て頂いているようで
ありがとうございます。
偶然に人から「妖精」をとても褒めてくださってると訊き
以前にお邪魔しました。
せっかくなので今度私が企画している公演のご案内を
書き込みさせて頂きます。
よろしければぜひご来場ください。

カタラーニ作曲「LA Wally」
邦人キャストによる日本初演企画です。
大隅がどうしても演奏して実現させたく企画してます。
予算の関係で演奏会形式ですが
まずはしっかり音楽を皆様にお届けしたいと頑張っています。

2009年5月10日(日)18時30分開演
ティアラこうとう大ホールにて
S席4500円 A席3500円
字幕付、原語上演(演奏)
指揮:高野秀峰
出演
ワリー:大隅
ハーゲンバッハ:樋口達哉
ゲルナー:豊島雄一
ワルター:大西ゆか

結構豪華なメンバーだと自負しております。
オケは芸大を中心とした若手プロメンバーで構成、
合唱は公募合唱と芸大学生によるアンサンブル、

「演出付を実現してほしい!」
そんな声が出るような企画にしたいと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。

ではでは、失礼致しました。 

----------------------------------------------

[1187]行けると断言できないのが残念ですが、、、。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2009年03月27日 (金) 23時47分
わ! 大隅さんだ。

驚きです。確かに私は大隅さんの密かなファンで、2003年ぐらいから時々舞台を見ておりますが、書き込まれると一寸照れます。

書き込みありがとうございます。大変嬉しいです。

確かに「ワリー」の日本初演、というのは志が高いですし、歌われる方も一流です。これは聴きものです。私も行きたいです。今の段階で、ま、どうなるか分らないのが残念です。

盛会をお祈りします。




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板