無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

音文協奏曲メイン掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン アイコンURL
削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

[1927]デュトワのセクハラ報道に思うこと 投稿者:どくたーT@管理人

投稿日:2017年12月23日 (土) 07時27分

デュトワの今回のセクハラ報道。大変残念です。

欧米のセクハラに対する対応は厳しいようで、既に契約打ち切りや、公演中止が相次いでいるようです。
もちろんセクハラは決して許されないことではありますし、権力や権威のある人はことさらに慎むべきことであります。
その意味で、今回の欧米での対応は、それが事実であるとすれば当然であるとはいえるのですが、一方で、ウーンと思ってしまう部分もあります。

わたし自身は、デュトワ個人に対する思い入れは全くありません。
しかしながら、デュトワの紡ぎだす音楽には非常に思い入れがあります。
NHK交響楽団の常任指揮者、音楽監督として独墺系色彩の強かったN響を国際的な機能的オーケストラに仕込んだのは間違いなくデュトワです。デュトワが音楽監督になる前、N響は弦楽の音は素晴らしかったですが、管はそれほどでもなかった。しかし、彼が指揮するようになってから、管楽器の実力がどんどん上がっていきました。とにかく、N響に対する貢献、功績は多大なものがあります。

N響での演奏は100プログラムを超え、私もそのうち60以上聴いていますが、オーケストラ音楽の最高を聴かせてもらったのも多分デュトワです。この12月もN響でオールラヴェルプログラムと、ストラヴィンスキー「火の鳥」を中心としたプログラムで深い感動を覚えたところです。

来年12月のN響出演も決まっており、その詳細は発表になっていませんが、期待しておりました。

今回の報道で、N響は「今回の事態を踏まえて適切に対処していきたい」と言っています。

今回の報道が事実であるとするならば、デュトワがそれに見合った法的・社会的制裁を受けるのは当然ですが、社会的制裁に関してはバランスのとれたものにしていただき、またあの素晴らしい音楽をなくなることがないように望みたいと思います。

----------------------------------------------

[1928]デュトワについて思うこと投稿者:みらい
投稿日:2018年01月12日 (金) 22時26分
デュトワの報道は収まることがなく、来年度のプログラムからも12月の指揮者が調整中と書かれてしまっている事態を受け、私はN響からデュトワの音楽が奪われてしまうことを大変危惧しています。また、先月の公演を放送が放送されないという事態になることも危惧しています。
ドクターTさんはどう考えておられるかと思い、掲示板を訪れると、流石、もうお考えを記されていました。
今回の報道内容に関して、SNSでの拡散という効果により、どんどん騒ぎが大きくなるばかりですが、仮に裁判所に結論を委ねたとしても、時間を費やすだけで白黒はっきりするものではないと予想しております。だからこそ、デュトワにとっては不利な状況に追い込まれやすく、N響も楽団内での十分な調査無しに、早まって英米に倣った決断を下すのではないかと、とても心配です。また、先月の公演の放送についても、延期というのは考えづらく、強行か中止のどちらかだと思うので、仮に中止となったとしたら、楽団員、ソリストの立場や選曲の芸術的意味を考慮しない決断となってしまい、我々が聴ける音楽の数自体が減ってしまう事態を招くのではないかとても心配です。

長くなってしまいましたが、ファンの力でなんとかまたデュトワとN響のコンビを見れるようにできないでしょうか。私は、N響、NHKに対して直接意見を送る、SNSで呼びかけるなどの働きかけをしていますが、もっと効果的な方法がないかと考えています。何かご意見、ご助言をいただけたら嬉しいです。

乱文、失礼しました。

----------------------------------------------

[1929]みらい様、書き込みありがとうございます。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2018年01月14日 (日) 19時43分
みらい様

ご意見ありがとうございます。
セクハラがいけないというのは大前提ですけど、男女の仲は当事者以外はよく分からないというのが本当だと思います。

デュトワは四度の結婚経験があり、それ以外にもいろいろ浮名を流していると思いますから、女性に対して積極的であることは本当でしょう。でもそれが一概に悪いと言えるのかな、ということです。

カトリーヌ・ドヌーヴが、この一連の流行に対して反対の意見を述べたそうですが、自分の地位や権力を使わない、という前提においては女性を口説くのは許されるべきことだと思いますし、明らかに犯罪であるとか、犯罪に至らないにしても道義的にこれはアウトでしょう、と社会常識的なコンセンサスにならない限り、こういう形でデュトワの芸術を潰すのはあまりにも残念です。

デュトワは1936生まれですから本年82になります。実際セクハラの時期は1985年から2010年ということで、70代半ばまでのお話です。それ以降もいろいろあったということになるのであればまた別ですが、年齢的にこれからもセクハラをし続けるとは考えにくい。

1月の定期演奏会のパンフレットには、2018年12月定期公演の指揮者は現在調整中です。という紙片が入っておりましたが、指揮の機会が減らされて、素晴らしい音楽が作れなくなる方が、もっと文化的損失が大きいのかなと思います。

私は本年12月のNHKホールでデュトワの指揮姿をまたみられることを真に望んでおります。

NHK交響楽団は私やみらい様のような声があることを知っていると思います。そのうえでどういう判断になるのか。冷静で的確な判断になることを期待しています。

----------------------------------------------

[1930]上記文章が変なところ投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2018年01月14日 (日) 22時33分
入る文字は「犯罪」です。
書いたはずなのですが、2回消えています。

----------------------------------------------

[1931]投稿者:みらい
投稿日:2018年01月19日 (金) 22時38分
2月のクラシック音楽館の番組内容が発表されましたが、3週連続アンコール放送でデュトワ指揮の公演の放送は見送りです。NHKの決断に私はとてもガッカリしています。
ファンの力を結集させて放送してもらうことはできないでしょうかね。

----------------------------------------------

[1932]定期公演で伺ってきました。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2018年01月27日 (土) 23時19分
本日、N響の定期公演だったので、テレビ放映と本年12月の指揮者のついて伺ってきました。

テレビ放送の件ですが、「放送するかどうかはNHKの判断になるので、N響としては今後放送するかどうかについては何とも言えない」だそうです。

12月の指揮者のついては白紙に戻して検討中。
デュトワが出る可能性がないとは言えないが、昨今のセクハラに対する感覚からして厳しいかもしれない。
ということでした。

出てほしいという希望は申し上げましたが、世間の風を気にしているようで、私が聴いた方は口を濁していらっしゃいました。



Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板