無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

 
    Home > 掲示板
           
CONTENTS  

+ BBS -Communication Park- 〜ウォン・ウィンツァン掲示板〜 +

旧掲示板の過去ログへ投稿フォームは下にあります

ウォン・ウィンツァン掲示板

No.1477 ふるさと 投稿者:サッチモ    投稿日:2012年03月05日 (月) 11時37分 [返信]

 ウォンさん、お久しぶりでした。
昨日はホロトロピックでお会いできて、とてもうれしかったです!

「生きる力」
講演された方々のお話は、私の体験から得たものと、
共通項がたくさんありました。
今、生きている「この生き方でいいのだよ」と応援してもらえた気がしました。

その間に、ウォンサンの演奏。
生演奏は久しぶりです。

そういえば、昨年何月か、国際フォーラムでの演奏をひっそり聞かせていただきました。

昨日は、懐かしく、たいせつな家族に逢えた気がしました(^_^.)

前日寝ずにレコーディングされていたという、エリック・サティの曲に癒されました。代わりに私が少し心地よい眠りに…  ごめんなさい。

No.1478  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2012年03月07日 (水) 07時48分

サッチモさん

お久しぶりでした。
どうしているかな〜と思っていましたので、タイムリーでした。
天外さんを始め、講演された皆さん、ヒントがたくさんあって、有意義でしたね。
リキちゃんによろしくお伝え下さいね。



No.1474  投稿者:まりこ   投稿日:2012年02月06日 (月) 11時12分 [返信]

お久しぶりでーす。
こちら米子は雪で寒い、、、
去年は何かと私事でコンサートも延期させて頂いたり本当に失礼しました。
が・・今年こそはと思ってますので どうぞよろしくお願いいたします。
時期を12月始め頃にしたいのですが 如何なものでしょうか?
まだホールは押さえてないのでご都合をおしえてください。
今年はどんな年になるのかな?
皆が笑顔になる年にしたいなあ。

No.1476  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2012年02月07日 (火) 14時29分

おばあちゃん業、忙しくないですか、、、ww
米子でのコンサート、いつもいつもありがとうございます。
12月は1日土曜とか2日日曜とかでしたらフリーです。
11月18日は東京浜離宮朝日ホールですが、次の週もフリーです。
米子に行けるの、たのしみです〜



No.1473  投稿者:なかむー   投稿日:2012年02月05日 (日) 19時53分 [返信]

ウォンさんこんばんは。先日のKIWAでのライブを拝聴させていただいた者です。いつもの穏やかさと違う音楽にビックリしました。正直驚きましたが、ウォンさんの歴史の一部を垣間見た気がしてとても新鮮でした。これからもウォンさんの奏でる様々な音楽に触れていきたいとも思います。「サトワより祈りを込めて」DL販売も楽しみです。もしCDの形でアルバムが出たら是非買いたいと思います!それでは素晴らしい時間をありがとうございました。

No.1475  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2012年02月07日 (火) 14時26分

なかむーさん
KIWAに聴きに来てくれたんですね。
ありがとうございます。
皆さんが知っている穏やかな音楽とは、むしろ真逆ですよね。
今まで封印していたものが昨年のはじめぐらいから解放され始めているようです。
私の穏やかな音楽のそうめんをご存じの方は面食らうかもしれませんが、どちらも私から出来たものです。
好きな様に楽しんでください。

「サトワより祈りを込めて」はDL配信をしてくれるので、そちらをお楽しみください。
CDにするには、たくさん売れるタイプの音楽ではないので、難しいかもしれません。
よろしくお願いします。



No.1472 北京から 投稿者:wongwingtsan   投稿日:2012年01月11日 (水) 21時08分 [返信]

なぜかTwitterやFacebookにアクセス出来ないので、この掲示板は書き込めるみたいなのです。
不思議ですね?



No.1469 ご無沙汰しています。したがって、またwongさんから私のメモリーは消えていると思いますが。 投稿者:mio   投稿日:2011年12月21日 (水) 02時16分 [返信]

お久しぶりです。
覚えてくれていますかあああ???

ちょっと間が開いてしまったので、またお会いした時に自己紹介させていただきますね。Wongさんの奥様は覚えてくださいましたよ!!!笑。
枝元さんの「よろこびのうた」でweddingをしたmioです。

9月の国分寺カフェスローでの鈴木重子さんとのジョイントのイベントが、私が最近生でwongさんとお会いした最後になります。

本当に間が開いてしまいました。
あの時、お話させていただいて、「じゃあ、11月のコンサートに!」ってお声がけくださったけれども、その時はバンコクにいる友人の結婚式に招待されているので、タイに行ってるんですよ〜。
とお話しました。

が、予想もしていなかった、バンコクでの洪水被害に、友人の安否を気遣いながら、私はどうしようか迷っていたんですが、彼女の方から「披露宴は延期するけど、式は予定通りやる。けれども、式から出席してもらいたかったけれども危険を冒してまできてもらうのは申し訳ないから、今からキャンセルできるなら、してほしい。」と申し出てくれて…。

彼女の晴れの門出に参列できなかったのは本当に残念でしたが、
タイ行きがなくなってしまいました。

それは、ご報告で…。

私の住む街の大好きなcafeでのワークショップに参加したところ、
なんと講師というか、ファシリテーターで来られた方が、
偶然にも4月の三鷹の風のホールでのコンサートに行ってたんですよ!!!!
その方は、ご夫妻で鈴木重子さんのファンで、行かれたらしく。
しかも、来月、カフェスローでその方が個展を開く、ということで、
「mioさん、鈴木重子さんとお友達?」「重子さんと同じ場所でイベントやれるなんて光栄だなあ。つながりがあるならお誘いして」と言われまして…。うーん。重子さんには本当にあの9月のイベントで感動しまして、
「ピースメーカーがお金をもらえる世界になったらいいと思うんです」というお言葉に、うんうん!と思っていました。

私はWongさんにもお仕事でつながっていたにも関わらず、覚えていていただいていない位なので(涙)、重子さんにつなげることができないなあと思っています。
ご本人がここを読んでくださるといいなと思っています。

それから、同じくそのcafeでのワークショップ参加者に、
最近、国立で心と体と環境のサイクルを整える、ということをコンセプトにマッサージのお店を始めた方がいまして、
そのご夫妻は、なんと!!!Wongさんのファンで、施術中のBGMがWongさんのCDのみ!という方がいらしたんですよ!
えええええええ!!!なんという偶然。と思い、
「じゃあ、何が一番好きな曲ですか?」って聞いたら、ネットとは無縁なライフスタイルの方たちで、どこでwongさんのCDが買えるの?過去1度だけコンサートに行ったことがあるんですけど、次のコンサートの情報って知ってますか?と聞かれて、もっていらっしゃるCDが「フレグランス」一枚。それをずっとお気に入りでかけていらっしゃるとのこと。

私の自宅から近いので、今度私の持っているWongさんコレクションを持って、私のお気に入り「海より遠く」をかけてもらって、マッサージしてもらおうかなと考えてます。そして、そんな思いを持っていらっしゃる方に是非Wongさん情報をシェアしようと思っています。

不思議ですね。国立のそのcafeのオーナーさんはwongさんや鈴木重子さんの音楽や活動はご存じないのに、集まった方達が、私との共通点を持っているなんて。
やはり世界は、人は見えないところでつながっている、と感じました。

今年はWongさんの音楽や枝元さんの久々の歌声を聞けるチャンスに恵まれ、また、新たに鈴木重子さんの活動にも共感を覚え、
新たな出会いもあり…。

感謝の1年でした。世界中で被災されたり、革命が起こったり、した大変な年ではありましたが、一人一人の気持ちがシフトチェンジする大きな年だったと思います。
どうぞ、すてきなクリスマスを♪

2002年のクリスマスコンサートでWongさんからじゃんけんでゲットしたワインを思い出し、Wongさんがステキなクリスマスと新年を迎えられることを心からお祈りいたします。

感謝を込めて。mio


No.1470  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2011年12月28日 (水) 21時40分

うわわ!すごい書き込み!
よ、読むの大変!
覚えてますですよmioさん!
良いお年を〜〜

No.1471  投稿者:mio   投稿日:2012年01月11日 (水) 18時09分

Wongさん、とんでもなく長い書き込みを大変失礼しました(^_^;
熱くなってたところ、枝元さんにクールダウンしていただきました。ほんとにやっかいな私です。
先日、wongさんファンのマッサージ屋さんにはCDに入っていたはがきをお渡ししました。「海より遠く」もすごく気に入っていらっしゃいました!
今年もお目にかかれる機会を楽しみにしています。
mio



No.1467  投稿者:なかむー   投稿日:2011年12月07日 (水) 20時06分 [返信]

こんばんは。初めて投稿させて頂きます。私は昨日のかすみがうらのコンサートを聴かせてもらった者です。ウォンさんの音楽を聴くと普段、心の奥底に眠っている優しさが引き出されたようなとても穏やかな気持ちになります。今年はさまざまなことがあり、不安や悲しみによって気持ちが落ち着かないことの多い一年ですがこんな時こそウォンさんの音楽を楽しみにしている人が多いのではと感じたのが昨日のコンサートでした。もちろん自分のその一人です。雨の中、バイクで帰ったですが、気持ちはとても晴れやかでした。お体に気をつけて、これからもご活躍を願っております。

No.1468  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2011年12月08日 (木) 02時49分

なかむーさんへ
バイクの貴方ですね。
小田原にも来ていただきありがとうございます。
世の中、そうですね〜、色々大変ですが、やれることは、やり続けられることは、やっておきたいと思っています。
自分自身が後悔しないために、、、、



No.1456 サトワ・スタジオの機材について 投稿者:Neumann   投稿日:2011年11月09日 (水) 13時02分 [返信]

こんにちは。

いつも素敵な音楽をありがとうございます。

「光の華」、打ち込み音楽全盛のこの時代に、久しぶりに生ストリングの音源を聞けた気がします。サンプリング音源と違って音の暖かさが全然違いますね。人の暖かさを感じました。

さて、あまりこういう場でお伺いするものではないのかもしれませんが、サトワ・スタジオでピアノを録られる際のマイク等の機材はどのようなものをお使いなのでしょうか。スタジオはかなりデッドな環境とのことですが、となるとリバーブの機材にもこだわりをお持ちなのかなと思ったりします。自分もピアノを録ることがありますが、ウォンさんの暖かいピアノの響きは理想のひとつなのです。

企業秘密に属する範囲以外で(あと「腕がいいから♪」という当然の前提以外でw)、教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。

No.1457  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2011年11月09日 (水) 21時49分

はじめまして!
お名前からして素晴らしいですね。
プロのエンジニアの方でしょうか?
それとも録音マニアですか?

実は私はそれなりに、けっこう録音マニアです。www
秘密はありませんのでいくらでもお応え出来ます。
それどころか、この手の話題を話しだすと止まりません。

大雑把にお話すると、私設のスタジオはクオリティーは良くないです。
ですので、色々試したのですが、一次反射の色付けが酷いので、結局オンマイクです。
マイクカプセルはショップスのMK4がおおいですが、ビハインド・ザ・フォーレストやドビュッシーはMK2です。
どちらもオンマイクですが、ビハインドの方はブリッジ付近、ドビュッシーは中央付近で、やはり相当音が違います。
電圧駆動ではなく、電流駆動のマイクプリアンプを使っています。
これは豊永さんという、録音機材制作マニアが作ったものです。
その方が作ったマイクアンプADでオーディオインターフェイスを介してコンピュータに取り込んでいます。
音楽ソフトはLogicです。
今まではAltiverbで残響付加していましたが、いまはSpeacDesignerで充分だと持っています。
マスターリングはWaveBurnerです。

録音やコンピュータ処理の方法について、いつも迷っているので、これだという決まったやり方はありません。
CDごとにぜんぜん違うという感じです。
今まで満足した音にたどり着いていないし、その時々の自分の「耳」が良いと思ったものをやるしかないようです。

No.1458 ありがとうございます。 投稿者:Neumann   投稿日:2011年11月10日 (木) 02時59分

ご返信、ありがとうございました。

唐突ですが、

>今まで満足した音にたどり着いていないし、その時々の自分の「耳」が良いと思ったものをやるしかないようです。

このお言葉、とっても心に響きました。探究心と好奇心はずっと持ち続けないといけないんでしょうね。その過程を楽しめる自分でありたいと思います。

ピアノのマイキング、オンマイクというのが驚きでした。スタジオの残響の具合から工夫されているということなのでしょうけど、マイクは定番をお使いなんですね。ウォンさんのピアノはピアニシモからフォルテシモまでダイナミクスの幅がとても大きいのに、きれいにまとまっているのにいつも感動します。最後の一音の美しい残響を完全な静寂になる最後の最後まで聴くというのが私の幸せです。

WaveBurner・Space Designerとくれば、趣味でDTMをやっている人でも現行のLogic Studioで手に入る環境じゃないですか…。やっぱり「元素材がいい」、そして「腕がいい」という結論でしょうか。てっきり、当然のようにProToolsとEMTの鉄板を倉庫に置くぐらいの環境でされているのかと妄想していました(笑)。

ただ、生ピアノをホールの豊かな残響で聴くというのが一番の贅沢なんでしょうね。過去に一度だけウォンさんのコンサートに伺う機会に恵まれましたが、「肌で音を感じる」という心地よさが未だに忘れられないです。近くにお越しになった際はまた是非伺いたいと思います。

ようやく冬の入口が見えてきた感じですが、風邪などひかれないよう、お体をご自愛ください。

ありがとうございました。

No.1459  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2011年11月10日 (木) 16時04分

EMTの鉄板!!www
懐かしいですね。
カーペンターズのエンジニアが、かなり上手に使いこなして、その音の美しさに感動した覚えがありますが、、、、

最近使っているマイクカプセルはローディのNT55です。
マイクプリは癖がありますが、先出の豊永氏の電流駆動でバッファーアンプだけで増幅すると、びっくりするほど素晴らしいです。
デジタル時代になって、安価にプロなみの音が録音できるようになりました。
すばらしいですね。
でも、仰るように、響きの良いホールで、ベーゼンドルファーの音色に勝るものはないです。
とりわけ、12日の浜離宮朝日ホールの響きが格別です。
是非おいでください、、、

No.1460  投稿者:豊永   投稿日:2011年11月10日 (木) 23時14分

ウォンさん、
アタシの名前が出てるのを見てしまったので製作者としては、ちょっと補足をせねば・・・。

Neumannさん、
ウォンさんに使って頂いてるマイクは私が作った物で、マイクユニットのみがSCHOEPSです。マイクケース内にトランジスターの無帰還アンプを入れて電流出力で出してます(出力インピーダンスが非常に大きい。普通は出力インピーダンスを小さくした電圧出力)。そうすることで、受け側での入力抵抗値を変えればマイクゲインを変えることが出来ます。したがって、原理的にマイクでのクリップは発生しません。ピアノ程度の音圧があれば、1kΩで1V程度の電圧が得られます。
当然ながら一般的なマイクアンプは不要で、ライン入力に接続します。マイク出力には7ピンのコネクターを使ってますので専用ケーブルと電源ユニット(自作のADでは不要)が必要となります。NT55もマイクユニットのみの使用で同じ構成になってます。

マニアックな話になってしまいました。皆様、お許しを。

ウォンさん、今年も浜離宮には行けません。早く行きた〜い。

No.1461  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2011年11月11日 (金) 00時08分

おっと〜、マイクユニット製作者本人の登場です。
豊永さん、お世話になっています。
NT55のユニット、すっかり気に入っています。

No.1462  投稿者:Neumann   投稿日:2011年11月11日 (金) 13時51分

豊永 様

貴重なご教示、ありがとうございます。ウォンさんのレコーディングの音の入り口を作られるってすごいですね。

無帰還アンプのお話は聞いたことがありますが、高級オーディオと宅録の世界は「俺の耳と理論が唯一正論」というスタンスの人が多くて^^;、近寄りがたい(というか、怖い…)ので、今のところはAKG414やNeumannU87などの定番のマイクを軸にマイキングを学んできた感じでした。ただ、実際に自分の好みの音がこういうマイクで録られているということを知ることができたので、機会を見つけて試してみたいと思います(ただ、良いマイクだと、自分の演奏の下手さもよく分かるんですよねぇ…^^;)。

ありがとうございました。

No.1463  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2011年11月11日 (金) 18時03分

>「俺の耳と理論が唯一正論」というスタンスの人が多くて^^;、

爆笑wwww
はい、それ、わたしかも、、、

>AKG414やNeumannU87

お、本格的じゃないですか、、、
私はNT55です。ははh
やはりミュージシャンですよね。
自分の演奏をどのような音でオーディエンスに届けたいか、ある意味エンジニアよりシビアーに想いがあります。
たとえエンジニアの仕事より劣ったとしても、自分でヤラないと気が済まないのがアーティスト根性というやつなんでしょうかね。

No.1464  投稿者:豊永    投稿日:2011年11月11日 (金) 23時01分

Neumann さん、


>「俺の耳と理論が唯一正論」というスタンスの人が多くて^^;、
ワタシも元々はそういうタイプでした。まだ残っているか、アハハ。
で、20年ほど前から出来るだけ自分の作った物を人前にさらすようにしております。ウォンさんの機材との関わりも、もう10年ぐらい前になると思うのですが、それはそれは壮絶なバトル(アタシのいい加減な性格のためなのですが)をウォンさんとやらせていただきました。ウォンさんはまったく妥協しませんので容赦無く厄介でしたねぇ、ハハハ。今ではその甲斐あってメインで使って頂いておりますが。

もし宜しかったら一度お貸ししますので、メールしてください。
AKGのCK61ULSカプセルやラージダイヤフラムではベーリンガーのB-2PRO、MXL2003Aのカプセルを使ったものがありますので。
ワタシのマイクは個性はないです。カプセルが変わっても大して変わりません。市販のマイクがそれぞれ非常に個性があると感じられると思います。

ウォンさん、

アタシはエンジニアよりアーティストと思って欲しいのですが、誰も認めてくれないよなぁ、アハハ。少なくともワタシは無機的には半田付けをしていませんが、そんなことは誰も分からないしねぇ。

No.1465  投稿者:Neumann   投稿日:2011年11月12日 (土) 12時52分

困りました…ただの質問であったのに、こんなに話が続いてしまうとは…^^;

語弊がないように補足させていただきたいのですが…。

「俺の耳と理論が唯一正論」という例えはですね、かつて、某所にて「私、BOSEの音も好きですよ」と言ったところ、「はぁ?お前、とっと耳鼻科行ってこいよ」と罵倒されたことがあったんです…(T 。T)。というか、そういうやり取りが当たり前のような世界でした(たまたま行った所が悪かったんでしょうねぇ…)。

元来気が弱いので、それ以来いわゆるマニアと呼ばれる人とは距離を置くようになってしまいまして、そのトラウマからこういう表現が出ただけです。もし、お読みになった方がお気を悪くされていましたら、大変申し訳ありません。

「自分の耳を信じる」という事自体は、誰もが当たり前のようにしていることだと思うのですが、同時に価値観の多様性、平たく言えば好みというものも人の数だけあると思います。その多様性を受け入れることも自分の音楽の幅を広げてくれるものだと思うのですが、ただ、私個人が唯我独尊・喧嘩上等タイプの方の主調が少々苦手なだけです。

一方、ウォンさんのようにアーティストさんが自分の音をどうにか届けたいと試行錯誤される中で「えーい!そのマイク、俺に貸せ!!」みたいな感じで、エンジニアさんよりも先に動き出してしまうというのは全然アリだと思うんです(笑)。だから、豊永さんのような技術者さんやレコーディングエンジニアさんで一緒に理想の音を探そうとしてくださる方は、何物にも代えがたい宝物だと思います。

あと、肩書き上「エンジニア」と呼ばれる方も、私の中では間違いなくアーティストだと思っています。その方の耳と経験が自分の理想の音に近づけて行ってくださるわけですから、その作業の過程に創造という要素は欠かせないです。アシスタントさんでもチーフでも、徹夜徹夜の天然トランス状態でも頑張ってくださる姿は、楽器に向きあう演奏家と何ら変わらないと思います。そういう方だと「え、ここに58を使うの?!」というような奇想天外な発想が生まれてきて、それが見事に答えを出してくれたり…。

また、自分が手に持つマイクが「こういうマイクが欲しいなぁ」という誰かの希望が形になったものと思うと、ポンとお金を出して買うだけでは済まないですね。そういうマイクが生まれてきたということだけでも感謝しないといけないと思います。ハンダ付けに全神経を注ぐというのは、自分でバランスケーブルを作ったことがあるだけでも、十分わかります。そういう思いが込められたマイクは幸せモノですね。

マイク貸出のお話、ただの通りがかりの人間にまでご丁寧にありがとうございます。そういう機会が出てきた時には是非お願いしたいと思います。どうせならいい機材に触れるときのほうがいいですからね。ありがとうございます。

長文にて失礼しました。ウォンさん、そろそろこのスレッドの締めの言葉をお願いしますw。このままでは多くのファンの方がコメントを書きづらいような気がしますので(笑)。

No.1466  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2011年11月13日 (日) 09時23分

Neumannさん

ははは、すいません、大好きな話題だけに盛り上がってしまいました。
とかくこの世界に入り込んでいる人はコミュニケーションスキルや人間性に、たた難がありがちですよね。www
とはいえ、結局は独善と言うか、自分が良いと思ったものしか無いのもこの世界です。
その意味での「俺の耳と理論が唯一正論」に共感しました。(気を悪くなんて全然ないです。むしろニヤニヤです。)
私も元来気が弱いので、www、エンジニアからマイクを取り上げるようなトラブルを起こさないために、インディーズを立ち上げて殿様になっちゃいました。www
とはいえ、CDを作って販売するぐらいですから「人が聴いてどうなの」ということも考えねばなりません。
豊永さんを始め、心置きなく話し合える友人たちからのサゼッションは、何ものにも代えがたい、大切な客観的意見です。
私たちは定まらない客観性と主観性の両極を横断しながら、「オーディエンスに自分の音楽をどう聴いてもらいのか」を求め続けることを許された、果報者です。
ではでは、いつかお会いできる日を楽しみにしています。
その時は録音談義、とことん楽しみたいですね、、、有難う御座いました。



No.1454 ありがとうございました 投稿者:真理子   投稿日:2011年11月04日 (金) 17時40分 [返信]

11月3日の札幌コンサートの一日をウォンさんと大地さんの一日になり

素敵に一日になりました・・・

本当に、優しく温かく愛がいっぱいの時を頂きました。


息子、長男ひびき・次男そうやの心のも大きな愛が届いたようで


「 心がさあ〜ぽわ〜んとなるね・・・」と帰り道に話してくれました


ウォンさんピアノが上手だね〜なんてずっと言っていた次男そうや5歳

最高の5歳の思い出です・・・


ウォンさんのピアノの音が、抱きしめてくれる瞬間を体感できて

幸せです・・・


ありがとうございました

No.1455  投稿者:wongwingtsan   投稿日:2011年11月05日 (土) 11時29分

花束をくれたお2人ですね。ひびき君とそうや君!素晴らしいお名前ですね。2人がいち早く拍手してくれたが、とても嬉しかったです。2人によろしくお伝えください。



No.1452 ご無沙汰しています 投稿者:riko    投稿日:2011年10月20日 (木) 22時13分 [返信]

今年は何と、気がつけば一度もコンサートに伺えず、ウォンさんともお会いできていないです。
大阪も東京も行けそうにないです。残念です。
最近は栃木県に部屋を借り、伊勢と行ったり来たりで仕事をしています。今年いっぱいハードスケジュールですが、移動の車中はいつもウォンさんと一緒です。最近はジャズにはまっています。
6月に孫の宗典(そうすけ)が生まれ、孫の写真を自慢げに見せる人の気持ちがわかるようになりました。
今年はウォンさんにも、孫にもなかなか会えませんが、楽しく仕事しています。来年はあちこちのコンサートに出かけられることを願っています。

No.1453  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2011年10月22日 (土) 00時02分

忙しそうですね〜〜
え、お孫さんがいるの!
びっくり、、、、
ずいぶんと若いおばあちゃんですね。
また、遊びに来てください〜



No.1449 おひさしぶりです 投稿者:アッキー   投稿日:2011年09月23日 (金) 23時35分 [返信]

こんばんは!!
しばらく来てなくてすいません
アッキーです

近頃は台風もきて「震災の年」になりつつありますがお元気ですか?
自分は何も問題なく過ごしております

コンサートのお手紙いただきました!!
今度の東京のに行こうか迷ってる所存でございます(笑)

そして今日ご報告したいことがありまして、少し用事があって行った銀座の楽器屋さんでウォンさんの楽譜を偶然発見!!
買っちゃいました!!
何とか練習してみようと思います
ありがとうございます!!

それでは今後もお体に気をつけて活動を続けてくださいね

No.1450  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2011年09月29日 (木) 00時47分

うわ、お変遅くなりました〜
最近、こっちを見ること少なくなっちゃって、twitterばかりやっています。

お、楽譜、買ってくれたんですね。
私より上手に弾けそう!
たのしみです。

是非、コンサートに聴きに来てくださいよ。
以前、浜離宮朝日ホールに来ませんでしたっけ?
昨年から、ベーゼンを使うようになって、いい音してますよ〜

No.1451  投稿者:アッキー   投稿日:2011年10月01日 (土) 14時39分

お返事ありがとうございます

twitter始められたんですか!!
色々な方の話しが見れて面白いですからね
俺もやってるんでフォローしておきますね

最近ピアノに触ってなかったし、なかなか難しいので大変ですけどね
ウォンさんを超えられるように頑張ります!!(笑)

またウォンさんのを生で聞きたいですね〜
いや、浜離宮のには行ってないですね すいません
ベーゼンですか!!
それはなおさら行きたいですね!





名前
タイトル
本文
e-mail
ファイル
URL
文字色
削除キー 項目の保存
Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板