無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

 
    Home > 掲示板
           
CONTENTS  

+ BBS -Communication Park- 〜ウォン・ウィンツァン掲示板〜 +

旧掲示板の過去ログへ投稿フォームは下にあります

ウォン・ウィンツァン掲示板

No.1001 経済危機支援のお願い 投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年07月08日 (水) 02時49分 [返信]

<経済危機支援のお願い>

ニューヨーク在住の写真家、井津建郎さんから緊急のメールが届きました。
以前、ご紹介しましたが、井津氏は<フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー>というNPOを立ち上げ、アンコール小児病院を設立し、現地の子供たちに医療を提供するとともに、医療教育センターを併設してカンボジア人スタッフに高度な医療、看護および事務管理教育を行っています。

http://www.fwab.jp/

数年前、デング熱の大発生の折、皆さんから多くの支援をいただきました。
心から感謝しています。
今回は世界的な経済不況によって運営予算が困窮しています。
現地で頑張っている看護婦の赤尾和美さんのメッセージから、状況が大変切迫していることが伝わります。
ですので再び皆さんにお願いせねばなりません。
少額でも結構ですので寄付をお願いしたいと思います。
あるいは会員になっていただき、継続的な支援をしていただければさらに嬉しいです。

一部の強欲によって引き起こされた世界的金融不安が、結局は末端の弱者を追い詰める結果になっていることに、やり場のない憤りを覚えるのは私だけでしょうか。

ではでは、是非よろしくお願いいたします。
なお、文章の転載は大歓迎です。
なるべく多くの方に知っていただければと思います。

ウォンウィンツァン、ウォン美枝子
2009/07/07

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<井津建郎氏からのメール>

今日は深刻なお願いですが、昨年末からの世界経済不況の嵐がとうとうフレンズにも影響し始めて、2009年度上半期を終えた時点で、アンコール小児病院予算の割り込みが現実化してきました。
急遽カンボジア、NYではスタッフの給与削減と地域医療プログラムの一時活動停止などで出費を抑えていますが、それでもなお2000万円近くの不足が予想されています。
そこで、数年前のデング熱大発生の時のように急遽支援募金を日本とアメリカですることになりました。
もし可能でしたら、サトワでもなんとか募金を募っていただけないでしょうか。。。。
アンコール小児病院スタッフの和美さんが綴った現地からの手紙を添付しますので、有志方々に読んでいただき、いくらでも結構ですから(CD購入に差し支えない程度に)募金していただければとってもありがたいです。
いつもお願いですみません、かなり深刻な事態なもので。

井津建朗

ーーーーーーーーーーーーーーーー
<現地スタッフ、赤尾和美看護さんからのメッセージ>

アンコール小児病院をご支援してくださっている皆様へ
アンコール小児病院は、今年で10周年を迎えました。これまで山あり谷あり、厳しい財政ながらも毎年少しずつ医療とケアレベルの向上を果たしてきました。そして、手前味噌ですが、スタッフ一同自信を持って言うことができるほどの素晴らしい教育病院としてカンボジアではとても重要な医療と医療教育施設に成長することができたと思っております。しかし、昨年から世界中を襲っている不況は、アンコール小児病院へも大きな影響を与え始めました。今年上半期を終わったところでの収支計算によれば、この10年で初めて、予算の割り込みが明らかになりました。その状況は想像以上に深刻で、対応策として、活動縮小、スタッフの減給を決め、更に、これから見込まれる寄付や助成金を考慮しても、更に1,500万から2,000万円の不足分が予想されています。カンボジアにおいては、将来の医療の要ともなる予防教育の充実を図る“地域医療支援・保健教育プロジェクト”は、すでに活動一時停止状態になっています。

このままでは、更なる活動縮小や、スタッフの解雇なども視野に入れていかなければならない状況も現実味を帯びてきました。
毎日350名を超える患者さんがアンコール小児病院を訪れています。ホウ・ペンパリンさんもその一人です。パリンさんは、8か月の時に先天性白内障を診断され、目の専門病院で手術を受けました。その後も目の治療のために病院へ通う日々が続きましたが、目が完全に見えるようにはなりませんでした。医者から言われた言葉は、「もうこれ以上どうにもできません。器械もなければ、手術をする技術もないんです。」

それ以来、彼女はほとんど見えない目で学校へ通っていましたが、それも辞めなければならなくなりました。視力が異常に悪いために、常に黒板に近づいて書かれていることを確認しなければなりませんでしたし、本を読むのも本を目に近付けて読まなければならなかったという理由で、学校の先生から受け入れを拒否されたからです。

パリンさんのお母さんは、彼女を障害者センター(クルーサートマイセンター:新しい家族という意味)へ彼女を通わせ、点字を習わせることにしました。パリンさんは、午前中には盲学校、午後には小学校へ通う毎日を過ごし、成績はいつも優秀でした。

そんなある日、AHCが行っている学校視力検査を受けることがありました。そして、パリンさんは、16歳のお誕生日を迎える1週間前にAHCで両目の手術を受けるという大きなチャンスに巡り合うのです。

彼女の視力は大きく回復しました。術後の結果が良好でることを知った彼女の眼からは涙がこぼれおちました。そして「眼が見えるようになるなんて、考えたこともなかった」とうれしそうに話しました。パリンさんのお母さんは、パリンさん以上にその結果に歓喜しました。涙は、彼女の頬をあとからあとから流れおち、止まることはありませんでした。

パリンさんに将来のことを聞きました。にっこりとほほ笑み、「普通の高校に通いたいです。」と言いました。そして、「AHCに支援してくださっている皆さんに本当に感謝します。これからも私のような子供たちに夢を与えてください」とAHCを後にしました。

今、アンコール小児病院が直面している経済的危機は、このまま続けばパリンさんのような患者さんが来ても受け入れることができなくなってしまうということなのです。毎日来ている多くの患者さんへ門を閉ざさなければならないことになります。現場で働く私たちにとってこれほど辛いことはありません。
AHCはこれからもパリンさんのように多くの子供たちへ夢を与えてゆきたいと思っています。それがアンコール小児病院の目指すものだからです。この窮地を乗り切り、一人でも多くの子供たちが笑顔で楽しい日々を送ることができるようになるには、そして幼い命を守るには皆様からのご支援が今現在必要なのです。

どうか皆様のご支援をお願いいたします。
赤尾和美
アンコール小児病院

No.1002  投稿者:T&T 小山内     投稿日:2009年07月08日 (水) 15時58分

ウォンさん、美枝子さん、こんにちは。

8月29日の逗子コンサートを主催します小山内です。
今、こちらのBBSにコンサートのことを書き込みさせていただこうと拝見したら、緊急支援のことを知りました。

私のHPにも載せさせていただきます。
また、ちょうどガイアシンフォニーの上映会などにいらして下さった方々にコンサートのお知らせをお送りするところですので、このことも書かせていただきます。
微力ながらご協力させてください。

少しでも多くの方に知っていただけますように。




No.1003  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年07月08日 (水) 20時13分

小山内さん

ありがと〜〜〜嬉しいです。
アンコール小児病院は、小山内さんのような人たちによって支えられています。
カンボジアの子供たちのために、是非よろしくお願いします。

逗子のコンサート、今から楽しみです。

No.1005  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年07月08日 (水) 22時56分

術後のパリンさんの写真です。



No.999 沖縄コンサート 投稿者:shoko    投稿日:2009年06月25日 (木) 11時12分 [返信]

ウォンさん、

こんにちは。
4月指宿でお会いしましたshokoです。
23日の沖縄でのコンサート聞かせて頂きました。
慰霊の日という特別な日でもあり、日常からすこし離れて、純粋な優しい気持ちに戻ることができた時間でした。
帰り際に美枝子さんにお会いすることができて嬉しかったのですが、
またどこかでご一緒できる時を楽しみにしていますね。
ウォンさんが話していた通り、沖縄は今がいちばん色鮮やかな季節。
私の一番大好きな季節です。
また沖縄へも是非いらして下さいね。
素敵な時間をありがとうございました。

No.1000  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年06月25日 (木) 15時57分

shokoさん
吉福ワークでお会いしたshokoさんですね。
ロビーで美枝子さんと会ったと聞いています。
おいでいただき、有り難うございました。
実にパワフルなコンサートになりましたね。
私にとっても沖縄を肌で感じた数日でした。
また是非、沖縄に戻れる日を楽しみにしています。



No.993 ウォンインタビュー動画 投稿者:SATOWA MUSIC    投稿日:2009年06月23日 (火) 15時08分 [返信]


ウォン・ウィンツァン沖縄インタビューもUPされましたので、
トップページから入ってご覧ください〜

http://www.satowa-music.com/

No.998  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年06月25日 (木) 00時48分

取材をしてくださった桑村さんは、本当にピュアーな方でした。
私のとりとめのないインタービューもちゃん形にしてくださったし、写真も結構激写していますよね。
良い感じに映っています。

なんか、沖縄の皆さんは本当にピュアー
ホコピー、あずみさん、宮平さん、黒岩さん、ますみちゃん、稲葉さん、金城さん、そして高江洲夫妻、まだまだ沢山の方たちに支えられたコンサートでした。
心から感謝です。
ウチナーの皆さん、ありがと〜〜〜〜



No.994  投稿者:名無し   投稿日:2009年06月23日 (火) 22時38分 [返信]

いまNHKラジオで放送していたのを聴きました。
日比谷の三信ビルの喫茶店のマスターの息子さん?
に確かピアニストの人がいらしたと思うのですが、
合っているのでしょうか?
三信ビルも喫茶店もなくなりましたが、マスターはお元気ですか?

No.997  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年06月24日 (水) 21時32分

「名無し」さんへ
はじめまして。
はい、日比谷・三信ビル内にありました「ワールドサービス」のマスターは私の父です。
ビルは取り壊されてしまい、とても残念ですね。
父はいたって元気で、近くのファミレスで「シーザーサラダ」と「コーヒーゼリー」を食べては、「ああ〜おいしいです」とか言っています。
でも、運動不足気味なのです。
私が時間がある限り一緒に歩くのですが、なかなかひとりで歩いてくれません。
つい最近、自走式のウォーキングマシンを買ったのですが、、、、



No.991 野坂徹夫氏の絵見てまいりました 投稿者:月海_つきみ    投稿日:2009年06月20日 (土) 09時10分 [返信]

おはようございます
掲示板への書き込み ご無沙汰しております。
昨日 ギャラリーゴトウさんへお邪魔して、野坂氏の絵を拝見しました。
鎌倉へは都合がつかず、伺えなかったので、今回はしっかり出かけてまいりました。

包容力を感じる優しい絵に心温まりました
あの絵を見ながら ウォンさんの音楽を聴きたかったと思いました。
オーナー様とも少し、野坂氏の技法を伺いながら
ゆったりと魅せていただきました。
ご紹介ありがとうございました。

No.996  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年06月24日 (水) 21時24分

月海さんへ
野坂さんのコレクター展に行かれたんですね。
ああやってひとりの作家の歴史をたどるような展覧会は、興味深いですよね。
私が所持している作品は今の野坂さんの画風の先駆けになる作品なので、ご自慢なんですよ。ははh
野坂さんの作品は独特の優しさや不思議さやファンタジーを感じますね。



No.990 ありがとさんでした 投稿者:ハブさん    投稿日:2009年06月19日 (金) 12時01分 [返信]

 松本では本当にいろいろとありがとさんでした。

 特に法蔵さんのお宅で、ウォンさんのピアノと美音志さんの大根おろしに合わせ、からだを動かせてもらったひと時は、とても気持ちよかったですよ。

 ホームページも読ませてもらっています。

 「言葉の部屋」も歩かせてもらってますが、いいですね。

 ようこさんなんかはさっそく法蔵さんの滝行の写真をパソコンの背景にしちゃってますよ。

 ウォンさん美枝子さん美音志さん三人が一緒に何日か空いてる日があれば三沢近辺で、コンサートやワークショップをやってもらえないか考えていますよ。

 沖縄のコンサートにも行ってみたい気持ちがあるのですが、塾の方もテスト前だったり、川手さんが十和田市の保育園に来てくれるのでからだが行くのはむりそうですが、素晴らしい出会いがあることを祈っています。

恒平さんと出会わせていただいたことも、とてもうれしかったです。

 これからもよろしくです。

No.995  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年06月24日 (水) 21時19分

ハブさんへ

ども〜〜沖縄から先ほど戻りましたよ〜〜
とってもディープでブリリアントなツアーになりました。

松本も楽しいひとときでした。
そういえば法蔵さんのお宅で皆で踊りましたよね。
法蔵さんの滝行写真、なかなかでしょ(^_^)
御利益、あるかも、、、、

三沢でコンサートやワークショップ、いいですね〜〜
楽しみにしています。



No.992 番組出演のお知らせ 投稿者:Satowa Music   投稿日:2009年06月22日 (月) 14時52分 [返信]

こんにちは、サトワミュージックです。
ウォン・ウィンツァン、ウォン美枝子は今、沖縄です。
あす6/23火曜日のコンサートに絡めて、新聞、テレビ、ラジオなどの取材が入ることになりました。

  -------

☆NHK総合テレビ(沖縄県内放送)「ハイサイ!ニュース610」
 6/22(月)18:10-59内の「ナマからハイサイ」コーナーにて
 
  -------

 ★こちらは、全国でお聞きになれます!
 NHKラジオ第一(全国放送・国際放送)「NHKジャーナル」
 6/23(火)22:00-23:10内に終演後のてだこホールから中継 !
 

ではみなさん、お楽しみに♪



No.981 おひさしぶりです 投稿者:まなぶ    投稿日:2009年06月08日 (月) 22時00分 [返信]

おぼえてますか、まなぶです。もう五年生になりましたよ。まだピアノをしていますよ。ウォンさんのコンサートまた見に行きたいです。

No.982  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年06月09日 (火) 13時26分

覚えていますよ〜〜
小学5年生ですか〜(^o^)
どうですか、ピアノは楽しいですか、それとも大変ですか?
続けるときっと良いことがありますよ。
今年は、7月に八尾市の幼稚園で卒園児を対象にコンサートをしますが、卒園児だけしか聴けないみたい。
あと9月だったか10月だったかに大阪の堺市でコンサートが有ります。
サックスの山本公成さんやウォン美音志君とジョイントコンサートになります。
よかったら家族で来てくださいね。

No.983 ありがとうございます 投稿者:まなぶ   投稿日:2009年06月09日 (火) 21時08分

お返事ありがとうございます。ピアノがんばります。堺市のコンサートはおとうさんにきいてみます!

No.984 堺のコンサート 投稿者:みかん^^   投稿日:2009年06月10日 (水) 17時37分

ウォンさん 7月の八尾のコンサートがあるのですね。
素敵な幼稚園ですね^^
私も 魔法で卒園児になりたいで〜す。

まなぶ君
私も 覚えてますよ〜
ピアノを続けているのですね。
それは、とてもうれしいです^^

堺のコンサートに 是非来てくださいな。
大きくなった まなぶ君に会えるのを楽しみにしています。

No.986  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年06月10日 (水) 20時00分

みかんちゃん
お久しぶりです。
八尾の幼稚園の園長先生は、とってもパワフルで、私の演奏を聴きに沖縄まで来てくださいました。
そして、卒園児に聞かせたいと仰ってくださり、今回のクローズドメンバーコンサートになりました。
素敵なお話ですよね。

No.989 いいなぁ〜 投稿者:海の向こう   投稿日:2009年06月14日 (日) 20時53分

本当に羨ましいです〜
素敵な園長先生のパワーで、卒園生の心に
ウォンさんの音が染み込んで、優しい思い出に
なるでしょうね〜

まなぶくん、はじめまして!
ピアノを続けているんですね〜
素敵な事です!
楽しく弾いてくださいね〜



No.987 沖縄 投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年06月11日 (木) 17時06分 [返信]

昨日の夜、沖縄のコンサートの実行委員の方たちとミーティングをしました。
と言ってもSkypeでビデオ・チャット・ミーティングです。
ほんと世の中、便利になりましたよね。
沖縄と東京、それぞれ居ながらにして、相手の顔を見ながらミーティング出来るんですからね。
実行委員のメンバーは総勢30人以上が参加してくださり、盛り上がりました。
沖縄パワーは凄いな〜〜
ほとんどの方が初めてお会いする方なので、一人ひとり自己紹介をしていただきました。
その後、私たちのコンサートに対する想いを聞いていただき、どんなコンサートになるのか、皆さんにイメージしていただきました。
皆さん、しっかり受け止めてくださいました。
沖縄は熱いな〜〜〜

No.988  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年06月13日 (土) 19時55分

沖縄のスタッフたちとミーティングを色々する中、戦後60年以上経っていても、その傷跡の深さは、私たちヤマトンチュ(内地の人)が思う以上なのだと言うことを思い知らされました。
20日には戦跡を周り、21日には聖地にお参りします。
沖縄戦を私がどこまで受け止められるかな〜〜

さて、明日から家族で野口法蔵さんの断食会に参加します。
その後、16日の夜は安曇野コンサートホールで演奏します。
断食明け、どんな演奏になるかな、、、、



No.978 新緑の候 投稿者:つかP   投稿日:2009年06月05日 (金) 18時14分 [返信]

京都は桜や紅葉ばかりではなく、6月の新緑がもっとも過ごしやすく美しい季節です。ここ法然院のある東山も少しずつ変化してます。毎日、CDを聞かせていただいており、7月には名古屋へ純愛を観にいけたらうれしいのですが。ヨーガと瞑想も続けていると、食生活をはじめ体の中の変化がずいぶんはっきりし、自分に向き合うことが少しだけ楽しくなりました。ウォンさんは音楽を通して、社会貢献活動(NPO)に対しても気負いなくごく自然に取り組んでおられ、これからの日本も自分たちのできることを少しでもやれる意識を持つことで支えられるのにと感じております。

No.979  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年06月06日 (土) 13時36分

つかPさん
お久しぶりです。
法然院周辺の新緑は、さぞ綺麗でしょうね。
また哲学の道など散策しながら、京都のお料理を楽しみたいものです。
とはいえ、なんやかや忙しい今日この頃です。

その後、ご健康はいかがですか。
最近、船戸クリニックとご縁が出来ました。
そのホームページのコラムに「自然治癒力を高める7条」を見つけて、なるほど〜です。
薬や対処療法よりも、結局自然治癒力だよな〜〜と思うこの頃です。

No.980 自然治癒力 投稿者:つかP   投稿日:2009年06月08日 (月) 00時27分

「船戸クリニック」のコラムご紹介いただきありがとうございました。
ゆっくり読ませていただきました。体の内から向き合うことで、底知れぬ命の勇気を感じれるのかもしれませんね。
そうした貴重な時間を見つける水先案内人がウォンさんの音楽なのかもしれません。せっかくの美しい京都暮らしですから、心と体を自然に委ねながら
歩いていきたいと思います。

No.985  投稿者:ウォンウィンツァン   投稿日:2009年06月10日 (水) 19時59分

WordRoomに「自然治癒力を高める7条」を、船戸先生に許諾をいただき、アップしました。
ご興味のある方はご覧ください。





名前
タイトル
本文
e-mail
ファイル
URL
文字色
削除キー 項目の保存
Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板