地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」

ホームページへ戻る

5214189

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.9497 20191029報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年10月29日 (火) 12時09分 [返信]

【まとめ】
空気中のイオン観測を静岡市で、2003年より、観測者は変わったが、16年間継続している。
10/29朝、マイナスイオンがプラスイオンより多い前兆現象が観測された。

平常、空気中のプラスイオンは、マイナスイオンより多い。
しかし、大きな地震が近づくと、地面が帯電し、マイナスイオンが、プラスイオンより多くなる。これをイオン比逆転とここでは、呼称する。

過去16年間に、日本周辺では、M7.5以上の大地震が10回発生した(2回は東日本大震災の余震)。
日本の半分が揺れるような大地震で、静岡市では、そのイオン比逆転が例外なく、11-25日前(平均:14.9日前)に、観測された。

今後、11-25日(平均:14.9日)後に、現在モニタリングしている4つの地震
このどれかが、発生すると予想される。

東北北海道太平洋側;特に三陸沖北部:M8クラスの巨大地震
埼玉県、群馬県、栃木県の内陸直下型地震:M7クラスの震災地震
大阪府北部地震
日向灘から南西諸島北部(沖縄本島から薩南諸島)で、M6-M7の大地震


【内容】
●10/29の観測結果
10月29日 静岡県中部・静岡市・曇・
【大気イオン濃度KEC−900】朝観測・雨天時休み
マイナスイオン値:−:1400
プ ラ スイオン値:+:0500
マイナスイオンのプラスイオンに対する比率::2.8

●空気中のイオン観測と地震前兆
平常、空気中のプラスイオンは、マイナスイオンより多い。
しかし、大きな地震が近づくと、地面が帯電し、マイナスイオンが、プラスイオンより多くなる。
これをイオン比逆転とここでは、呼称する。

静岡市での観測は、2003年より、観測者は変わったが、16年間継続されている。
観測機器は、空気イオン測定器 KEC-900を、使用しています。

17年間の空気中のマイナスイオンとプラスイオンの比率は、平常では
プラスイオンが多いため、平均0.8です。

●過去17年間のM7.5以上の大地震と空気中のイオン前兆

ここでは、
最近17年間に日本周辺で発生した地震の規模M7.5以上の大地震を選定した。
その発生回数は17年間で、10回です。

M7.5以上ですから、日本の半分が広域で揺れるような地震です。

下記にその地震と、静岡市で、空気イオン測定器で、イオン比逆転を観測した日を列記した。

選定した日は、
マイナスイオンがプラスイオンより多い日(イオン比1.0以上)です。

なお、マイナスイオンとプラスイオンの比率は平均では、0.8ですので、マイナスイオンとプラスイオンが
同値の観測日も、前兆日とした。


◎2003/09/26 十勝沖 深さ45kmM8.0最大震度6弱
2003/9/15 マイナス1600プラス800 比率2.0::地震発生11日前
2003/9/16 マイナス1000プラス800 比率1.3

◎2006/11/15千島列島東方沖深さ30km M7.9最大震度2
11/4:マイナス600プラス200 比率3.0::地震発生11日前

◎2007/01/13 千島列島東方沖 深さ30kmM8.2最大震度3
2006/12/31 マイナス1000プラス700 比率1.4::地震発生14日前

◎2007/09/28 マリアナ諸島 深さ268km M7.6 最大震度2
2007/9/5 マイナス1200プラス1200 比率1.0::地震発生23日前
2007/9/6 マイナス1400プラス1400 比率1.0

◎2010/12/22 父島近海深さ8km M7.8 最大震度4
2010/11/27 マイナス500プラス500 比率1.0::地震発生25日前
2010/12/1 マイナス400プラス400 比率1.0

◎2011/03/11 東日本大震災 深さ24kmM9.0 最大震度7

2011/2/20 マイナス600プラス600 比率1.0::地震発生19日前
2011/2/24 マイナス800プラス800 比率1.0
2011/3/5 マイナス700プラス700 比率1.0
2011/3/7 マイナス1300プラス900 比率1.4

※311に発生した東日本大震災の余震
◎2011/03/11 茨城県沖深さ43km M7.6最大震度6強
◎2011/03/11 三陸沖深さ11km M7.5最大震度4

◎2013/05/24 オホーツク海 深さ598km M8.3 最大震度3

2013/5/6 マイナス500プラス400 比率1.3::地震発生16日前
2013/5/7 マイナス700プラス500 比率1.4
2013/5/14 マイナス500プラス500 比率1.0

◎2015/05/30 小笠原諸島西方沖 深さ682km M8.1最大震度5強
2015/5/2 マイナス500プラス500 比率1.0::地震発生28日前
2015/5/3 マイナス800プラス800 比率1.0
2015/5/8 マイナス400プラス400 比率1.0
2015/5/12 マイナス800プラス200 比率4.0
2015/5/14 マイナス400プラス400 比率1.0
2015/5/19 マイナス800プラス800 比率1.0
2015/5/20 マイナス600プラス600 比率1.0
2015/5/26 マイナス500プラス500 比率1.0
2015/5/30 マイナス800プラス800 比率1.0

★★
上記8回のM7.5以上大地震前の11-25日前(平均:14.9日前)に、
静岡市で、大気イオン観測で、マイナスイオンがプラスイオンより多い観測結果を得た。
8回全てで、上記異変がみられ、例外はない。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板