地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」

ホームページへ戻る

13339023

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.10303 20231109報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2023年11月09日 (木) 12時43分 [返信]

【まとめ】
20231102報告その2で
首都圏M8クラスの巨大地震発生予想震源域は、
房総半島南東沖、八丈島東方沖、伊豆鳥島東方沖。
以前、Alexey Lyubushin博士が
本年3-5月に日本の南方で、巨大地震が予想されると報告していました。
そのAlexey Lyubushin博士が、最近の論文で、震源域の予想地域を
日本を16地域に分けた中で、八丈島付近と示した。
11/2の報告で、八丈島東方沖巨大地震の場合、
首都圏の震度は震度6弱から6強が最も強い(特に南関東)
さらに、長周期地震動(タワーマンション高層階)が警戒です。
1972年M7.2の八丈島東方沖地震では、京王プラザホテル(47階建、170 m)では、44階のレストランでは高層ビル特有の長周期地震動が発生して客などが一時騒然となった。

津波被害想定地域の広さからすると、
伊豆鳥島東方沖>>八丈島沖>>房総半島南東沖の順に広範囲に津波被害が生じる(10月14日報告詳述)

八丈島震源であれば、首都圏の震度は、1972年M7.2の地震から推察すると、震度6弱から6強ですので、壊滅的な震度とはならないと推察します。ただ八丈島は、大警戒です。

【内容】
20231102報告その2で
首都圏M8クラスの巨大地震発生予想震源域は、
房総半島南東沖、八丈島東方沖、伊豆鳥島東方沖。
ただし、地震前兆が極めて大きく、M8.5を超える超巨大地震の恐れがある。

そのように報告しましたが、以前、Alexey Lyubushin博士が
本年3-5月に日本の南方で、巨大地震が予想されると報告していました。

そのAlexey Lyubushin博士が、最近、下記の論文で、震源域となる地域など報告をしています。

Alexey Lyubushin(August 2023),
Seismic Hazard Indicators in Japan based on Seismic Noise Properties,
Journal of Earth and Environmental Sciences Research

その論文の結論の結びを引用します。
As for the place of a possible strong earthquake,
according to the histogram of the change in the distribution over
space of the minimum values of the DJ-index, the most probable
place is the vicinity of reference point #9.

論文の図を引用します。
https://bbs2.sekkaku.net/bbs/upfile/ikaseqa--1699500558-810-788.jpg

日本を16のポイントに分け、赤丸で示しています。
赤丸7:関東  赤丸8:東海  赤丸9:八丈島付近
赤丸10:山陰地方 赤丸11:関西地方

上記論文の結びで示された日本の地域は、赤丸9の八丈島付近です。




Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板