地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」

ホームページへ戻る

13339271

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.10302 20231107報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2023年11月07日 (火) 10時51分 [返信]

【まとめ】
本日は、本サイトにおける巨大地震の直前前兆把握です
●静岡市観測空気中のイオン比異常11/1
さらに、マイナスイオンの観測値10600はウルトラ異常値となった。
この現象は、過去の2回の巨大地震前にもイオン比異常を観測した。

今回の予想震源域の房総半島南東沖から伊豆諸島南部沖に近い
過去の上記観測実績を探すと、
〇2005/1/19 房総半島南東沖M6.8の11日前
〇2015/5/30 小笠原諸島西方沖M8の18日前
この2件でした。

今回の11/1のイオン比異常に当てはめると、11/12-11/19の間の地震発生となる(過去2回の実績のみでは、誤差は大きいと推察)

●日本周辺の電離層異常
東日本大震災発生時のTEC異常のピークは、地震発生3日前。
TEC異常がやや収束したときに、巨大地震発生となる。

もう一つの特徴は、巨大地震発生前に、大きな地磁気擾乱が発生していることです。11/5にも発生した。

これらのデータをよくみると、とりあえず、今行っている、前兆把握の3本柱の収束を見極めることも肝心のようです。

【1】千葉県九十九里浜観測点の8年間(2017-2023年)のラドンガス異常変動
【2】東京多摩東部のELF帯電磁波の異常
【3】首都圏VHF帯放送波の伝搬異常
1,東京スカイツリー送信静岡県西部受信のルートの伝搬異常。
97日間連続24時間伝搬異常
2,南関東沿岸部送信北関東沿岸部受信ルートの伝搬異常
 59日間連続24時間伝搬異常

1は収束近い。2は完全収束。3は未だ前兆継続中。


【内容】
本日は、本サイトにおける巨大地震の直前前兆把握についてです。

【1】静岡市観測空気中のイオン比異常
(静岡市が震度1以上の地震を対象とする)
11/1:マイナスイオン10600 プラスイオン3000
イオン比:3.5 異常値
さらに、マイナスイオンの観測値10600は、2003年から2016年まで13年間の毎日の観測でも観測しなかったウルトラ異常値となった。

マイナスイオン、プラスイオンの値はそれぞれ1cc当りのイオン個数です。
この現象は、過去の巨大地震前にもイオン比異常を観測した。
〇2003/9/26 十勝沖巨大地震M8の10日前、
〇2011/3/11 超巨大地震である東日本大震災M9の4日前

今回の予想震源域の房総半島南東沖から伊豆諸島南部沖に近い
過去の上記観測実績を探すと、
〇2005/1/19 房総半島南東沖M6.8の11日前
〇2015/5/30 小笠原諸島西方沖M8の18日前
この2件でした。

今回の11/1のイオン比異常に当てはめると、11/12-11/19の間の地震発生となる(過去2回の実績のみでは、誤差は大きいと推察)

【2】日本周辺の電離層異常
まず、東日本大震災発生時の異常を下図に示します。
https://bbs2.sekkaku.net/bbs/upfile/ikaseqa--1699320038-798-735.jpg
左図は、日本時15時30分の、15日間平均値のTECに比べ、3/8が凡そ10TECU高い領域が日本とその南側に広がっていることがわかります。
このTECmapを差分TECmapといいます。
東日本大震災震源が白丸ですが、それを頂点に南側に大きく、
アフリカから南アメリカまで広がっています。

右上図は、2011/2/23から3/16の日本時15時30分の東日本大震災の震央の上空の電離層全電子数:TECの変動を見たものです。

2/23から15時30分のTEC値は徐々に上昇し、3/8にピークに達します。

赤く塗りつぶした3/8がprecursor:前兆と記されています。
3/2や3/10もTECは高いものの、それは、地磁気擾乱由来でTECが高くなったことを示しています。青で塗りつぶされたものです。

この地磁気擾乱現象は、巨大地震発生前によく観察されているものですが、それが、11/5にも発生しました。下図に示します。
https://bbs2.sekkaku.net/bbs/upfile/ikaseqa--1699320573-780-476.jpg

茨城県柿岡の地磁気擾乱のK指数です。非常に激しい地磁気擾乱が発生したことがわかります。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板