地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」

ホームページへ戻る

13789119

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.10191 20230304報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2023年03月04日 (土) 10時37分 [返信]

211報告続報

2/4の【まとめ】抜粋
本サイトが予想する首都圏M8クラスの巨大地震による震災地震
根拠とした下記4項目の中で特に大切な、第一項と第二項が、未だ収束していません。
第一項の九十九里ラドン
早ければ、本年3月以降の地震発生と考えられる。

ところで、世界でただ一人東日本大震災の発生を予想したAlexey Lyubushin氏が、
2022/10/20に報告した要旨では、
「2010年に発表した論文と同様な手法で解析し、日本には、再度、2023年3-4月に巨大地震が発生する。その発生地域は、
[the area 30°N < Lat < 34°N, 136°E < Lon < 140°E]
つまり、緯度:30-34度、経度が136-140度で囲まれた地域」とした。
日本の南海です。
この地域には、南海トラフの東側、伊豆諸島南部が含まれます。

上述の地球物理学者で物理数学博士のアレクセイ・リュブシン氏のインタビュー記事が
3/3に報道されました。

日本に大地震発生の恐れ 東京には大津波 ロシア人地球物理学者
スプートニク日本ニュース 2023/3/3

https://sputniknews.jp/20230303/15137436.html
(引用開始)
ロシア人地球物理学者で物理数学博士のアレクセイ・リュブシン氏は、ロシア紙「ガゼータ・ル」の取材に対し、日本の南部の沿岸部、ロシアのクリル諸島、カムチャッカ半島でこれから3か月以内に大型地震が起きる可能性を指摘した。
「日本は危険な状態にあり、2023年の3月から5月の間に南部で極めて大型の地震が起きる恐れがある。この際に一番危険なのが津波の発生する可能性だ。地震の発生すると見られる地域から、津波は東京都付近を襲うだろうと見られている。そうなった場合、犠牲者は多くなる」リュブシン氏はこう語っている。
(引用中止)

上述のAlexey Lyubushin博士2022/10/20報告と異なっているところ
〇発生予想期間が3-4月から3-5月に変更されたこと。

もう一点の注目は、megaquake(巨大地震)の地震の特徴を巨大津波としている点で、その巨大津波は東京湾を直撃し、南関東に甚大な被害を及ぼすと警告している点です。

上述のように予想震源域には、南海トラフと伊豆諸島南部が含まれます。

もし、この巨大地震が南海トラフ地震であるとしたら、警告は、震度7の揺れと日本の太平洋側に巨大津波警戒と訴えるはずですが、
そうではない点が注目されます。

下図で説明します。
https://bbs2.sekkaku.net/bbs/upfile/ikaseqa--1677892892-1115-853.jpg

下段の図から説明します。
下段の図は、震源が不明だ巨大津波で多くの溺死した慶長地震が伊豆鳥島の巨大地震と仮定した津波のシミュレーションです。
下図左側が通常のプレート間地震による津波
下図右側が、アウターライズ地震による津波です。
この震源域に対して、東京湾は正対しています(間口を広げている)ので、まともに津波の影響を受けます。

10m以上の津波が東京湾沿岸部を襲うシミュレーションです。

さらに、本州の太平洋側と九州にも巨大津波が襲います。

上段の図を説明します。
Alexey Lyubushin氏の予想震源域は
緯度:30-34度、経度が136-140度に囲まれた地域ですので、

緯度34度付近で発生した最近70年間の大地震の震源と主な津波を示しています。

この70年間には、M8を超える巨大地震は発生していません。

津波は宮城県から房総半島、静岡県の御前崎まで襲っています。

★★
私栃木の研究者は、M8を超える巨大地震の的確な予想は、個人ではできないと、東日本大震災の時に痛感しましたので、自分が信頼できるほかの方の予想も含めて、巨大地震の防災を主目的にしています。





Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板