地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」

ホームページへ戻る

13911434

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.10171 20221228報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2022年12月28日 (水) 07時26分 [返信]

【まとめ】
●本サイトが予想する首都圏M8クラスの巨大地震による震災地震

下記、代表的な4種類の観測の異常。

第4項の埼玉県秩父市美の山公園送信群馬県桐生市受信ルートのVHF帯放送波の3シグマ以上の明瞭な伝搬異常
10/8-12/20まで継続し、74日間の伝搬異常となった。

第3項の東京羽村市の大気イオン観測点の震災クラスのウルトラ異常
凡そ5か月間継続した、50000カウント/cc以上の震災クラス地震前兆を観測していた。
しかし、12/14以降は、その10分の1以下の、2000-4000カウント/ccとなり、大幅に減衰して継続中

第1項のラドンと第2項の電磁波ノイズ前兆は、未だ継続中。

第4項の収束、第3項の大幅減衰を考えると、早ければ来年1月中旬以降の震災発生も考えられそうです。

また、観測結果を中心に続報します。


【内容】
●本サイトが予想する首都圏M8クラスの巨大地震による震災地震

1,本サイト浅間山山麓の長野県軽井沢観測点と千葉県九十九里浜観測点の大気中ラドン濃度の7年間(2017-2022年)のラドンガス異常変動

九十九里浜のラドンのみが、未だウルトラ異常を観測中。

2,東京多摩東部のELF帯電磁波ノイズ前兆
2022/5/19から12/27まで、6か月以上継続し、「東日本大震災におけるELF帯電磁波観測の異常期間:4-5か月」と、同等以上の継続性を示した。
継続中。


3,東京羽村市の大気イオン観測点の震災クラスのウルトラ異常
凡そ5か月間継続した、50000カウント/cc以上の震災クラス地震前兆
12/14以降は、その10分の1以下の、2000-4000カウント/ccとなり、減衰したが、未だ継続中


4,首都圏VHF帯放送波の3シグマ以上の明瞭な伝搬異常
埼玉県秩父市美の山公園送信群馬県桐生市受信:77.5MHz FM NACK5のルートで、
10/8以降、異常伝搬が24時間連続して、12/20まで継続した。
その後は、正常伝搬となった。

異常伝搬の期間は、74日間だった。震災クラスの異常伝搬となった。




Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板