地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」

ホームページへ戻る

8772919

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.9880 20210318報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2021年03月18日 (木) 14時49分 [返信]

【まとめ】
3/17は、3/16に続き、関東東北沖で大規模な前兆が出現した。
2/13福島県沖地震発生後に、東北大学がまとめた
最近5年間で地震活動が活発化した地域に、福島宮城沖の日本海溝の外側のアウターライズ地域が広く含まれている。
3/17の衛星画像前兆は、この地域と房総沖中心だった。
https://userimg.teacup.com/userimg/9201.teacup.com/tochiken/img/bbs/0000912.jpg
アウターライズ津波地震は下記に取りまとめた。
地震発生時期は、また、別途報告します。

【内容】
●アウターライズ津波地震の可能性
アウターライズ地震は海側のプレートが陸のプレートの下に潜り込む海溝よりも海側(陸から見れば海溝の外側)で起こる地震です。
その場所では、動いて来る海洋プレートが海溝下の陸側プレートとの境界面でブレーキがかけられ、盛り上がった地形をしているために「アウターライズ」(海溝外縁隆起帯)と呼ばれています。
アウターライズ地震の特徴は、岩板が引っ張られて起きる“正断層”型の地震であり、東日本大震災を引き起こした地震のような両側からの圧縮による“逆断層”型の地震よりも、上下方向の断層のずれが大きいことです。このため津波の規模も大きくなります。

■過去のアウターライズ地震
〇1933年の昭和三陸地震M8.1、
1896年の明治三陸地震M8.2の37年後、

〇2007年千島列島沖地震M8.2、
2006年千島列島沖地震M7.9の2カ月後

〇2012年のスマトラ島沖地震M8.6、
2004年のスマトラ島沖地震〈M9.1〉の8年後
などの例がある。
とくに昭和三陸地震は最大震度5だったが、大津波によって3,000人以上の死者・行方不明者が出た。津波地震です。
気象庁では
「M8級のアウターライズ地震の場合、震度4や5弱でも津波は6〜10メートル以上となる。揺れが小さくとも、警報が出たらすぐに避難してほしい」と呼びかけをしている。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板