地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」

ホームページへ戻る

5542145

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.9543 20200111報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2020年01月11日 (土) 14時06分 [返信]

【まとめ】
●2018年大阪府北部地震再来の懸念:その65,近畿地方の強い地震
2020/1/4報告で、
東大阪市の+3シグマ以上のラドン濃度異状が初めて発生したことを報告し、
1995/1/17の阪神淡路大震災時に、神戸薬科大学で観測されたデータと比較することにより
1/12-1/26が地震発生危険時期になる。

本サイトの滋賀県大津市の鈴落下装置は、2019/7/3より落下していますが、
2020/1/10;落ちていた鈴が浮きました。
2018/6/18:大阪府北部地震前と同様な現象が発生した。

次第に危険域になっているのかもしれません。

●2020/1/10:南西諸島の異変
2020/1/10:南西諸島上空で、TECとfoF2が異常上昇。
全世界のfoF2マップでも確認された。

2019/12/23報告
日向灘から南西諸島北部(沖縄本島から薩南諸島)で、M7大地震:
大気重力波などの衛星画像前兆
11/22,12/6, 12/9,12/10,12/11に顕著な前兆が観察された(1213報告)。
さらに、12/15,12/18,12/19,12/21,12/22も観察された。

これらと関連すると思われた。

【内容】
●2018年大阪府北部地震再来の懸念:その65,近畿地方の強い地震

2020/1/4報告で、
東大阪市の+3シグマ以上のラドン濃度異状が初めて発生したことを報告した。

1995/1/17の阪神淡路大震災時に、
神戸薬科大学で観測されたデータと比較することにより、もし地震が発生する場合には
1/2+17=1/19付近に発生すると予想した。

誤差が一週間とすると、1/12-1/26となる

本サイトの滋賀県大津市の鈴落下装置は、2019/7/3より落下していますが、
2020/1/10;落ちていた鈴が浮きました。

2018/6/18:大阪府北部地震前には、本観測点で長期にわたる鈴落下装置の落下。
地震発生一週間ほど前に、鈴が浮いた。
その後、また落下。

鈴の落下と浮上を数回繰り返し、大阪府北部地震が発生した。

●2020/1/10:南西諸島の異変
https://userimg.teacup.com/userimg/9201.teacup.com/tochiken/img/bbs/0000095.jpg

左図は、日本のNICT:情報通信研究機構が提供する電離層の観測です。

左上図は、TEC:電離層全電子数の
日本の緯度45度、41度、37度、33度、29度の上空のTECです。

緯度29度で、1/10のJST日本時9-15時頃、TEC値が+5シグマ以上というウルトラ異常を観測した。

左下図は、沖縄県大宜味電離層観測点で観測したF2層臨海周波数foF2の推移です。
同じく、1/10のJST日本時9-15時頃大きく上昇しています。

右図は、全世界のF2層臨海周波数foF2の分布図です。
2020/1/10の14:41で代表しています。
南西諸島上空で、大きく上昇し、図では、ピンクで示された12MHzの異常域になった。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板