地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

4638085

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.9418 20190807報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年08月07日 (水) 23時17分 [返信]



【まとめ】
●2018年大阪府北部地震再来の懸念:その27
変化なし

●浅間山噴火
8月7日(水)22時08分頃、浅間山で噴火。

浅間山ふもとの軽井沢の大気中ラドン濃度観測で、本年6月ころからラドン上昇。
8/1には、473ベクレルに達していた。


●東北北海道太平洋側;特に三陸沖北部:M8クラスの巨大地震

1、FM秋田&FM北海道&&NHKFM北海道891の群馬県桐生市受信
(FM放送波の見通し外受信:地震エコー)
8/5から、連続3日間発生。

2、首都圏VHF帯放送波伝搬異常
8/2(8/4:福島沖M6.4の2日前)と8/6の伝搬異常(緑帯)を比べ、
上記1が発生している期間中であることから、

この伝搬異常は、予想する東北北海道太平洋側;特に三陸沖北部の震災地震の
前兆と判断する。

今後、1と2の発生状況から、上記地震の発生日を予想しています。

前回の、三陸沖北部地震。
1968/5/16三陸沖北部巨大地震:当時は十勝沖地震と呼称の震災の動画→こちら
https://www.youtube.com/watch?v=46tGbZcGtJw

北海道南部と青森岩手で、強い揺れと津波が予想されます。
防災の確認点検をお願いいたします。

首都圏のこの地震による震度は、3-4です。

【内容】
●2018年大阪府北部地震再来の懸念:その27
本サイト愛知県西部、淡路島、滋賀県大津市、京都府南部観測点前兆観測は
大きな変化なし。

西日本のFM放送波の地震エコーは発生なし。

京都市の流星電波観測のノイズもなし。

まだ、危険は兆候はなし。


●浅間山噴火
〇8月7日(水)22時08分頃、浅間山で噴火が発生しました。
噴煙は火口上1800m以上に達している模様です。

〇本サイト環境自然などなんでも掲示板[45388] RGD-PS3 8/1 夜 473⬆急上昇中! 
Name:あさまテラス@軽井沢

5月中 24→34⤴
6/1〜20 30→40⤴
6/21〜30 68→75⤴
7/1〜15 75→103⤴
7/15〜7/20 103〜138⤴
7/21〜7/27 144〜174⤴
7/28〜7/31 174〜412⬆
8/1 朝411→昼407→夜473⬆

ラドン値の観測し始めて以来の、急上昇が継続中です。

★★
浅間山のふもとの軽井沢での大気中ラドン濃度観測です。
噴火の場合には、ラドン異常が継続中に噴火が発生します。

地震の場合には、ピークを迎え、下降、収束した後に、地震発生です。

〇浅間山が噴火すると、本州周辺では、大地震が発生してきた。
2003年噴火、2008年噴火と十勝沖大地震、2004年噴火と新潟県中越地震、
2009年噴火と駿河湾地震、




●東北北海道太平洋側;特に三陸沖北部:M8クラスの巨大地震:7/31続報

1、FM秋田&FM北海道&&NHKFM北海道891の群馬県桐生市受信
(FM放送波の見通し外受信:地震エコー)

8/5から、連続3日間発生。

2、首都圏VHF帯放送波伝搬異常
8/6:16-18時に、明確な-3シグマ以下の伝搬異常が、
東京タワー:FM東京⇔群馬県前橋市
東京スカイツリー:NHK FM東京⇔群馬県前橋市が発生。

この伝搬異常が、8/7にも発生。


333mの東京タワーを高さで301mも上回る世界で最も高い電波塔である東京スカイツリー。
スカイツリーは高さがある分、遠くまで電波が届くようになる。

また、電波を発信する位置が高くなると,建物が入り組んだ路地でも電波が受信しやすくなる。
電波状況は、飛躍的に改善された。

このため、電波受信状況は変動少なく、伝搬異常も発生しにくいです。

東京タワー&東京スカイツリーの伝搬異常。異常事態です。

下図左に、
2019/8/4:福島県沖:M6.4:最大震度5弱(首都圏震度3-4)の2日前:8/2の
東京タワー&東京スカイツリーの伝搬異常を示した。

https://www.progoo.com/bbs/data/pass-keijiban/img/45412_2180cff266.jpg

下図右に、8/6の東京タワー&東京スカイツリーの伝搬異常を示した。

8/2と8/6の伝搬異常(緑帯)を比べてみてください。
8/6が、明らかに、伝搬異常の時間が長い。

2年間近く、群馬大学のデータを見ていますが、
8/6の異常からは、震災クラスの地震が近づいていると判断できます。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板