地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

4118417

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.9389 20190624報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年06月24日 (月) 10時37分 [返信]

【まとめ】
6/24:千葉県南東沖地震、M5.5:震度4が発生した。

6/21:16-19時および6/23:4-6時、
首都圏VHF帯放送波:さいたま市⇔群馬県桐生市のルートで
明確な伝搬異常がみられた。

本サイト千葉県九十九里浜観測点:大気中ラドン濃度観測
2018/9/27-10/3に続き、2019/6/11-6/16;
1000ベクレルを超える超超ウルトラ異常を観測。

6/23には、18ベクレルまで、急落して、6/24には
本地震が発生しているので、関連性があると思われる。

モニタリングA:房総沖巨大地震
予想震源域の図示⇒
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/yosousingen2019.jpg

この予想する地震が、1-3か月後に発生する可能性が出てきました。
大きな前兆がまた出現すれば報告します。

【内容】
●6/24:千葉県南東沖地震

〇概要
2019年06月24日 09時11分頃
震源地 千葉県南東沖
最大震度 震度4:館山市、南房総市
震源 マグニチュード M5.5

〇本サイトの予想
622報告
「埼玉県平野原送信所:さいたま市⇔群馬県桐生市のみで、
6/21:16-19時、-3シグマ以下の明確な伝搬異常がみられる。

6/18朝のような、
東京タワー⇔群馬県桐生市の伝搬異状はない。

本サイト新潟市観測点のラドンの急落を伴わないので、
618山形県沖地震との関連性は、うすいのかもしれない。

ただ、北関東:新潟;南東北(福島、山形)
震度4-5弱程度の地震に警戒。」

〇前兆追記
622報告以降、
6/23:4-6時、首都圏VHF帯放送波
-3シグマ以下の明確な伝搬異常。

上記の、6/21:16-19時と同様に、
埼玉県平野原送信所:さいたま市⇔群馬県桐生市で、
2回目の伝搬異常。凡そ1日後の地震発生となった。

〇今後
本サイト千葉県九十九里浜観測点:大気中ラドン濃度観測
6/9以降、大きくラドン濃度が上昇。

6/11-6/16;1000ベクレルを超える超超ウルトラ異常を観測。
+37シグマという、とてつももない異常値です。

6/23には、18ベクレルまで、急落して、6/24には
本地震が発生しているので、関連性があると思われる。

ちなみに、
工程管理で使われる、6シグマが発生する確率は、10億分の2ですから
+37シグマがいかに大きな異常かわかると思います。

本サイト千葉県九十九里浜観測点では、
2018/9/27-10/3まで、同じように、1000ベクレルを超えた。

●モニタリングA:房総沖巨大地震:
予想震源域その1:鳥島東方沖の伊豆小笠原海溝一帯:予想規模M9
予想震源域その2:八丈島東方沖の伊豆小笠原海溝一帯:予想規模M8.5-M9
予想震源域その3:延宝房総沖巨大地震震源域M8.5

予想震源域の図示⇒
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/yosousingen2019.jpg

この予想する地震が、1-3か月後に発生する可能性が出てきました。
大きな前兆がまた出現すれば報告します。






Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板