地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

2774121

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.9308 20190107報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年01月07日 (月) 05時07分 [返信]

【まとめ】
●モニタリングA:房総沖巨大地震:直前前兆モニタリング:
1/6:条件1TEC、条件2:南関東伝搬異常、ともに異常なし
凡そ3日以内の直前前兆はない。

●東北北海道太平洋側;特に三陸沖北部:M8クラスの巨大地震:
項番4の地震エコーが、22日間継続中。
1/5-1/6:まれにみる30時間以上継続の地震エコーだった。

●熊本、九州北部:周防灘:伊予灘;安芸灘方面の強い地震

本サイト熊本県西部観測点のお正月のラドンが更新された。
1/3:熊本地震:震度6以降も、上昇を続け、1/5夜には、過去5か月の最高値を観測。

こうなりますと、1/6報告の九州北部:周防灘:伊予灘;安芸灘方面の強い地震予想に、
熊本を加えることになります。

さらに、2019/1/1-1/5:熊本FM、広島FMの地震エコーも継続中。


【内容】
●モニタリングA:房総沖巨大地震:直前前兆モニタリング:詳細は具体的前兆が出現時に報告

条件1:世界TECmapで、予想震源域を含む太平洋の広い地域に10TECUの上昇
(M8以上の巨大地震で、低緯度地域で、地震発生前凡そ3日以内に観測される。
東日本大震災時文献Dimitar Ouzounov et al.(2011),3/8が前兆ピーク、3日前)

条件2:首都圏VHF帯放送波伝搬異常:南関東又は東海ルートで、伝搬異常がみられる
条件3:条件1と2が同時期に発生する。

1/6
条件1は発生なし。TEC:USA、Germany、Austoraia、foF2:Austoraia版で確認
条件2:異常なし

『総合判断』
1/5の条件2の伝搬異常。対応地震:1/6:7:54小笠原諸島東方沖:M5.6

2010/12/22:父島近海:M7.8大地震では、
3日前に、東京タワー&千葉県三山送信所⇒群馬県桐生市で、伝搬異常観測

1/6は、まったく異常なし。

上記TECの文献は、NASAのDimitar Ouzounovらの報告を参考にしていますが、この報告の中には、
fig2として、日本近海の海水温の前兆が報告されています。

その変化も、本サイト環境自然などなんでも掲示板で、変化があれば、今後、又三郎さんが、報告してくださるようです。
また、上記USA、Germany、Austoraiaの世界TECの変化で、気になる点があれば、
今後、本サイト環境自然などなんでも掲示板にご投稿ください。

TECマップは次を参照願います。オーストラリア版ですが、ページの下に、USA、GERMANYへのリンクが掲載されています。
このページは、自動的に、過去データを一定期間保存していますので、使いやすいです。
http://web.matrix.jp/ips-min/


●北海道、東北
〇東北北海道太平洋側;特に三陸沖北部:M8クラスの巨大地震:
1,大規模な大気重力波やさざなみ雲:12回発生
2、北海道の苫小牧と青森三沢の地震前兆電磁波ノイズ:凡そ1年間継続したが、12/29以降、消滅
3、本サイト青森県八戸観測点
鈴落下装置1号機の鈴が落下。

4、FM秋田&FM北海道&&NHKFM北海道891の群馬県桐生市受信
(FM放送波の見通し外受信:地震エコー)
22日間継続するこの地震エコー。1/5:11時から1/6:20時まで継続。まれにみる30時間以上地震エコーだった。

地震エコーが収束後、6日以内に、強い地震が発生すると予想される。

●甲信越地方
変化なし

●東海、北陸
変化なし

●近畿地方:
本サイト京都府南部と滋賀県大津市、淡路島のラドン。まだ、急落は見られず。
急落が直前前兆になりそうです。

京都府南部ラドンは、リバウンド上昇が続いています。

●中四国、九州
〇本サイト熊本県西部観測点のラドン
1/4報告:再掲載
『本サイト熊本県西部観測点のラドンでは、+2シグマ以上の準異常値を、2018/12/5-12/8に観測していた。
今回の1/3大地震の1か月前だった。』

お正月のデータが、1/6に報告された。
そのデータを見ると、1/3:熊本地震:震度6以降も、上昇を続け、1/5夜には、過去5か月の最高値を観測。

こうなりますと、1/6報告の九州北部:周防灘:伊予灘;安芸灘方面の強い地震予想に、
熊本を加えることになります。

今後、熊本県西部観測点のラドン上昇を見極め、グラフで示します。

〇2019/1/1-1/5:熊本FM、広島FMの群馬県桐生市受信(FM放送波の見通し外受信:地震エコー)

熊本FMの地震エコーは、2016年熊本地震以降、わずかながらも、2年半継続して観測されていたが、
1/1以降は、広島FMの地震エコー発生とともに、顕著になった。

1/5には、NHKFM四国愛媛松山の地震エコーも観測され始めた。

2016年、熊本地震前にも、熊本FM、広島FM、NHKFM松山が観測された。
その当時は、FM沖縄も、FM891沖縄も、さらに東の中国のFM上海の地震エコーも、観測されていた。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板