無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

京都大学囲碁部掲示板

部員以外の方の書き込みも大歓迎です。

ホームに戻る

名 前
件 名
内 容
E-mail
URL
文字色

:パスワード :クッキー





[1260] 無私の精神とか言いながら
From:古川浩一

無私の精神とか言いながら、上の連中は
1見さんお断りとか門外不出とか家元主義とかケチが多くないか。

2016年12月22日 (木) 19時08分


[1259] 株主資本主義を批判する人
From:古川浩一

新自由主義、株主資本主義を批判する人は
大勢いるが、彼らも市場原理や資本主義、株式会社
といった資本主義の土台を否定はしない。
まあ、株主資本主義で泣く人が多いから
融通を利かせようぐらいのもんなんだろう。
それでいいんだが、まあ例えば公益資本主義とか
言ってもその程度のもんなんだろう。
いずれにしろどんな経済学で考えても繰り返すが
何もしないで財サービスは湧いて出ない。
労働なくして生産なく、生産力が下がれば国は
物質的には貧しくなる。 多くの貧しい国は生産効率が悪い。
家を建てるのにレンガをくっつけるセメントのかわりに
川に砂を取りに行って砂をかついで使うというようなことをしてる。
教育が普及しないとそういうことになる。

2016年12月22日 (木) 17時11分


[1258] 歴史が役に立つこと
From:古川浩一

資本主義の経済学と歴史は多くのことを
現代のことも含めて説明する。歴史を
知ればより多くのことを深く理解できる。
歴史を知らないと分からないことも多い。
そこから1例をあげるとランボーなど文学者の奇跡の力が理解できたりする。

2016年12月22日 (木) 14時48分


[1257] 歴史で哲学を
From:古川浩一

僕の書き込みで示した経済理論で自分を個人を
世界史的見地から説明できる。世界史はこんな
風に進みそのなかで自分がその歴史の構成する社会の構成員である
親から生まれたと。そして歴史は経済学は人間というものも教える。資本主義の経済学でも。
僕はそんな風に歴史と経済学で自分を人間を理解した。

2016年12月22日 (木) 14時26分


[1256] 勉強が必要なわけ
From:古川浩一

やんごとなき方と言っても勉強しなきゃ
知識ははいらない。逆に貧乏人でも
勉強すれば知識ははいる。そして知識が
なけりゃどうにもならないことばかりだ。

2016年12月22日 (木) 12時41分


[1255] 庶民エリート目覚めよ。
From:古川浩一

実際、知的な仕事と言ってもしごきに耐えなければものにならないので
貧乏人庶民が多かったりもするのだ。
やんごとなき方と言ってもこのしごき勉強に耐えなければ知的な業績はあげられない。
天才とは努力しうる才だという人さえいるくらいだ。鍛えなきゃなかなか強く
ならないのは知的な力も同じだ。勉強しなきゃ情報ははいらないし。

2016年12月22日 (木) 08時44分


[1254] これからの歴史の方向
From:古川浩一

基本的に歴史というのは近代科学的近代社会的
生活へ、全人間の人権の尊重と機会均等、待遇
報酬の正当へと進むんじゃないだろうか。
誰だって欲はあるし、それを主張することは不当では
あるまいし、経済が発達するにつれてそれをかなえる方向に社会は進むだろうし、そうなれば
召使や奴隷の身だった人間もそれじゃいやだ、
私だって人間だ、という方向に世界は向かってきたし
向かってる。なぜ私がある人たちに生まれつき奉仕しなければ
ならないのか、なぜ私が生まれつきある人たちより
下に扱われるのか、それは不当だ、なぜ私たちに
他の人たちと同じ権利があたえられないのか、
それはおかしい、私だって人間だ、というのは正当な主張だ。しかも社会に大きく貢献しているのに。
科学技術や仕事で。より大きく社会に貢献してるのになぜ、できない人より報酬待遇が下なのか。
この先もそういう方向に人類は進む
だろう。そして科学をはじめ、たいていのことは
教育によって誰でもできるんである。どこ人だろうと。黒人だろうが白人だろうが、アジア人だろうが。
誰でも教育を受ければ、例えば自分たちが優越してる
というものもいる白人の理解できることは
すべて理解できるんである。白人の作れるものできる
ことは誰でも作れるんである。時に白人より優れた
物も作る。やんごとなき方より知性が高かったりする。勉強なんかでも科学的成果でも勝って。
やんごとなき方のほうが上品な顔をしてるんで
映画なんかでは科学者の役とかまわるが、
実際そういう思考ができるのは顔とは関係ない。

2016年12月20日 (火) 19時24分


[1253] 僕の経済学の教えるもの
From:古川浩一

くりかえすがどんな経済体制でも
どんな経済学で考えても資本主義経済学で考えても
何もしないで財サービスは湧いて出ない。
そして社会を成り立たすためにどうしても必要な
財サービスはある。
それを生み出す労働は誰かにさせなければけない。
このことは歴史を研究する際大きなヒントになる。
おカネは市場原理によってその労働が必要かどうか
を判断する道具になる。そのおカネを出せるかどうかもあるが。
出せる人間はそのカネを稼ぐ方法を知ってる。
1見さんお断りの店と社会の流動性。フェアな社会。
リアリストでなければ権力は握れないし握り続けるのは
もっと難しい。だから武士はいつも刀を持ったし切り捨て御免も許された。徳川家の卑劣な政策によって生み出されたえたひにん。

2016年12月20日 (火) 08時56分


[1252]
From:古川浩一

繰り返すが「僕は勉強ができない」と言う小説が
あるが、腹をこわさない水道1つ作るにでも
水源となる水にどれだけ人体に有害な成分やバクテリアがいてどのくらいのペースで増えるか
どの程度のの薬剤やら処理をすればそれが飲めるようになるかという数的処理化学処理的思考が必要な
はずだ。それが高校の理数科目でおちこぼれるような
人間にできるだろうか。そういうことはちょっとした
商品CMで分かるようにやまほどある。
「僕は勉強ができない」というような人間は
そういうことに1切役に立つまい。
そういうことができる人間が減ったら日本はどうなるか。そういう科学的推察も想像力と呼んでよかろう。そういう科学的推察があるから日本は豊かで安全な社会なのだ。
文系でも経済それに必須の政治でそれがあろう。
それがあまりにも放漫ちぐはぐだと社会は崩れる。
おれがこんなひまなことをしてるのも
そういう連中を信じてるからだ。

2016年12月19日 (月) 13時54分


[1251] 宗教が信じられるか
From:古川浩一

何べんもいうが生存している人間は死んだことが
ないから、死後の世界を知る人間は生物は
この世には生きてる人間には生物にはいないのだ。
だから死後の世界について生きてる人間の言うことは
まったく根拠がないのだ。誰でも何とでも
どんな出鱈目でも言える。そしてどんな賢い人も
それを嘘と言えない。
神がいるとか宗教の言うことも根拠のないことが多い。僕は根拠のないことと勘定の合わないことは
信じない。
よく高度の科学と宗教を絡め合わせる人がいるが
人の言うようにどんな高度の科学だと、死後の
世界でえんまさまがいるとか、天使がハープやリュートやフルートやバイオリンを弾きながら飛んでいる
というような話が本当になるのか。
そういう話が信じられるか、荒唐無稽っぽくないか、
馬鹿みたいと思わないか。普通に考えて。
どんなふうに考えても。まあ、宗教の人の中には
人間性について深い理解を持ってる人もいるが。

2016年12月18日 (日) 18時09分







Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板