地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

2293843

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.9008 20180610報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2018年06月10日 (日) 02時50分 [返信]

【まとめ】
●2018/4/9:島根県西部:M6.1:最大震度5強:続報16:
予想:中国地方(特に、鳥取島根県から広島県北部)、M7クラスの被害地震

本サイト石川県南加賀地方大気中ラドン濃度が、未だ高濃度で、収束せず。
スタンバイならず。

●硫黄島、火山活動で急激に隆起…滑走路にひびも:読売オンライン:2018/6/8
前回の大きな隆起は、2006年から開始。11年頃から加速
2010/12/22:父島近海:M7.8←新妻地質学研究所は、この地震が東日本大震災のトリガーとなったと解析。

2017年の1年間だけで約1・2メートル隆起
伊豆・小笠原海溝、日本海溝の地震が再度、注目されます。


【内容】
●2018/4/9:島根県西部:M6.1:最大震度5強:続報16
予想:中国地方(特に、鳥取島根県から広島県北部)、M7クラスの被害地震

1,地震に関連する地下水観測データベース:WellWeb:愛媛県新居浜市観測井戸地下水位:5/29詳述
低下し、スタンバイ状態

2,広島FM&FM802大阪&&NHKFM松山の群馬県桐生市受信
(FM放送波の見通し外受信:地震エコー)
条件:上記3FM放送波の地震エコーが、3日間以上観測されること

6/8,6/9と継続中

3,本サイト石川県南加賀地方大気中ラドン濃度変動
条件:18ベクレル以下へ濃度低下すること

★★6/9現在:29ベクレル:基準値以下にならず。

4,本サイト滋賀県大津市西指向鈴落下装置
「磁石2個」::昨年11/20に落下⇒凡そ7ヶ月後⇒6/8 20時頃、浮きました。6/9 落下なし

磁石4個」::昨年3/17に落下 ⇒15ヶ月後⇒
6/8 20時頃より浮く。 6/9 午後、2度落下しましたが、直ぐに復活

5,本サイト大分県南部観測点
午後11時半 北西〜北〜北北東の空に薄いオレンジ色が入って見えました。


●硫黄島、火山活動で急激に隆起…滑走路にひびも:読売オンライン:2018/6/8
(引用開始)
太平洋戦争の激戦地・硫黄島(東京都小笠原村)が、火山活動によって急激な速さで隆起を続けている。
島にある海上自衛隊の航空基地付近では、
2017年の1年間だけで約1・2メートル隆起し、滑走路にひびが入るなどの影響が出ている。

硫黄島は面積約22平方キロの火山島。火山活動は比較的活発で、数年に1度、小規模な水蒸気噴火が起きている。

国土地理院によると、直近の隆起は2006年頃に始まり、11年頃から加速した。

防災科学技術研究所によると、観測が始まった1976年から現在までに約10メートル隆起しているという。
地下のマグマが上昇し、地盤を押し上げているとみられる。

長期間にわたる隆起のペースとしては世界的にまれという。
(引用終了)

★★
前回の大きな隆起は、2006年から開始。11年頃から加速
2010/12/22:父島近海:M7.8←新妻地質学研究所は、この地震が東日本大震災のトリガーとなったと解析。

2017年の1年間だけで約1・2メートル隆起
伊豆・小笠原海溝、日本海溝の地震が再度、注目されます。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板