地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

3936428

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

No.9389 20190624報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年06月24日 (月) 10時37分 [返信]

【まとめ】
6/24:千葉県南東沖地震、M5.5:震度4が発生した。

6/21:16-19時および6/23:4-6時、
首都圏VHF帯放送波:さいたま市⇔群馬県桐生市のルートで
明確な伝搬異常がみられた。

本サイト千葉県九十九里浜観測点:大気中ラドン濃度観測
2018/9/27-10/3に続き、2019/6/11-6/16;
1000ベクレルを超える超超ウルトラ異常を観測。

6/23には、18ベクレルまで、急落して、6/24には
本地震が発生しているので、関連性があると思われる。

モニタリングA:房総沖巨大地震
予想震源域の図示⇒
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/yosousingen2019.jpg

この予想する地震が、1-3か月後に発生する可能性が出てきました。
大きな前兆がまた出現すれば報告します。

【内容】
●6/24:千葉県南東沖地震

〇概要
2019年06月24日 09時11分頃
震源地 千葉県南東沖
最大震度 震度4:館山市、南房総市
震源 マグニチュード M5.5

〇本サイトの予想
622報告
「埼玉県平野原送信所:さいたま市⇔群馬県桐生市のみで、
6/21:16-19時、-3シグマ以下の明確な伝搬異常がみられる。

6/18朝のような、
東京タワー⇔群馬県桐生市の伝搬異状はない。

本サイト新潟市観測点のラドンの急落を伴わないので、
618山形県沖地震との関連性は、うすいのかもしれない。

ただ、北関東:新潟;南東北(福島、山形)
震度4-5弱程度の地震に警戒。」

〇前兆追記
622報告以降、
6/23:4-6時、首都圏VHF帯放送波
-3シグマ以下の明確な伝搬異常。

上記の、6/21:16-19時と同様に、
埼玉県平野原送信所:さいたま市⇔群馬県桐生市で、
2回目の伝搬異常。凡そ1日後の地震発生となった。

〇今後
本サイト千葉県九十九里浜観測点:大気中ラドン濃度観測
6/9以降、大きくラドン濃度が上昇。

6/11-6/16;1000ベクレルを超える超超ウルトラ異常を観測。
+37シグマという、とてつももない異常値です。

6/23には、18ベクレルまで、急落して、6/24には
本地震が発生しているので、関連性があると思われる。

ちなみに、
工程管理で使われる、6シグマが発生する確率は、10億分の2ですから
+37シグマがいかに大きな異常かわかると思います。

本サイト千葉県九十九里浜観測点では、
2018/9/27-10/3まで、同じように、1000ベクレルを超えた。

●モニタリングA:房総沖巨大地震:
予想震源域その1:鳥島東方沖の伊豆小笠原海溝一帯:予想規模M9
予想震源域その2:八丈島東方沖の伊豆小笠原海溝一帯:予想規模M8.5-M9
予想震源域その3:延宝房総沖巨大地震震源域M8.5

予想震源域の図示⇒
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/yosousingen2019.jpg

この予想する地震が、1-3か月後に発生する可能性が出てきました。
大きな前兆がまた出現すれば報告します。




No.9388 20190622報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年06月22日 (土) 08時05分 [返信]

【まとめ】
本サイト新潟市観測点は、618大地震の震央凡そ140km南西。

618山形県沖地震前には、平均値プラス1シグマまで濃度上昇し、
6/16:平均値に急落した。

6/20から再上昇中で、平均値付近に低下したら、大きな余震が懸念される。

埼玉県平野原送信所:さいたま市⇔群馬県桐生市のみで、
6/21:16-19時、-3シグマ以下の明確な伝搬異常がみられる。

6/18朝のような、
東京タワー⇔群馬県桐生市の伝搬異状はない。

本サイト新潟市観測点のラドンの急落を伴わないので、
618山形県沖地震との関連性は、うすいのかもしれない。

ただ、北関東:新潟;南東北(福島、山形)
震度4-5弱程度の地震に警戒。


【内容】
●618山形県沖地震関連その3

◎本サイト新潟市観測点大気中ラドン濃度

〇618地震震央との距離
本サイト新潟市観測点は、618大地震の震央から凡そ140km南西です。

〇618山形県沖地震前後のラドン濃度変動

6/1-6/6までは、ほぼ平均値付近。
6/7-6/15:平均値プラス1シグマのやや高い濃度
6/16:平均値に急落。
6/17-6/19:ほぼ平均値
6/20から、再上昇中。

〇今後の注目点
ラドン濃度が平均値付近に低下したら、大きな余震が懸念される。

〇首都圏VHF帯放送波伝搬異常
埼玉県平野原送信所:さいたま市⇔群馬県桐生市で、
6/21:16-19時、-3シグマ以下の明確な伝搬異常がみられる。

6/18朝のような、
東京タワー⇔群馬県桐生市の伝搬異状はない。

本サイト新潟市観測点のラドンの急落はないので、
618山形県沖地震との関連性は、うすいのかもしれない。

ただ、北関東:新潟;南東北(福島、山形)
震度4-5弱程度の地震に警戒。


●2018年大阪府北部地震再来の懸念:その5
大きな変化なし。スタンバイならず。

No.9387 20190620報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年06月20日 (木) 23時10分 [返信]

●618山形県沖地震関連
〇20190618朝に報告した6/18:3-6時の首都圏VHF帯放送波伝搬異常:
その後、6/20;23時まで異状ないので、今のところ、
山形県沖で、震度6以上の地震前兆はない。

ただ、本サイト新潟市観測点のラドンが、6/20にやや上昇しているのが、
気がかりです。

今後も、数日単位で、近況の前兆を報告します。

〇619報告のように、今後、北海道南部から沖で、強い地震が予想されます。
しかし、予想する「東北北海道太平洋側;特に三陸沖北部:M8クラスの巨大地震」
ではなく、前震と推察します。

〇政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)は19日、
臨時の会合を開き、震源断層は長さ約20キロで、1
964年の新潟地震の震源域に隣接した場所にあるとの見解をまとめた。

★★
新潟地震が発生したのは、1964/6/16ですが、
1964/1/1-1973/12/31の期間中のM6.5以上の地震を調べると、
特異的に、北東北沖-十勝沖-北海道東方沖で大地震が多かった。

他に目立つのは、
八丈島東方沖の2回の大地震、八重山諸島の連続する大地震です。


●2018年大阪府北部地震再来の懸念:その4
大きな変化なし。スタンバイならず。

No.9386 20190619報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年06月19日 (水) 01時41分 [返信]

【まとめ】
6月18日午後10時22分ごろ、山形県沖、地震の規模を示すマグニチュードは6.7
最大震度6強の地震が発生した。

最近98年間を見ると、1939年、1964年、1983年、2004年、2007年
新潟から東北の日本海側で、M6.5以上の地震が発生し、
その後、1年以内に、新潟、東北、北海道で強い地震が連鎖している。
早い場合には、凡そ1か月以内です。

本サイト空の掲示板No.43659 6月18日に、示されているように、
今後、北海道南部から沖で、強い地震が予想されます。

【内容】
●6月18日 山形県沖地震
◎概要
6月18日午後10時22分ごろ、震源地は山形県沖、震源の深さは14キロ、
地震の規模を示すマグニチュードは6.7。

この地震で、新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱の激しい揺れを観測しました。
国内震源でのM6.5超えは、 昨年9/6北海道胆振M6.7以来 285日ぶり(約9ヶ月半)だった。

気象庁は山形県から石川県の沿岸に発表していた津波注意報を19日午前1時にすべて解除した。
津波の高さは、10p前後だった。

本サイトでは、6/18報告で、
「首都圏VHF帯放送波伝搬異常により、北関東から福島方面;強い地震が、6/21-6/22までに
発生する」として、警戒を呼び掛けていた。


◎1922/1/1-2019/6/17、M6.5以上、
山形県で震度1以上の地震とその後の大きな地震活動

下記のとおり、1939年、1964年、1983年、2004年、2007年
新潟から東北の日本海側で、M6.5以上の地震が発生した。

★印で示したように、これらの地震発生後、1年以内に、新潟、東北、北海道で強い地震が連鎖している。
早い場合には、凡そ1か月以内です。

本サイト空の掲示板No.43659 6月18日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号
衛星画像からは、
北海道に大気重力波と日高山脈に帯状レンズ雲が発生している。
ここに現れると必ず2〜3日以内に地震が発生する。規模の大きいのは、もう少し先です。

このように、北海道南部から沖で、強い地震が予想されます。


〇1939/05/01 秋田県沖 M6.7震度5
1939/05/02 秋田県沿岸北部M6.5震度4

★1940/8/2 北海道積丹半島沖 M7.5 震度4

〇1964/05/07 秋田県沖 M6.9震度4

★1964/06/16 新潟地震 M7.5震度5 死者26人

〇1983/05/26 日本海中部地震M7.7震度5 日本海に大津波 死者104人
1983/6/21 青森県西方沖  M7.1震度4日本海中部地震の最大余震

★1983/8/8 山梨県東部地震M6.0 震度4

〇2004/10/23 新潟県中越M6.8震度7

★2004/11/29 釧路沖地震  M7.1 震度5強

〇2007/7/16新潟中越沖   M6.8  震度6弱

★2008/6/14 岩手宮城内陸地震 M7.2 震度6強
2008/9/11 十勝沖地震 M7.1 震度5弱

No.9385 20190618報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年06月18日 (火) 13時08分 [返信]

●2018年大阪府北部地震再来の懸念:その4

〇本サイト:淡路島観測点:大気中ラドン濃度:6/17
14ベクレル:

〇本サイト愛知県西部観測点:6/17
方位磁石の西偏角:6/13から偏角開始:
2018618大阪府北部地震凡そ2週間前から直前まで西偏角

〇本サイト空の掲示板
No.43647 6月16日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号
衛星画像からは、近畿・中部に未完成さざ波雲もどきが現れています。

★★
6/8:「西日本の太平洋側内陸部に大気重力波。特に顕著だったのが、近畿圏。」
6/8に続き、6/16には、さざ波雲。

詳細は、本サイト:「地震予想の基礎その2:4さざ波雲と大気重力波」をご覧ください。
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase7/ikase7kiso2.html

総じて、まだ、スタンバイにはならないようです。


●北関東から福島方面;再度の強い地震の懸念

首都圏VHF帯放送波伝搬異常:
6/18:3-6時
埼玉県平野原送信所:さいたま市⇔群馬県桐生市
東京タワー:interFM897、FM東京⇔群馬県桐生市

二つのルートで、伝搬異常がみられる。
このようなときには、強い地震が発生することが多い。

北関東:茨城、栃木、千葉を中心に、首都圏、強い地震;6/21-6/22までに警戒。

No.9384 20190615報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年06月15日 (土) 07時30分 [返信]

●2018年大阪府北部地震再来の懸念:その3

〇本サイト:淡路島観測点:大気中ラドン濃度:6/14
13ベクレル:

〇本サイト滋賀県大津市観測点:鈴落下装置:6/14
地震発生、151日前、177日前から鈴落下装置の鈴が落下した。

その後、6/6から、再度落下中。

〇本サイト愛知県西部観測点:6/14
方位磁石の西偏角:6/13から偏角開始:
2018618大阪府北部地震凡そ2週間前から直前まで西偏角

★★
淡路島、滋賀県大津市観測点では、変化なし。
愛知県西部観測点の西偏角が、始まった。

総じて、まだスタンバイにはならないようです。


●南西諸島:特に、台湾から八重山諸島

〇本サイト空の掲示板
No.43628 6月10日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号
海外は、台湾の東側で大気重力波が現れています。
継続して出ていますから、ある程度の地震が予想されます。

〇地震エコー:FM放送波の見通し外受信
西日本のFM放送波の群馬県桐生市受信(FM沖縄、FM上海、FM891沖縄)

6/9、6/11(特に、6/9は非常に強かった)に観測された。

★★
台湾から八重山諸島で、強い地震が予想されます。

No.9381 20190612報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年06月12日 (水) 12時45分 [返信]

●2018年大阪府北部地震再来の懸念:その2:地震発生日の絞り込み

6/9には、近畿圏内陸地震(特に大阪府)が、凡そ10日以内(6/19まで)に予想されるとしましたが、
本サイトの近畿圏の観測データをもとに、再考察します。

下記の図で示します。
https://www.progoo.com/bbs/data/pass-keijiban/img/45113_cfb1afb4de.jpg

◎2018/6/18:大阪府北部震災地震前:図の左側

〇本サイト:淡路島観測点:大気中ラドン濃度
地震発生6/18の4日前よりラドンが急落し始め、
6/15-6/16:4ベクレル、6/17:2ベクレルとなり、直前前兆をとらえた。

〇本サイト滋賀県大津市観測点:鈴落下装置
地震発生、201日前、449日前から鈴落下装置の鈴が落下した。

両タイプの鈴は、6/8には、復活したが、
鈴4個タイプは、6/8以降も、3回、浮上と落下を繰り返した。


◎2019年
〇本サイト:淡路島観測点:大気中ラドン濃度
2019/5/24-5/30:16-18ベクレル
2019/5/31-6/4:減衰:
最低値:6ベクレル:6/4
2019/6/5:リバウンド上昇中:6/11:14ベクレル

5/31より急落傾向、6/4に、6ベクレルを示したが、その後は、リバウンド。
2018/6/18:大阪府北部震災地震前のように、2-4ベクレルには至らず。

〇本サイト滋賀県大津市観測点:鈴落下装置
地震発生、151日前、177日前から鈴落下装置の鈴が落下した。
本サイト淡路島観測点のラドンが急落した6/4に、鈴は浮いた。

その後、6/6から、再度落下中。


以上の結果をまとめますと、
本サイト滋賀県大津市観測点、淡路島観測点の観測結果から、
2018年と同様に、近畿圏に再度、大きな地震が来ることを示しているが、

まだ、臨界点(スタンバイ状態)には、少し達していないようです。

本サイト:淡路島観測点のラドンが、2-4ベクレルに達したら、スタンバイと判断し、
急いで報告します。

ただ、地震発生が近いのは間違いないと推察するので、地震防災の点検準備は勧めましょう。





No.9380 20190609報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年06月09日 (日) 06時21分 [返信]

2018年大阪府北部地震再来の懸念

2018/6/18に発生した大阪府北部地震が、再度予想されますので
二つの根拠を示します。

近畿圏(特に大阪府)の皆様は、防災の準備点検をお勧めします。

1、本サイト空の掲示板
No.43620 6月8日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号

衛星画像からは、早朝、西日本の太平洋側内陸部に大気重力波が広がっています。
特に顕著だったのが、近畿圏でした。

2019/6/8の衛星画像
https://bbs3.sekkaku.net/bbs/upfile/ikaseinoti--1559988805-799-626-782.jpg


2、地震エコー:FM放送波の見通し外受信

2018/6/18:大阪府北部地震10日前:2018/6/8と2019/6/1の

西日本のFM放送波の群馬県桐生市受信を
(FM熊本、FM広島、FM大阪、FM沖縄、FM松山、FM上海、FM891沖縄)

図に示した。
https://www.progoo.com/bbs/data/pass-keijiban/img/45096_3e8529c123.jpg

2019/6/1の西日本のFM放送7局の地震エコーは、
2018/6/18:大阪府北部地震10日前の2018/6/8よりやや強い。

★★
2019/6/8の西日本の太平洋側内陸部の大気重力波(特に近畿圏)の発生と
2019/6/1の西日本のFM放送7局の地震エコーが2018/6/8よりやや強いこと

これらから、再度、近畿圏内陸地震(特に大阪府)が、凡そ10日以内に予想されます。

No.9379 20190605報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年06月05日 (水) 17時36分 [返信]

本サイト空の掲示板
No.43606 6月4日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号

衛星画像からは、
〇北海道の日高山脈付近にうなぎレンズ雲が発生すると、必ずや地震が発生する。1週間以内に。
また津軽海峡や北海道中部には、未完成さざ波雲が現れています。
それと浦河沖に、吹き飛ばしのような雲が見られます。
大きな地震ではないと思います。輪郭が弱いので。

本日、鳥島南部沖にM6.1D440qの地震が発生。
小笠原諸島では、東側に大気重力波が現れています。

また四国はるか南方沖に波状雲群が見られます。規模が大きいです。
これも、前兆と思われます。

〇北海道の前兆に関して
東北北海道太平洋側;特に三陸沖北部:M8クラスの巨大地震

このように予想してきましたが、
北海道苫小牧の地震前兆(逆ラジオ装置)ノイズが一定強度で継続中ですので、
まだ、巨大地震はスタンバイにはならず。
中規模程度の前震の地震が発生すると思われます。


〇伊豆小笠原諸島
5/15に報告したように、
「伊豆諸島南部:八丈島から伊豆鳥島で、強い地震が予想されます。」

対応地震は、
6/4:4日13時40分:鳥島近海、地震の規模は6.1の地震が発生した。


〇四国はるか南方沖に波状雲群
「九州日向灘南部から種子島東方沖地震」を予想していますが、
まだ、スタンバイにならないようです。


No.9378 20190601報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2019年06月01日 (土) 17時03分 [返信]


〇6/1:首都圏で強い地震

6月01日 07時58分頃
震源地 千葉県北東部
最大震度 震度4:千葉県長南町

最大震度 震度5弱:千葉県長南町
千葉から東京で震度3を観測した。
震源 マグニチュード M4.7


本サイトでは、5/29報告で、次のように予想していた。

[[全国震度4ー5弱の地震に注意]]

また異変があれば、報告します。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板