地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」

ホームページへ戻る

7391963

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

No.9785 エーゲ海大地震 投稿者:栃木の研究車   投稿日:2020年10月31日 (土) 06時29分 [返信]

エーゲ海を震源 M7.0の地震 トルコとギリシャで19人死亡
2020年10月31日 5時31分
日本時間の10月30日夜、トルコとギリシャの間のエーゲ海を震源とするマグニチュード7.0の大きな地震が起き、津波が発生しました。トルコとギリシャで合わせて19人が死亡し、700人以上がけがをしています。
USGS=アメリカの地質調査所によりますと、トルコ時間で10月30日の午後3時前、日本時間の10月30日夜9時前、トルコとギリシャの間のエーゲ海を震源とするマグニチュード7.0の大きな地震がありました。

広い範囲で揺れが観測され、トルコで地震観測を行っているボアジチ大学の地震研究所は、30日、地震で津波が発生し、1人が溺れて死亡したと発表しました。

トルコ災害緊急事態対策庁によりますと、この地震で17人の死亡が確認され、700人以上がけがをしたということです。

また、震源に近いギリシャのサモス島でも建物の壁が壊れて10代の男女2人が死亡し、8人がけがをしたということです。

被害が大きいトルコ西部沿岸のイズミル県では10棟以上の建物が倒壊するなどし、現地からの映像では、救助隊員らががれきをかき分けて中に閉じ込められている人を捜している様子が確認できます。

また、ロイター通信がイズミル県のものとして伝えた映像では、津波とみられる黒く濁った水が住宅の間を勢いよく流れて、いすなどを押し流す様子がとらえられています。

トルコやギリシャの当局はけが人などの救助を急ぐとともに被害の状況を調べています。

トルコのイスタンブールにある日本総領事館によりますと、これまでに日本人の被害の情報は入っておらず、情報収集を続けているということです。
ホテルの従業員「1.5メートルほどの波が押し寄せた」

イズミル県の港に近いホテルの30代の男性従業員はNHKの取材に対し、「20秒ほどの大きな揺れを感じた。妻が怖がっていたので、なだめなければならなかった。地震のあと、15分から20分ほどしてから1.5メートルほどの波が押し寄せてきて、街の中心部が一時、パニックに陥った。宿泊客12人とホテルのスタッフが自分を含めて5人いるが、上の階に避難して安全だ」と話していました

No.9786 前兆の一部 投稿者:栃木の研究車   投稿日:2020年10月31日 (土) 06時35分

本サイト空の掲示板
No.45363 10月14日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学
海外は、ギリシャ・トルコ西部に大気重力波が見られます。
https://bbs3.sekkaku.net/bbs/upfile/ikaseinoti--1602665450-800-612-792.jpg

No.9784 20201030報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2020年10月30日 (金) 03時39分 [返信]

※2016年熊本地震後の日奈久断層帯を監視する手法を開発
―研究者による監視強化と地元での防災意識の啓発を―
中部大学の研究活動:プレスリリース、2019/9/5
https://www3.chubu.ac.jp/research/news/25314/

●2016年熊本地震の前後の地震活動の変化から、布田川・日奈久断層帯の力のかかり具合を推定する手法を開発した。

●熊本地震の本震や前震の発生に先駆けて震源域では高い力がかかっていた。
●現在、布田川・日奈久断層帯では大局的には力は緩和しているが、日奈久断層帯の中央部で力が高く、そして唯一増加していると推定される。

●監視を継続し、もし更に高く力がかかる様であれば、熊本地震の本震や前震のように破壊の始まりになる可能性があり、これまで活動していない日奈久断層帯の南部へ破壊が進展する可能性もあり得る。

https://www.global-center.jp/review/article/ronbun2019/kumamotojishin/

No.9783 20201030報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2020年10月30日 (金) 02時00分 [返信]


●本サイトが予想する関東の震災地震:関東平野北西縁断層帯地震

ラドン:
超ウルトラ異常を観測していた長野県軽井沢と千葉県九十九里浜観測点では、ほぼ収束。
千葉県九十九里浜に近い千葉県鴨川観測点でも+3シグマを超える異常値を観測していた。
徐々に濃度低下しているが、まだ、10/29には、凡そ+2シグマの準異常値であった。

直前前兆:
首都圏VHF帯放送波伝搬異常のー3シグマ以上の明瞭な伝搬異常など
大きな変化なし

●西日本の地震前兆
20200926報告
福岡市観測で、長波の電磁波の伝搬異常を報告しました。
鹿児島県鹿屋市の地電流の変動を報告。
https://userimg.teacup.com/userimg/9201.teacup.com/tochiken/img/bbs/0000652.jpg

本サイト空の掲示板
No.45411 10月29日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号
九州の熊本南部に帯状の大気重力波が発生しています。
https://bbs3.sekkaku.net/bbs/upfile/ikaseinoti--1603972970-800-542-192.jpg

熊本地震が発生した日奈久断層帯の中央部にひずみが蓄積され、破壊の始まりになる可能性があることが指摘されています。
今後の推移が注目です。
※2016年熊本地震後の日奈久断層帯を監視する手法を開発
―研究者による監視強化と地元での防災意識の啓発を―
中部大学の研究活動:プレスリリース、2019/9/5
https://www3.chubu.ac.jp/research/news/25314/

No.9782 20201029報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2020年10月29日 (木) 01時58分 [返信]

首都圏:M7クラスの震災地震の予想根拠や揺れの予想、防災について、10/25-10/28まで報告してきました。

●20201025報告
首都圏:M7クラスの震災地震の予想根拠その1
●20201026報告
首都圏:M7クラスの震災地震の予想根拠その2:
東日本大震災時のラドン前兆比較
●20201027報告
首都圏:M7クラスの震災地震:
地震による揺れのシミュレーションと液状化
●20201028報告
首都圏:M7クラスの震災地震;
防災と地震保険

今後は直前前兆を報告する段階ですが、私の健康上の理由で、今後報告がいたって簡単になります。
地震発生まではまだ少し、時間があると思います。

大きな地震ほどラドンなどの前兆が終息してから発生まで数か月かかりました。東日本大震災では、福島医科大学のラドン終息70日後の地震発生でした。
この間に、様々な直前前兆が発生してきます。

今までの私の経験から判断していえることは
「防災の準備をしっかり整える。」これにつきます。

何月何日、地震発生まで予想できる人はだれもいないからです。

No.9781 20201028報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2020年10月28日 (水) 03時03分 [返信]

本日も防災です。
災害に対するご家庭での備え〜これだけは準備しておこう!
政府官邸のHPです。
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html

「災害に備え、ご家庭で取り組むべき主な対策」をわかりやすくまとめてあります。
食料の備蓄や家具の固定など、ご家庭で日頃から取り組める「地震への備え」や、共に助け合う被災地支援などについて、平成28年熊本地震を経験した人気ご当地キャラクターのくまモン(熊本県)が動画で分かりやすく説明します。
https://www.youtube.com/watch?v=2uRSgyx8Re0

家屋の被害に対する保険も検討してみてください。
https://michill.jp/author/articles/51073


No.9779 20201027報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2020年10月27日 (火) 03時16分 [返信]

【まとめ】
本サイトが予想する関東の震災地震:関東平野北西縁断層帯地震の防災です。
地震による揺れのシミュレーションです。
https://userimg.teacup.com/userimg/9201.teacup.com/tochiken/img/bbs/0000657.jpg

埼玉県と群馬県南部で震度6強。そのエリア内で、震度7が散見されます。震度6弱のエリアは、東京東部、埼玉、群馬にみられます。
震度5強は、東京、神奈川、埼玉、群馬、栃木、茨城。
震度5弱は、ほぼ関東の全域です。

マグニチュード、震源からの距離が同じであっても、地表地盤の違いによってゆれの強さは異なり、表層地盤がやわらかな場所ではかたい場所に比べてゆれは大きくなります。
この効果のことを「地層地盤のゆれやすさ」とし、全国の地層地盤のゆれやすさを地図として表現されています
http://hyspeed.co.jp/useful/index_2.php?PHPSESSID=13d0ab4bad0553ce1702fce187984bc5

上記のように関東全域で強い揺れが予想されるため、お住まいの地域の揺れやすさをまず、確認願います。
家屋の破壊、液状化などは、埼玉県、群馬県のHPでご覧ください。

【内容】
本日は、本サイトが予想する関東の震災地震に対する防災の話です。
予想震度のシミュレーションの一例を下図に示します。

●揺れ
断層のどこから破壊されるか、どの程度断層が破壊されるかによって震度は異なってきますので、一例としました。
https://userimg.teacup.com/userimg/9201.teacup.com/tochiken/img/bbs/0000657.jpg

埼玉県と群馬県南部で震度6強のオレンジ色のエリアが広がっています。そのエリア内で、震度7のエンジ色が散見されます。
震度6弱のエリアは、東京東部、埼玉、群馬にみられます。
震度5強は、東京、神奈川、埼玉、群馬、栃木、茨城。
震度5弱は、ほぼ関東の全域です。

地震による地表のゆれの強さは地震の規模(マグニチュード)、「震源からの距離」、「地表地盤」の3つによって決まります。 マグニチュードが大きいほど、震源からの距離が近いほど地震によるゆれは大きくなります。

しかし、マグニチュード、震源からの距離が同じであっても、地表地盤の違いによってゆれの強さは異なり、表層地盤がやわらかな場所ではかたい場所に比べてゆれは大きくなります。
この効果のことを「地層地盤のゆれやすさ」とし、全国の地層地盤のゆれやすさを地図として表現されています

http://hyspeed.co.jp/useful/index_2.php?PHPSESSID=13d0ab4bad0553ce1702fce187984bc5

こちらで、該当する都道府県をクリックすると、表示されます。
揺れやすい地域の方も、揺れに対する防災をお勧めください。

●家屋の破壊、液状化
防災準備のため西埼玉地震による揺れや被害状況をまとめた。

まず、予想する震災地震による被害を前回の関東平野北西縁断層帯地震である1931年西埼玉地震で説明します。
西埼玉地震の概要
1931/9/21、埼玉県北西部の埼玉県大里郡寄居町を震源として
発生したマグニチュード M 6.9の地震。震源の深さは3km。
この地震により、埼玉県内では16人が死亡し、負傷者は146人に達した。家屋被害は全壊206戸、半壊286戸、火災も発生した。
また、隣接する群馬県でも死者5人、負傷者30人の被害が出た。

揺れが強かった地域では、いたるところに地面の亀裂が生じ、
地盤液状化による地下水や土砂の噴出、井戸水の濁りなどが広い範囲で見られた。
余震は最大でおよそ2週間後に発生したM5.6の地震があり、3週間ほど先まで続いた。

関東平野北西縁断層帯地震による詳しい被害想定は、下記の埼玉県や群馬県のホームページで確認願います。
埼玉県
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0401/higaisoutei/higaisouteigazou.html
群馬県
https://www.pref.gunma.jp/contents/000212335.pdf

関東平野北西縁断層帯地震は、1859年、1931年に発生。両者の発生間隔は72年。
最後の1931年地震から96年経過しているので、歪みは大きく蓄積しています。

No.9778 20201026報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2020年10月26日 (月) 04時15分 [返信]

【まとめ】
●首都圏:M7クラスの震災地震モニタリング7/20,9/25,10/25報告続報
長野県軽井沢と千葉県九十九里浜観測点の全期間の大気中ラドン濃度の変動を示した。
ラドン異常は、3年間継続し、
毎年異常濃度の程度が、大幅に増加しています。
この点は、東日本大震災時に観測されたラドン異常の特徴と一致している。

また、図の赤枠で示したように、両者の異常濃度期間は凡そ一致しています。これは、大地震は一つである可能性を示しています。

最後に、上左図に関東の地震前兆と本サイトが予想する関東平野北西縁断層帯の位置をまとめています。

この断層帯が前兆の中心に位置していることがわかります。

【内容】
●首都圏:M7クラスの震災地震:前兆の詳細な解析
10/25には、異常がピークに達している最近4か月の長野県軽井沢と千葉県九十九里浜観測点の大気中ラドン濃度を中心に報告しました。

本日は、両観測点の全観測期間のラドン変動を報告します。
長野県軽井沢観測点では、凡そ2年半の観測期間
千葉県九十九里浜観測点では、凡そ3年半の観測期間

https://userimg.teacup.com/userimg/9201.teacup.com/tochiken/img/bbs/0000654.jpg

上図が軽井沢、下図が九十九里浜です。
軽井沢ラドンの異常は、3年間継続し、矢印で示したように、
毎年異常濃度の程度が、大幅に増加しています。

九十九里浜ラドンの異常も、3年間継続し、
異常濃度のピークは、やはり本年の最近4か月間です。

このように、ラドン異常が凡そ3年継続していることが最大の特徴です。震災地震クラスの特徴です。

東日本大震災で示します。

https://userimg.teacup.com/userimg/9201.teacup.com/tochiken/img/bbs/0000655.jpg

東日本大震災の大気中ラドン濃度異常をまとめたものです。
東日本大震災の震央の100km圏内の福島医科大学で観測された。

東日本大震災でも、異常期間は凡そ3年間で、断続的に3回のピークがあり、3回目が異常のピークになっています。
長野県軽井沢と千葉県九十九里浜ラドンに戻ります。
図の赤枠で示したように、両者の異常濃度期間は凡そ一致しています。

これは、大地震は一つである可能性を示しています。

最後に、上左図に関東の地震前兆と本サイトが予想する関東平野北西縁断層帯の位置をまとめています。

この断層帯が前兆の中心に位置していることがわかります。

No.9776 20201025報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2020年10月25日 (日) 03時55分 [返信]

【まとめ】
●首都圏:M7クラスの震災地震モニタリング7/20、9/25報告続報
◎震源予想 1and/or 2
1、埼玉県、群馬県、栃木県の内陸直下型地震:
特に関東平野北西縁断層帯
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_katsudanso/f031_fukaya-ayasegawa/
最大震度7:埼玉県北部から群馬県南部の上記断層帯
東京都東部:震度6弱、栃木県,茨城県:震度5弱-5強
2、房総沖から伊豆諸島沖
房総半島から神奈川県以西の太平洋側では津波警戒

『根拠』
〇長野県軽井沢観測点:
最高濃度は、7077ベクレルで、本観測点の平均値の126倍の濃度です。
標準偏差で示すと、+260シグマ。超超ウルトラ異常値です。
10/3から減衰顕著、10/23には収束。
〇千葉県九十九里浜観測点:
最高濃度は、3262ベクレルで、本観測点の平均値の105倍の濃度です。
標準偏差で示すと、+120シグマ。超超ウルトラ異常値です。
9/15から凡そ一か月継続しており、10/21以降かなり減衰。
10/24には、平均値をやや上回る濃度まで減衰。

ラドンからみると、ほぼ収束。今後凡そ1か月以内(最長2か月)に
震災地震が発生しそうです。防災の確認点検を願います。
今後は直前前兆(伝搬異常など)を主体に報告します。

【内容】
●首都圏:M7クラスの震災地震モニタリング7/20,9/2,10/10報告続報
◎震源予想 1and/or 2
1、埼玉県、群馬県、栃木県の内陸直下型地震:
特に関東平野北西縁断層帯
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_katsudanso/f031_fukaya-ayasegawa/
最大震度7:埼玉県北部から群馬県南部の上記断層帯
東京都東部:震度6弱、栃木県,茨城県:震度5弱-5強
2、房総沖から伊豆諸島沖

◎本サイト大気中ラドン濃度
茨城県南部、栃木県北部、栃木県南部、長野県軽井沢観測点全観測点で、異常値観測

下図に、超ウルトラ異常を観測した長野県軽井沢観測点と千葉県九十九里浜観測点の最近4か月間のラドン変動を示す。
https://userimg.teacup.com/userimg/9201.teacup.com/tochiken/img/bbs/0000653.jpg
https://userimg.teacup.com/userimg/9201.teacup.com/tochiken/img/bbs/0000653_2.jpg

〇長野県軽井沢観測点:
最高濃度は、7077ベクレルで、本観測点の平均値の126倍の濃度です。
標準偏差で示すと、+260シグマ。超超ウルトラ異常値です。
10/3から減衰顕著、10/23には収束。

〇千葉県九十九里浜観測点:
最高濃度は、3262ベクレルで、本観測点の平均値の105倍の濃度です。
標準偏差で示すと、+120シグマ。超超ウルトラ異常値です。
9/15から凡そ一か月継続しており、10/21以降かなり減衰。
10/24には、平均値をやや上回る濃度まで減衰。


No.9775 20201024報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2020年10月24日 (土) 08時24分 [返信]

●西日本の地震前兆
20200926報告 で
福岡市観測で、長波の電磁波の伝搬異常を報告しました。
本日は、鹿児島県鹿屋市の地電流の変動を報告します。

https://userimg.teacup.com/userimg/9201.teacup.com/tochiken/img/bbs/0000652.jpg

右図は、東日本大震災前の茨城県柿岡の地電流の変動です。
9時間前の3/11:5時半頃、大きく地電流は変動しています。
震災一か月前の変動を見ると、
東西方向:337.5mV/km
南北方向:56.8mV/km
東西方向で300mV/kmを超える変動を示しています。

左図は、鹿児島県鹿屋市観測の最近一か月間の地電流の変動です。
10/9頃から大きな変動を示しています。
東西方向:241.5mV/km
南北方向:362.6mV/km
東西も南北方向も大きく変動しています。
南北方向で300mV/kmを超える変動を示しています。

震源はまだ、わかりませんが、大きな地震が懸念される状態です。
また報告します。

No.9774 20201023報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2020年10月23日 (金) 11時35分 [返信]

【まとめ】
10/22 短波通信で、1(関東エリア)⇄3(近畿エリア)の強力な交信があったとのリボート。近距離交信ですが、この時季の伝搬としては異常。
短波通信の伝搬異常です。
関東、近畿に季報の通り大きな震源が疑われる事態です。

【内容】
●関東、近畿の宏観異常現象
Q太郎さんのtwitter:2020/10/22
https://twitter.com/qtaro29
今日は午前9時〜午後6時 まで季節外れのオープンがありました。
その中でも印象的な伝搬として、私の地域からは受信できませんでしたが、
1⇄3の強力な交信があったとのリボートが寄せられました。
近距離交信ですが、この時季の伝搬としては異常とも。

Q太郎さんは、地震型電離層の観測観察を長年されていました。
岩手県盛岡市在住
1⇄3の交信:1:関東、3:近畿。アマチュア無線のエリア番号のことです。

関東、近畿に大きな震源が疑われる事態です。

10/22には、
首都圏VHF帯放送波伝搬異常のー3シグマ以上の明瞭な伝搬異常を報告しました。

近畿圏は、
本サイト環境自然など何でも掲示板:大阪西部在住:10/21報告
3日前扇風機が壊れました。昨日はドライヤーが駄目になり近くの電気屋さんで購入。
帰宅したら家の中がドブ臭い??
あちこち蛇口をひねり、ハイターを一緒に流して何とか気にならなくなり。
今日は朝から冷蔵庫の扉が緩くなり、夕方帰宅したら、更に扉が簡単に開いてしまう。磁力無くなったかのよう。そういえば、4,5日前も排水口からの臭いが酷かった。

2018年大阪府北部地震再来の懸念として
継続して報告してきましたが、さらに注意が必要なようです。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板