秘境100選

札幌100秘境 第一集へリンク 2006年11月まで

  秘境100選  第二集へリンク 2006年11月〜

名前
e-mail
タイトル
本文
画像

URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS
No.1310 冬の芦原ニセコ山荘 投稿者:N.Yamamoto   投稿日:2017年06月13日 (火) 20時23分 [返信]

静寂に つつまれ過ごす 冬山荘

山々の 恵みの地下水 流れゆく

雪深いニセコにある北海道科学大学芦原ニセコ山荘の空撮パノラマです。ニセコの名山に囲まれた素晴らしい環境に立地しており、冬は澄んだ空気と静寂の中、素晴らしい時間を過ごすことができます。上空から見ると、山荘の周囲には小川が流れていることがわかります。極寒の雪原に流れるそれは、まるで地割れのようにも見え、北海道ニセコエリアの大自然の一部を表しているようです。四季折々の景色や空気を感じに、何度でも訪れたくなる場所です。

No.1309 夢プロジェクト 投稿者:竹沢恵    投稿日:2017年06月07日 (水) 15時46分 [返信]

アイディアを カタチにできる プロジェクト 

ITで 大学魅せる Q-PIT(キューピット)

北海道科学大学には、学生が自分のアイディアをカタチにできる「夢プロジェクト」という制度があり、採択されたものには資金援助が行われる。今年採択されたプロジェクトに、私が所属する学科の学生8名が活動する「Q-PIT」がある。Q-PITの目的は、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)といったIT技術を活用し、大学の魅力を学外に伝えること。彼らの自由かつ豊かな発想で、プロジェクトを大成功へと導いて欲しい。

No.1308 希望に満ちた入学式 投稿者:三橋龍一   投稿日:2017年06月03日 (土) 10時30分 [返信]

うれしくも 希望に満ちて 写真撮る

満席の 会場内で 感激す

当然ながら、毎年4月初めの大きな行事は入学式である。高校生までと大きな違いは自己責任の下、若く頭も身体も人生で絶頂期に自由に行動できることであろう。入学式へ列席するご両親も、毎年の入学生の増加により増え続けている。ついに、平成28年度の入学式では広い会場が満席になり、立ち見のご両親も出て申し訳なく思い、当然ながら教員は立ち見である。今年度は、現役の札幌市議であり、なおかつ市議会議長を務めた70歳の大学院入学生も新入生として出席して話題になった。(三橋龍一)

No.1307  投稿者:澤田孝幸   投稿日:2017年06月03日 (土) 10時21分 [返信]

今度こそ 良い結晶 見てみたい

特性は 良いか悪いか 胸躍る

窒化ガリウム(GaN)半導体は、高輝度白色ランプや青色LEDとして広く知られている。ゼミの学生は北海道科学大学が保有する高価な大型実験機材である写真の分子線エピタキシー(MBE)装置を用いて、窒化ガリウムの仲間である窒化インジウム(InN)結晶膜を成長しているが、成長温度や照射する分子線強度などの条件に敏感で、特性の良好な薄膜を得るのは至難の業である。毎回、今度こそは、電気的にも、光学的にも優れた単結晶薄膜が得られるようにと、祈るような気持ちで成長を行っている。(澤田孝幸)

No.1306 放送局並みの機材を備える本格的なメディアスタジオ 投稿者:小松隆行   投稿日:2017年06月03日 (土) 10時18分 [返信]

現実を グリーンバックで ヴァーチャルへ

ITで 未来を映す 夢の部屋

未来デザイン学部メディアデザイン学科のメディアスタジオは、TV放送番組制作可能レベルのプロ用機材(HDカメラ、モニター、照明など)とグリーンバック映像を他の映像やCG画像と様々なパターンで合成可能な、映像合成装置を持った教室である。今後のインターネットによるTVの本格的な放送開始を念頭にしてUstreamへの生放送配信も可能である。専門科目「映像デザイン」では、TV番組制作を体験し、その他に各種撮影やイベントなどに利用される多目的スタジオとして活用されている。(小松隆行)

No.1305 分子線エピタキシー(MBE)装置による窒化物半導体の結晶成長 投稿者:澤田孝幸   投稿日:2017年06月03日 (土) 10時15分 [返信]

今度こそ 良い結晶 見てみたい

特性は 良いか悪いか 胸躍る

窒化ガリウム(GaN)半導体は、高輝度白色ランプや青色LEDとして広く知られている。ゼミの学生は北海道科学大学が保有する高価な大型実験機材である写真の分子線エピタキシー(MBE)装置を用いて、窒化ガリウムの仲間である窒化インジウム(InN)結晶膜を成長しているが、成長温度や照射する分子線強度などの条件に敏感で、特性の良好な薄膜を得るのは至難の業である。毎回、今度こそは、電気的にも、光学的にも優れた単結晶薄膜が得られるようにと、祈るような気持ちで成長を行っている。(澤田孝幸)

No.1304 緊張の卒業論文発表会 投稿者:寺崎加奈子   投稿日:2017年06月03日 (土) 10時12分 [返信]

発表の 緊張のため 頻繁に

もうすぐよ 社会人への 第一歩

私が清掃を担当する北科大の工学部の二月上旬は各学科の卒業論文発表の時期である。多くの先生や後輩の前での発表会は,4年間の学生生活で最も緊張する経験であることは間違いない。そのためか、発表時間の直前になると明らかにトイレの回数が多くなる。ゼミに配属されて卒業研究に取り組むとともに就職活動をしたことにより、この一年で大きく成長ことが傍から見ても伝わってくる。これから社会に出ていく学生さんたちに「頑張って!」と声をかけたくなる。(寺崎加奈子)

No.1303 挨拶をする学生さん 投稿者:寺崎加奈子   投稿日:2017年06月03日 (土) 10時09分 [返信]

学生の 元気な声で 力(りき)もらう

どこよりも 輝き求め 床掃除

 真夏は暑く、真冬は凍える中で早朝から清掃の仕事をしている身にとって、学生さんからの「おはようございます」の元気な声で力をもらっていて、今日も一日頑張ってきれいにしようという気持ちになる。来学者から、こんなにきれいな大学を見たことがないと言われることが最もうれしい。ひどく汚れたところをきれいにすることは少々きついが、きれいなところをよりきれいにするのは、やりがいがあると共に楽しくもある。きれいにすると、汚しにくいようでもある。(寺崎加奈子)

No.1302 希望に満ちた入学式 投稿者:三橋龍一   投稿日:2017年06月03日 (土) 10時07分 [返信]

うれしくも 希望に満ちて 写真撮る

満席の 会場内で 感激す

当然ながら、毎年4月初めの大きな行事は入学式である。高校生までと大きな違いは自己責任の下、若く頭も身体も人生で絶頂期に自由に行動できることであろう。入学式へ列席するご両親も、毎年の入学生の増加により増え続けている。ついに、平成28年度の入学式では広い会場が満席になり、立ち見のご両親も出て申し訳なく思い、当然ながら教員は立ち見である。今年度は、現役の札幌市議であり、なおかつ市議会議長を務めた70歳の大学院入学生も新入生として出席して話題になった。(三橋龍一)

No.1301 学び舎を後にする卒業式 投稿者:三橋龍一   投稿日:2017年06月03日 (土) 10時04分 [返信]



喜びの 記念撮影 卒業式

学位記を 受け取ることは 名誉なり

毎年3月中旬は他の大学と同様に北海道科学大学でも卒業式(最近は学位記授与式という)が開催される。平成27年度の学部・短期大学部・大学院の卒業生・修了生は合計718名であった。看板の前や大学のマスコットキャラクターと共に、満面の笑みで記念撮影を行う学生が多い。学位記の授与を学長から直接授与されるのは各学科を首席で卒業した学生であり、大変名誉なことである。大学生活で得たことを糧にして、これからも技術者として学ぶ姿勢を忘れずに社会で大きな活躍を願う。(三橋龍一)

No.1300 学び舎を後にする卒業式 投稿者:三橋龍一   投稿日:2017年06月03日 (土) 09時59分 [返信]

喜びの 記念撮影 卒業式

学位記を 受け取ることは 名誉なり

毎年3月中旬は他の大学と同様に北海道科学大学でも卒業式(最近は学位記授与式という)が開催される。平成27年度の学部・短期大学部・大学院の卒業生・修了生は合計718名であった。看板の前や大学のマスコットキャラクターと共に、満面の笑みで記念撮影を行う学生が多い。学位記の授与を学長から直接授与されるのは各学科を首席で卒業した学生であり、大変名誉なことである。大学生活で得たことを糧にして、これからも技術者として学ぶ姿勢を忘れずに社会で大きな活躍を願う。(三橋龍一)

No.1299 肩身が狭い学内の愛煙家 投稿者:三橋龍一   投稿日:2017年06月03日 (土) 09時57分 [返信]

学内の 愛煙家には 厳しいか

喫煙は この小屋のみで ひっそりと

北科大は平成30年度の薬科大の統合を目指している。薬科大では全面禁煙としていることから、統合に向けて北科大でも喫煙室を徐々に減らしてきた。ついに、平成28年度から校舎内から喫煙室が消えた。大学の敷地内で全面禁煙とした大学で、敷地から一歩出た場所で喫煙を行い、問題となっている事例を知って、仮設の喫煙小屋を設置した。学内で最も奥の方であり、学外から見えない場所に建つ。心なしか、小屋に出入りする学生および教職員は目立たぬようにしている感がある。(三橋龍一)

No.1298 廃棄される学内の骨董品 投稿者::故・槌本昌則    投稿日:2017年06月03日 (土) 09時53分 [返信]

引退を ひっそりと待つ 骨董品

行き先が 電光表示 さすがだね

電気電子工学科は、1968年に新設された電気工学科の末裔である。大量の古い電気機器類が学科内の倉庫にねむっている。左は廃棄処分を待つ実験装置の面々である。これは、強電と呼ばれる分野の実験装置で、当時は非常に高価であったと思われる骨董品である。右は学生がLEDを使いお手軽に作った電光式の行先表示板である。学内の各ゼミには行先表示板が多くあるが、円盤磁石を使ったものが一般的である。他学科の学生・教員から、さすが電気と感心された一品である。:故槌本昌則

No.1297 内浦湾の夕日と単行列車 投稿者:N.Yamamoto   投稿日:2017年05月10日 (水) 21時56分 [返信]

伊達市黄金近辺の海上より撮影した空撮パノラマです。(撮影機材が無く、全球ではありませんが...)
黄金の夕日に照らされながら、単行列車がゆっくりと室蘭方面へ走行していました。

撮影日:2017年5月

No.1294 苫前の海と風車 投稿者:N.Yamamoto    投稿日:2017年05月09日 (火) 20時50分 [返信]

苫前の海上より撮影した空撮パノラマです。

風のまち・苫前町のシンボルである風車と澄み切った青い海、そして水平線上には天売島と焼尻島を見ることが出来ます。


撮影日:2016年7月

No.1295  投稿者:空撮の会世話人   投稿日:2017年05月10日 (水) 04時55分

 素晴らしい空撮パノラマ写真です。

No.1292 北科大芦原ニセコ山荘 投稿者:三橋龍一   投稿日:2017年05月09日 (火) 01時39分 [返信]

 ニセコにある北海道科学大学(北科大)の芦原ニセコ山荘の全球パノラマ写真です。ドローンにリコーのThetaを取り付けて撮影しています。

No.1293 芦原ニセコ山荘 投稿者:三橋龍一   投稿日:2017年05月09日 (火) 18時50分

ドローンで ニセコ山荘 下に見る

近辺が 開発されて 落ち着かず

芦原ニセコ山荘は、北科大(旧道工大)の客員教授であった芦原義信先生から寄贈いただいた土地に建設され、日本建築学会の作品選集にも選ばれた大学自慢の山荘である。大きなガラス窓に囲まれているが、周囲は樹林しかないためカーテンもない。ニセコに住んでいる人でも、この山荘の存在を知っている人は少数である。しかし、ニセコの人気が外国人から高くなり、山荘周辺まで開発が行われ始めている。向かいの建築物により、素晴らしい環境が失われないことを望む。

No.1296  投稿者:空撮の会世話人   投稿日:2017年05月10日 (水) 05時02分

 爪句集の原稿(写真)は掲示板からいただきます。爪句集とは関係なく、Thetaで石狩市近辺で空撮を行って良さそうな写真が得られたら、この空撮の会の掲示板に投稿してみてください。掲示板の存在を広めたいと思っています。

No.1291  投稿者:F   投稿日:2017年05月02日 (火) 17時49分 [返信]


@ 
 雪嶺を
 横目に小走る
 通学路


古稀を迎えた私を、北海道科学大学は研究生として受け入れてくれました。
大学へは、手稲駅から嶺に雪を頂いた手稲山を横目に見ながら若い学生さんと一緒に25分歩きます。
歩くのが早い学生さんに負けないよう通学路は小走りします。(福本義隆)



A
 キャンパスに
 五十年遅れの
 遅桜


50年前、私が20歳の頃、開学まもない北海道科学大学(元北海道工業大学)の生徒募集広告を私は通勤バスの車内で毎日見て会社に通ってました。
50年後、まさか、その北海道科学大学のキャンパスに佇む事に成るとは!咲くことはもう無いと思っていた老桜にも、いつか春は来るようです・・・(福本義隆)

No.1290  投稿者:koba   投稿日:2017年04月24日 (月) 10時16分 [返信]

世界へと
羽ばたけ高く
手稲から


3月に完成した中央棟(E棟)HUSプラザの床には
北海道科学大学で学んだ学生たちが世界で活躍することを願い日本が中心の世界地図が描かれています。
(小林敏道)


学祭に
地域の有志
集い来る


毎年9月末に行われる大学祭(登峰祭)に雪嶺会の地域支部メンバーが
地元の特産品を持ち寄って出店。
大いに大学祭を盛り上げています。
町内会の方が毎年それらを目当てに来場されるほどです。
(小林敏道)



No.1287 空撮パノラマ写真3点 投稿者:空撮の会世話人    投稿日:2017年04月13日 (木) 17時35分 [返信]

3月7日
我は鳥 吹き抜け空間 飛びて見る

 室内でドローンを飛ばし、空撮パノラマ写真がどの程度のものか実験する。データを取得してから、持参のノートPCの狭い1画面で取りあえずの処理を行う。最初の試みにしては思った以上の写真になっている。山荘室内の様子が見て取れる。

3月18日
パノラマで 日の出も月も 写したり

 ドローンによる日の出時の空撮写真データをパノラマ全球写真に合成する。大都会札幌の都心部は、日の出の太陽と同じ写真では暗く写る。西側の山並は日の出の光で少し赤味を帯びている。その山の上空に少し欠けた月があり写真に写っている。

3月20日
駆け足の 雪解け空撮 春分日

 春分の日の祝日。風が少しあるけれど天気が良く、まあまあのドローン日和である。小別沢の御嶽神社の近くでドローンを飛行させ空撮を行う。野球場は地面が現れてきた一方、畑は未だ雪で覆われている。空から見ても雪解けは駆け足である。


No.1286 北科大の建物と風景 投稿者:故・槌本昌則   投稿日:2016年11月28日 (月) 16時20分 [返信]

昼食時 クジラにのまれ 鯨飲

鯨食 夜空に伸びる 緑の巨塔

 大学自慢の食堂であるHITプラザ(Hokkaido Institute of Technologyの略)は、クジラをイメージして造られたそうである。しかし、目の部分に連絡通路がついてしまって、残念なことにそのようには見えなくなってしまっている。学内の懇親会・コンパでもよく使われる。また、北科大近くの前田森林公園橋の夜のライトアップは、無風で波が立たない日は新川の水面にきれいに映り、ワシントン・モニュメント並の夜景になる。橋を渡る人からはこの光景は見られず、東側の新川中央橋から見ることができる。(故槌本昌則)



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板