無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

雑談BBS

スレッド形式です
ネチケットを守って楽しく雑談しましょう

HPへ戻る

名前
メールアドレス
タイトル
本文
URL
削除キー 項目の保存


こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[112] 最終巻入手しました!!
海良 - 2005年12月10日 (土) 14時12分


着替えてすぐに買いに行きました。
いつもは棚に一冊ずつしか置いていないのに
棚の手前のところにおいてありました!!

ありがとう本屋さん!買っていたの覚えてくれたんだね!!
そう言えば前、「ドリムゴード」置いてありますかって聞いたなぁ・・・。

まあそんな喜びは置いといて。

最終巻とっても楽しかったです!呼んでからご報告しようとPCの前に来るとき、足が震えてましたよ!!
何かの病気ではないと思います。多分。
もしかして足がしびれたのか・・・?
で、でも、それぐらい熱中して読んでいたと言う事で・・・

え〜っと何だかいろいろと喧しくなりましたが、
 最後に一言

 ドリムゴード万歳!!中西達郎さん、楽しい作品をありがとうございました!!
    これからも応援させていただきます!!

[113] しまった!先を越された!!
鈍色の剱 - 2005年12月10日 (土) 18時17分

どうも今晩は、鈍色の剱ことニビィです。ドリゴ5巻、手に入れました。



こちらでは、行きつけの本屋では売ってなかったけどネ☆(死



あちこち回ってやっと手に入れたよー。疲れた・・・・・・
まぁもっとも、内容はその苦労に報いるだけのものだったから良かったんだけどね。



さて、ここからは内容の本格的な感想です。5巻未読の方はご注意を。



用語辞典でかなり裏設定が分かりそうです。まだ全部は読んでいませんが、その一部だけとってみてもファンにとっては発狂物の内容がこう盛りだくさん。カバー裏ではみんなの丁々発止の掛け合いと裏話が楽しめます。

そして、SIDE:Aのこと。

まさか、こう来るとは思いませんでした。いやはや、この作品は私の期待をことごとく裏切ってくれる(良い意味で)。二つの最終話についてのちゃんとしたれびゅは後で書きますが、とりあえずここではすこしだけ。
本誌と同じなのは145ページ(ジャッジとグレナイのどデカイ見開きのところ)までで、それ以降はまるっきり違います。ビックリします。驚きます。驚天動地です(しつこい)。
SIDE:Bとはかなり違う終わりですが、コレも一つの可能性、一つの終わりの形ですか。
いや、だけど純粋に楽しめました。


さてと、なんだか長くなってしまったので、ここいらでそろそろ終わりにします。

ありがとう、そしてまた会おう、ドリムゴード!

それでは皆様、ごきげんよう!!

[114] 衝撃でした・・・。
N - 2005年12月10日 (土) 23時21分

 夜買いに行ったら最新刊の所に無くて入荷してないのか売り切れたのか?!、と焦りましたが棚を見たら一冊ありました。
 娘が寝てから早速読んで、カバー裏も読んで、またSIDE:Aと用語辞典を何度か読み返して。

・・・で、興奮冷めやらぬ状態で海良さんと同じようにPCに向かっています。感想は今すぐにはとても書けないし、書けてもとても長くなってしまいそうなのでまたゆっくりやります。


 漫画にこんなに衝撃を受けたのは初めてです。ドリゴの皆と共に、自分も「黄金の夢」を見せていただきました。中西先生、長い間本当にありがとうございました!!


 『Gold Heart!!Episode:2』(読みはゴードハートですか?)が語られる日がきます様に☆

[115] 素晴らしいです、ドリムゴード
アサオ - 2005年12月12日 (月) 23時08分

ドリゴ5巻読み終わりました。
ものすごいですね、描き下ろしに用語辞典にカバー裏・・・細かい文字がびっちりです。読者にとってはそれはもう大感激なのですが、作者様が過労になったりしないか心配です。それ程までに、高密度・高配列。

では、5巻の内容について語ります。(ネタばれです)
SIDE:Aはハッピーエンドでしたね。
ドリムゴード、その名の通り黄金の夜を暗黒シティにもたらした・・・これにはもう、ただ感嘆するばかりです。
この物語では、『時間』と『平行世界(可能性とも言う様です)』が鍵になっているみたいです。クロバードとキィの謎もそれで説明がつくはずですが、かなり複雑なのでまだ謎だらけです。
中西先生はそのような複雑で抽象的なものまで含んだ世界を考えて、漫画に描いていたのですね・・・本当にすごい人だと改めて思いました。
自分としては、作者様が創った世界とか、伝えようとした事などを全て理解したいとか身の程知らずにも思ってしまうのです。
・・・なんだか自分でも何言ってるのか訳がわからなくなりそうです;
とにかく、最初から何度も繰り返し読んでいこうと思います!

見所は他にもたくさんありましたね!
カタナの身を心配したり、いじけたりするクロラットが微笑ましかったです。
クロと別れる時のカタナの台詞も、お約束なのにやばいくらいときめきました。そこでグレイナインだけ「?」なのがまた良いです(笑)。

思ったことはまだありますが、中西達郎先生への大きな感謝と期待を胸に、
今回はここで終わりにします。
読みづらい文章で、大変失礼しました。




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板