無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



おまつり掲示板

何か記念に書いてください!

ホームに戻る

おなまえ
Eメール
題 名
URL クッキー
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色
こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[9088] 神戸新聞NEXT より 投稿者:いわねえ 投稿日:2017年06月30日 (金) 22時23分

兵庫県の但馬各地に伝わる祭りや郷土芸能の記録、PRに取り組む住民グループ「但馬民俗芸能応援隊」がこのほど、但馬3市2町で続く134の伝統行事をまとめた冊子「但馬の民俗芸能小事典」を作った。行事の中には、後継者不足などで厳しい状況にあるものも多いといい、メンバーは「伝統芸能は地域の絆であり、誇りでもある。事典が、身近な文化の大切さに気付くきっかけになれば」と訴える。(阿部江利)

 応援隊は2004年、住民が地域の将来を考える「但馬夢テーブル委員会」(事務局・但馬県民局)の2期目のメンバーが中心となって結成。現在は豊岡市を中心に、但馬全域の30〜90代約50人が参加し、各地の祭りを見学する「お祭り探検隊」や、継承を考えるフォーラムなどを催している。

 昨年、各行事を場所や開催月などから検索できるホームページを開設したところ、実際に手にとって情報を見たいという声が多かったため、冊子300部を作った。同グループによると、但馬全域の祭りなどを集約した資料がなく、メンバーが独自に調査。文化財に指定されたものも含め、各行事の開催日時や場所、保存活動の主体や、行事のいわれなどに写真を添えてまとめた。

 冊子は市町別に行事を紹介。豊岡市は「轟の太鼓踊り」や「城崎だんじり祭り」など約40行事を収録した。養父市は「大杉ざんざこ踊り」や「ネッテイ相撲」、朝来市は「寺内ざんざか踊り」、香美町は7地区の三番叟、新温泉町9地区の麒麟獅子舞などが載る。文化財指定がない村芝居や子ども会の奉納相撲、餅つきなども掲載している。

 行事の中には、人手不足などで活動休止をやむなくされているものも多く、実際には掲載数の倍近い行事があるという。同グループの仁木鏡子副会長(73)は「伝統行事は、地域を愛する人たちの情熱があって守られてきた」と前置きした上で、「『来年はもう(続けるのが)無理かもしれへん』という声もあり、現実は厳しい。冊子を見て行事に関心を持ち、足を運ぶ若い世代が増えれば」と期待する。

 数に限りがあるが、希望者には無料で譲る。希望者は290円分の切手を同封の上、同グループの友田さん方(豊岡市妙楽寺)に申し込む。事務局TEL090・9056・3824









■[9089] いわねえ(2017年06月30日 (金) 22時25分)
 電話したら第一号でした。
■[9090] 片瀬の住人(2017年06月30日 (金) 23時49分)
私の新聞チェックを見ている人がいるというのがわかりましたので、ある意味嬉しいです。
■[9098] いわねえ(2017年07月12日 (水) 22時50分)
   今日届きました。79ページです。
もう100部増刷するとのこと。
よろしければ取り寄せてはどうでしょうか。




Number Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板