無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

音文協奏曲メイン掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン アイコンURL
削除キー 項目の保存

[1273]東急ジルベスターコンサート 投稿者:どくたーT@管理人

投稿日:2011年01月01日 (土) 22時19分

年末年始は、お酒を飲んでいる合間にクラシック音楽の番組を見るというのが例年のスタイルです。

大晦日は、NHK教育テレビでのN響第九を見、その後の番組もちらちらと見ました。午後11時30分からは、例年恒例の東急 スターコンサートを見ました。

まず、出演者です。
指揮:小林研一郎
ソプラノ:佐藤しのぶ
メゾソプラノ:林 美智子
ピアノ:外山啓介
テノール:高橋 淳
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:武蔵野合唱団
司会:西島千博、大江麻理子(テレビ東京アナウンサー)

プログラムですが、
ロッシーニ:歌劇『ウィリアムテル』序曲より「スイス軍の行進」冒頭部分
ショパン:マズルカ 作品7-1(ピアノ:外山啓介)
マーラー:交響曲第2番「復活」最終楽章より
ヴェルディ:歌劇『椿姫』より「乾杯の歌」
       (ソプラノ:佐藤しのぶ、テノール:高橋 淳)
リスト:愛の夢第3番(ピアノ:外山啓介)
ビゼー:歌劇『カルメン』より「ハバネラ」(メゾソプラノ:林美智子)
プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』より「ある晴れた日に」(ソプラノ:佐藤しのぶ)
ヴェルディ:歌劇『アイーダ』から「凱旋行進曲」

恒例のカウントダウンは、マーラーの交響曲第二番「復活」の第五楽章のフィナーレの部分でした。予定通り、上手くいきました。ソリストは佐藤しのぶと林美智子でした。

佐藤しのぶは、声が衰えました。1980年代、90年代の全盛期の声を知っているものとしては、寂しい限りです。「ある晴れた日に」を歌いましたが、昔はもっと上手でした。

ほろ酔い気分で聴くにはちょうど良かった感じです。

[1271] 投稿者:シンフォニア

投稿日:2010年12月31日 (金) 20時45分

どくたーTさん、こんばんわ。
今年もあともうすぐで終りです。NHK教育の第九演奏会を聴きながら書き込みしてます。2楽章が好きです。
今年はオペラのほか演奏会に行き過ぎて消化不良というか体調崩しました。ここまで行けて幸せです・・・。
オペラベストみました。ベスト3は観てないですが、売られた花嫁が優秀賞でうれしいです。オーボエの先生に薦められて観にいったのですが、私もよかったなぁって思います。オペラの脇役たちがよかったです。ダンサーとか…
それでは、ドクターTさま、良いお年を!
来年も私の独り言につきあってくださいませ。

----------------------------------------------

[1272]N響第9投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2010年12月31日 (金) 23時06分
私も、お酒を飲みながら、シンフォニア様と同じ番組を見ておりました。
第9は名曲ですが、今年の演奏は、一言で申し上げれば、中途半端な演奏に終始しました。
リリングは、やりたいことがあるようですが、現実の演奏がそれについていかない印象です。
例としてあげるのに一番いいのは、第4楽章でしょう。リリングは基本的には、ゆったりとしたスピードで、声を十分に響かせたいという意図があったようです。しかしながら、合唱は、どんどんタカタカと進んでしまい、その意図に反していました。
だから、331小節目からのオーケストラの部分でスピードを落として、テンポを戻したのですが、チグハグ感が否めませんでした。
一方、最後の速くなる部分は、あまり速くならずに、じっくりと歌っていたので、全体の速度がおかしい感じが終始付きまといました。

というわkで、いまいちの演奏だったと思います。

さて、シンフォニア様も随分コンサートに行かれたのですね。良い演奏をたくさん楽しまれるのは、よいことだと思います。
今年もあと1時間を切りました。来年が、シンフォニア様にとって素敵な一年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

[1269] 投稿者:漫画家の秋山晴香

投稿日:2010年12月23日 (木) 08時26分

佐々木邦のhpに私のかいたイラストを載せてください!!

----------------------------------------------

[1270]メールをお送りしたのですが、届かないようですので投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2010年12月23日 (木) 20時28分
秋山晴香様

どくたーTの音文協奏曲主宰者のどくたーTと申します。
掲示板への書き込み、ありがとうございました。

ただ、「佐々木邦のhpに私のかいたイラストを載せてください!!」
と、書き込みをされても、どのような意図で、このような書き込みをされたのかが良く分かりません。

秋山様のイラストがどのようなもので、どこにのせて欲しいのかについて、出来れば実物を見せて頂くとか、もう少し、教えていただけると助かります。

できれば、メールでやり取りをさせていただけると、ありがたいのですが。よろしくお願いします。

[1267]ドイツ語 投稿者:シンフォニア

投稿日:2010年12月17日 (金) 19時56分

ドクターTさん、こんにちは!ご無沙汰してました!
ドイツ語検定5級に合格しました〜
魔笛にとり憑かれモーツァルトに恋をしてドイツ語勉強し始めたのです・・・最初は魔笛のドイツ語、Die Zauberfloteを死ね?なにか浮かぶもの?(floatと勘違い)していたアホな自分を思い出します・・・。
色々お稽古事で忙しくてオペラにいけません。。。発表会も来年2こあるので精進せねばです。あ、ピアノの発表会で魔笛の女王の復讐のアリアを弾く予定です。
ではまた!

----------------------------------------------

[1268]ドイツ語検定投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2010年12月18日 (土) 10時19分
シンフォニア様

書き込みありがとうございます。

ドイツ語検定5級、何、それ?という感じがします。私は、大学時代、ドイツ語のクラスで、一番びりの成績をとったことがあって、どうやって最終的に単位をもらったのか不思議なくらいなので、ドイツ語が分かる方は偉いな、と思っちゃいます。

ドイツオペラも、好きでたくさん聞いておりますが、言葉なんか、全然わかりませんから、意味をある程度でも分かりながら聴いている方がいらっしゃると思うと、それだけで、無条件で尊敬してしまいます。

お稽古ごとたくさんやられているのですね。ピアノの発表会でオペラアリアを弾くのはなかなか珍しいと思います。がんばってください。

[1265]ラ・カリスト 投稿者:一静庵

投稿日:2010年12月08日 (水) 00時44分

私も日曜日の公演を観ました。渋谷のビルが建て込んでいるところにできた新しいホールで、地図で見ただけでは、想像がつきませんでしたけれど、プラネタリウムなどもある区の施設なのですね。ホールもバロック・オペラをやるには適当な広さのようです。ホワイエが狭いのは場所がら仕方がないことと思いますが。
古楽器のオーケストラが魅力的でしたね。ピット内はあまり見えない席でしたから、どんな楽器で演奏しているのか見たかったです。特にドルツィアン、コルネット、サクバット、セルパンなど。指揮者の正面あたりにバロックハープが配され、チェンバロとこのハープが中心となって音楽を作っていたように感じました。舞台もシンプルな装置でありながら、照明や映像で夢のあるものになっていたと思いました。どくたーでさえ、「登場人物の関係がなかなか頭に入ってこない」とおっしゃるのですから、私が混乱するのも仕方がないかと思いますが、歌手の方々は皆様素敵でした。ただ字幕は「歌詞には隠された意味があるから、直訳するとなんのことだか解らないので、隠れたほうの意味を字幕にした」とのことですが、随分ぎょっとするところがありました。
なにはともあれ、日本初演を観られて幸せです。

----------------------------------------------

[1266]同感です。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2010年12月09日 (木) 21時16分
一静庵様
書き込みありがとうございます。

渋谷駅のわりと近いところに作られた文化センターの中での講演でした。私も渋谷にはたまに行くわけですが、方向がいつもオーチャード・ホールか、NHKホールで、こちらのホールの方向には、初めて行ったような気がします。

東京室内歌劇場は、本当にいろいろな会場で公演しますが、よく見つけられた、という感じです。

古楽器に関しては、舞台を見ていると楽器がよくわからないので、何とも言えないのですが、休憩時にピットを見てみると、見かけたことのない楽器が置いてあったことは確かです。

ま、いろいろ思うこともありますが、一静庵様同様、私も
「なにはともあれ、日本初演を観られて幸せです」

[1263]オペラ漬け 投稿者:シンフォニア

投稿日:2010年10月11日 (月) 22時33分

ドクターTさま
こんにちは。お世話になってます。
新国立劇場の4階エレベータ降り場のそばに、今シーズンから観覧者のご意見を聞いて座布団をつけましたと、地味な盾看板に書いてありました。観づらいのですね。。。
今回の連休、フィガロの結婚とアラベッラを観ました。
フィガロはケルビーノの「恋とはどんなものかしら」が一番良かったです。舞台の演出もいいなって思ったのですが、舞台自体が途中から傾いて、暗い場面だからか?とおもいきや最後まで傾いてました。ミス?でしょうか。
アラベッラは主役の青いドレスが美しい、さすがモリハナエと思いきや、振り向いたときのピンクの悪趣味な花がちょっと残念でした。妹のズデンカちゃんの気持ち、私も姉を持つ妹の身なのでわかる気がします。ただ、同じ男を好きになったことはありませんが。

ではまた!

----------------------------------------------

[1264]「オペラ漬け」良いですね。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2010年10月14日 (木) 21時44分
シンフォニア様

いつもたくさんの書き込み、ありがとうございます。
新国で、「アラベッラ」と「フィガロ」をご覧になったのですね。

私はご案内のとおり、「アラベッラ」は見ておりますが、フィガロは来週になります。

フィガロの演出に関してですが、このホモキの舞台段々傾いていくのが特徴です。初演の時は、随分話題になった舞台です。

アラベッラの森英恵の衣装は素敵でしたが、本文中にも書いたように、その素敵さが音楽をスポイルしちゃったのではないか、と思っております。

さて、明日と日曜日はN響の「アイーダ」です。私は初日行く予定です。

楽しめるといい思っております。

またよろしくお願いします。

[1261]座布団 投稿者:一静庵

投稿日:2010年10月09日 (土) 01時08分

妙な題名ですが、今シーズンから始まったオペラパレス4階2列目に置かれたクッションのことです。私は「アラベッラ」を初日4階4列右ブロック中央寄り、と2日目4階2列中央ブロック左寄りで観たのですが、紗幕の前で歌われた第2幕のアラベッラとマンドリカのやり取りは、2列目では殆ど見えませんでしたが、最後列4列目では、すっかり見えました。勿論最後列なので、背もたれにぴったり背中をつけるということをしなくてもいいわけですが、かといって伸びあがったりしていたわけではありません。2日目に行きますと、自分の座席に座席番号のついているクッションが置いてありました。厚みは5〜6センチぐらいの感じですが、座ると体重でかなりつぶれます。でもないよりは、ちょっと高くなりますね。それがあっても、2列目は随分見にくいということが、今回よく解りました。

----------------------------------------------

[1262]確かに見えにくいかもしれません。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2010年10月09日 (土) 23時19分
一静庵様
いつも書き込み、ありがとうございます。

私も4F2列目はよく買いますが、1列目よりは確かに見えませんね。
座布団があれば少しはまし、ということなのでしょうか。
尾高さんに代わって、観客サービスも考え直したということかしら。それともたまにやっている、アンケートの苦情に対応した、ということなのかも知れません

[1259]風邪とピアノ 投稿者:シンフォニア

投稿日:2010年10月03日 (日) 14時18分

ドクターTさん、こんにちは。ちょっとご無沙汰してました。
風邪引いてました。が、色々用事があって出かけるたんびに風邪が
悪化していき、ピアノの練習もサボるわけにもいかないので弾いて
たら、とうとうダウンしました。もう2週間も長引いてます。
また元気になったら書き込みしますねー

----------------------------------------------

[1260]急に涼しくなったので投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2010年10月05日 (火) 06時52分
シンフォニア様
書き込みありがとうございます。

急に涼しくなったので、風邪をひかれる方が多いようです。
あまり無理をなさらずに、十分暖かくして、体調を整えてください。
お大事に。
また書き込んで下さるのを楽しみにしております。

[1256]椿姫 投稿者:シンフォニア

投稿日:2010年09月19日 (日) 23時07分

ドクターTさん、こんばんは。
英国ロイヤルオペラの「椿姫」をNHKホールで観て来ました。前日にある人から半額で譲っていただき、人生で一番値段が高い席でした。主役は自分の子供(血はつながってないらしい)のオペでキャンセルしたそうです。主役の代役の方がオケと合ってなくておかしいなって思っていたら、1幕で降板となり(声帯炎なんだそうな)、代役の代役のアイリーン・ペレスさんがこれまたすごい良かったです。また舞台の演出・美術・衣装がやはり日本人ではない感覚というか美しかったです。周りはオペラ御宅の方ばかりでした。
ドクターTさん、METに行ったことがあるのですか!うらやましいです。私も海外でオペラみてみたいです。
区民オペラは今流行りなんでしょうか。大人気ですね。
なんだか音楽漬けで疲れてきてしまいました。。。ゆっくり休みます。

----------------------------------------------

[1257]ロイヤルオペラ投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2010年09月20日 (月) 21時58分
シンフォニア様

書き込みありがとうございました。
ロイヤルオペラ・椿姫、結構すごい交代ですね。
もともとはゲオルギューの予定でしたよね。
それがどんどん変わったということで、シンフォニア様はかなり珍しい経験をされたのだと思います。

私も主役の鋼板や、前半で主役がダウンして、後半アンダーが歌った例を聴いたことはありますが、主役が降板したうえに代役も途中降板という経験はありません。
でも楽しめたようで、よかったですね。また、今回のようなご経験は、後日酒席の話題になって楽しいものです。

コベントガーデンは、20年ほど前に一度行ったことがあります。今の建物に建て直す前ですね。

来日公演も、一度聴きに行きました。今は、もう、半額でもなかなか伺いにくいです。

>なんだか音楽漬けで疲れてきてしまいました。。。ゆっくり休みます。

そうですね。ゆっくりお休みください。

----------------------------------------------

[1258]おじさんにしそこないました。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2010年09月20日 (月) 21時59分
なお、鋼板→降板です。
失礼

[1254]METについて 投稿者:シンフォニア

投稿日:2010年09月16日 (木) 19時55分

ドクターTさん、こんにちは。私の独り言のような書き込みにいつも応えてくださり、感謝します。
11月からMETのオペラが松竹などの映画館で放映されますね。なんだかマニアックそうなものばかりですが・・・勉強のため?に観に行こうと思ってます。感動した1982年ザルツブルグの魔笛のDVDはジェイムズレヴァン氏が指揮をしていて、今のMETも彼が指揮をしているということに驚きました。来年6月には来日されるそうで、なにか1作品は行きたいと今からワクワクします。
ドクターTさんは松竹のMETは観にいきますか?

まったく関係ないですが、先日家のピアノの調律をしてもらいました。前の調律がテキトーだったせいか、新しいピアノを弾いているような気分になります。ピッチが440ヘルツから442ヘルツになったら(習っている先生宅と同じにしました)とても音が高く感じて、キンキンしているように聴こえます。
ではまた!

----------------------------------------------

[1255]METについて投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2010年09月18日 (土) 07時38分
シンフォニア様

いつも書き込みありがとうございます。
METのライブビューイングですが、たぶん行かないと思います。基本的に私は実演派なので、その時間とお金があるならば、どこか国内の市民オペラの演奏を聴きに行くことになります。

なお、ライブビューイングで上演する作品は、ちょっとマニアックといえばそうかもしれません。しかし、「ラインの黄金」にしても、「ボリス・ゴドゥノフ」にしても、それほど特殊な演目ではないように思います。作品としては楽しめるのではないかと思います。

でもMETは良い劇場だと思います。
2002年ニューヨークに仕事に出かけたとき、夜は2夜連続でMETに出向きました。見たのは、「フィガロの結婚」と「リゴレット」でした。舞台の豪華さはさすがに素敵だったのを覚えています。

調律のAヘルツの変更で、そこまで違うのですね。我が家のピアノも年に2回調律してもらっていますが、何ヘルツに合わせるか、だなんて訊きもしません。もっと関心を持つべきですね。




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成   コラム更新日記
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板