無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

音文協奏曲メイン掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン アイコンURL
削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

[1884]昨年のペリアスとメリザンド 投稿者:みらい

投稿日:2015年02月24日 (火) 19時44分

いつもサイトを拝見しておりますが、初めて書き込みをさせていただきます。
私はデュトワ/N響のコンビが好きで、まだ5年ほどですが、毎年必ず聞きに行っています。
管理人さんも絶賛されていたように、昨年のペレアスとメリザンドはその中で圧倒的な名演だと感じました。翌週の新世界も素晴らしかったですが。
ファン歴の長い管理人さんに伺いたいのですが、ネットではデュトワが監督を退任してからN響のレベルが下がったと書かれているのを目にします。デュトワの監督時代と比べても、先日のペレアスとメリザンドは群を抜いた名演なのでしょうか?
デュトワ時代の名演と言えば退任のときのエレクトラを圧倒的名演に挙げる方が多い気がします。私はその頃はまだN響をちゃんと聴いていなかったのですが、エレクトラと匹敵するかそれを超えるほど、ペレアスとメリザンドは素晴らしかったのでしょうか?
デュトワ時代のN響のレベルが気になり、質問させていただきました。

----------------------------------------------

[1885]返事が遅くなり申し訳ありません。投稿者:どくたーT@管理人
投稿日:2015年02月28日 (土) 22時04分
みらい様

デュトワ時代とアシュケナージ時代とを比較すれば、デュトワ時代の方がずっと良かったと思います。

デュトワが音楽監督をやっていた時代は、N響の水準がどんどん上がって言った時代であることは間違いありません。N響は弦は昔からレベルが高かったと思いますが、管のレベルはデュトワ時代に上がりました。

エレクトラはそのデュトワの時代を締めくくるにふさわしい名演だったと思います。

では、「エレクトラ」と「ペレアスとメリザンド」このどちらがより名演かと言えば、何とも申し上げられません。

どちらも名演だったことは間違いないと思います。ただ、違う演奏を比較して、こっちが上だと申し上げるのは、明らかな差がない限り不可能な話です。

なお、デュトワはフランス人で、昔からドビュッシーやラヴェルに定評があり、ドイツ物で名前が出る方ではありません。

また、一般論として申し上げれば、芸術の水準は後になるほど高くなるものです。それは、音楽の例ではないのですが、フィギアスケートのビールマンスピンは、昔は創始者のビールマンしかできませんでしたが、今は世界レベルの女子であればみんなやります。

同様にテクニカルなレベルではより最近に近い方が高いと申し上げて間違いありません。

以上のような理由で、テクニカルな意味では、「ペレ・メリ」は「エレクトラ」よりも良かった可能性があります。

但し、芸術性という視点では、どちらが上とは申し上げられません。
どっちも良かった出宜しいのではないでしょうか。



Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板