地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。
●複数のハンドルネームを使って、自問自答・荒らしをしないでください。
●マナーが悪い人は、アクセス制限をする場合がありますので、ご了承ください。
携帯用の本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

2898890

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

No.8258 20161229報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年12月29日 (木) 05時22分 [返信]

●12/28:茨城県北部:震度6弱
◎概要
2016年12月28日 21時38分
震源地 茨城県北部
最大震度 震度6弱:青森から静岡、愛知県まで有感地震となった。

マグニチュード M6.3
深さ 約10km 正断層型地震

◎本サイトの予想:抜粋
○12/21報告
◎福島沖、三陸沖
11/26&11/29&12/5&12/8&12/11報告続報

2016年11月と12月の大気重力波とさざ波雲の発生地域を地図上にまとめた

11月→図2016122101
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/201611grav.jpg

12月→図2016122102
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/201612grav.jpg

東北地方福島沖、三陸沖がもっとも発生頻度が高い。
次が、中国地方(特に山陰)です。

さらに、12/19には、福島で「沸き立つ雲帯が発生」

10日以内に、福島を中心に、震度5以上又はM7クラスの地震が予想されます。
ご注意ください。

○12/27報告
◎静岡市観測大気中イオン濃度
12/13に詳述したように、12/13にウルトラ異常値、12/15、12/26も同様
12/19は、マイナスイオンがプラスイオンを大きく上回る。(過去例では、凡そ10日以内に、対応地震発生)

12/13&12/20に報告したように、静岡市も揺れる、山陰や東北の大きな地震が早ければ10日以内に懸念されます。

予想の評価
福島の南隣の茨城北部で、予想する地震
「「(12/21から)10日以内に、福島を中心に、震度5以上又はM7クラスの地震が予想されます。」」

予想通りであった。

その他、前兆
本サイト茨城県南部観測点:12/28
磁石装置、北が落下してました。復活 。その後、茨城県北部地震 発生


◎今後
本サイト青森県八戸観測点:12/28
ドアベル磁力低下してユルユルです。

★★
上記記載の福島沖、三陸沖のうち、福島方面は、上記の通り発生したので
今後は、三陸沖方面と推察する。(上記青森県八戸観測点の磁力回復後が、注目)


●観測者仲間の観測観察:12/28

○愛知県東部:鈴落下装置
南東側 (12:50)気付いたら落下→(20:50)復活、落下なし
南西側 2013/5.27~落下 1310日目
北西側 12/27(23:30)落下→(21:30)現在も落下中
北東側 落下なし

☆今日、鈴落下装置4器のうち3器の鈴が落下中となった。
現在(21:35)は、〈南東側〉の鈴が復活して 、2器落下中となっています。
我が家において、一時的にガクッと磁力が低下したようです。

○東京葛飾観測点:大気中ラドン濃度
29ベクレル
(2016/9/22観測開始、10/14:最高値:30ベクレル→6日後:10/20:千葉県北東部M5.3:最大震度4:本観測点震度2)

★★
東京葛飾観測点は高層マンションではなく、低層階での観測であるため、加わる圧力に敏感に反応する)

房総半島東方沖から関東東方沖で、
12/1、12/7、12/25、12/26、12/27と5回にわたり、大気重力波が発生。

現状の葛飾ラドンの数値では、上記10/20の最大震度4:都心で震度2程度の地震が予想されます。
今後、葛飾ラドンの数値がさらに上昇すれば、さらに大きな地震になると思われます。

また、報告します。

愛知県東部の磁力低下現象が継続しています。

No.8259 茨城北震度6弱予想的中。。やはり頼りになる掲示板ですね! 投稿者:浜松そだち   投稿日:2016年12月29日 (木) 07時16分

昨夜の茨城M6で(愛知東部にてパソコン21時ごろヤフー接続切れ切れ状態〜発震後通常に)
東北沖の懸念は減少したのかが疑問でしたが 
引き続き福島原発周辺への警戒は継続しなければなりませんね

年末・年始も研究でお忙しいでしょうがお体にお気をつけください
少々遅くなりましたが受賞おめでとうございます♪(クリスマスプレゼントありがとうございました)


No.8257 20161228報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年12月28日 (水) 05時16分 [返信]

●観測者仲間の観測観察:12/27

◎東京葛飾区 磁石落下装置

水平型ホワイトボードの紙バサミがずり下がりました。
1.5cmほどですが、ずり下がりは久びさです。

◎愛知県東部
我が家においては、鈴・クリップ(落下装置)とも磁力が低下中です。

★★
本サイト空の掲示板
No.40425 12月27日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号

衛星画像からは、午前7時45分、中部から関東及び太平洋沖まで、広範囲に大気重力波が発生。
夕方にも、関東東方沖から宮城沖に大気重力波が発生。

※本州中部から関東のはるかはるか沖まで、広範囲に大気重力波が発生した。
予想する巨大地震前兆の一部なのかもしれません。

M9クラスの地震前兆ですと、地球半周以上に大気重力波が発生することになります。

ただ、そうなると、どこが予想震央か、地球半周以上の大気重力波からは、特定できない。
あまりに広すぎるためです。

やはり、複数の異なる種類の観測観察で、地震前兆を評価するしかないと、
私個人は思います。

特に、東日本大震災の時に痛切に思いましたが、巨大地震の発生予想を10日、あるいは、3日以内と、予想するためには、
10年単位の長い観測を軸にして、現在の状況をその時間軸で評価し、
大気中ラドン濃度、大気重力波やさざ波雲の発生、地震電磁気現象、上空の電離層のTEC値、磁力低下観察などを組み合わせて
的確に判断していくしかないと思います。

何か一つで、判断すると、今前兆はどこまで進行し、地震発生まで、どの程度時間があるか、わからなくなってしまいます。
そこが、巨大地震の予想が、通常のM5ーM7クラスの地震予想と異なる点だと思います。

東日本大震災の時に、身にしみました。
あまりに前兆が長く、今どこにいるか判断できないのです。

今回は、東京葛飾の「ホワイトボードの紙バサミがずり下がり」&愛知県東部の磁力低下観察と
同期しました。

No.8256 20161227報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年12月27日 (火) 17時35分 [返信]

●観測者仲間の観測観察:12/28

◎静岡市観測大気中イオン濃度
空気イオン測定器(大気中イオン濃度観測)KEC−900を使用。
マイナスイオン、プラスイオンの数値は、それぞれ1cc当りのイオン個数です。

2016/12/13:マイナス1600:プラス2400
2016/12/15;マイナス1100プラス:2300
2016/12/19;マイナス1100プラス:200   ●
2016/12/20:マイナス900:プラス1500
2016/12/24;マイナス500プラス:1400
2016/12/26:マイナス1000:プラス2100

★★
12/13に詳述したように、12/13にウルトラ異常値、12/15、12/26も同様
12/19は、マイナスイオンがプラスイオンを大きく上回る。(過去例では、凡そ10日以内に、対応地震発生)

12/13&12/20に報告したように、静岡市も揺れる、山陰や東北の大きな地震が早ければ10日以内に懸念されます

ただ、中国地方(特に山陰)の
周防灘、豊後水道、伊予灘方面又は山陰:12/20詳述:震度6クラス

予想期限は、12/30までなので、毎日
九州福岡市観測VLF帯ノイズレベル、、周防灘人工島の北九州空港:LF帯航空無線電波:113.85MHzノイズレベル

両方を毎日見ていますが、最近1週間は、静穏です。
また、ノイズに異変があれば、報告します。

No.8255 本日の日報 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年12月27日 (火) 06時55分 [返信]

都合により夕方に延期します。

No.8254 20161226報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年12月26日 (月) 05時53分 [返信]

●世界の地震

◎12/25:23:22 チリ南部 M7.6
1900年以降、世界最大規模の地震M9.5の地震が発生した地域で、発生した地震だった。

1900年以降の世界最大規模地震ベストファイブです
1、1960/5/22:チリ:M9.5
2、1964/3/28:アラスカ:M9.2
3、2004/12/26:スマトラ沖:M9.1
4、2011/3/11:東日本大震災:M9.0
5、1952/11/4:カムチャッカ半島沖:M9.0


◎南太平洋で連続するM7.7以上の地震

2016/11/13:ニュージーランド:M7.8
2016/12/8:ソロモン諸島:M7.8
2016/12/17:パプアニューギニア:M7.9

M7.6以上の地震が、ニュージーランド、南太平洋で、凡そ半年以内に、3回発生したのは
2000年以降では、2009年の1回のみ

2009/1/13:パプアニューギニア:M7.7
2009/3/19:トンガ:M7.6
2009/7/15:ニュージーランド:M7.8

この後、
2009/8/11:駿河湾:M6.5:震度6弱
2009/8/13:八丈島東方沖:震度5弱

日本の本州中部地方の活断層にかかる圧力を、2008年以降のほぼ毎日、8年間、地下水湧出量として、取りまとめて、グラフ化していますが、
今の現状は、
上記2009年夏の地震2-3か月前、
東日本大震災2-3か月前、
2015/5/30:小笠原諸島西方沖超深発巨大地震M8.1、2-3カ月前

この三回とほぼ同じ地下水湧出量レベルです。

さらに、上記の南太平洋で連続するM7.7以上の3回の地震が、2009年と同じであること、
これらから、今の日本では、上記3回に匹敵する被害地震、2−3カ月前といえる現状です。

8年間の地下水湧出量が、さらに減少し、危機的になれば、巨大地震モニタリングで、詳述します。
現状では、まだ、直前10日間といえるような地下水湧出量ではないです。

No.8253 20161225報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年12月25日 (日) 06時27分 [返信]

●観測者仲間の観測観察:12/24

◎九州宮崎県延岡市:大気中ラドン濃度
観測期間凡そ2年半

12/21から、3日連続で、+3σを超える異常値となった。
12/24には、過去最高値を更新し、+4σの異常値となった。

★★
当面は、一週間を超える異常となるか、注目されます。

◎滋賀県大津市

○鈴落下装置
西側「磁石2個」 12/24 落下
  「磁石4個」 12/17より落下中。

南側「磁石2個」 12/15より落下中
12/22 復活しました。

  「磁石4個」 こちらは落下なし。

北側「磁石2個」 落下なし。
  「磁石4個」 落下なし。
 
東側       落下なし

★★
鈴落下装置の西指向の磁石4個の磁力強力タイプの落下が、まだ、継続中です。

No.8250 メリークリスマス 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年12月24日 (土) 06時51分 [返信]

皆様、いつもほんとうにありがとうございます。

皆様のご支援のおかげで、まぐまぐ大賞もとれました。

クリスマスの歌のプレゼントです。


Someday At Christmas

https://www.youtube.com/watch?v=MaA7B9cu4kU


The Christmas Song

https://www.youtube.com/watch?v=phdrgKpmINI


Have Yourself a Merry Little Christmas

https://www.youtube.com/watch?v=nZ6yQgBvuoI

https://www.youtube.com/watch?v=JktyPZNaJwo

No.8251 ✨祝✨まぐまぐ大賞✨ 投稿者:あさまテラス 氣    投稿日:2016年12月24日 (土) 07時40分

✨まぐまぐ大賞✨の受賞、お祝い申し上げます❣
日々の安全と防災に深く感謝を申し上げます。
微力ながら、お役にたてば幸いでございます。
どうぞお身体を大切にご自愛下さいませ✨

🎄クリスマスプレゼント素晴らしいです✨有難うございました✨

No.8252 「まぐまぐ大賞」受賞おめでとうございます。 投稿者:こもれび   投稿日:2016年12月24日 (土) 09時50分

そしていつも本当にありがとうございます。
クリスマスソングはとても素敵で穏やかな日々が続いてほしいと願わずにはいられませんでいた。
 お休みになられる時間がないのではと案じることがあります。
どうぞくれぐれもお身体大事になされて下さいませ。 一杯の感謝をこめて。

No.8249 20161224報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年12月24日 (土) 06時51分 [返信]

◎本サイト空の掲示板
No.40407 12月22日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号
衛星画像からは、長野・群馬・埼玉・山梨と4県をまたがる未完成さざ波雲が発生。

★★
12/18に本サイト富士山北面山麓山梨県鳴沢村観測点の大気中ラドン濃度変動を示した。

11/15:33ベクレルを観測後、12/13まで、+2σ以上の準異常値を観測した。
4年間の観測で、凡そ1カ月の準異常値は、初めてのことです。

その後、ほぼ平均値付近に収束。
12/22に、山梨にも、未完成さざ波雲が発生した。

鳴沢村ラドンの異常と12/22の未完成さざ波雲
もし、地震が発生するとしたら、震源が浅い地震の場合には、震度5強−6弱クラスの地震が懸念されます。


●観測者仲間の観測観察:12/23
◎京都府 若狭湾西部
西の夕日が赤く透明です。

◎青森県八戸市
ドアベル磁力低下弱め

◎茨城県南部
5時:電磁波計振り切れ

No.8247 20161223報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年12月23日 (金) 05時57分 [返信]

◎房総沖巨大地震モニタリング:前回モニタリング:9/6、9/20、10/11、10/15、10/20、10/30、11/20、12/04,12/18実施

昨日、本サイトのメルマガ配送を依頼している「まぐまぐ」から
2016年のメルマガ:安全防災部門で、大賞を受賞したと連絡がありました→こちら

http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/safety.html

本日は、受賞記念ではないですが、この巨大地震で、皆様に一番伝えたい、防災のポイントを報告します。

まず、いつも、モニタリングで載せる防災のポイント
伊豆鳥島近海震央で、地震の規模がM8.2-M8.4の巨大地震による津波のシミュレーション
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/izuogasawaratsunami3.jpg

(東京大学総合防災情報研究センターの原田智也特任助教作成)

M8.2-M8.4の鳥島近海地震の場合には、房総半島外房から九州の宮崎まで、3-5mの津波が襲います。
特に、津波の波高が高いのは、四国の太平洋側と和歌山県で、10-13mにも及びます。

巨大地震発生時には、大津波警報が、
千葉県外房、伊豆諸島、相模湾、静岡県、愛知県外海、三重県南部、和歌山県、徳島県、高知県、大分県南部、
宮崎県沿岸部、種子島・屋久島地方、奄美諸島・トカラ列島に発令されると予想されます。

この図の上の図は、東京大学総合防災情報研究センターの原田智也特任助教や石橋克彦・神戸大学名誉教授が
丁寧に再調査した、1605/2/3:慶長地震の津波の波高分布です。

石橋克彦・神戸大学名誉教授は、南海トラフ巨大地震として分類されているこの慶長地震の記録を調べなおした結果、
西日本の南海トラフ沿いに強震動がなかった。古文書が多く残る京都でも揺れの記録がない。

その事実をはじめとして、1605/2/3:慶長地震の地震動や津波の記録を調べなおした。
また、多くの地域を震源域として、津波のシミュレーションを繰り返した。
その結果、
慶長地震が南海トラフのプレート境界型地震ではなく伊豆・小笠原海溝の一部(鳥島付近100km四方前後)の
M8.2-8.4の地震を仮定すると津波の再現ができるとした。

典型的な伊豆小笠原諸島の大地震の震度分布を図2016122301に示しました。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/sindobunpu1072.jpg

どちらも関東から東北で揺れが観測され、西日本では、揺れは観測されません。

これらの研究成果は、下記で発表されました。
石橋克彦, 原田智也(2013):
1605(慶長九)年伊豆-小笠原海溝巨大地震と1614(慶長十九)年南海トラフ地震という作業仮説,
日本地震学会2013年秋季大会講演予稿集,D21-03

ここでは、慶長地震の震源の位置を議論するつもりはないですが、
「「伊豆小笠原海溝巨大地震(伊豆鳥島近海M8.2-M8.4)による津波の波高分布は、1605/2/3:慶長地震の津波の波高分布に一致する」」
この事実が大事です。

テレビで、喧伝されているように、「南海トラフ巨大地震の発生が近く、震度6や7の揺れと巨大津波が発生する」
このように刷り込まれています。

しかし、伊豆小笠原海溝の巨大地震では、西日本の南海トラフ沿いには、ほとんど揺れが発生しません。
そのため、多くの人が、揺れがこないのに、巨大津波が来て、逃げ遅れてしまいます。

慶長地震でも多くの人が逃げ遅れました。

慶長地震による、津波被害による溺死者は当時、約5,000人(1万人という説もある)
現代の日本の人口は、江戸時代初期の7.53倍です。

もし、現代に、慶長型地震が発生すれば、
津波被害による溺死者は、3万7千人から7万4千人になる計算です。
東日本大震災の津波被害者の凡そ2倍になるという、恐ろしい地震です

最後に、学術論文から、伊豆小笠原でM9クラスのスーパー巨大地震が発生できるだけのひずみが蓄積されている証拠を示します。
伊豆小笠原海溝や南西諸島に、M9クラスの地震を発生させるひずみがたまっているという論文です。

Ikuta et al. 2015
Evaluation of strain accumulation in global subduction zones from seismicity data
Earth, Planets and Space2015 67:192

静岡大学理学部 地球科学科の生田領野(いくたりょうや)准教授による、2015年に学術誌Earth, Planets and Spaceの論文です。

1900年から2010年までの過去111年間で沈み込んだ長さを推定。
国際地震センター(英国)が持つ同期間の9248個の地震の記録と照らし合わせて、
プレートが元に戻った長さを求めて、たまっているエネルギーを算出した。

全世界のM9クラスの図が掲載されていますが、ここでは、日本周辺のみ掲載します。
図2016122302に示しました。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/ikuta2015.jpg

赤で示した領域は、M9クラスの地震を発生させるひずみがたまっている領域です。
日本周辺では、北から順に

北方領土付近
伊豆小笠原海溝
マリアナ海溝
琉球海溝(南西諸島海溝)

5と示してある伊豆小笠原海溝のM9クラス地震想定震源域の北限が、伊豆鳥島付近、南限が母島列島です。
つまり、伊豆鳥島から小笠原諸島の東方沖が、M9クラスのスーパー巨大地震を発生させるほどのひずみが蓄積されている地域です。

この領域近郊で、
2010/12/22:父島近海地震M7.8
2015/5/30:小笠原諸島西方沖超深発巨大地震M8.1
が発生しています。

USGSによると、2000/1/1以降、東日本大震災M9とその余震をのぞくと、
上記以外のM7.5以上の地震は日本では発生しておらず、
現在、日本で最も激しい地震活動が続いている地域が伊豆鳥島から小笠原諸島周辺です。


以上まとめます。
伊豆小笠原海溝巨大地震津波シュミレーション(伊豆鳥島近海M8.2-M8.4による津波の波高分布)は、1605/2/3:慶長地震の津波の波高分布に一致する。

伊豆小笠原海溝のM7以上の大地震の震度分布を見ると、関東から東北で揺れが観測され、西日本では、揺れは観測されません。
もし、伊豆小笠原で巨大地震が発生すると、西日本の南海トラフ沿いには、ほとんど揺れが発生しません。

そのため、多くの人が、揺れがこないのに、巨大津波が来て、逃げ遅れてしまいます。
小さい携帯ラジオを常備する習慣を身につけましょう。

静岡大学理学部 地球科学科の生田領野准教授による、2015年に学術誌Earth, Planets and Spaceの論文では、
北方領土付近、伊豆小笠原海溝、マリアナ海溝、琉球海溝(南西諸島海溝)で、
M9クラスのスーパー巨大地震を発生させるほどのひずみが蓄積されてことを明らかにした。

伊豆鳥島から小笠原諸島東方沖では、M9クラスのスーパー巨大地震が発生しえることが、学術的に明らかにされた。

No.8245  投稿者:しろ   投稿日:2016年12月22日 (木) 17時24分 [返信]

おめでとうございます。毎朝チェックさせていただいています。緻密な分析ありがとうございます。



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板