地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。
●複数のハンドルネームを使って、自問自答・荒らしをしないでください。
●マナーが悪い人は、アクセス制限をする場合がありますので、ご了承ください。
携帯用の本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

2675073

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

No.8086 20160917報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月17日 (土) 06時20分 [返信]

●房総沖巨大地震モニタリング9/6追記4

新妻地質学研究所
月刊地震予報83)マリアナスラブと伊豆スラブの地震・三陸沖の地震・2016年9月の月刊地震予報
2016年9月7日 発行

(引用開始)
4.2016年9月の月刊地震予報

熊本地域の地震は,2016年8月に初動発震機構解(速報値)が5個・精査後7個・CMT解2個であり,
4月の186個・17個・10個から,
5月の33個・8個・0個,
6月の10個・4個・1個,
7月の7個・11個・1個と
7月からの長期化傾向を保持しており,警戒が必要である(2016年4月・5月・6月・7月・8月西南日本月別IS).


2016年8月のマリアナスラブ・伊豆スラブの地震は,
同心円状屈曲したまま下部マントル上面に達するマリアナスラブと
平面化して下部マントルに突入する伊豆スラブの活動が活発化していることを示している.

この活発化は,太平洋スラブ全体の下部マントルへの崩落の鍵を握っていることから,
両スラブの間に予想されるスラブの裂け目上に位置する西之島の火山活動の動向(速報48),
日本列島全体における応力状態の改編に対応した新たな地震の発生にも注意が必要である.

フィリピン海プレートの沈込域の1994年10以降のプレート運動面積に対する総地震断層面積の比は,
熊本地震が起こり0.484から0.506に増大したが,8月までに0.505と減少しており,西南日本から琉球域の巨大地震への警戒が必要である.
(引用終了)


★★
1、マリアナスラブの同心円状屈曲と伊豆スラブの平面化

上記マリアナスラブの同心円状屈曲と伊豆スラブの平面化の詳しい解説は、
上記月刊地震予報83)の第2項をお読みください。


2、「太平洋スラブ全体の下部マントルへの崩落の鍵」
上記記載の「太平洋スラブ全体の下部マントルへの崩落の鍵」は依然詳しく報告した通りです。

再度記載します。

2015年5月30日の小笠原西方沖地震M8・1、深さ682kmは、
「メガリスの崩落」(太平洋プレート伊豆スラブ南端の下部マントルへの崩落)であったと解析されている

「メガリスの崩落」は
入舩徹男 愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター長
新版:地球旅行(3)5マントルをゆく
→こちら

http://www.grc.ehime-u.ac.jp/legacy/titei-1-3.html

非常にわかりやすく書かれています。
沈み込むプレート(スラブ)が、マントル半ば660km付近にしばらく滞在後、下部マントル中へ落下するという考えは、
洋式水洗トイレの水を流す (flush)ことに例えてフラッシュモデルと称されています。

ちょうどXXXが便器 の底に吸い込まれるように、プレートの塊は下部マントルへ落ちていくことになります。

2006年「日本沈没」→こちら

https://www.youtube.com/watch?v=HDMa0MAjjFk

ウインドーの下スライダーを動かしてこの映画の
6分10秒から8分までのところを見てください。メガリスの崩落という現象を説明しています。


3、予想巨大地震との関連
マリアナスラブと伊豆スラブ。活動が活発化しています。

両スラブの間に予想されるスラブの裂け目上に位置する西之島を新妻先生は注目されていますが、

私どもは、この一帯で、巨大地震が発生すると予想しています。
日本で最も大きな地殻変動が現在発生している場所です。

No.8085 20160916報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月16日 (金) 06時07分 [返信]

●本サイト空の掲示板
No.39995 9月13日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号

衛星画像からは、青森遙香東方沖から根室南東沖に大気重力波が発生。
根室半島南東沖には、断層状雲も現れました。
根室半島南東沖に注目したいと思います。

★★
8/25、8/26、9/11、9/12と千島列島を中心に広範囲に大気重力が発生したが、
9/13には、南下し、
青森はるか東方沖から根室南東沖に大気重力波が発生。

大きな現象です。

東北から北海道太平洋側(特に、根室半島南東沖):M7(M7.5)
この前兆は極めて長いです。

北海道稚内電離層観測点の大きな異常
7/29、8/1、8/7、8/17と報告しましたが、fxEs:スポラディックE層臨界周波数、fof2:F2層臨界周波数が異常に高い。
この状態が、1か月以上ほぼ毎日連続しています。

次第次第に異変の程度は収束傾向で、スタンバイに近いです。


本日時間がないため、明日、栃木県周辺の前兆を報告します。

No.8084 20160915報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月15日 (木) 05時51分 [返信]

●巨大地震の発生リスク 満潮時に高まる 過去20年間の大地震を分析 東大
ハザードラボ;2016年09月13日 12時16分
(引用開始)
2011年の東日本大震災をはじめ、インドネシア・スマトラ島沖地震など、過去20年間に起きた巨大地震を調べた結果、
潮の満ち引きが大きくなる大潮の前後に地震の発生リスクが高まることを東京大学の研究グループが発見した。

英科学誌『ネイチャー・ジオサイエンス』に13日に掲載された論文によると、
東大の井出哲教授らのグループは、過去20年間に起きたマグニチュード(M)5.5以上の巨大地震の2週間前の潮の満ち引きの大きさと、地震の振幅(中央値と最大値との差)を分析。

その結果、小さな地震でははっきりした相関関係は見られなかったが、
2004年12月にインドネシア・スマトラ島沖で起きたM9.1の地震は大潮の日に発生していたほか、
2010年2月のチリ・マウレ地震(M8.8)や東日本大震災(M9.0)を含むいくつかの地震は、干潮時と満潮時の差が大きい時期に起きていたことを突き止めた。

太陽や月の重力が、地球上の断層をすべりへと押しやる可能性は従来も指摘されていたが、潮の満ち引きが地震の引き金になることについては、確証が得られていなかった。
井出教授らは、潮位の変化によって海底を押す圧力が大きく変わると、プレートの沈み込み地帯の断層の動きに影響を及ぼす可能性があると指摘している。

巨大地震がどのように始まって、進化するかに関するメカニズムは、現時点では正確に解明されていないが、
今回の研究は、地震が多発する地域で、潮の満ち引きを知ることは、地震が発生するリスクをあらかじめ知るうえで役立つものと期待されている。
(引用終了)

★★
以前から、言われてきたことですが、『ネイチャー・ジオサイエンス』に論文として、掲載されたことにより、
大潮(満月や新月)の前後に、最後の一押しとして、潮の満ち引きが地震のトリガーになることが、

証明されたことになる。


●房総沖巨大地震モニタリング9/6追記3
読者の方から、「危険度判定を表記して下さい」とのリクエストでした。

地震発生危険度判定は、
赤▲:「巨大地震発生が迫っています」
M8クラスの地震の場合には、
前兆期間が、1−3か月であるため、本年10月から12月の間に、巨大地震は発生すると予想する。

M9クラスのスーパー巨大地震である場合には、さらに前兆期間が長く、
来年1−2月頃と予想する。

赤▲であるので、

赤●:巨大地震がもういつ発生してもおかしくないの判定
まだまだ先のようです。


●観測者仲間の観測、観察:9/14

○青森県八戸市
クリップ2連、水位低め
ドアベル磁力回復傾向

○茨城県南部
22時:電磁波計振り切れ

○埼玉県春日部市
13日の越谷震源の地震で磁石が戻らなかったので報告します。
西玄関の磁石、8日お昼、東に5度偏角に気づく、現在も偏角中。

○九州熊本県北部

熊本阿蘇方面の大気中ラドン濃度が
朝75 → 夕方32 
42の急落のようです。

★★
青森八戸の前兆は未だ収束せず。

茨城県南部の電磁波計振り切りは、9/13&9/14:2日連続
埼玉県春日部市 の磁力低下も報告された。

九州阿蘇のラドン急落ですが、
九州福岡市観測の、VLF帯ノイズレベルが、最近非常に高いので、心配しています。

未だ、別府島原地溝帯方面は、地震に注意。

もし、大きい地震であるならば、熊本地震発生時と同じように、
南西諸島〜台湾方向で、まず、大きな地震が発生すると思われます。

No.8083 20160914報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月14日 (水) 05時50分 [返信]

●9/13:13日19時12分埼玉県南部、震源の深さ:約80km、地震の規模:4.8
1、概要
埼玉県南部の深発地震でした、最大震度3を関東の広い範囲で観測した。


2、過去の埼玉県南部地震とその後の地震
深発地震ですから、浅い深度の地震が後続することが多い。

最近のM5に近い規模の地震では、

○2012/3/16:M5.2:深さ100km、最大震度3
(後続地震)
2012/4/1:福島県沖:M5.9:最大震度5弱
2012/4/29:千葉県北東部:M5.8:最大震度5弱

○2011/9/4:M4.7:深さ100km、最大震度3
(後続地震)
2011/9/21:茨城県北部:M5.2:最大震度5弱
2011/9/29:福島県浜通り:M5.4:最大震度5強

過去には、凡そ2-3週間後に、首都圏から福島で、震度5弱から5強の地震が後続した。


過去60年間の埼玉県南部の深発地震をUSGSで調べると、最大規模の地震はM5.7-M5.6であった。
1978/3/20:M5.7:深さ66km
(後続地震)
1978/6/12:宮城県沖地震 - M7.4、死者28人、津波あり。

1989/2/19:M5.6:深さ60km
(後続地震)
6月30日〜7月24日 伊豆半島東方沖で群発地震 :
7月9日に最大M5.5、熱海市で最大震度 4。7月13日に伊豆東部火山群の海底火山が噴火。

このように、大きな地震が3−4か月後に後続しています。

3、今後
本サイト観測者仲間の観測観察:9/13

○茨城県南部
21時:電磁波計振り切れ

○東京葛飾:
水位…9/14 0時すぎ、5cm低下しました。

★★
早速、埼玉県南部地震発生後、茨城県南部や東京葛飾で、新たな前兆が観測された。
また、報告します。

No.8082 20160913報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月13日 (火) 05時50分 [返信]

●韓国南部 M5以上の地震2回 「観測史上、最大規模」
1、NHK NewsWeb :9月12日 21時51分
(引用開始)
韓国南部で12日夜、マグチュード5以上の地震が2回相次ぎ、韓国の気象庁は午後9時すぎから記者会見を開き、
1978年に韓国で観測を始めて以来、もっとも大きな規模だったと発表しました。

これまでに2人がけがをしたということで、警察や消防が被害の確認を進めています。

韓国の気象庁によりますと、日本時間の12日午後7時44分ごろ、
韓国南部キョンサン(慶尚)北道のキョンジュ(慶州)付近を震源とする地震がありました。
地震の規模を示すマグニチュードは5.1と推定されています。

また、およそ50分後の午後8時32分ごろ、同じキョンサン北道のキョンジュ付近で、
再び地震がありました。韓国の気象庁によりますと、マグニチュードは5.8と推定されています。

韓国の気象庁は午後9時すぎから記者会見を開き、
2回目の地震について、1978年に観測を始めて以来、
韓国で起きた地震としてはもっとも大きな規模だったと明らかにしました。

また、この地震でこれまでに2人がけがをしたということです。
一方、現地の消防や警察によりますと、住民からの問い合わせが相次いでいるほか、
周辺で携帯電話が通じなくなっているということです。
また、プサンの日本総領事館は現地の消防などに問い合わせて、
日本人に被害が出ていないかどうか確認を急いでいるということです。

震度5強から6弱程度の揺れか

12日夜、朝鮮半島南部を震源とするマグニチュード5クラスの地震が続いたことについて、

東京大学地震研究所の平田直教授は
「午後8時半すぎに起きたマグニチュード5クラスの地震では、
震源の近くでは日本の震度に換算すると5強から6弱程度の揺れとなった可能性があり、被害が出ていてもおかしくない。
日本と比べると韓国では地震は少ないが、歴史をさかのぼれば被害が出た地震が起きている。

朝鮮半島南部では、ことし7月にもマグニチュード4.9の地震が起きていて、
地震活動はやや活発な状態になっていると考えられる」と話しています。
(引用終了)

2、USGSデータベース地震抽出
1955年以降、M5以上、深さ100km未満の条件で、朝鮮半島から西日本の範囲内で、地震を抽出した。

韓国では、極めて、地震は少ないが、今回の震源付近では、近郊の沖合を含めて、
M5以上の地震が、最近61年間に、9回発生しています。
かなり、少ない頻度です。

過去の9回は、近郊の沖合の地震で、今回のような、内陸のM5以上の地震は初めてです。


今回のように、短期間の間に、連続したM5以上の地震が発生した過去例は、2回あります。

○1963/9/6:M5.8:韓国東方沖:日本海
 1963/9/7:M5.8:韓国東方沖:日本海

凡そ一か月前後、
1963/8/17:薩摩半島東方沖:M6.4
1963/10/3:宮崎日向灘:M6.2


○1981/4/15:M5.0:韓国東方沖:日本海
 1981/4/15:M5.3:韓国東方沖:日本海


凡そ一か月前後、
1981/3/18:薩摩半島東方沖:M5.0
1981/3/19:薩摩半島東方沖:M5.0

韓国で、最近61年間に、9回発生した、M5以上の地震をすべて見てみますと、
その前後に、西日本で、地震活動が活発です。

最後の韓国のM5以上の地震
2004/5/29:M5.3:韓国東方沖:日本海

凡そ三か月前後、
2004/9/5:紀伊半島南東沖双子の地震:M7.1&M7.4:津波を観測


以上、まとめますと、
韓国(東方沖含む)で、M5以上の地震が発生すると、その前後、日本でも、地震活動は活発化している。
今回も、熊本地震で、九州の地震活動は、活発です。

2004年の例もあるように、今後も、西日本の地震活動には注意です。

最近報告しているように、
本サイト宮崎県中部内陸部観測点や島根県東部観測点で、大気中ラドン濃度が異常値です。

No.8081 電離層を示すアニメーションが日本中真っ赤 投稿者:小林節子    投稿日:2016年09月12日 (月) 21時09分 [返信]

いつも 拝見させて戴いてます。昨日から 電離層値を示す アニメーションに真赤な地方が表示され、先程は 日本中 真っ赤でした。あまりの恐ろしさで 投稿してしまいました。

No.8079 20160912報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月12日 (月) 06時15分 [返信]

●8/26以来のサハリン、千島列島の前兆

本サイト空の掲示板
No.39990 9月11日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号
衛星画像は、千島列島全体に太平洋側に大気重力波発生。

★★
No.39934 8月25日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号
カムチャッカ半島北部には、相変わらず大気重力波からさざ波雲が現れています。

No.39937 8月26日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号
サハリンからロシア対岸の内陸部まで、広範囲の大気重力波が発生。
カムチャッカ半島北部のさざ波雲の出現と、本日の広範囲なサハリンの大気重力波の発生は気になります。

カムチャッカ半島東岸で、9/5:M6.3、9/7:M5.5&M4.8&M5.2&M4.6の活発な地震活動が発生。
上記8/25のカムチャッカ半島北部の大気重力波からさざ波雲の対応地震と推察する。

しかし、8/26のサハリンからロシア対岸の内陸部まで、広範囲の大気重力波に続き、
9/11には、きわめて大きな前兆が発生。ぜひ、衛星写真をご覧ください。

北海道稚内電離層観測点の7/28の大きな異常
7/29、8/1、8/7、8/17と報告しましたが、fxEs:スポラディックE層臨界周波数、fof2:F2層臨界周波数が異常に高い。
この状態が、1か月以上ほぼ毎日連続しています。


東北から北海道太平洋側(特に、青森県下北沖):M7(M7.5)
この前兆は極めて長いのですが、
千島列島で、巨大地震が発生すると、北海道太平洋側から三陸沖で、少し時間を置いて連鎖して大きな地震が発生することもあります。


●観測者仲間の観測、観察:9/11

○青森県八戸市
クリップ2連、水位低め
ドアベル磁力低下中
鈴落下装置変化無


○宮崎県中部内陸部:ラドンS報告
07時  218  19時  215 
23時  218

・16〜17時の間、リビングやキッチンの電気が頻繁にチカチカする。
・鈴落下中


★★
9/3&9/4と、本サイト宮崎県中部内陸部の大気中ラドン濃度異変を報告しました。
1、2016/6/19-6/28:最高濃度238ベクレル
2、2016/8/5-8/12:最高濃度202ベクレル
3、2016/8/19-8/26:最高濃度148ベクレル
4、2016/8/31-9/11(継続中):最高濃度353ベクレル

4回目の濃度上昇の規模が大きく、未だ継続中です。

本観測点の西:日奈久断層帯の南西区間;熊本県天草、八代方面又は布田川断層帯:宇土区間
本観測点の東:日向灘、薩摩半島西方沖方面
本観測点の北東:安芸灘〜伊予灘〜豊後水道

3か所の可能性があります。
未だ、前兆継続中。収束せず。

No.8077 20160911報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月11日 (日) 06時13分 [返信]

◎房総沖巨大地震モニタリング:9/6追記2

今後は、震源のさらに詳細な絞り込みや、巨大地震発生時期の絞り込みを行っていきます。

本サイト空の掲示板
No.39985 9月10日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号

午前10時45分頃、135度〜150度方位で、光環虹と波状雲が伴った宏観現象が見られました。
方角的には、伊豆諸島の青ヶ島から鳥島方向です。

【彩雲の中の波状雲がよく分かりますね。】


8/29以降で、第二回目の、前兆。
伊豆諸島の青ヶ島から鳥島:前兆1回目


●観測者仲間の観測、観察:9/10

○宮崎県北部沿岸部
姿を消していた猫が昨日1匹、今朝3匹戻ってきました。 お騒がせしました。

○青森県八戸市
クリップ2連、水位低め
ドアベル磁力低下
鈴落下装置変化無し

ラドン濃度の大幅な動きと磁力低下が気になります。


青森県八戸で、水位低下と磁力低下
未だ、前兆継続中。

No.8078 測定器 投稿者:藤枝市   投稿日:2016年09月11日 (日) 23時17分

ラドン測定器ですが、みなさんどのような物で、測定しているのてしょうか。
扱いが安易ならば測定を試みようと思っています。

No.8080 お返事 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月12日 (月) 06時17分

もしよければ、
本サイトトップ
http://www.tochiginokenkyusha.com/index.html

コンタクトからご連絡いただけないでしょうか。

ご相談があります。

No.8076 20160910報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月10日 (土) 05時52分 [返信]

●本サイト静岡市大気イオン濃度観測の異常値と本サイト山梨県鳴沢村大気中ラドン濃度の異常

本サイト静岡市大気イオン濃度観測プラスイオンの+3σ以上の異常値は、
8/17、8/19、8/21、8/22、8/25、8/29、8/30、9/5、9/6、9/7、9/9となり、
最近3週間で、11回もの異常値を観測した。

特に、9/9は、3800カウント:+8σのウルトラ異常値です。

最近10年間。同じ静岡市で、同じ観測機器、同じ観測方法で、観測された実績を
調べてみました。

10年間で、2度、プラスイオン3800カウント以上の異常値がありました。

○2012/1/6:プラスイオン4000カウント

対応地震
2012/1/23:福島県沖:M5.1:最大震度5弱
2012/1/28:山梨県東部・富士五湖:M5.4最大震度5弱
2012/2/8:佐渡付近:M5.7:最大震度5強


○2009/11/14:プラスイオン:4000カウント
対応地震
2009/12/17-12/20:伊豆半島東方沖群発地震:最大M5.1:最大震度5弱

上記2回のウルトラ異常値の観測後、凡そ1か月以内に、静岡市周辺で、活発な地震活動がみられた。
山梨県東部・富士五湖地震と伊豆半島東方沖群発地震。


そのため、再度、本サイトの静岡市観測点周辺の異常を再度、調べなおした。
本サイト山梨県鳴沢村大気中ラドン濃度の異変です。

本サイト山梨県鳴沢村大気中ラドン濃度の凡そ5年間の観測値の変動を 図2016091001に示した。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/narusawa5data.jpg

+3σ以上の異常値を最近2回観測。
6/15:42ベクレル;過去5年間の最高値
8/29:37ベクレル

グラフで見ると、6/15の最高濃度を頂点に、減衰しています。
大きな異変です。

今回の対応地震が、
本州の中心;富士山周辺で発生するのか、
昨日も報告した東北から北海道太平洋側(特に、青森県下北沖):M7(M7.5)クラスの地震であるのか
房総沖巨大地震モニタリング:9/6で報告した、8/29以降の本格的な巨大地震へのステップなのか

3つのうちの一つですが、大きな異変が始まっているのには、かわりありません。

No.8075 20160909報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月09日 (金) 05時35分 [返信]

●本サイト環境自然などなんでも掲示板
[38733] 日本上空のTEC 9月8日 Name:子牛 New 2016/09/08(木)

○日本上空における最新6日間のTEC値 
9月8日、
全国的に昼に大きく5σ上昇しています。要注意です

○全電子数: 夜に沖縄が高く赤が出ています。

○変動成分: 
夜9時頃〜東北地方にノイズが出始めています。

★★
日本上空のTEC値が+3σ以上、上昇している異常値です。

東北から北海道太平洋側(特に、青森県下北沖):M7(M7.5)クラスの地震に警戒。5/10、5/16報告
この地震前兆が長かったが、収束に近く、最も差し迫った地震です。

首都圏は、昨日報告後、茨城県南部&東京日野市ともに、9/7は異変なく、差し迫った危険はない。


●観測者仲間の観測、観察:9/8

○宮崎県北部沿岸部
この1か月ほど我が家に勝手に居座っていた野良猫4匹が急に姿を消しました。
地震の前兆でなければいいなと家族と話してます。

○ 長野県長野市
もぐりん :底まで潜 行

★★
長野市での異変が続いています。



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板