地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

3718249

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

No.8329 2017216報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年02月16日 (木) 05時22分 [返信]

◎本サイト静岡市観測大気中イオン濃度:2/13の異変:2/23までに対応地震発生:2/14&2/15続報

1,伊豆小笠原方面
予想震源域上空のTEC値

巨大地震:M8以上の地震では、その直前に、震源域上空の電離圏全電子数(TEC)が上昇することが知られています。
2010年チリ地震M8.8、2009年イタリア地震M6.3、2004年スマトラ地震M9.3前でもみられている。

東日本大震災では、Diminitar ouzounov et al(2011)の報告で、
上空の電離層全電子数:GPS/TEC値の増大が最大値となったのは、3/8(東日本大震災の3日前)だった。

今後、2/14報告以上に顕著なTEC値上昇が見られれば、1日以内に報告します。


2,西日本
本サイト島根県東部や熊本県北部観測点の大気中ラドン濃度の大きな異常は、ほぼ収束しています。

2/7に報告したように、
熊本県南部球磨郡観測点のラドン濃度異常も収束。

ラドン:1/30:75ベクレル:+3σ以上の異常値
2/7:22ベクレル:平均値以下
観測期間4ヶ月間の異常が収束したと思われる。

1/20に報告した「20170119熊本上空にさざ波雲と本サイト熊本県北部観測点大気中ラドン濃度」
119熊本上空にさざ波雲から、凡そ1ヶ月経過しました。

211報告で、「2017年1月から、日本周辺の地震活動は静穏、嵐の前の静けさが始まる」と報告。
こうなると、他の地震前兆については、地震発生までは極端に遅延するか、地震規模が小さくなります。

親方に睨まれているような状況になります。

直前前兆につながるような異変を探してますが、九州方面は、公開されている公的なサイトも少なく、
NICTの鹿児島鹿屋電離層観測点も長期間とまっています。

何か大きな異変があれば、報告します。

No.8328 2017215報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年02月15日 (水) 05時10分 [返信]

◎静岡市観測大気中イオン濃度:2/13の異変:2/14続報

震源を検討していきます。

まず、伊豆小笠原諸島方面
1,大気イオン:ラドン観測 地震予知研究:com system 房総清澄山観測点→こちら

http://www.com-system.co.jp/PISCO/Data_kiyozumi/ion_Kiyozumi.html

「清澄測定点の大気イオン測定データでは三角山形の波形が続くと必ず地震が起きているので注意して下さい」
(サイト引用)

2/6,2/7,2/10,2/12,2/13と、上記指摘の「三角山形の波形」が出ています。

2,本サイト環境自然などなんでも掲示板[39547] 2月14日のTEC Map 動画→こちら

http://pass-keijiban.progoo.com/bbs/?pid=pass-keijiban&mode=pr&parent_id=39547

NASA版で、弱い物ですが小笠原付近でボワっと水色になることがありました(動画の15秒付近)。

3,本サイト環境自然などなんでも掲示板[39541] 日本上空のTEC 2月12日

GEONET  準リアルタイムGPS全電子数マップ
全電子数/変動成分12日: 
夜に北海道、東北、関東、伊豆小笠原に強い赤が出ています。


★★
図2017021501に、USGSによるM5以上:期間2016/12/1-2017/2/14の日本周辺の地震活動を示しました。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/usgsmap17215.jpg

伊豆小笠原で、地震活動が止まっています。

北側の北関東と、南側のマリアナで活発な地震活動が見られますので、サンドイッチになって、危険な状態です。

211報告で、「2017年1月から、日本周辺の地震活動は静穏、嵐の前の静けさが始まる」と報告しましたが、
その典型例が、この領域です。

大きな地震活動の前に、力を溜め込むように、一旦、「腰をかがめて、力を蓄えている」ように見えます。
妄想かもしれませんが。

下手すれば、この領域で、予想する超巨大地震M9の前震が起こるのかもしれません。

前震ですと、本震のマグニュードマイナス1−1.5ですので、
M7.5-M8の地震が発生するのかもしれません。

M8に近ければ、大津波警報が出るような津波が心配されます。
日曜日に報告した、ハザードマップによる、津波避難訓練。

お忙しければ、一旦マップを印刷して、地図上に、ご自分の避難経路を赤線でひてみるだけでもいいです。

また、ほかの前兆を調べて、明日以降も報告します。

No.8330 清澄測定点の大気イオン測定データ 投稿者:たろ   投稿日:2017年02月16日 (木) 13時08分

毎日情報ありがとうございます。
清澄測定点の大気イオン測定データの件です。
山形が出ていますねー。

イオンの範囲なのですが、大地震の前兆の場合、広範囲に出るものなのでしょうか?

というのは、もう一つの測定点で「内浦山」があります。清澄と内浦山は4.3kmと近くにあります。
シロウト眼には、これだけ近ければ、同じような山形波形がシンクロするのではないだろうか、と考えたのです。
実際は内浦山は顕著な山形ではないようです。

311の直前はイオン異常があったようですが、あれも広範囲だったのかな〜?

清澄山と内浦山の違いを調べてみました。
清澄山:標高300mの山上
内浦山:標高70m。山と言ってますが、開けた谷間です。

地質
清澄山:清澄層と天津層の堆積岩
内浦山;天津層の堆積岩

また、イオン異常は他の要因でも起こりうるのでしょうか?

No.8327 2017214報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年02月14日 (火) 04時49分 [返信]

◎お詫び
昨日の父島観測点の2/11の異常について、観測者仲間が、気象庁に問い合わせたところ、

「 感度測定なので12日の9時も13日の3時頃も心配ありません 」 との事でした

「 感度測定 」 とは、人工的に電気信号を流して感度を確認する作業。
 このような波形と時は「 感度測定 」 だと思って良いそうです。  メンテナンス情報には載せないようです。

メンテナンス情報もなかったので、てっきり、地震前兆と判断いたしました。
訂正し、お詫びします。


◎静岡市観測大気中イオン濃度:2/13の異変
空気イオン測定器(大気中イオン濃度観測)KEC−900を使用。
マイナスイオン、プラスイオンの数値は、それぞれ1cc当りのイオン個数です

マイナスイオン値:1500
プ ラ ス イオン値:200 +−逆転・複数回観測

★★
通常、空気中のイオンは、プラスイオンのほうが多い。
しかし、マイナスイオンがプラスイオンより多くなる逆転現象が生じる時があります。

地震が近づくと、応力変動・地温変動・地下水変動などにより大地に、電気的な変動が生じると考えられています。
その地電位の変化が起きると、空気中のイオン濃度の比率も変動すると考えています。

2/13に、マイナスイオン値が高くなる逆転現象が発生した。
前回の逆転現象は、2016/12/19でした。

その9日後;12/28に、茨城県北部:M6.3:最大震度6弱が発生(当観測点:震度1)

逆転現象が起きると、凡そ10日以内(2/23まで)に、対応地震(本観測点でも有感となる)が発生すると予想されます。

候補は、前兆がみられる東北;北関東方面、伊豆小笠原方面、紀伊半島沖、富士山周辺です。

ただ、2016/4/16;熊本地震;M7.3;震度7:本観測点震度1の9日前の4/7にも、同じ現象が発生。
本観測点が揺れる地域であれば、反応するようです。

しばらく、それら地域の観測を刮目します。

以上まとめますと、
静岡市観測大気中イオン濃度で、2/13,マイナスイオン値がプラスイオンを上回る逆転現象が観測された。
凡そ2/23までに、対応地震が発生すると、推察される。

前兆がみられる東北;北関東方面、伊豆小笠原方面、紀伊半島沖、富士山周辺注目。
九州周辺の大地震にも反応する。

No.8326 2017213報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年02月13日 (月) 06時02分 [返信]

◎2/11:気象庁地磁気観測小笠原諸島父島観測点:強烈な異常値

2016/12/4の巨大地震モニタリングで、E.M. Takla et al(2013)による報告で、東日本大震災前に、震央に近い
宮城県女川町&福島県南相馬市原町)で、明らかに他の日本の観測点と異なり、

地磁気鉛直分力(Z成分)が異常を示していたことを報告しました。

また、気象庁地磁気観測小笠原諸島父島観測点では、2016年9月以降、明らかに、
地磁気鉛直分力(Z成分)が高くなり、現在もその傾向は続いています。

2017/2/11、ウルトラ異常が、小笠原諸島父島観測点で観測されました。
日本の他の地磁気観測点:北海道女満別、茨城県柿岡、鹿児島県鹿屋の2/11のデータとともに、
図2017021301に、示しました。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/chihijima17211.jpg

父島観測所のみで、2/11:9時(UTC)、日本時18時ごろ、一時的に、大きな変動がみられました。
右図に、地磁気4成分値の中の、鉛直分力と全磁力の2/11の日変化を示した。

鉛直分力で、父島のみが際立った異常を示しました。

このような、父島の鉛直分力日変動異常値は、2016/12/18,同12/19,12/21に観測され、
日変動は、それぞれ、325.6,321.4,288.8nTだった。

2017/2/11のその異常値は、281nTだった。

2016年12月の異常値観測後、南太平洋方面で、2017/1/22までに、11回のM6以上の地震を観測。
最大は、2017/1/22の、パプアニューギニアのM7.9だった。

以上まとめますと、
2017/2/11、日本の地磁気観測所4箇所の中で、小笠原諸島父島観測点のみで、大きな異常値を一時的に観測した。

前回の父島の異常は、2016/12/18,12/19,12/21で、
その後、南太平洋方面で、大きな地震が連続、一ヶ月後に、最大地震M7.9が発生。

今回も、一ヶ月-2ヶ月後の大きな地震が懸念されます。
伊豆小笠原マリアナ、本州方面もその対象です。予想する巨大地震の前兆の一部かもしれません。



◎観測者仲間の観測観察:2/12

○鹿児島県薩摩地方観測点
NHKとMBC(南日本放送)の主催の「鹿児島防災シンポジウム 巨大地震 その時何が」を聴講してきました。

鹿児島県内の活断層の調査や現状
熊本市副市長による、当時の状況と今後の対策、課題

鹿児島市、鹿児島県におけるM7以上の発生の可能性の活断層等について
南海トラフ、錦江湾直下地震(M7クラス)、桜島噴火時の津波について等の話しで、約3時間ほどでした。

500人以上の来場者で、立ち見も方もいらっしゃったようです。

地震には、発生前の防災減災対策が有効とのこと。

★★
昨日報告の津波防災訓練による防災減災対策。命を守るために、是非オススメします。

また、ご自分のお宅が、ハザードマップで、津波による浸水予想範囲にあり、家が水没するおそれがある場合には、
地震保険に入ると、津波による損害も、全額ではないですが、保証されます。ご検討してみてください。

No.8325 20170212報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年02月12日 (日) 03時39分 [返信]

◎房総沖巨大地震モニタリング:
前回モニタリング:2016/9/6、9/20、10/11、10/15、10/20、10/30、11/20、12/04、12/18、12/23
2017/1/29、2/5実施

●震源域の予想:2017/1/29報告から:震源域の図示→こちら

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/izubonin201722.jpg

予想震源域その1:鳥島東方沖の伊豆小笠原海溝一帯:予想規模M9(仮)
予想震源域その2:八丈島東方沖の伊豆小笠原海溝一帯:予想規模M8.5-M9(仮)

※予想地震規模は、前兆がほぼ終了時に、今まで得られた前兆観測値と地震規模から得られた経験式を用いて、
今回の巨大地震前兆観測値から、予想地震規模を後日、算出します。

◎東京湾の津波と火災の防災:2016/10/30:モニタリングに詳述
◎高層ビルの長周期地震動に警戒:2016/12/6&12/7に詳述

●防災の最大のポイント;巨大津波
この巨大地震による防災の最大のポイントは、津波防災ですので、それを詳述します。

まず、いつも示しております鳥島近海震央で、地震の規模がM8.2-M8.4の巨大地震による津波のシミュレーション→こちら

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/izuogasawaratsunami3.jpg

M8.2-M8.4の鳥島近海地震の場合には、房総半島外房から九州の宮崎まで、3-5mの津波が襲います。
特に、津波の波高が高いのは、四国の太平洋側と和歌山県で、10-13mにも及びます。

もし、発生する地震が、通常のプレート間地震ではなく、アウターライズ地震であった場合には、
九州方面で、津波の波高が、通常のプレート間地震にくらべ、凡そ倍になり、5-8mの津波が、九州太平洋側を襲う。

巨大地震発生時には、大津波警報が、
千葉県外房、伊豆諸島、東京湾、相模湾、静岡県、愛知県外海、三重県南部、和歌山県、徳島県、高知県、大分県南部、
宮崎県沿岸部、種子島・屋久島地方、奄美諸島・トカラ列島に発令されると予想されます。

この津波シミュレーションでは、M8.2-M8.4の鳥島近海地震の想定です。
津波の大きさは地震の大きさ(マグニチュード)と比例し、マグニチュードが 0.3 大きくなると、津波の高さも約 2 倍になります。

つまり、鳥島近海地震が、現在の津波シミュレーションの想定規模より、0.3大きく、M8.5−M8.7であった場合には、
津波の波高が最も高い想定の四国の太平洋側と和歌山県で、20-26mにも及びます。

また、房総から九州の太平洋側の津波の波高も、4-5mの想定から、8−10mの津波の波高になり、
まさしく巨大津波が本州、四国、九州の太平洋側を襲うと想定されます。

東日本大震災:M9.1の超巨大地震では、岩手県三陸で17m、福島県富岡町で21mの津波の波高だった。

また、最も津波が高くまで来ていたのが、岩手県宮古市重茂姉吉地区だった。
海岸から約520メートル離れた斜面の樹木に、津波で流された枝などがひっかかっていた高さが、海面から40.5メートルに達していた。
およそ10階建てビルの高さに相当する。湾の中にあり、津波の高さが増幅されたとみられるという。

このように、M9クラスの超巨大地震では、津波の波高が20mを超えたり、局所的には、その倍の高さにも及んでいることから、
上記鳥島近海地震想定地震規模M8.5-M8.7の、最大津波波高20−26mも、十分に考えられます。


自分の地域の津波ハザードマップを入手してしてください。
その地域の最大津波波高を想定し、津波による浸水予想範囲と避難情報が得られます。

国土交通省ハザードマップポータルサイト→こちら

http://disaportal.gsi.go.jp/

わがまちハザードマップをクリック。災害種別を津波ハザードマップと選択。地図上でお住まいの市町村のハザードマップURLが示されますので、
それをクリックすると、市町村の津波ハザードマップのページが表示されます。

このハザードマップをもとに、いろいろな想定(朝、日中、夜間)で、実際に避難の訓練をすることを、お薦めします。
その際に、知りたいことは、自分が住んでいる地域に、巨大地震発生後、何分後に津波が来るのだろうということです。

津波の伝播速度は、外海では、重力加速度(9.8m/sec²)に水深を乗じた値の平方根にほぼ等しいので、地震の規模に関係ありません。
そのため、過去の地震による津波到達時間が参考になります。

図2017021201を御覧ください。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/tsunami1712.jpg

鳥島近海地震と、八丈島近海地震による、津波の第一波の各地の到達時間が、示されています。
津波到達時間が短い方を基準にしてください。

大雑把にいうと、岩手宮城:70分、福島茨城:50分、房総20分、神奈川三浦半島30分、相模湾伊豆大島20分、伊豆半島30分
静岡県御前崎浜松50分、和歌山県60分、高知県80分、大分宮崎110分、種子島150分
(八丈島東方沖巨大地震の場合には、東北北関東にも津波は到達する)

津波の第一波が、押波ではなく、西日本では引波となるケースも有る。
津波の第一波から最大津波が到達する時間は、八丈島を除き、20-50分後となる。

この時間の間に、最寄りの避難所まで避難し、更に時間がある場合には、より標高が高い避難所まで避難する。
自然災害ですから、想定どおりとは行かず、さらに大きな津波が来ることもある(東日本大震災時でも、想定以上だった)

以上、本日モニタリングは、津波想定とハザードマップ入手、津波到達時間、避難訓練について、報告しました。



地震発生危険度の判定は、
赤▲:「巨大地震発生が迫っています」

最終段階の赤●:巨大地震がもういつ発生してもおかしくないの判定
まだまだ先のようです。2017年3月の可能性がある。

指標としている本サイト愛知県西部観測点と神奈川県西湘観測点の大気中ラドン濃度観測の異常値が未だ収束せず、
地震発生の準備はできていない状況は未だ変わりません。

No.8323 20170211報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年02月11日 (土) 05時42分 [返信]

◎地震活動の静穏化

大きな地震活動の前には、地震活動が静穏化することが知られています。

新妻地質学研究所が算出している「総地震断層面積のプレート運動面積に対する比」
この値が大きいと、地震活動が活発で、小さいと静穏化しています。

2016年12月:0.27
2017年1月:0.05

1月の値は、かなり低く、かなり、地震活動が静穏化していることがわかります。

2014年以降の月別のデータで、地震活動が静穏化している時期を調べますと、

2014年1月:0.08、2014年2月:0.07、2014年4月:0.04→2014/5/5:伊豆大島近海地震M6:最大震度5弱:都心で負傷者15人
2015年1月:0.08、2015年3月:0.07→2015/5/30:小笠原諸島西方沖超深発巨大地震:M8.1
2015年10月:0.07、2015年12月:0.03、2016年3月:0.03→2016/4/16:熊本地震:M7.3

このように、複数月:比率が0.1以下になると、その後に、巨大地震や被害地震が発生していることがわかります。
2017年2月も、現在まで、地震活動の静穏化は、継続しています。

不思議な事ですが、このように、被害地震が差し迫っていると、前兆があっても、地震発生は大きく遅延したり、規模が小さくなります。
あとで、まとめて、やってきます。


時間があるときに、新妻地質学研究所の「総地震断層面積のプレート運動面積に対する比」を
2011年1月以降の毎月のデータをグラフ化して、示したいと思います。

なお、東日本大震災前ですが、2011年1月:0.22(日本海溝:0.07)、2011年2月:0.24でした。
東日本大震災が発生した日本海溝で、2011年1月に、0.07と、地震活動は静穏化しています。

No.8324 強震モニタ地中も静寂気味?太平洋接点千葉などを除き 投稿者:浜松そだち   投稿日:2017年02月11日 (土) 12時02分

震災が起きるような大地震のまえは前兆が繰り越されるというお話 すごく納得できました。

最近モニタを見てても地表で動きが鈍い時間帯が多くイレギュラーな動きだったと思われる赤か朱色点灯の岐阜市周辺(2/8 15:25ごろと2/9 10:18ごろ)東海地方では三重県で赤黒い夕焼けちかくの空が目撃されてはいますが今のところ地震はありません

それから先日太平洋広域において出現した雲について疑問におもっている方に南海トラフと琉球海溝に大気重力波。。と知らせてあげましたが
こちらの掲示板の告知は頼りにしてるのに、できませんでした
その掲示板には多少早計な人もみえ「地震に備えるための掲示板」のデーター提供されている お仲間のみなさんの地道で控えめな研究もぶしつけな行為でお邪魔になってしまうのではという懸念や
(地震学者の村井教授でも発表する際は反対勢力の電話妨害に遭うそうです)
ハングル脳で日本語を操る外国人の不作法さで正直な真実が侵されている現実を危惧し
直接の知人にしか地震に備えるのにとても勉強になるよいサイトがあると告知していないことをお伝えしたかった次第です
(右翼と同じマスメディアのドン電通も在日企業だから起きる妨害なのでしょうか)
大地震〜?の影響や懸念から体調が不調になりがちの方もみえるでしょうが本番はまだなのでみなさん頑張りましょう!


No.8322 20170210報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年02月10日 (金) 04時39分 [返信]

◎東北(内陸部含む):北海道太平洋側、地震に注意
2/7-2/8に、
本サイト青森八戸観測点の磁力低下収束や静岡市観測の大気中イオン濃度観測異常値から
東北方面、地震に注意と報告しました。

2016/12/11から2017/2/8まで、継続していた、静岡県函南町月光天文台のFM山形新庄局の地震エコー観測。
凡そ2ヶ月継続していましたが、2/9には、ほぼ収束。

収束後、20時間-9日間の間に、対応地震が発生してきた。

震度5以上の地震に警戒:2/18まで。


◎観測者仲間の観測観察:2/9
○熊本県南部球磨郡 :鈴落下装置
朝起きると、(磁力が強い)3鈴が落下しているのに気付く。試すとすぐに復活。
・22:36、再度3鈴落下。浮かず。

・1&3鈴落下中。

★★
収束に向かっていたが、再度大きく磁力低下。

No.8320 20170209報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年02月09日 (木) 05時07分 [返信]

【無断転載禁止】
twitterに、そのまま本サイトや掲示板、本サイトメルマガの文章を引用している方がおられます。それも継続しています。

「「本サイトは、掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。
特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。」」
とサイトや掲示板には記載しています。

他の人に内容を紹介したい場合には、
ごく簡単に内容を簡記し、詳細はこちら(本サイトや掲示板のURLのリンク)としてご紹介ください

文章をそのまま転記することは、おやめください。


◎観測者仲間の観測観察:2/8

○富士山北面標高1200m 
山梨県鳴沢村 ラドン濃度

7時 40 ,22時 42
(min 5 , max 42 , avg 20 ,平常値13〜22)

史上最高値タイを記録。

○滋賀県大津市:鈴落下装置
西側「磁石2個」 落下なし。
   「磁石4個」 12/17より落下中。

南側「磁石2個」 落下なし。 
   「磁石4個」 落下なし。

北側「磁石2個」 落下なし。
   「磁石4個」 落下なし。
 
東側       落下なし

★★
○富士山ラドン
2016/6/15に、最高値42ベクレル(+3σ以上の異常値)を観測。
その値に、並ぶ。
本観測点では、凡そ5年間観測していますが、昨年の9月以降、観測値の変動の下限値がきりあがってきています。

日曜日の巨大地震モニタリング。震源域の予想域は、伊豆小笠原諸島の鳥島や八丈島の東方沖です。

モニタリングで、指標にしています本サイト神奈川県西湘観測点大気中ラドン濃度観測。南部フォッサマグナ地域内です。
富士山ラドン観測も同じ南部フォッサマグナ地域です

伊豆・小笠原マリアナ島弧が本州弧に衝突する現場が南部フォッサマグナ地域です。

南部フォッサマグナ地域には摺曲や断層が著しく構築されていますが
それはこのような伊豆小笠原アリアナ島弧の衝突によってひどく圧縮されているためです。日本でも最も複雑な地形です。

この衝突の元であるフイリッピン海プレートの沈み込みが
フォッサマグナで大きく東日本を湾曲させ富士山、箱根の火山活動を生みだしてると考えられています。

○滋賀県大津市:鈴落下装置
西側のみが凡そ50日、鈴が落下し、磁力低下しています。
西日本に、大きな震源の可能性を示唆しています。

No.8318 花 子 @kacchikun1973 投稿者:匿名さん。   投稿日:2017年02月08日 (水) 15時11分 [返信]

Twitterに引用して載せてる方がいらっしゃいます。

No.8321 ありがとうございます 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年02月09日 (木) 05時08分

本日の日報で、警告しました。
続くようですと、また、お知らせください。

No.8317 2017208報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年02月08日 (水) 04時43分 [返信]

◎観測者仲間の観測観察:2/7

○青森県八戸市
クリップ4連、水位正常
ドアベル磁力回復
鈴落下装置変化無し

★★
ドアベル磁力低下 :2/2-2/6連続していましたが、回復。

NICT:北海道稚内観測点fxEs:スポラディックE層臨界周波数
2/6午後から1日間、非常に高い値の連続。

福島から青森周辺、地震に注意。

No.8319 気になりました。 投稿者:くまくま   投稿日:2017年02月08日 (水) 19時29分

こんばんは、いつも拝見しております。いくつか、気になることが重なったので、初めて投稿させて頂きます。
私は岩手県南部に住んでいます。昨日の夕方空高く本当に高い位置でたくさんのカラスが円を描いて飛んでいました。ずっと同じところをグルグルと。その直後たくさんの渡り鳥が北から南へと飛んでいきました。あんなに沢山群れをみたことはありません。そして今朝沢山のスズメがいつも居ない家の前に。私は東日本大震災の時は福島に居ました。その東日本大震災の前にもたくさんのスズメが居て気持ち悪いねと友人と話してました。震災の時は福島に居ましたが、一年も住まずにまた引っ越しして地元に戻ってきたのですが、初めての光景ばかりで、気になりました。



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板