地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。
●複数のハンドルネームを使って、自問自答・荒らしをしないでください。
●マナーが悪い人は、アクセス制限をする場合がありますので、ご了承ください。
携帯用の本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

2675076

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

No.8106 20161003報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年10月03日 (月) 05時56分 [返信]

●震災前に上空「電離圏」で異常 京大分析、地震予測に光
中日新聞:2016/9/30 夕刊

(引用開始)
本震の直前に震源域の上空60キロ以上に存在する電離圏で電子数が異常に増えることが報告されている。
ただし、ジオネットの一つの観測局のデータを用いて解析しているために精度が不十分で、他の地震に適用しようとすると誤差も生じていた。

 グループは、複数の観測局のデータを組み合わせて精度を格段に高める手法を新たに開発した。
新手法を用いると、東日本大震災の前後に周辺で起きたM7クラスの地震についても電離圏の異常を捉えられる例があることを確かめた。

東日本大震災やその前後にあったマグニチュード(M)7・0以上の地震が発生する二十分〜一時間ほど前に、
上空三百キロ付近の「電離圏」で電子の数が増える異常があったことが京都大の梅野健教授(通信工学)のチームの分析で判明し、米専門誌に三十日発表した。

 チームによると、M8・0以上の地震で電離圏の電子数が増えていることは知られていた。
チームの手法は従来法と違い地震後のデータとの比較が不要で、分析速度を上げられれば地震を予測できる可能性がある。

 電離圏は電子が広がる層で、火山活動や太陽表面の爆発現象「太陽フレア」によっても影響を受ける。

 電子の数の測定には既存の衛星利用測位システム(GPS)を使用。従来は一つのGPS観測局のデータを使っていたが、
チームは、数十の観測局の当時のデータについて相関関係を調べた。

すると、M7・0以上の地震の起こる二十分〜一時間ほど前に電子の数が増えていたことが分かった。
これまで分析には地震前後の数値を比べる必要があったが、チームの手法は平常時との差で異常を判別できる。

 梅野教授は「現在はパソコンでの分析に時間がかかるが、将来は地震の警報システムに生かせるのでは」と話している。
(引用終了)

★★
10年ほど前には、地震学者さんは、「地震雲」の存在について、質問されると、
「地震は、地面の現象、雲は空の現象。全く関係ない」といわれてきました。

最近、特に数年、上空60キロ以上に存在する電離圏の総電子数TEC値が、巨大地震前に増加するという報告が増え、
今回は、査読付きのアメリカの専門誌にまで、論文として、報告された。

「大地震や津波が大気重力波等を通して電離圏まで影響を与える」
今後、地震学者さんも、「地震に関連する地圏 −大気圏−電離圏結合」に異論を唱える方も、次第に少なくなるのでしょう。

図2016100301に、上記京都大の梅野健教授らの、東日本大震災発生時の上空の電離層のTEC値の変動を解析した文献の抜粋を示した。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/umeno2016.jpg

図の左側には、地震発生の1時間前から、電離層のTEC値に変化が生じはじめ、
それは、地震発生に、ピークに達していることがわかります。

図の真ん中は、東日本大震災地震発生1時間前、25分前、7分前、4分前の、
日本上空の電離層のTEC値の変化を図にしたものです。

興味深いのは、地震発生25分前には、大震災の震央:三陸沖のみならず、富士山周辺の上空でも、変化がみられ始め、
震災7分前には、一層顕著になります。

事実、大震災4日後の、3/15には、富士山直下で、静県東部地震:M6.4:震度6強が発生しています。
改めて、富士山は、本州の中心なのだと、実感しました。

さらに興味深いのは、富士山上空のみならず、北陸沖から山陰沖の上空や九州の日向灘で、
地震発生7分前から変化がみられます。

図の右には、その震災4分前の日本上空の電離層TEC値の変化を、プレートの境界線まで入れて、別図として
提示してあります。

大震災の震央、富士山、山陰、日向灘付近で、電離層TEC値の変化がみられます。


●10/2:関東観測者仲間の観測観察
○青森県八戸市
クリップ2連、水位正常
ドアベル磁力低下
鈴落下装置変化無し

○埼玉県春日部市
★西玄関の磁石、朝、昼、東に5度程偏角、17時45分頃確認したら、0に気づき、23時頃に再度確認したら、
東に5度程偏角に戻りました。現在も偏角中です。冷蔵庫の壁の磁石、吸盤異常無しです。
・南側のクリップ通常4連。

○千葉県九十九里浜
今年は例年になくモグラが多いそうです。

うちもお薬埋めてますが、
それでも出てきます(通常はこれで出て来ない)。最近、更に活発な気がします。

○若狭湾
河口付近の動物の生態に変化なし。 
相変わらず、 地デジ数局 
特に関西テレビ 午前中は視聴困難なノイズが時々見られ、 一日を通して軽いノイズあり。


★★
青森は、再度磁力低下が生じた。

埼玉春日部の磁石の偏角継続中。
千葉東方沖から房総沖方面のM6ーM7の地震は、まだスタンバイにならず。でも、数日以内です。



No.8105 公助の限界について 投稿者:備えが間に合っていない者です   投稿日:2016年10月03日 (月) 04時52分 [返信]

公助の限界は 何故 発生するのか?

それは 大災害発生時には 公助活動する人々も 

被災者となり 又 その建物も 大きな被害を

受けるからです。

日頃から 公助活動する人々が 幾ら訓練を 重ねて

いても 大災害発生時には ライフラインは 長期間

全てストップした中での災害活動となります。

よって どうしても そこに居る人々での その場での

災害活動をせざるを得ない事となります。

いつ 大災害が発生してもおかしくない今

1人1人が 自助 共助の 必要性を 今一度 考えた上で

その対策を 早急にする時ではないかと 感じてます。

ーー必ず発生する 大災害発生時 に 慌てない為にー

No.8104 1日前プロジェクトについて 投稿者:勉強不足な者です   投稿日:2016年10月02日 (日) 20時11分 [返信]

皆さん 10年以上前から 内閣府でやっている 

1日前プロジェクト って知っていましたか?

私は 恥ずかしながら 10年以上も前から こんな

1日前プロジェクトが あるなんて 全く知りませんでした。

最近知って 本当に 自分の勉強不足を 痛切に感じています。

今回 私と同じ様に 1日前プロジェクトを 初めて

知ったという方は 是非 検索してみては!

体験者の 色々な話が有りますので 減災に向けて

何かの プラスになると 思います。

No.8103 20161002報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年10月02日 (日) 06時11分 [返信]

●本サイト九州宮崎県中部内陸部の異変:

1、大気中ラドン濃度

イ、2016/6/19-6/28:最高濃度238ベクレル
ロ、2016/8/5-8/12:最高濃度202ベクレル
ハ、2016/8/19-8/26:最高濃度148ベクレル
二、2016/8/31-9/21:最高濃度590ベクレル
ホ、2016/9/28-10/1:最高濃度62ベクレル

★★
6/19からほぼ三か月間、断続的に、異変が続き、
2016/8/31-9/21が最も大きく、ピークだった。

次第に収束しつつある。(地震の準備ができつつある)

2、磁石落下装置
9/29
1鈴落下中。4鈴磁力低下中。
・21時、冷蔵庫に紙を10枚挟んでいる磁石が5センチほどずり落ちているのに気付く。

9/30
1鈴落下中、4鈴磁力低下中。
変なことに1と4鈴は東側で磁力低下していますが、西側の2&3鈴は磁力が強まっています。


3、被害地震の可能性
本観測点の西:日奈久断層帯の南西区間;熊本県天草、八代方面又は布田川断層帯:宇土区間
本観測点の東:日向灘、薩摩半島東方沖方面
本観測点の北東:安芸灘〜伊予灘〜豊後水道


「2の東側で磁力低下、西側で磁力が強まっている」
この現象を考えると、東の日向灘方面の地震の可能性もある。

No.8102 20161001報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年10月01日 (土) 06時49分 [返信]

●23日09時14分:関東東方沖 M6.5 震度1:その6

○本サイト空の掲示板
No.40039 9月30日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号

レモンの1階のラドン値がとうとう50bq/m3となりました。
画像を記録として入れて起きます。
9月9日の朝17bq/m3から上昇始め、9月30日で50bq/m3かなり短期間で上昇しているようです。

本日、富山周辺で大気重力波が現れました。新潟日本海から福島方面にも大気重力波が見られました。

また、昨日同様に、関東に断層雲と大気重力波が発生。
房総半島南部沖には、彩雲が見られます。

★★
○房総半島南部沖から八丈島東方沖の9/30の現象は大きかった。
衛星画像の代表です。→こちら

http://bbs3.sekkaku.net/bbs/upfile/ikaseinoti--1475245788-800-676-528.jpg

観測者仲間の観測観察:9/30

埼玉県春日部市 9/30
・西玄関の磁石、東に5度程偏角中


○愛知県西部大気中ラドン濃度:レモンさん2号機:過去最高値
観測開始:2014/12/21:レモンさんご自宅1階

観測期間:1年9カ月間
+3σ=39ベクレルですから、異常値です。

レモンさん在住の地域は、本州の中心です。

東日本大震災時には、2号機ではなく、1号機でしたが、

2010/11/15:震災前の最高濃度;91ベクレルを観測。異常値でした。

退官された北海道大学森谷武男博士の地震エコー観測と
東北地方太平洋沖地震の震央;三陸沖に近い、福島市(福島医科大学)の大気中ラドン濃度観測。
どちらも、2010年6月〜2010年12月初旬まで、凡そ6カ月間、異常値を観測。

福島市(福島医科大学)の大気中ラドン濃度とレモンさんの愛知県西部のラドン濃度変動は、ほぼ同じでした。

今回は、どこをとらえているか。
今後の推移から、判断できるのではないでしょうか。

No.8101 20160930報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月30日 (金) 05時21分 [返信]

●23日09時14分:関東東方沖 M6.5 震度1:その5
○本サイト空の掲示板
No.40035 9月29日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号

衛星画像からは、房総半島南部沖からさざ波雲と沸き立つ帯状雲が見られた。
おそらく×印付近が震源領域か。九十九里浜沖合か。
東北も、震えているような縦状の筋雲が見られる。
北海道浦河沖合いに断層状亀裂雲がハッキリと見られます。

★★
9/27には、三重会合点の北側の地震:M7クラスを想定しましたが、
9/29の衛星画像からレモンさんが判断した、震源領域。

千葉県東方沖です。
最近の千葉県東方沖から銚子沖の地震は、M6クラスです。

代表例が、
2011/4/12:千葉県東方沖:M6.4:最大震度5弱
千葉県旭市:震度5弱。千葉茨城:震度4、都心:震度3

2012/3/14:千葉県東方沖:M6.1:最大震度5強
茨城県神栖市&千葉県銚子市:震度5強、千葉県旭市&茨城県日立市:震度5弱、茨城&栃木&千葉:震度4、都心:震度3

該当する震度から、一段階上の震度を想定して、揺れに対する防災をお勧めします。

また、
9/28秋田・岩手付近に、未完成さざ波雲と彩雲
9・29北海道浦河沖合いに断層状亀裂雲がハッキリと見られます。

両者併せ考えますと、北海道浦河沖から青森下北半島沖で、強い地震が発生し、北海道から北東北で、強く揺れることが推察されます
に続き、

○9/29:関東観測者仲間の観測観察
茨城県南部
5時:電磁波計振り切れ

千葉県銚子市
23時間で ラドンが8Bq の上昇。
鈴は落ちていません

東京葛飾
昨日、直下型北が中規模の磁力低下でしたが、
今日は急に磁力強まり終息。
これで直下型全方位が終息スタンバイとなりました。

関東内陸、揺れそうです。

★★
房総半島沖:さざ波雲と沸き立つ帯状雲が発生した9/29
発生位置に近い千葉県銚子市 で、本観測点で+2σに近い、大幅なラドン上昇と茨城県南部 で、電磁波計の振り切れが発生した。

昨日報告した
茨城県南部2観測点の異変、埼玉県春日部市の異変に続く、東京日野市観測点の異変につづき、千葉県銚子市 、東京葛飾も加わり、
首都圏で5件の前兆が発生した。


○九州宮崎県中部内陸部観測点の磁力低下継続中
1鈴落下中。4鈴磁力低下中。
・21時、冷蔵庫に紙を10枚挟んでいる磁石が5センチほどずり落ちているのに気付く。

★★
さらに、冷蔵庫に紙を10枚挟んでいる磁石のずり下がりが、9/29に発生した。

No.8100 20160929報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月29日 (木) 05時58分 [返信]

●9/28:鳥取県中部地震
9/26に続き、9/28も、三回の有感地震となった。
鳥取県中部有感地震は、8/20、8/21、8/24、8/30、8/31、9/26、9/28と続いています。

本サイト島根県東部&山口県西部大気中ラドン濃度異常を
8/11&8/14&8/18日報で、山陰地方の地震活動を詳述し、

島根県東部&鳥取県大山付近
安芸灘〜伊予灘〜豊後水道で、

被害地震が発生する可能性があると報告しました。

最近の観測値です。
本サイト中国地方の大気中ラドン濃度観測
島根県東部:9/10:103ベクレル、9/28:77ベクレル
岡山県倉敷市:9/26以降、203-206ベクレル

岡山の観測を中心に異常が続いています。


鳥取県中部では、1983/10/31:1時51分;M6.3の地震が発生し、その3分後に、M5.9の地震が発生しました。
負傷者 13 名、倉吉市東庁舎(鉄筋コンクリート3階建)柱に剪断破壊、家屋一部損壊689棟

図2016092901の図の左側に西暦880年以降の山陰地方の被害地震を示しています。
11回の被害地震が発生しています。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/sanin16929.jpg

西田良平(2007)、山陰地域の地震活動、
鳥取大学工学部研究報告第38巻P25-P39

本報告の鳥取東部中部の地震活動についてです。
(引用開始)
鳥取県東部・中部地域で、1943 年の鳥取地震は忘れることはできない。

1,000 人以上の人が亡くなり、鳥取市に壊滅的な破壊を及ぼしている。
この災害の再来を防ぐことは、後世の人々に対する今の我々の任務でもある。

この地域では江戸時代に鳥取県中部地域に被害地震が発生していることは、
”地震は再来する”との言葉通りの結果を示している。

ここで注目すべき点は、地震活動が連続する発生パターンである。

江戸時代の地震では1710 年(宝永8 年)10月3日にマグニチュード6.5 の地震が起こり、
約5 カ月半後の翌年の3月19 日に6.0 の地震があった。

1943年の地震は3 月3 日と4 日にマグニチュード6 以上の地震活動があり、
約半年後にマグニチュード7.2 の鳥取地震が発生している。

江戸時代の時は活動が北から南へと移動しているのに対して、
鳥取地震の時は3月の活動は鳥取市から東側に余震が集中的に発生し、

9月の時は主な余震は鳥取市から西側の地域、特に鳥取県中部に多く発生している。

又、鳥取地震から約40年後の1983年10月31日に
マグニチュード6.2 の鳥取県中部の地震が発生している。

これはこの地域の地下に蓄積される地震エネルギーが6クラスの地震であれば、
いつでも発生する可能性を秘めていることを我々に再認識させた
(引用終了)

上記のように、鳥取では、地震活動が移動する傾向があるので、

図2016092901の右図には、1943年の鳥取地震から,2000/10/6の鳥取県西部地震の
地震活動の移動を示しています。

1943年:鳥取地震
1983年;鳥取中部地震
1985年:大山の地震
1992年:島根県東部地震
2000年:鳥取県西部地震

島根県東部&鳥取県大山付近は、地震活動空白域で、ひずみが蓄積されている地域です。
上記のように、1983年の鳥取中部地震の2年後には、大山の地震が続き、他に比べ、間隔は短いです。

また、図2016092901の左図の過去の被害地震の位置でわかるように、
1983年鳥取中部地震と、1711年岡山島根県境の正徳の地震:M6.8の位置も近い。

この地震で、「鳥取県大山で山崩れ、現在の鳥取県で死者4人の被害が生じ、岡山県内でも家屋の全潰118棟などの被害がありました。鳥取地震の起り方に似ている」

上記のように、本サイト岡山県倉敷市:9/26以降、203-206ベクレルの異常値もあるので、
1711年岡山島根県境の正徳の地震の再来も気がかりです。


まとめますと、
鳥取県中部有感地震は、8/20、8/21、8/24、8/30、8/31、9/26、9/28と続いている。
本サイトの 島根県東部と岡山県倉敷市で、大気中ラドン濃度の異常が続いている。

特に、岡山県倉敷市で9/26以降、203-206ベクレル。

1943年の鳥取地震から,2000/10/6の鳥取県西部地震まで、活発な地震活動の地域に移動がみられます。

1983年;鳥取中部地震と1985年:大山の地震では、間隔も短い。
1983年;鳥取中部地震と、1711年岡山島根県境の正徳の地震、1985年:大山の地震が地理的にちかい

島根県東部&鳥取県大山付近は、地震活動空白域だが、
特に、鳥取県大山付近が注目される。

地震発生時期は、本サイトの 島根県東部と岡山県倉敷市で、大気中ラドン濃度の異常が収束してからと推察します。
山陰の地震は震源が浅く、揺れやすいので、揺れに対する、防災を進めましょう。


●観測者仲間の観測、観察:9/28
昨日報告と、ほぼ同じですが、

東京日野市観測点で、久しぶりに
直下型/クリップ落下。
直ちに復旧

※9/7の茨城県南部:M4.9:最大震度4の前日以来です。

昨日報告の茨城県南部2観測点の異変、埼玉県春日部市の異変に続く、東京日野市観測点の異変です。


No.8099 自助、共助の必要性についての 投稿者:備えが間に合っていない者です   投稿日:2016年09月29日 (木) 05時56分 [返信]

昨日 9月28日内閣府が公表した 防災情報の映像が視聴

出来ます。 1度 内閣府防災情報ページで 検索してみ

ては!

何かの参考になるかと思います。

No.8098 20160928報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月28日 (水) 06時01分 [返信]

●観測者仲間の観測、観察:9/27

○埼玉県春日部市

・西玄関の磁石、東に5度程偏角中
★南側のクリップ通常4連にもどりました。久しぶりです。
・すず落下装置、異常無し。

○滋賀大津市北部
鈴落下装置
西側「磁石2個」 落下なし。
  「磁石4個」 落下なし。
      

南側「磁石2個」 8/2より 落下中。

  「磁石4個」 こちらは落下なし。

北側「磁石2個」 7/14より落下中。  
  「磁石4個」 8/26より落下中でしたが、9/8復活。9/9より再度落下中。
本日9/27に復活しました。


○石川南加賀
夕日の沈む西は断層雲と濃いオレンジでした。

○宮崎県中部内陸部

・ピンク色の朝焼けあり。
・1鈴落下中、4鈴磁力低下中

★★

埼玉県春日部市の報告は、9/23にまとめてありますが、
9/27も、磁石、東に5度程偏角中。

23日:関東東方沖 M6.5の前と同じ。
ただ、南側のクリップの磁力回復は、久しぶりだった。

昨日報告の、茨城県南部の2観測点の異変、埼玉県春日部市の異変、
合わせて、3件の異変。


関東東方沖のM7クラスの地震、念のため、茨城沖、福島沖方面も警戒。


○滋賀県大津市の鈴落下装置の北指向の磁力低下
8/26-9/26までの凡そ1か月間続きました。

本サイト空の掲示板で、レモンさんが、9/15&9/16&9/19と、若狭湾方面の大気重力波発生を報告された。
これらと関係するものと思われます。

本サイト石川県南加賀地方の大気中ラドン濃度で、軽度の異変はあるものの、大きな異変はない。
地震が発生しても、中規模程度かと推察します。


○宮崎県中部内陸部の磁力低下が継続中

No.8097 20160927報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年09月27日 (火) 06時03分 [返信]

●沖縄本島近海地震

○地震の概要
発生日時:9月26日14時19分
マグニチュード 5.6
場所および深さ:沖縄本島近海、深さ44km
震度:沖永良部島の鹿児島県知名町(ちなちょう)で震度5弱を観測したほか、鹿児島県から沖縄県にかけて震度4〜1を観測しました。

1923年1月以降の周辺の地震活動を見ますと、
1938/6/16:M6.9、1995/10/18:M6.9が発生し、この両者の地震が最大規模の地震だった。

○前兆
本サイトの沖縄本島那覇市の大気中ラドン濃度観測開始は、2016/8/10で、本日まで、凡そ50日間の観測です。
観測値の変動を、図2016092701に示した。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/naharadon2016813926.jpg

8/19:49ベクレルを観測してから、ラドン濃度上昇。
8/28-9/1:56-58ベクレルを観測。

その後、減衰し、9/17には、18ベクレルとなる。

地震発生は、その10日後だった。
本日夜の観測では、16ベクレルで、観測開始以来の最低値となる。

観測期間がまだ浅いのですが、今回の濃度変動と地震発生を解析すると、
今後の沖縄周辺の大きな地震活動の前兆把握ができると期待できます。


●23日09時14分:関東東方沖 M6.5 震度1:その4

1、本サイト環境自然などなんでも掲示板
[38834] 磁力の低下 Name:茨城沿岸ケイ New 2016/09/26(月) 10:45 

今朝5時頃 (茨城県鉾田市)自宅東側の磁石が2cm位ずり下がっていました。
強力磁石で厚紙を挟んでいます。
設置して4年経ちますが、これほど下がったことはありません。

2、本サイト茨城県南部観測点:9/26
22時:電磁波計振り切れ

★★
茨城県南部の上記の2観測点の9/26の異常。
たいへん気がかりです。

2、神奈川県相模原市植物生体電位観測:2016/9/21-9/27
観測値の変動を、図2016092702に示した。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/sagamiharaTBP2016921.jpg

23日09時14分:関東東方沖 M6.5 の地震をとらえているように思われる。
その後、植物生体電位の変動は、さらに大きくなり、現時刻も継続中。

3、今後
房総沖巨大地震モニタリングは、9/6、9/20に行いましたが、

巨大地震を俯瞰できる指標は
8/29-9/27まで、30日間継続中。9/19から、さらに大きなウルトラ異常となる。

こちらは、未だ、最も激しい前兆まっっただ中で、未だ収束せず。地震発生の準備はできていません。

一方、現時点では、
関東東方沖 :三重会合点北側の地震が、上記の観測結果により、9/23より、大きくなる可能性があります。

9/23にも報告しましたが、三重会合点の北側の地震で、大きな地震は何といっても、1953年房総沖地震です。
地震の規模: マグニチュード7.4

各地の震度: 千葉県 震度5 東京千代田区大手町:震度4

地震発生:11月26日2時49分

津波: 地震発生15分後の午前3時4分に千葉,茨城,神奈川,静岡に大津波警報を発令するが
「発震時間が干潮のため(中央気象庁地震課長談)」津波は小さかった。

千葉県銚子市 3メートル
千葉県勝浦市 1メートル80センチ
千葉県館山市富崎 1メートル50センチ(午前4時40分)
茨城県那珂湊町 80センチ
静岡県下田町 30センチ

このように、揺れは、最大でも、震度5程度ですが、問題は津波。
上記記載通り、1953年房総沖地震では、発震時間が干潮のため、津波は小さかった。

津波防災だけは必須です。


●9/26;鳥取県中部地震

震度は2で小さかったが、鳥取県中部有感地震は、8/20、8/21、8/24、8/30、8/31、9/26と続いています。

本サイト島根県東部&山口県西部大気中ラドン濃度異常を
8/11&8/14&8/18日報で、山陰地方の地震活動を詳述し、

島根県東部&鳥取県大山付近
安芸灘〜伊予灘〜豊後水道で、

被害地震が発生する可能性があると報告しました。

大気中ラドン濃度観測
島根県東部観測点:9/26:75ベクレル。

9/11から観測開始した、隣県の岡山県倉敷市観測点
9/25:198ベクレル
9/26:203ベクレル

大きな異常値を観測しました。

島根県東部のみならず、岡山県倉敷市観測点でも、異変がみられます。

また、報告します。


●観測者仲間の観測、観察:9/26
○東京葛飾
直下型も水平型も全体的に磁力回復しました。
直下型は磁力回復で終息。スタンバイのようです。

南側は、直下型,水平型ブックスタンド,冷蔵庫磁石など、昨日は中規模の磁力低下していましたが一日で回復しました。

○宮崎県中部内陸部
1鈴落下中、4鈴磁力低下中

★★
宮崎県中部内陸部の磁力低下が継続中



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板