地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。
●複数のハンドルネームを使って、自問自答・荒らしをしないでください。
●マナーが悪い人は、アクセス制限をする場合がありますので、ご了承ください。
携帯用の本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

2898886

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

No.8184 20161117報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年11月17日 (木) 05時50分 [返信]

◎本サイト空の掲示板No.40258 11月16日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号

衛星画像からは、東北の内陸部に大気重力波が見られます。
また、それと同時に房総半島南東沖にも大気重力波が発生。

一部、さざ波雲手前の整列雲が八丈島東方沖に現れています。
山陰沖には、45度方角に大気重力波が現れています。その対称が房総半島南東沖に感じられます。

★★
東北、房総半島南東沖(八丈島含む)、山陰
三か所で、11/16には、衛星画像で、前兆がみられた。

山陰方面、九州方面は、今のところ大きな動きなし。

浜松沖遠州灘は、近郊のノイズ観測で、異変が起きたら、また報告します。
この地域は、地震空白域となっており、東南海地震の想定震源域となっている地域だけに、気を使います。

2011年8月12日、遠州灘(北緯34.4度、東経138.2度)を震源とするM5.2、最大震度2の地震が発生しました。

気象庁は地震発生当初は、震源の深さは14km以下で、プレート境界または境界付近のプレート内にて発生し、想定東海地震と同様のメカニズムで発生した可能性が高いと発表したが、
防災科学技術研究所は、断層面の傾きがプレートの沈み込みの角度と違うことから、プレート境界型地震ではなく東海地震とは異なるとの見解を発表した。

想定東海地震の震源域の中でも、遠州灘付近におけるM5クラスの地震の発生は、1997年10月11日のプレート内の地震以来だった。


◎本サイト観測者仲間の観測観察:11/16

○東京葛飾区 磁石落下装置

直下型南が、2個落下しました。
夜の観測のクリップ交換で再び5連に戻りました。

他は落下なし。

直下型東,西,南,北すべて5連で終息スタンバイ状態です。

トイレ水位、今日は回復し 変化なしです。

微震動あります。
クラクラ体感もあり。

★★
○首都圏の異変:10/24&10/25&10/26&10/30の続き
「「11/7までに、首都圏:震度4以上の地震に注意:千葉県東方沖から房総沖」」
(震災クラスではない)

その後、本サイト千葉県香取観測点大気中ラドン濃度
11/6-11/12:+3σ以上の異常値
その後、収束。収束後、5日経過。

やはり、「「震度4以上の地震に注意:千葉県東方沖から房総沖」」
(震災クラスではない)

No.8183 20161116報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年11月16日 (水) 06時02分 [返信]

◎北海道上空の電離層の異変

○本サイト環境自然などなんでも掲示板

[39124] 11月14日のTEC Map 動画
オーストラリア版で、北海道付近が少し高くなる事が何度かありました。

[39126] 11月15日のTEC Map 動画
本日も、オーストラリア版で、北海道付近が少し高くなる事が数回ありました。

○NICT北海道稚内電離層観測点
fxEs:スポラディックE層臨界周波数:11/15 23:45:21.2MHzまで上昇。
かなり高い値の異常値です。

★★
「「東北から北海道太平洋側:M7(M7.5)地震に警戒。
特に、根室半島から千島列島南部方面」」::最近では、10/26&10/27&10/31報告

かなり長い前兆ですが、長い前兆の後には、大きな地震が発生することが多い。


◎静岡県浜松沖:遠州灘の異変の終息:11/15報告続報

昨日報告した本サイト愛知県東部観測点の磁石落下装置。
11/15もまだ、不安定に、クリップが落ちたり、くっつたりしていますので、

もう少し、スタンバイまでに時間がかかるかもしれません。
しかし、スタンバイに近いです。

夕方までに変化があれば、臨時に報告します。

No.8182 20161115報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年11月15日 (火) 05時26分 [返信]

◎2016/10/21:鳥取県中部:M6.6 震度6弱:その25:モニタリング

○本サイト大気中ラドン濃度観測

島根県東部観測点:11/14:60ベクレル
岡山県倉敷市観測点:11/14:18ベクレル
熊本県北部:11/13:40ベクレル(11/1:14ベクレル)

○ 九州福岡市:「トチローの地震と電磁波教室」
99KHz A:福岡市の南北方向から到来するノイズ成分

2005/3/20:福岡県西方沖地震:M7:最大震度6弱の4−5日前に比べた、
1日の平均ノイズレベル:

福岡県西方沖地震の2−3日前のノイズレベルを1とすると、
0.5程度

○過去24時間の熊本大分福岡豊後水道、伊予灘周辺の地震活動
((九州大学地震火山観測研究センターの九州の地震活動根拠))は、

北九州なし
416熊本地震余震;西側の余震のみ

★★
以上まとめると、
ラドンは、
鳥取県中部地震発生前に、大きな異変を示した岡山県倉敷市観測点のラドン再度の上昇はない
島根県東部観測点では、11/2:95ベクレル観測後、やや減衰している。
熊本県北部観測点では、未だ大きくリバウンド中。

九州福岡市電磁波ノイズは小康状態。
九州の最近24時間の地震も、静穏です。


◎静岡県浜松沖:遠州灘の異変の終息。

○異変の始まり:10/18報告
遠州灘に半波紋状雲10/17と、Alexey Lyubushin氏の研究報告
図2016101301として示します。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/hamanakooki.jpg

2015.03.03 -2016.08.14:の凡そ1年半の日本の1312箇所のGPS基地局のデータを解析したものです。
遠州灘で、地震の危険性があるとまとめられています。

まさにその位置で、10/17、半波紋状雲がみられ、中心部から沸き立つような雲がみられます。

○遠州灘近隣の静岡県浜松市観測点:大気中ラドン濃度の異変と収束

11/7-11/13(6日間)、+3σを超える異常値を観測。
11/14夜に急落

○本サイト愛知県東部観測点の異変と収束
・方位磁石
朝/夜:0度
(10/24日以来、21日ぶりに「0度」となりました。)

・クリップ落下装置(通常4連)
南東側 (10/30~)−1〈16日目〉
北西側 (10/7~)−1〈29日目〉→(9:15)± 0
☆北西側のクリップが、やや1ヶ月程で通常の4連に戻りました。

「11/7北西側の鈴が、2013年10月25日観測を始めて以来
クリップが初めて−2になり、直ぐに−1になりました。
当地において、一時的ですが磁力が弱まったようです。」
報告の4日後、
愛知県近辺において 立て続けに
11/11伊勢湾M4.8、紀伊半島南東沖M4.1、浜名湖付近M2.5
東海地方南方はるか沖M2.6が発生しました。

★★
以上まとめますと、
10/17:遠州灘で、衛星画像から、半波紋状雲がみられ、中心部から沸き立つような雲がみられた。
この遠州灘
Alexey Lyubushin氏の研究報告で、最近凡そ1年半の日本の1312箇所のGPS基地局のデータを解析し、
遠州灘で、地震の危険性があると指摘されている。

遠州灘近隣の静岡県浜松市観測点の大気中ラドン濃度。
11/7-11/13(6日間)、+3σを超える異常値を観測。11/14夜に収束。

11/14:
近郊の愛知県東部観測点
クリップ落下装置における磁力低下が凡そ1か月ぶりに元に戻った。

これらのことから、M6クラスの強い地震の恐れが遠州灘にあります。
陸域に近いために、浜松周辺で強く揺れる恐れがある。

ただし、今回の前兆では、
静岡県浜松市観測点の大気中ラドン濃度異変の期間は短く、M8以上の巨大地震ではない。

昨日報告した
11/13ニュージーランド南島:M7.8と同じ地震規模の地震は、2009/7/15:南島:M7.8の地震が発生した。
その25日後、
2009/8/9:東海道南方沖M6.8、8/11駿河湾M6.5、8/13八丈島東方沖M6.6が発生した。

これと同じ現象:東海沖から伊豆諸島方面の大きな地震の連鎖が数日単位ではなく、
数か月単位で、始まりそうです。

No.8181 20161114報告夜 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年11月14日 (月) 18時30分 [返信]

◎2016/10/21:鳥取県中部:M6.6 震度6弱:その24:モニタリング

11/13は、
大きな変化はなく、ノイズも少ない。

2016/11/11付 西日本新聞朝刊
(引用開始)
熊本市は10日、同市南区富合町の富合東部水源地の井戸水に、茶色の濁りが発生したと発表した。
給水先の約1700戸に飲料水や風呂水として使わないよう呼び掛け、給水車を出した。

熊本地震の影響で取水井(取水用の井戸)の壁面が破損している可能性があるとみて、内部を詳しく調べる方針。

熊本市の水道は4月14日の前震、同16日の本震で水源地の取水井96本全てが濁ったが、3日後には解消した。
当時、富合東部水源地の取水井は深さが約170メートルあり、目視で確認したが異常はなかったという。

市によると、熊本地震後に水源地の取水井が再び濁ったのは初めて。10日夕までに、富合町の1200戸で別の水源からの給水に切り替えた。
(引用終了)
★★
報告を読むと、地震の前に、地下水が濁るという可能性も捨てきれない。


◎本サイト観測者仲間の観測観察:11/12

○青森県八戸市
クリップ4連、水位正常
ドアベル磁力少し低下
鈴落下装置変化無し

ラドン濃度とドアベル磁力が不安定です。

★★
再度、青森八戸の磁力低下が観察された。

No.8179 20161114報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年11月14日 (月) 05時45分 [返信]

昨晩、ニュージーランド南島で、M7.8の大地震が発生。
日本の地震活動との関係を中心に、報告し、
通常の内容の日報は、本日夕方、6-7時ごろに報告します

●2016/11/13:20時ごろ:ニュージーランド南島:M7.8の大地震

○概要:TBS ニュースより
(引用開始)
ニュージーランドで日本時間13日午後8時ごろ、マグニチュード7.8の大地震が発生しました。
地元当局は、津波の危険があるとして住民に避難を呼びかけています。

 現地時間の14日午前0時ごろ、ニュージーランドで大きな地震がありました。
アメリカ地質調査所の観測では、地震の規模はマグニチュード7.8、
震源は南島最大の都市・クライストチャーチから北北東におよそ93キロ、深さはおよそ23キロだということです。

「ゆっくり大きく揺れる感じ。まだ余震が頻繁にきてる」(クライストチャーチのホテルスタッフ)
「家ごと動いた。きしむ音がしてかなり動いた。恐ろしかったです」(クライストチャーチの住人)

 停電や建物が壊れるなどしましたが、大規模な被害は伝えられていません。

しかし、震源に近い沿岸の町・カイコウラでは地震発生後1.5メートルの津波が観測され、
地元当局はさらに最大5メートルの津波が続く恐れがあるとして、島の東側沿岸に住む住民に避難を呼びかけています。

 在ニュージーランド日本大使館によりますと、現在のところ日本人の被害は報告されていないということです。
(引用終了)

○2000年以降のニュージーランド地震と日本の地震の相関

日本とニュージーランドの間には、太平洋プレートが連なっている。
過去、ニュージーランドの地震の後、短期間に日本で大地震が起きています。

2000年以降のニュージーランド地震と日本の地震の相関をまとめました。

◎2000/11/1:南島:M6.1 
↓140日後
2001/3/21:芸予地震M6.7:震度6弱

◎2001/8/21:北東沖:M7.1
2001/10/21:北東沖:M6.7
↓58日後
2001/12/18:与那国島近海:M7.3:西表島津波20cm

◎2003/8/21:南島:M7.2
↓36日後
2003/9/26:十勝沖巨大地震:M8.3

◎2004/11/22:南島沖:M7.1
↓7日後
2004/11/29:釧路沖:M7.1
2004/12/14:北海道留萌:M6.1

◎2007/10/15:南島:M6.8
2007/12/20:北島沖:M6.6
↓177日後
2008/6/14:岩手宮城内陸地震:M7.2

◎2009/7/15:南島:M7.8
↓25日後
2009/8/9:東海道南方沖M6.8、8/11駿河湾M6.5、8/13八丈島東方沖M6.6

◎2010/9/3:南島:M7.0
2011/2/21:南島:M6.1
↓18日後
東日本大震災:2011/3/11

◎2013/7/21:南島:M6.5
2013/8/16:南島:M6.5
↓71日後
2013/10/26:福島沖:M7.1、津波

◎2014/1/20:北島:M6.1
↓53日後
2014/3/14:伊予灘M6.2
2014/5/5:伊豆大島近海M6

◎2014/11/16:北島沖:M6.7
↓6日後
2014/11/22:長野県北部:M6.7:震度6弱

◎2016/9/1:北島沖:M7.0
↓50日後
2016/10/21:鳥取県中部:M6.6

まとめますと、
2000年以降、上記11回のニュージーランド地震発生後、
6日ー177日の間、平均で58日後に、日本で、大地震が発生しています。

今回の11/13南島:M7.8と同じ地震規模の地震は、2009/7/15:南島:M7.8の地震が発生し、
その25日後、
2009/8/9:東海道南方沖M6.8、8/11駿河湾M6.5、8/13八丈島東方沖M6.6が発生した。

2009年夏、首都圏で、1日おきに、3回、震度4−5弱の地震が発生し、恐怖を覚えた方もおられるでしょう。

さらに、日本で、M8以上の巨大地震は、
2003/9/26:十勝沖巨大地震:M8.3
2011/3/11:東日本大震災:M9

それぞれ、36日前、18日前に、ニュージーランド南島で、震災クラスの大地震が発生しています。

今回も、2016/11/13:M7.8:ニュージーランド南島大地震発生後、
日本で、
「「6日ー177日の間、平均で58日後」」に日本で、大きな地震が懸念されます。

特に、モニタリング中の房総沖巨大地震

候補1:須美寿島から鳥島東方沖の伊豆小笠原海溝一帯:予想規模M8.5
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/candidate1.jpg

候補2:八丈島東方沖の伊豆小笠原海溝一帯:予想規模M8.5:
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/candidate2.jpg

この巨大地震の発生が「「6日ー177日の間、平均で58日後」」に懸念されます。
特に、平均値58日後をあてはめると、2017/1/11以降は、危険な時期となってきます。

また、上記2009年の例のように、1回の大地震ではなく、数回の地震が発生する懸念があります。
その場合には、最も身近な場合には、2014年のように、6日後から、危険となってきます。

No.8178 再びクライストチャーチ付近で大地震 投稿者:首都圏研究者   投稿日:2016年11月13日 (日) 21時53分 [返信]

こちらに投稿するのは約2年ぶりです。

14日午前0時(日本時間13日午後8時)ごろ、ニュージーランド南島のクライストチャーチから北北東約90キロの地点で地震が発生。地震の強さを示すマグニチュード(M)は7・4。ニュージーランド当局は津波警報を出した。

ニュージーランドでは2011年2月、クライストチャーチ市付近を震源とするM6・3の地震が発生し、計185人が死亡。語学研修中だった日本人らも犠牲になったことはまだ記憶に新しい。そして…
翌月には、東日本大震災が発生した。

当時、地震学者は、関連性は無いと言っていましたが、栃木の研究者様はどのようにお考えでしょうか?

私は首都圏に住み、東日本大震災後に、岩手沖が揺れると、必ずや直後に、千葉県東方沖と茨城県沖が反応することを体で経験しました。そのことから、再び巨大地震を警戒しております。

No.8180 お返事 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年11月14日 (月) 05時46分

本日朝の日報で報告しました

No.8177 20161113報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年11月13日 (日) 05時36分 [返信]

◎12日06時43分頃 宮城県沖 M5.8 震度4
○概要
震源地 宮城県沖
最大震度 震度4:岩手県、宮城県
震源 マグニチュード M5.8
深さ 約60km

○今後
昨日の日報で、「東北も警戒です。」と、報告した地震が発生しました。

ただ、11/5&11/6:「東北に、さざ波雲と大気重力波が発生。」。
この衛星画像を見ると、朝鮮半島まで、大気重力波が発生しています。

このような時には、M7にちかい地震が発生することが多い。

現時刻では、昨日報告したような、直前前兆は見られない。
また、報告します。

◎2016/10/21:鳥取県中部:M6.6 震度6弱:その23:モニタリング

11/12は、
大きな変化はなく、ノイズも少ない。


◎本サイト観測者仲間の観測観察:11/12

○熊本県南部球磨郡 :鈴落下装置
・1&4鈴落下継続(全く浮く感じがしない)

★★
熊本県南部:球磨郡観測点の鈴落下装置の落下(磁力低下)が継続中。

No.8176 20161112報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年11月12日 (土) 05時37分 [返信]

◎2016/10/21:鳥取県中部:M6.6 震度6弱:その22:モニタリング

11/11は、
大きな変化はなく、ノイズも少ない。

過去24時間の熊本大分福岡豊後水道、伊予灘周辺の地震活動は、
416熊本地震余震;西側の余震が目立つ程度で、

福岡周辺は静かだった。

油断せずに、モニタリングは続けます。


◎本サイト観測者仲間の観測観察:11/11

○青森県八戸市
クリップ4連、水位正常
ドアベル磁力回復
鈴落下装置変化無し

○茨城県南部
6時:電磁波計振り切れ
磁石装置、北、西が落下。すぐに復活
イモリ、静穏
収束に向かってる感あり

○東京葛飾区 磁石落下装置

東と西側、クリップ自然落下し一時的に磁力低下しましたが、
クリップ交換で5連になり磁力回復で終息です。

○熊本県球磨郡

・4:20、4鈴落下。何度も試すが浮かず。
・10:17、球磨郡震度2
・1鈴&4鈴落下中(両方とも東側)


★★
○断続的に、長い間継続した青森県八戸市の磁力低下現象。

「「東北から北海道太平洋側:M7(M7.5)地震に警戒。
特に、根室半島から千島列島南部方面」」::最近では、10/26&10/27&10/31報告

さらに、11/7報告した通り、
11/5&11/6で、「東北に、さざ波雲と大気重力波が発生。」。
東北も警戒です。

○北関東
茨城県南部観測点の電磁波計の振り切れが継続中。

「磁石装置の北、西が落下」もあるので、上記の東北方面の前兆もとらえているのかもしれません。

○熊本県南部:球磨郡観測点
鈴落下装置の落下が継続しているのが、たいへん気がかりです。
11/11:熊本地方:震度4の余震で、当地も、震度2だった。

No.8174 20161111報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年11月11日 (金) 06時11分 [返信]

◎2016/10/21:鳥取県中部:M6.6 震度6弱:その21:モニタリング

○本サイト大気中ラドン濃度観測

島根県東部観測点:11/10:73ベクレル
岡山県倉敷市観測点:11/10:13ベクレル
熊本県北部:11/10:36ベクレル(11/1:14ベクレル)

○ 九州福岡市:「トチローの地震と電磁波教室」
99KHz A:福岡市の南北方向から到来するノイズ成分

2005/3/20:福岡県西方沖地震:M7:最大震度6弱の4−5日前に比べた、
1日の平均ノイズレベル:

福岡県西方沖地震の2−3日前のノイズレベルを1とすると、
0.5程度(11/8>11/9>11/10))

○過去24時間の熊本大分福岡豊後水道、伊予灘周辺の地震活動
((九州大学地震火山観測研究センターの九州の地震活動根拠))は、

北九州1回(活断層の例示はなし)
小倉東断層;2回
416熊本地震余震;西側の余震が目立つ

★★
本サイト大気中ラドン濃度観測:熊本県北部観測点の濃度異常は、11/7にグラフとともに示したが、
その後、11/8:42ベクレルまで、大きくリバウンドしています。

そのため、地震発生が遅れているのかもしれません。


◎本サイト観測者仲間の観測観察:11/10

○茨城県南部
5時:電磁波計振り切れ
磁石装置、西の落下が復活
イモリ、警戒モード

○滋賀県大津市
鈴落下装置
西側「磁石2個」 11/8落下。11/10 今日も落下したままです。
  「磁石4個」 11/8 落下しました。11/9 昨日浮くようになりました。

○熊本県南部球磨郡

・午前中、東側に巨大な波状雲
・1鈴落下中

○大分県南沿岸部

もぐりんは着底のまま 午前9時に見たときは 北北西へ3mm、リセット後 午後10時は南東へ3mm動いておりました。

★★
昨日に続き、茨城県南部の地震電磁気現象が継続中。
滋賀県大津市の西指向の鈴落下装置は、一旦収束。

大分南沿岸部のもぐりんの動きを見ると、北と南に動くため、北側と南側に震源があるのかもしれません。
北側は、上記モニタリングのとおり
南は、熊本県南部から見た日向灘から大隅半島東方沖方面でしょうか

No.8173 20161110報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2016年11月10日 (木) 05時59分 [返信]

◎2016/10/21:鳥取県中部:M6.6 震度6弱:その20:モニタリング

○本サイト空の掲示板No.40229 11月9日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号
気になったのは、中国地方〜近畿地方と四国に横波大気重力波が見られたことです。
フレッシャーがかかった状態と思われる。

★★
島根県東部観測点大気中ラドン濃度:11/9:77ベクレル
岡山県倉敷市観測点大気中ラドン濃度:11/9:10ベクレル

11/8に、報告しましたように、
「「喫緊の地震は、九州熊本福岡周辺(豊後水道、伊予灘周辺含む)で、
その地震発生後、島根県東部観測点のラドン濃度静穏化後に、

再度、山陰で、大きな地震が発生すると、推察されます。」」

山陰には、上記の衛星画像で、横波大気重力波がかかっていることからも、
未だ、大きな地震が残っていると思われます。

○ 九州福岡市:「トチローの地震と電磁波教室」
99KHz A:福岡市の南北方向から到来するノイズ成分

2005/3/20:福岡県西方沖地震:M7:最大震度6弱の4−5日前に比べた、
1日の平均ノイズレベル:

福岡県西方沖地震の2−3日前のノイズレベルを1とすると、
0.5-0.8程度(11/8よりノイズは弱い)

○過去24時間の熊本大分福岡豊後水道、伊予灘周辺の地震活動
((九州大学地震火山観測研究センターの九州の地震活動根拠))は、

北九州1回(活断層の例示はなし)
416熊本地震余震;西側の余震が目立つ

★★
北九州地方の有感地震は、11/6、11/7、11/9:2回と、4回になりました。

震源位置は、行橋市で福岡市の東側、周防灘(すおうなだ)に面する地域です。
この地域で、活断層は知られていません。

ただ、周防灘には、周防灘断層群があります。

周防灘断層群主部は、全体が1つの区間として活動する場合、
マグニチュード7.6程度の地震が発生する可能性があります
(地震調査研究推進本部より)


◎本サイト観測者仲間の観測観察:11/09

○東京葛飾区 磁石落下装置

直下型も水平型も全て終息傾向です。

昨夜、蛍光灯のチラツキありました。
2階キッチンの蛍光灯チラツキがあると揺れることがあります。

○茨城県南部
磁石装置、西側が落下


○静岡市;大気中イオン濃度(観測機器KEC−900)観測

マイナスイオン値:400
プ ラ ス イオン値:2100 複数回観測

○九州大分南沿岸部
もぐりんは中央着底の後 南東へ3〜4mm移動しておりました。
今日は曇天、 午後5時頃短時間ですが、北北西〜北に晴れ間が見え 畝のような雲が並んでおりました。

○熊本県南部球磨郡
・14時に4鈴落下に気付く。全く浮かず。 18時に何度も試し、なんとか浮いている状態。

1鈴も落下中。

・宮崎市内と球磨郡に、ほぼ同じ雲が見られ、巻雲、虹が入った雲、波状雲が端から端まで入った帯雲が見られ1日通して空が賑やか。


★★
○首都圏の異変:10/24&10/25&10/26&10/30の続き
「「11/7までに、首都圏:震度4以上の地震に注意:千葉県東方沖から房総沖」」
(震災クラスではない)

これに関連するのが、東京葛飾&茨城南部の報告です。

○静岡市;大気中イオン濃度
プラスイオン濃度、2100は、+3σ以上の異常値です。

西隣の、浜松市の大気中イオン濃度異常に呼応しているのかもしれません。

空の掲示板
No.40129 10月17日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号
浜名湖南部沖の遠州灘に半波紋状雲がみられ、中心部から沸き立つような雲が見られます。

衛星画像からも、遠州灘には、異変があります。


○九州:大分県南部&熊本県南部からは、空の異変が報告されました。

大分から見た、「北北西〜北に晴れ間が見え 畝のような雲」:
位置は周防灘から豊後水道、伊予灘方面です。

No.8175 遠州灘の異常目撃? 投稿者:浜松そだち    投稿日:2016年11月12日 (土) 04時38分

10月24日午前8:00前後 一号バイパスにて・・波間と雲まじりの水平線上の境にまるで夕焼けのようなオレンジ色気味の発光したような景色を俗にいう遠州灘海域だけみえました(静岡方面にはなかった)

こんなに適切に地震前兆データを集めていらっしゃるサイトを知って心強いです
心配される福岡・熊本や東南海被害地区・首都近辺居住の方に広く知ってもらうと事前避難も可能なのかとも思いました



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板