地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

582390

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

No.8816 20180121報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2018年01月21日 (日) 16時42分 [返信]

●首都圏:M4.5以上の地震(深さ50km以内)、2-3日以内、
VHF帯放送波伝搬異常モニタリング:1/19-1/20データ

○北関東ルート:
群馬県桐生市受信;8ルート、15放送波 & 群馬県前橋市受信:2ルート、5放送波

群馬県前橋市受信:2ルート、4放送波で、顕著な伝搬異常がみられる

○南関東ルート:4ルート、8放送波
東京スカイツリー⇔伊豆半島北端函南町のルートで、軽度の伝搬異常が継続しています


★★
前回報告
「さいたま市⇔桐生市のルートで、1/16,1/18と、−3σ以下の伝搬異常が見れれます。」
対応地震
19日08時22分頃 千葉県東方沖 M3.9 震度2

今回のモニタリングでは、
1/6,伊豆半島周辺で、震度3の地震が2回発生した際に異変がみられた
群馬県前橋市受信:2ルート、4放送波で、顕著な伝搬異常がみられます。

伊豆半島東方沖の前震も、東伊豆体積ひずみ計の縮み方向(下方向)の変化も現時刻静穏ですが、
次に、動きがあるときが、赤信号になると思います。

No.8814 お知らせ 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2018年01月21日 (日) 04時05分 [返信]

都合により、本日の日報は、夕方に延期します。

No.8812 深発地震? 投稿者:伊豆半島の住人   投稿日:2018年01月20日 (土) 16時08分 [返信]

栃木の研究者様 いつも有難うございます。
伊豆半島の地震活動に関して気になっているのでお尋ねさせて下さい。
東大ハーベストマップにて昨日の時点で深発が入りました。時間は分かりませんでしたが昨日の夕方頃はネットの接続が出来なくなり、夜に深発を確認しました。
この深発が対応地震かと思いましたが、別の地震になるのか不明でしばらくは用心した方が良いのでしょうか?
お忙しい中、御迷惑をお掛けいたします。

No.8813 お返事 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2018年01月21日 (日) 04時04分

過去の伊豆半島東方沖地震の前震発生には、様々なパターンが有るようで、
今回どのようなパターンになるかどうか、だれもわかりません。

ただ、最低限、地震発生半日前には、微小地震が頻発することは、間違いないように思います。

また、月光天文台の観測も、もう一度大きな動きがあると思います。

まだ、少しの間は、大丈夫ではないでしょうか。

データは、私も、6時間単位で、モニタリングして、異常があれば、報告します。

No.8815 有難うございます。 投稿者:伊豆半島の住人   投稿日:2018年01月21日 (日) 08時40分

お忙しい中、大変御迷惑をお掛け致しております。
こちらもデータをチェックながら用心する様に致します。

No.8811 20170120報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2018年01月20日 (土) 04時22分 [返信]

●伊豆半島東方沖被害地震:現時刻の評価


伊豆半島北端函南町:月光天文台
VHF帯放送波伝搬異常と地震電磁気現象(VHF帯電磁放射)は、小康状態。

伊豆半島東方沖の前震も、東伊豆体積ひずみ計の縮み方向(下方向)の変化も静穏

VHF帯放送波伝搬異常
東京スカイツリー⇔群馬県前橋市受信ルートで、やや動きがあるも、まだ、本格的な異常ではない。

本サイト静岡市大気イオン観測では、1/15で、9日連続の異常値で、
2006年伊豆半島東方沖群発地震時と匹敵する異常値の継続日数だった。

1/16は、一旦収束。1/17は、再度異常値。
1/18と1/19は、正常値。

過去15年間の経験則では、1/17(最後の異常値)+10=1/27までには、対応地震が発生する。


総じて、小康状態です。

No.8810 20180119報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2018年01月19日 (金) 04時14分 [返信]

●伊豆半島東方沖被害地震:現時刻の評価

昨晩報告と変わらず

本サイト神奈川湘南藤沢ラドン観測で、昨晩、大きくラドン上昇。
(震源域から凡そ70km)
今後が注目されます。


●モニタリングE;九州日向灘から熊本大分宮崎内陸部::データモニタリング::12/9
地震の規模:M7.8-M8.1の巨大地震:南九州では最大規模の地震:津波を伴う::
発生予想:本年12月から来年1月:11/28詳述

今後の注目は、1/15報告の通り、
○九州福岡市観測VLF帯電波異常、
○大きな電離層異変の有無(特に、GPSの位置情報のズレ=1日の最大ズレが10m以上)


「「九州福岡市観測VLF帯電波異常」」
やや動きがあります。

2000/10/6:鳥取県西部地震:震度7地震発生12日前のような、本格的なVLF帯電波異常
この状態には、まだ及びません。

「「大きな電離層異変の有無」」⇒なし。

No.8809 20180118報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2018年01月18日 (木) 17時54分 [返信]

●伊豆半島東方沖被害地震:現時刻の評価

伊豆半島北端函南町:月光天文台
VHF帯放送波伝搬異常と地震電磁気現象(VHF帯電磁放射)は、小康状態。

伊豆半島東方沖の前震も、東伊豆体積ひずみ計の縮み方向(下方向)の変化も静穏

★★
小康状態です。


●首都圏:M4.5以上の地震(深さ50km以内)、2-3日以内、
VHF帯放送波伝搬異常モニタリング:1/16-1/18データ

○北関東ルート:
群馬県桐生市受信;8ルート、15放送波 & 群馬県前橋市受信:2ルート、5放送波

さいたま市⇔桐生市のルートで、1/16,1/18と、−3σ以下の伝搬異常が見れれます。

○南関東ルート:4ルート、8放送波
東京スカイツリー⇔伊豆半島北端函南町のルートで、軽度の伝搬異常が継続しています


★★
さいたま市⇔桐生市のルートのみで、伝搬異常がみられる。
その程度も大きくなく、継続時間も短い。

北関東で、震度2−3程度と推察。震災クラスではない。

No.8808 お知らせ 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2018年01月18日 (木) 03時33分 [返信]

都合により、本日の日報は、夕方に延期します。

No.8806 20180117夜報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2018年01月17日 (水) 17時35分 [返信]

●伊豆半島東方沖被害地震:現時刻の評価

◎伊豆半島北端函南町:月光天文台
1/17:0時から18時まで(継続中)、VHF帯放送波伝搬異常が、見られます。
過去一ヶ月間の中では、最大規模の異変です。

同期して、VHF帯低域電磁波観測では、ノイズ平均値の上昇がみられます。

震源からの電磁波放出で、VHF帯放送波の伝搬が妨害されているような現象です。

明日、朝には、更に詳しく報告します。


ただ、伊豆半島東方沖の前震は全く無いので、すぐに地震発生というわけではないのですが、
地震発生に向けた本格的な動きが開始されたという感じです。

No.8807 雷がヒットしました 投稿者:伊豆半島の住人   投稿日:2018年01月17日 (水) 23時08分

午後7時40分位だったと思います(時計で確認しました)が、ゴロゴロ音も聞こえなかったため、雨の合間に時折強風が吹いたので家の外で風に飛ばされた物が無いかと確認している最中でしたが、1発山の上で光りました。
ゴロゴロも聞こえずいきなりバシッと落ちる雷は初めて見ましたが、後から継続するのかと思い屋内に退避してから時間を確認しました。

No.8805 20180117報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2018年01月17日 (水) 03時50分 [返信]

【内容】
●伊豆半島東方沖被害地震:現時刻の評価:根拠:1/12夕方報告

◎伊豆半島東方沖の前震も、東伊豆体積ひずみ計の縮み方向(下方向)の変化も発生していないので、
大きな被害地震発生1日前の可能性は薄い。

※伊豆半島東方沖の微小地震が1/15は11回発生。,1/16は8回発生。やや動きがあります。

◎本サイト静岡市大気イオン観測では、1/15で、9日連続の異常値で、
2006年伊豆半島東方沖群発地震時と匹敵する異常値の継続日数だった。

1/16は、一旦収束。
過去15年間の経験則では、1/15+10=1/25までには、対応地震が発生する。

◎本サイト愛知県東部観測点:1/16
南東~西方向まで広範囲に、蜂の巣状雲が広がっていました。
こちらで蜂の巣状雲が見られると、伊豆・小笠原諸島近海で 揺れる事が多いです.

★夕方までに、動きがあれば、18時以降に再度報告します。

No.8804 20170116報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2018年01月16日 (火) 04時26分 [返信]

【要点】
◎伊豆半島東方沖被害地震前兆では、
本サイト静岡市大気イオン観測の異常値の継続9日間が、
2006年伊豆半島東方沖群発地震時の異常値の継続日数と匹敵する事態になった。

次第次第に、伊豆半島東方沖被害地震の発生が近づいています。
夕方に、動きがあれば、18時以降に再度報告します。


●モニタリングE;九州日向灘から熊本大分宮崎内陸部::データモニタリング::12/9
地震の規模:M7.8-M8.1の巨大地震:南九州では最大規模の地震:津波を伴う::
発生予想:本年12月から来年1月:11/28詳述

○本サイト九州ラドン観測→
熊本県北部、熊本県西部、大分県南部、宮崎県北部、鹿児島県薩摩地方

宮崎県北部は昨日報告の通り、収束したが、
熊本県北部、熊本県西部が、+1σ相当の濃度で、まだ高く、収束しない。

まだ、地震発生は先です。


【内容】
●伊豆半島東方沖被害地震:現時刻の評価:根拠:1/12夕方報告

◎伊豆半島東方沖の前震も、東伊豆体積ひずみ計の縮み方向(下方向)の変化も発生していないので、
大きな被害地震発生1日前の可能性は薄い。

※伊豆半島東方沖の微小地震が1/15は11回発生。震度3の有感地震も1回発生。やや動きがあります。


◎本サイト静岡市大気イオン観測では、1/15で、9日連続の異常値で、2006年伊豆半島東方沖群発地震時と匹敵する。

(同じ静岡市、同じ観測機器での観測結果では、
2006/4/17-5/12:伊豆半島東方沖群発地震時の大気イオン観測異常値:9日間の異常値だった。

◎本サイト神奈川湘南大気中ラドン濃度
1/12より、やや濃度が高く、平均値+1σレベル。1/13朝の濃度は、2ヶ月ぶりの高値。

1/6伊豆半島で、2回の震度3を観測した1日前の1/5。本観測点ラドンは、急低下。
この濃度レベルに至れば、危険。

◎本サイト愛知県東部観測点:1/15
1/10日から南東側の鈴が、落下&復活を繰り返す。
過去例からフォッサマグナ上の異変を捉えている事が多い。 (火山関連も含む)

★★
伊豆 ・マ リアナ島弧 の先端 (伊豆半島) で南部 フォッサ ・マ グナに衝突 してい る
(杉村, 1972; KAIZUKA,1975)

◎伊豆半島北端函南町のVHF帯電磁波ノイズ観測
1/6伊豆半島東方沖地震:震度3前の1/2-1/4に、強いノイズを観測した。
その時より、さらに強いノイズを1/13から継続的に観測し、次第に、激しくなり、地震発生が近づいています。
現時刻も継続中

総じて、次第次第に、伊豆半島東方沖被害地震の発生が近づいています。
夕方に、動きがあれば、18時以降に再度報告します。


●首都圏:M4.5以上の地震(深さ50km以内)、2-3日以内、
VHF帯放送波伝搬異常モニタリング:1/12-1/15データ

○北関東ルート:
群馬県桐生市受信;8ルート、15放送波 & 群馬県前橋市受信:2ルート、5放送波
異常なし

○南関東ルート:4ルート、8放送波
異常なし


●モニタリングE;九州日向灘から熊本大分宮崎内陸部::データモニタリング::12/9
地震の規模:M7.8-M8.1の巨大地震:南九州では最大規模の地震:津波を伴う::
発生予想:本年12月から来年1月:11/28詳述

○本サイト九州ラドン観測→
熊本県北部、熊本県西部、大分県南部、宮崎県北部、鹿児島県薩摩地方

宮崎県北部は昨日報告の通り、収束したが、
熊本県北部、熊本県西部が、+1σ相当の濃度で、まだ高く、収束しない。



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板