地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。

こちらが、ダウンしている時には、本サイトのブログ版を御覧ください。
アメブロ版

携帯用の
本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

25820

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.8410 20170409報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年04月09日 (日) 05時35分 [返信]

◎房総沖巨大地震モニタリング:
前回モニタリング:2016/9/6、9/20、10/11、10/15、10/20、10/30、11/20、12/04、12/18、12/23
2017/1/29、2/5、2/12、2/19、2/26、3/5、3/12、3/19,3/26,4/2実施

●震源域の予想:2017/1/29報告から:震源域の図示→こちら
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/izubonin201722.jpg

予想震源域その1:鳥島東方沖の伊豆小笠原海溝一帯:予想規模M9
予想震源域その2:八丈島東方沖の伊豆小笠原海溝一帯:予想規模M8.5-M9

●防災の最大のポイント:巨大津波:2017/2/12モニタリング
鳥島近海震央で、地震の規模がM8.2-M8.4の巨大地震による津波のシミュレーション→こちら
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/izuogasawaratsunami3.jpg

鳥島東方沖が震央であれば、巨大地震発生時には、大津波警報が、
千葉県外房、伊豆諸島、東京湾、相模湾、静岡県、愛知県外海、三重県南部、和歌山県、徳島県、高知県、大分県南部、
宮崎県沿岸部、種子島・屋久島地方、奄美諸島・トカラ列島に発令されると予想されます。

鳥島近海地震想定地震規模M8.7以上であれば、最大津波波高20−26m以上と予想され、
南海トラフ巨大地震の最大津波波高と凡そ一致する。

八丈島が震央であれば、さらに、上記に加えて、青森、岩手、宮城、茨城に、大津波警報が予想される。


●震源域の確認
今回のモニタリングでは、予想震源域にかかわらず、現在、巨大地震の前駆活動が発生しているところを
示します。

図201740901に、最近2年間、2013-2015年の2年間、東日本大震災前3年間の日本のM6以上の地震活動を示しました。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/USGSM6.jpg

右端の東日本大震災前3年間の日本のM6以上の地震活動です。
2008/6/14:岩手・宮城内陸地震M7.2から始まって、東北沖でM6以上の地震活動が頻発しました。
明らかに、巨大地震の前駆活動が見えます。

左端の最近2年間で、M6以上の地震活動が活発化しているのは、伊豆・小笠原海溝です。

2015/5/30:小笠原海溝西方沖の超巨大深発地震から始まって、
海溝軸付近で4回のM6以上の地震活動がみられ、活発化しています。

4回のM6以上の地震は、北緯31.237、31.181、30.786、30.502の位置で発生し、
須美寿島の東方沖です。

須美寿島の北が、最近海底火山噴火の兆候がみられるベヨネース列岩です。
須美寿島の南が、伊豆鳥島です。

日本のその他の地域で、M6以上の地震活動が頻発したのは、2016年熊本地震(その凡そ4ヶ月前の阿蘇山小噴火)です。

図201740902に,日本の4箇所の地磁気観測所の最近31日間の観測結果を示しました。

http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/earthmag4.jpg

北海道女満別、茨城柿岡、鹿児島鹿屋、小笠原諸島父島です。

明らかに、小笠原諸島父島のみで、大きな変化がみられます。

この地磁気の乱れは、地磁気観測の確定値では、ノイズとして、排除されますが、
大きな地震の凡そ2ヶ月前にみられることがあります。

以上まとめますと、
最近2年間で、M6以上の地震活動が活発化したのは、伊豆・小笠原海溝:特に須美寿島東方沖です。
その北隣のベヨネース列岩では、海底火山噴火の兆候がみられる。

他には、2016年熊本地震(その半年前の阿蘇山小噴火)地域です。
日本の4箇所の地磁気観測所の最近31日間の観測結果を見ると、小笠原諸島父島のみが大きな乱れがみられる。

これらのことから、
伊豆・小笠原海溝:特に須美寿島東方沖周辺域:八丈島から伊豆鳥島で、巨大地震前兆があるとした
本予想の裏付けがさらに、確かめられた。


○地震発生危険度の判定は、
赤▲:「巨大地震発生が迫っています」

最終段階の赤●:巨大地震がもういつ発生してもおかしくないの判定
まだまだ先のようです。一ヶ月間以上先の巨大地震発生。

指標としている本サイト愛知県西部観測点の大気中ラドン濃度観測の最近値で、88ベクレル、
神奈川県西湘観測点では、84ベクレル。

この一週間でリバウンドした。
愛知県西部も神奈川県西湘も、まだ、非常に高い濃度です。

収束域25ベクレルの凡そ3倍の濃度で未だ収束せず。
地震発生の準備はできていない状況は未だ変わりません。



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板