地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。
●複数のハンドルネームを使って、自問自答・荒らしをしないでください。
●マナーが悪い人は、アクセス制限をする場合がありますので、ご了承ください。
携帯用の本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

3177086

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.8383 20170321報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年03月21日 (火) 05時11分 [返信]

◎本サイトトップページのコンタクトからのご質問
【 お問い合せ内容 】:
大阪在住の○○と申します。

予想されている関東の大地震ですが、大阪にも津波は来るのでしょうか??
南海地震ではかなり浸水してしまう地域に在住、勤務しているので、、。

【お答え】
日曜日にモニタリングしている巨大地震のことと思います。
2月12日のモニタリングで、

防災の最大のポイント;巨大津波
この巨大地震による防災の最大のポイントは、津波防災ですので、それを詳述します。

まず、いつも示しております鳥島近海震央で、地震の規模がM8.2-M8.4の巨大地震による津波のシミュレーション→こちら
http://www.tochiginokenkyusha.com/ikase8/izuogasawaratsunami3.jpg

「「M8.2-M8.4の鳥島近海地震の場合には、房総半島外房から九州の宮崎まで、3-5mの津波が襲います。
特に、津波の波高が高いのは、四国の太平洋側と和歌山県で、10-13mにも及びます。

巨大地震発生時には、大津波警報が、
千葉県外房、伊豆諸島、東京湾、相模湾、静岡県、愛知県外海、三重県南部、和歌山県、徳島県、高知県、大分県南部、
宮崎県沿岸部、種子島・屋久島地方、奄美諸島・トカラ列島に発令されると予想されます。

この津波シミュレーションでは、M8.2-M8.4の鳥島近海地震の想定ですが、
津波シミュレーションの想定規模より、0.3大きく、M8.5−M8.7であった場合には、
津波の波高が最も高い想定の四国の太平洋側と和歌山県で、20-26mにも及びます。」」

このように報告いたしました。

一方、南海トラフの巨大地震M9クラスの津波の波高分布をみますと、
色々なケースが想定されていますが、最大で、25−30mくらいです。

そうしますと、本サイトで予想する「予想震源域その1:鳥島東方沖の伊豆小笠原海溝一帯:予想規模M9」
上記のように、M8.7以上の地震規模ですので、「津波の波高が最も高い想定の四国の太平洋側と和歌山県で、20-26m以上です」

ほとんど、南海トラフ巨大地震の最大波高と変わらないと想定されます。

ご質問の大阪にも津波は来るかという点では、津波の波高が最も高い想定は四国の太平洋側と和歌山県ですので、
津波は来ると思います。

地震発生後、最も短い場合には、和歌山に、地震発生60分後に、津波の第一波が到達し、
その、20-50分後に、最大津波が到達します。

1時間は時間があるので、ハザードマップを基に、津波避難訓練を、いろいろな想定(深夜、日中など)で、繰り返して下さい。

私は、東日本大震災を経験しました。
本サイトを長い間ご覧の皆様は、本サイトで、大地震が来ると、予想していたことを知っておられます。

そのため、不安を抱えつつも、家中の家具にはしご式の突っ張り棒で、倒伏防止をしたり、考えられる防災は準備しました。
準備をするうちに、少しずつ不安な気持ちはやわらいでいきました。

大震災が発生すると、いやというほど、余震が発生し、地震発生前の静けさとは様変わりです。
地震大国の日本に住んでいると、一生のうちに1-2回は、震災に会うかもしれません。

どうぞ、まだ、巨大地震発生までには、最低でも一ヶ月はありますので、防災の準備を進めて下さい。
陰ながら、応援しております。

また、ご心配のことがあれば、ご連絡下さい。
自分は震災を経験して、大事なことは、地震の予想よりも防災を訴えることだと感じるようになりました。



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板