地震に備えるための掲示板

●掲示板使用上の注意;管理人の判断で荒らしや中傷など、他、観覧される訪問者の方たちに
不快をあたえると思われます投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。
●免責事項;本サイト管理者「栃木の研究者」は本掲示板の情報・ データ及びその使用により
生じる一切の損害等及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
管理人
日々の報告は本サイト目次8の日報のコピーです。その目次8の地震予想上段記載の
「予想した地震発生については、100%発生するとは断言できません。地震が発生する可能性が高いため
警戒して防災の参考にしてくださいという趣旨です。」この前提での報告内容です。
掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。特に、地震の予想を他サイトに転記することを禁じます。
●複数のハンドルネームを使って、自問自答・荒らしをしないでください。
●マナーが悪い人は、アクセス制限をする場合がありますので、ご了承ください。
携帯用の本掲示板アドレス

兄弟掲示板「空の掲示板」「環境自然などなんでも掲示板」
「Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板」「感じよう!地球の鼓動」「こちら震源探索チーム」

ホームページへ戻る

3140285

名前
e-mail
タイトル
本文
URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.8269 20170106報告 投稿者:栃木の研究者   投稿日:2017年01月06日 (金) 06時04分 [返信]

本日は新たな前兆はない。

当面:1週間程度は

房総半島南部沖から伊豆諸島北部(伊豆大島から三宅島)沖:震度5以上、都心震度4以上、震災クラスではない
東北:福島沖から宮城沖(三陸沖):震度5クラス又はM7クラス;震災クラスではない

巨大地震モニタリングは、2016/12/23に行いました。

その後、12/26に報告しましたが、
「「日本の本州中部地方の活断層にかかる圧力を、2008年以降のほぼ毎日、9年間、地下水湧出量として、取りまとめて、グラフ化していますが、
今の現状は、巨大地震2−3か月前という現状です。」」

本州周辺にかかる圧力に反応して、地下水湧出量が増減します。
2011年東日本大震災、2015年小笠原諸島西方沖超深発巨大地震発生前には、大きな圧力がかかり、地下水湧出量が減少しました。

東日本大震災前の2011/2/12-2/26の湧出量=0.90L/min
2016/12/22-2017/1/5=1.05L/min

最近2週間の地下水湧出量が東日本大震災2-4週前の凡そ117%です。
さらに地殻に圧力がかかり、0.90L/min程度まで、湧出量が減少すれば、巨大地震2-4週前と推察できます。

巨大地震モニタリングでは、本サイト愛知県西部と神奈川県西湘観測点の大気中ラドン濃度の変動を指標にしていますが、
こちらも、まだ、ラドン濃度が高く、収束していないので、まだ、地震発生の準備はできていないと教えています。

これで、2種類の観測から、巨大地震発生時期を予想していきますが、さらに、もう1種類を加え、3種類にできないか、解析しています。
3番目の候補の観測で、東日本大震災では、震災凡そ40日前に、観測値の異常値のピークを示していました。

3種類あれば、複数の視点が持てるので、地震発生予想日の絞り込みの精度が上がります。



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板