無料で掲示板を作ろう  Amazon-サイバーマンデーセール開催中

2・3歳馬情報

ホームページへ戻る

名 前
メールアドレス
ホームページ
件 名
本 文
文 字 色
削除キー クッキー アイコン


大注目の菊花賞デー!今年の伝説は東京2000m?
ナリティー 2019年10月17日 (木) 19時35分 No.59

icon 10月19日

◆東京2000m

サトノフラッグ(牡、ディープインパクト×バラダセール、美浦・国枝厩舎)
母はアルゼンチン3歳牝馬チャンピオン。半姉ダンサール(現3勝)、セレクトセール1億7820万円(税込)。新潟デビューの予定もあったが、当時は併せ馬で遅れることも多く、万全を期すためにデビューは取りやめて放牧。これが良かったか、再入厩後は併せ馬で遅れることはほとんど無く、カレンブーケドールとも併入を果たしている。予定していたレースを更に1週延ばし、満を持してデビューを迎える。鞍上は戸崎騎手。

カイザーライン(牡、エピファネイア×アヴェンチュラ、栗東・藤原英厩舎)
母は秋華賞勝ち馬。母の姉トールポピー(G1を2勝)、フサイチホウオー(重賞3勝)。1週前調教(以降も調教は、主に1週前のもの)は、CWで5F67秒台前半、1F12秒台前半を軽くマーク。有力馬の多い藤原英厩舎の中でも、特に目立つ一頭だ。鞍上は福永騎手。なお、27日の京都ダート1800m戦にまわる可能性もある。

フィリオアレグロ(牡、ディープインパクト×ジョコンダU、美浦・堀厩舎)
半兄サトノクラウン(国内外でG1を2勝)、半姉ポンデザール(現4勝)。北海道のノーザンFにいた頃は510キロあったそうだが、美浦では470キロ台に。胃潰瘍の治療薬を与えたというから、現状は弱いところがあるのだろう。「以前は自らハミを取ってくれなかったが、追い切りを重ねて走りがしっかりしてきた。素質は高く、初戦から」と森助手。調教は美浦ウッドで一杯に5F68秒台前半、1F12秒台半ば。状態に少々不安はあるものの、そこは堀厩舎の馬。レースへ行けば、いきなり能力発揮の場面もある。鞍上はデムーロ騎手。

レッドルレーヴ(牝、キングカメハメハ×ラストグルーヴ、美浦・藤沢和厩舎)
全兄ランフォザローゼス(重賞2着2回)。母の姉アドマイヤグルーヴ(G1を2勝)、母の兄ルーラーシップ(海外GT勝ち馬)。「時間をかけてじっくり調教を積んできた。普段から無駄なことをせず、牝馬でも落ち着きがある」と津曲助手。藤沢厩舎なので派手な時計は見られないが、坂路55〜56秒台の時計を何本も出しており、仕上げに抜かりはあるまい。鞍上はルメール騎手。

エルバルーチェ(牝、オルフェーヴル×クィーンスプマンテ、美浦・小島茂厩舎)
母はエリザベス女王杯勝ち馬。調教は美浦ウッドで5F68秒台半ば、1F13秒台前半を抑えてマーク。ここまで強い調教は少ないが、小島茂厩舎はこのパターンでもしっかり仕上がっているケースが多いので心配はあるまい。鞍上は田辺騎手。

◆東京ダート1600m

フラッフィクラウド(牡、クロフネ×アルアマーナ、美浦・萩原厩舎)
近親ゴールドアリュール(交流含むG1を4勝)、ペルシアンナイト(マイルCS勝ち馬)。調教は、美浦ウッドで5F67秒台半ば、1F12秒台後半と水準レベルの時計は出ている。鞍上は津村騎手。

◆京都芝1600m(牝馬限定)

アトリビュート(牝、ディープインパクト×ブラックエンブレム、栗東・高野厩舎)
母は秋華賞勝ち馬。半兄ブライトエンブレム(札幌2歳S勝ち馬)、アストラエンブレム(重賞2着2回)、半姉ウィクトーリア(ローズS勝ち馬)。調教は、栗東坂路で54秒2−12秒7(一杯)。新馬に1馬身遅れたが、追走したものである。気性に難しいところがあるので、川田騎手騎乗は心強い。

エメルヴェイエ(牝、ルーラーシップ×メルヴェイユドール、栗東・石坂正厩舎)
母は3勝、マーメイドS3着。栗東坂路55秒1−13秒4(強め)と時計は遅いが、まだ余力はあるので、更なる変わり身は見込める。

ランクリッツ(牝、ディープインパクト×レインボーダリア、栗東・浅見厩舎)
母はエリザベス女王杯勝ち馬。夏の札幌でデビュー予定も、ソエが出て放牧。まだ完全に不安が無くなったわけでは無いようだが、デビューが決まったように良化は進んでいる。


10月20日

◆東京芝1600m

スパングルドスター(牝、ディープインパクト×スタセリタ、美浦・藤沢和厩舎)
半姉ソウルスターリング(G1を2勝)、全姉シェーングランツ(アルテミスS勝ち馬)。14日の東京マイル戦を予定も、除外となったので、ここへ回る予定。藤沢厩舎なので目立った時計は無いが、本数は重ねており仕上がりに心配はない。

クロノメーター(牡、ゴールドシップ×タイムウィルテル、美浦・尾形厩舎)
半姉マジックタイム(ダービー卿CT勝ち馬)。美浦ウッドで5F68秒台後半、1F13秒台後半。併せ馬で遅れたが、一杯に追ったわけではないので、まだまだ時計は詰められる。

エンスロール(牡、ハーツクライ×セデュイールU、栗東・須貝厩舎)
母は北米G2勝ち馬。坂路52秒4−13秒0(一杯)で、併せた新馬に先着している。鞍上はシュタルケ騎手。

◆京都芝1800m

レクセランス(牡、ディープインパクト×エクセランスU、栗東・池添学厩舎)
母はフランスオークス、フランス1000ギニーともに3着。半姉エクセランフィーユ(現3戦2勝)。CWで一杯に5F67秒台前半、1F11秒台後半で、古馬1勝クラスのブルスクーロと併入、古馬2勝クラスのブラックモリオンに先着。この週のCWで終い12秒を切れれば優秀だ。鞍上は川田騎手。

ウォルフライエ(牡、ディープインパクト×ニンフU、栗東・池江厩舎)
おじにヨハネスブルク(全欧&アメリカ2歳牡馬チャンピオン)。CWで一杯に追われ、5F68秒台半ば、1F12秒台後半。古馬1勝クラスのアルクス、新馬のテイルウォークに遅れている。以前より併せ馬で遅れる調教が多いことは不安だが、時計そのものは悪くない。鞍上はデムーロ騎手。

ストリクトコード(牝、ディープインパクト×レニーズゴットジップ、栗東・庄野厩舎)
母は北米でGT2着が4回。CWで5F68秒台、1F12秒台後半を抑えてマーク。CWで速めの時計を出したのは初めてなので、この一本で変わってくるだろう。鞍上は浜中騎手。

◆京都芝1400m

フェルハール(牝、ダイワメジャー×メジロハリス、栗東・安田隆厩舎)
CWで一杯に5F67秒台前半、1F12秒台前半。併せた相手に1馬身程度先着している。鞍上はルメール騎手。

◆新潟1600m(牝馬限定)

リリレフア(牝、ロードカナロア×リリサイド、栗東・矢作厩舎)
半姉リスグラシュー(G1を2勝)。「リスグラシュー同様に気性的な難しさがないのがいい。父が替わって距離適性は短くなりそうだが、いいモノがある」と矢作師。調教は坂路で54秒7−12秒6。鞍上は姉のリスグラシューの初勝利時に騎乗していた中谷騎手。

ブランシュフルール(牝、ジャスタウェイ×エレイン、美浦・大竹厩舎)
母の兄サダムパテック(マイルCS勝ち馬)、母の妹ジュールポレール(ヴィクトリアマイル勝ち馬)。美浦ウッド5F69秒台、1F13秒台半ばで併せた相手に遅れたが、抑え気味の走りなので、それほど気にすることはあるまい。

セブンシースケイプ(牝、ワールドエース×シーザシー、美浦・勢司厩舎)
半兄ザダル(現4戦3勝、セントライト記念3着)。ダートの美浦北Cコースで、5F69秒台、1F13秒台前半。坂路では走りが安定していないということなので、現状は非力な面が残っているのかもしれない。

ジレーネ(牝、キングカメハメハ×ソベラニア、栗東・高野厩舎)
半兄シュヴァルツリーゼ(弥生賞2着)。坂路55秒4−12秒9(一杯)。小柄で非力なのか坂路では時計が出ないが、動きは悪くない。鞍上は吉田隼人騎手。
[RES]


月曜日に出走する藤沢和厩舎×ディープインパクト産駒は必見!
ナリティー 2019年10月08日 (火) 15時27分 No.58

icon 10月12日

◆東京芝2000m

スピッツェンバーグ(牡、ハービンジャー×レネットグルーヴ、美浦・武井厩舎)
3代母はエアグルーヴ(G1を2勝)。近親にドゥラメンテ(G1を2勝)、ルーラーシップ(海外G1勝ち馬)など活躍馬は多数。ここ2週はともにウッドで一杯に追われ、5F69秒台、上り13秒台前半と時計はもう一つ。ただ動きそのものは悪くないようだ。鞍上は岩田騎手

アルディエンテ(牡、エイシンフラッシュ×メモリアルサマー、美浦・古賀慎厩舎)
半兄ソングオブウインド(菊花賞馬)。1週前調教(以降も調教は主に1週前のもの)は、濃霧で直線しか確認できない状況だったが、動きは良さそうだった。鞍上は戸崎騎手。

レッドライデン(牡、エイシンフラッシュ×ブランシェール、美浦・鹿戸厩舎)
母の弟レッドオーガー(4勝)。1週前は濃霧で見えなかったが、2週前には美浦ウッドで楽に5F67秒台を出しており、水準レベルはクリアしている。

◆京都芝1600m

アステロイドベルト(牡、ルーラーシップ×サトノジュピター、栗東・池江厩舎)
母は小倉日経オープンなど4勝。母の兄アドマイヤラクティ(豪州G1勝ち馬)。CWで一杯に5F68秒台、終い1Fは12秒を切る時計を出し、古馬オープンのアイスバブル、トゥザクラウンに先着。初戦から好勝負を期待したい。鞍上は川田騎手。

アービター(牡、トーセンジョーダン×インダクティ、栗東・松下厩舎)
半兄ケイデンスコール(NHKマイルC2着)。坂路58秒3−13秒4は一杯に追ったもので、もっと時計を詰めていきたい。なおダート1800mにまわる可能性もある。鞍上は福永騎手。

ジルジェンティ(牝、ロードカナロア×シシリアンブリーズ、栗東・橋田厩舎)
母の兄クロフネ(G1を2勝)。CWで一杯に5F67秒、1F12秒台前半で、レイホーロマンスに遅れたが、同厩の新馬エボカシオンとは併入している。鞍上はルメール騎手。

◆京都ダート1800m

ザフーン(牡、ロードカナロア×ポルカマズルカ、栗東・吉村厩舎)
母は5勝でオープン馬。近親はダンスインザダーク(菊花賞)、ダンスパートナー(G1を2勝)など活躍馬が多数出ている一族。6日の京都ダート1800m戦を除外になり、こちらへ回ってきた。調教はCWで一杯に5F67秒台前半、1F12秒台後半の時計を出し、デビューが伸びたことで仕上がりは更に進んでいる。


10月13日

◆東京芝1400m

エルサフィーロ(牡、ロードカナロア×ローガンサファイア、美浦・栗田厩舎)
母はマーガレットSなど4勝。母の弟サフィロス(京王杯2歳S2着)。6日の1400m戦を除外となり、こちらに回る予定。「まだ幼くて走りに集中できていないが、馬具で矯正しながら調整。馬は悪くないし、子供っぽさが抜けてくれば」と栗田徹師。調教は、美浦ウッドで一杯に5F68秒台前半、1F12秒台後半。2週前も12秒台半ばで上がっており、中身は悪くない。

タケルラスティ(牡、スクリーンヒーロー×クイックメール、栗東・矢作厩舎)
母は3勝。母の兄タニノマティーニ(キーンランドC勝ち馬)。CWで一杯に6F82秒台、5F67秒台後半、1F12秒台後半。新馬のキングオブドラゴン、サトノインプレッサに僅かに遅れたが、こちらは大きく追走したもの。2週前の坂路では、キングポブドラゴンに先着している。

◆京都芝2000m

ベルラガッツォ(牡、オルフェーヴル×ベッラレイア、栗東・中内田厩舎)
母はフローラS勝ち馬、オークス2着。調教は芝コース3頭併せで、一番外から前の馬に並びかけ、古馬オープンのフロンティアと併入。時計は5F64秒台前半、1F11秒台半ば。2週前にはCWで上り12秒を切る時計を出し、新馬戦から勝ち負けが期待できる。鞍上は川田騎手。

ディープキング(牡、ディープインパクト×ダリシア、栗東・藤原英厩舎)
全姉にデビューから3連勝のサトノダムゼル、全兄にサトノキングダム(現5勝)。CWで5F69秒台、1F12秒台前半を抑えてマーク。2週前には67秒台を出しており、順調に進んでいる。鞍上は武豊騎手。

レッドラトゥール(牡、ディープインパクト×ディエンティ、栗東・庄野厩舎)
近親マンボツイスト(交流含む重賞3勝)。調教はCWで5F68秒、1F12秒の時計を楽々マーク。気性的に難しいところもあるようだが、そのあたりは鞍上の手綱捌きに期待したい。鞍上はデムーロ騎手

ディープボンド(牡、キズナ×ゼフィランサス、栗東・大久保龍厩舎)
近親ローレルゲレイロ(G1を2勝)。坂路で52秒2−12秒1。2週前にはCWで一杯に6F79秒台、5F64秒台半ば、1F12秒台前半の時計と速い時計を連発している。初戦から結果を出したい。


10月14日

◆東京芝1800m

ルナシオン(牝、ディープインパクト×ピラミマ、美浦・藤沢和厩舎)
半兄スワーヴリチャード(大阪杯勝ち馬)、バンドワゴン(きさらぎ賞2着)。「良血馬らしく品のある雰囲気。馬体のシルエットもいいし、素質は高そう」と津曲助手。坂路55秒7−12秒6(馬なり)と藤沢厩舎らしく時計は派手ではないが、評判は高く、厩舎の真打登場といった雰囲気だ。鞍上は福永騎手。

◆東京芝1600m(牝馬限定)

スパングルドスター(牝、ディープインパクト×スタセリタ、美浦・藤沢和厩舎)
半姉ソウルスターリング(G1を2勝)、全姉シェーングランツ(アルテミスS勝ち馬)。「速いところにいくと、いいフットワークを見せる。さすがの良血馬という感じで楽しみにしている」と津曲助手。調教は坂路で56秒4−13秒4。牝馬らしくカイバ食いが細いようなので、レース当日のパドックは馬体をよく見ておきたい。鞍上は福永騎手。

フェルミスフィア(牝、エピファネイア×フェルミオン、美浦・木村厩舎)
半兄ストレンジクォーク(中山金杯3着)、アップクォーク(現5勝)。美浦ウッドで気合を入れる程度の手応えで、5F70秒台、1F12秒台後半。ノーザンF生産馬なので、しっかり牧場でやってきているのだろう。鞍上は川田騎手。

カーテンコール(牝、スクリーンヒーロー×アウトシャイン、栗東・高野厩舎)
母の兄ロードカナロア(海外含めG1を6勝)。調教は坂路54秒1−12秒1。2週前には坂路で51秒9を楽にマークとスピードをアピールしている。

◆京都芝1400m(牝馬限定)

レシステンシア(牝、ダイワメジャー×マラコスタムブラダ、栗東・松下厩舎)
半兄ミッキーブラック(芙蓉S1着)。坂路52秒9−11秒9の好時計で、デビュー勝ちに向け順調な仕上がりだ。鞍上は武豊騎手。
[RES]


日曜東京の芝2000mには2億円ホースが登場!日曜京都の芝2000mも注目!
ナリティー 2019年10月01日 (火) 07時20分 No.57

icon 10月5日

◆東京芝1600m

クロミナンス(牡、ロードカナロア×イリュミナンス、美浦・尾関厩舎)
母は重賞3着2回、母の兄フラガラッハ(中京記念2回)。予定していた中山芝千八戦も有力だったが、残念ながら除外。ここへ回る予定だ。1週前調教(以降も、調教は主に1週前のもの)は、美浦ウッドで5F67秒台前半、1F12秒台前半の時計。古馬との3頭併せで僅かに遅れたが、こちらは持ったままで、古馬3勝クラスのロサグラウカには手応えで優勢だった。当レースでも有力視されることになろう。鞍上はデムーロ騎手。

ラッシュアップ(牡、ヴィクトワールピサ×ノーブルジュエリー、美浦・金成厩舎)
母は6勝で、京都牝馬S3着。半姉のノーブルカリナンは、エルフィンSで2着。美浦ウッドで5F70秒、1F13秒台半ばを馬なりでマーク。併せた新馬に遅れたが、追走したものである。速い時計が少ないので、直前の調教内容はチェックしたい。鞍上は戸崎騎手。

◆東京ダート1600m

ビートザウイングス(牡、スクリーンヒーロー×ウイングドウィール、美浦・手塚厩舎)
母は5勝でオープンクラスまで出世。調教は、美浦ウッドで5F68秒、1F13秒台前半をやや一杯にマークし、新馬と併入している。

◆京都芝1800m

ディアスティマ(牡、ディープインパクト×スウィートリーズン、栗東・高野厩舎)
母はエイコーンSなど北米でG1を3勝。芝コースで6F81秒台、5F65秒台前半、1F11秒台後半を持ったままでマーク。2週前には坂路で52秒1−12秒3の好時計を出し脚力をアピールしている。POGでも大人気になった馬で、先々まで注目。鞍上は北村友騎手。

グラナートロート(牝、スクリーンヒーロー×アイアムルビー、栗東・荒川厩舎)
母は4勝で、エルフィンS3着。坂路54秒2−13秒0と1週前の時計は抑えたこともあり目立たないが、ここまでに水準レベルの時計は複数出している。


10月6日

◆東京芝2000m

ダノングロワール(牡、ハーツクライ×ソーメニーウェイズ、栗東・国枝厩舎)
母は北米G1スピナウェイS勝ち馬。セレクトセールで2億1600万円(税込)。「併せても動けているし、力を出せる態勢に持ってこれた。距離も保ちそうだし、広いコースもいいのでは」と国枝師。調教は、美浦ウッドで5F67秒台前半、1F13秒台前半。コズミックフォースを相手に大きく先行し、併入している。動きも良好で、初戦から楽しみだ。鞍上は戸崎騎手。

サクラトゥジュール(牡、ネオユニヴァース×サクラレーヌ、美浦・堀厩舎)
母の兄サクラプレジデント(重賞3勝)。美浦ウッド5F69秒台、1F12秒台で、古馬2勝クラスの馬に僅かに遅れている。2週連続で終い1F12秒前後の速い脚を使っており、レースへ行って末脚を確かめたい。

エボカシオン(牡、ハーツクライ×カルディーン、栗東・橋田厩舎)
母はアルゼンチンの2歳&3歳牝馬チャンピオン。セレクトセールで7776万円(税込)。坂路52秒3−12秒4(一杯)で、併せた新馬に先着している。POGでも穴人気になっていた一頭で、先々まで注目したい。なお当日の京都芝2000mにまわる可能性もある。

◆東京芝1400m

エルサフィーロ(牡、ロードカナロア×ローガンサファイア、美浦・栗田厩舎)
母はマーガレットSなど4勝。美浦ウッドで一杯に5F68秒台前半、1F12秒台半ばの時計をマーク。新馬に遅れたが、大きく追走したもので心配ない。鞍上は北村宏騎手。

◆京都芝2000m

ヒュッゲ(牡、ハーツクライ×ムーンライトダンス、栗東・友道厩舎)
半兄ムーンリットレイク(6勝)、セレクトセールで9720万円(税込)。「ゲート試験に合格後は放牧に。以前より走りがしっかりしている。普段から癖がなく、走りに対して真面目」と大江助手。CWで一杯に5F67秒台前半、1F12秒台前半の時計を出し、アンコールプリュに遅れたが相手は古馬オープンで、更にこちらは追走したものだから悪くはない。好走率の高い友道&金子ラインで注目せざるを得ない。鞍上は岩田康騎手。

デルマラッキーガイ(牡、ディープインパクト×ターフローズ、栗東・音無厩舎)
半兄ロサギガンティア(重賞2勝)、スターオブペルシャ(7勝)。「フットワークのいい馬で芝の長い条件が合っていそう。コース追いでも動けているし、いいモノがある」と生野助手。2週前までは抑えた調教が目立ったが、1週前は初めて一杯に追うと、CW6F81秒台、5F66秒台前半、1F12秒台前半の好時計をマークし、古馬1勝クラスの馬に大きく先着。血統も含め、楽しみが増してきた。鞍上は松若騎手。

サトノパシュート(牡、ディープインパクト×キャンディネバダ、栗東・角居厩舎)
母はアルゼンチンのG1を2勝。セレクトセールで1億5120万円(税込)。調教はCWで5F69秒台前半、1F12秒台前半を余力をもってマーク。カンタービレを相手に先行し、併入している。

アドマイヤメジャー(牡、フェノーメノ×スウェアトウショウ、栗東・大久保龍厩舎)
母の姉スイープトウショウ(G1を2勝)。CWで6F80秒台、5F65秒台前半、1F12秒台前半で、新馬に僅かに遅れたが、その相手は木曜日のCW一番時計(5F)。この馬自身も時計は速い。

◆京都ダート1800m

ザフーン(牡、ロードカナロア×ポルカマズルカ、栗東・吉村厩舎)
母は5勝でオープン馬。近親はダンスインザダーク(菊花賞)、ダンスパートナー(G1を2勝)など活躍馬が多数出ている一族。調教はCW69秒台前半、1F12秒台前半の時計をマークしている。鞍上は岩田騎手。

新潟ダート1200m
アルマセグレート(牝、ゴールドアリュール×シークレットルーム、美浦・高柳瑞厩舎)
半姉クラーベセクレタ(南関東の2冠馬)。29日の中山ダート千二戦を予定も除外され、こちらを予定している。因みに同レースは除外が30頭おり、それらの多くが回ってくると再度ここも除外の可能性はある。調教は美浦ポリトラックで5F68秒台、1F12秒台後半で古馬と併入している。鞍上は大塚騎手。
[RES]


阪神では名伯楽の愛馬が登場。G1デーの中山はあのラインに注目!
ナリティー 2019年09月24日 (火) 08時18分 No.56

icon 9月28日

◆中山芝1200m

キャンディフロス(牝、マジェスティックウォリアー×ミオリチャン、美浦・黒岩厩舎)
母は1200mで4勝。1週前調教(以降も調教は主に1週前のもの)は、坂路52秒8−12秒6(馬なり)で、追いかけた新馬を交わし2馬身程度先着している。行きたがるところがあるので、血統も含め1200mは向きそうだ。

ユールファーナ(牝、ジャスタウェイ×ユールフェスト、美浦・和田勇厩舎)
15日の中山芝1200mを除外され、2週延ばして同じコースでデビューとなった。調教は美浦ウッドで5F67秒台半ば、1F13秒台前半の時計を馬なりでマーク。除外されたぶん調教量も増え、仕上がり面で他をリードする。

◆中山芝1600m(牝馬限定)
レッドラルジュ(牝、オルフェーヴル×ラグジャリー、美浦・木村厩舎)
半兄ショウナンマイティ(大阪杯勝ち馬)、ゴーフォザサミット(青葉賞勝ち馬)。「ここまで順調で中身も伴ってきた。体が絞れて引き締まり、動きの質も良くなっている」と木村師。調教は美浦ウッドで5F68秒台後半、1F11秒台後半と、持ったままで終いに好時計をマーク。上同様、末脚勝負型か。鞍上は北村宏騎手

ディアコニア(牝、キングカメハメハ×デグラーティア、美浦・古賀慎厩舎)
母は小倉2歳S勝ち馬、半兄ドミナートゥス(現4勝)。美浦ウッドで67秒台半ば、1F12秒台前半を抑えてマーク。併せた未勝利馬を追走し併入している。陣営も満足の動きだったようで、デビューへ向けムードは良くなっている。鞍上は内田博騎手。

アルソリート(牝、ダイワメジャー×セメイユドゥヴォン、美浦・久保田厩舎)
半兄グッドスピリッツ(4勝)、近親コンゴウリキシオー(重賞3勝)。美浦ウッドで一杯に5F67秒台後半、1F13秒。終いが少々かかったが、まだ強い調教が少なく変わり身は見込める。

リーディングパート(牝、ハービンジャー×タイトルパート、美浦・矢野厩舎)
母は未勝利戦好タイム勝ち時に評判になった馬。調教は、美浦ウッドで一杯に4F53秒台前半、1F12秒台半ば。故障で大成ならなかった母のぶんも頑張りたい。鞍上は津村騎手。

◆阪神芝1800m

アリストテレス(牡、エピファネイア×ブルーダイアモンド、栗東・音無厩舎)
全兄フランツ(現4勝)。母の兄にリンカーン(G1で2着3回)、ヴィクトリー(皐月賞勝ち馬)。元はここでデビュー予定も、同厩のプラトンが当レースでのデビューが決まり、こちらは中山に変更。しかしプラトンが回避したため、改めて阪神千八戦でデビューとなった。調教はCWで6F81秒台、5F66秒台前半、1F12秒台前半の時計を余裕をもってマークと上々の内容。鞍上はルメール騎手。

クレアーレ(牡、ディープインパクト×ミリアグラシア、栗東・池江厩舎)
馬主が、池江泰寿師の父である池江泰郎元調教師ということで話題の馬。調教はCW5F67秒台前半、1F12秒で、古馬3勝クラスのサトノケンシロウを追走して1馬身程度先着。2週前にも好タイムを出しており、初戦から期待。

フォルステライト(牝、キングカメハメハ×タンザナイト、栗東・斉藤崇厩舎)
半兄ダンビュライト(重賞2勝)。CWで終い気合をつける程度で5F67秒台後半、1F12秒台前半の時計をマークし、古馬オープンに僅かに遅れたが相手と追走の形を思えば悪くない。鞍上は川田騎手。

レッドキュリアス(牝、ロードカナロア×ファイアマーシャル、栗東・松永幹厩舎)
母はPOGで人気になった馬、祖母は英コーンSなど北米G1を3勝。坂路55秒6−12秒4で、併せたギルデッドミラーに遅れたが、相手は来週のサフラン賞で最有力と見られている馬。こちらも無理をしていないので中身は悪くない。鞍上は福永騎手。


9月29日

◆中山ダート1200m

アルマセグレート(牝、ゴールドアリュール×シークレットルーム、美浦・高柳瑞厩舎)
半姉クラーベセクレタ(南関東の2冠馬)。美浦ウッド4Fから抑えて53秒台前半、1F12秒台後半。時計は詰まってきているが気性面に問題があるようで、レースへ行って砂を被ったときが心配である。鞍上は内田博騎手。

ロフティーピーク(牝、ヘニーヒューズ×ロフティーエイム、栗東・武幸厩舎)
母は福島牝馬S勝ち馬。1週前の阪神ダート1400m戦を予定も除外になり、こちらへまわってきた。調教は16日月曜日の坂路で53秒6−12秒7(一杯)。1週前の同じレースでデビュー予定だったミステリオーソ(新馬戦3着)に先着している。

◆中山芝1800m

クロミナンス(牡、ロードカナロア×イリュミナンス、美浦・尾関厩舎)
母は重賞3着2回、母の兄フラガラッハ(中京記念2回)。「体の作りを見ても距離には融通が利きそう。いい動きを見せているし、期待している1頭」と尾関師。調教は、美浦ウッドで5F66秒台、1F12秒台前半の時計を楽々マーク。2勝クラスの馬を先行し、併入している。元より評判の高かった馬だが、調教内容もそれに見合ったものといえる。鞍上は戸崎騎手

ポタジェ(牡、ディープインパクト×ジンジャーパンチ、栗東・友道厩舎)
半姉ルージュバック(重賞4勝、オークス2着)。「能力は確かなモノがあり、下地を作るため予定を延ばしてじっくりと調整。だいぶ動きが良くなり、力を出せる態勢が整った」と大江助手。CWで終い気合を入れる程度に5F67秒台後半、1F12秒台前半で古馬オープンのエタリオウに先着している。全兄のケイブルグラムはダート向きだっただけに、この馬も初戦の芝の走りが注目される。鞍上は川田騎手。

フェデネージュ(牝、ロードカナロア×ホワイトエレガンス、美浦・国枝厩舎)
活躍馬が多数出ているシンコウラブリイ(マイルCS勝ち馬)の一族。美浦ウッドでやや一杯に5F67秒台、1F13秒台前半で、古馬1勝クラスの馬に遅れたが、こちらは追走。2週前にはウッドで66秒台の時計を出し、時計は出ている。鞍上は武豊騎手

◆阪神芝1600m

バーグアンノール(牝、キングカメハメハ×レクレドール、栗東・池江厩舎)
母は重賞2勝。半兄ベルーフ(京成杯勝ち馬)。CWで同厩の新馬クレアーレを先行し、5F68秒台前半、1F12秒台前半の時計を出したが、相手に2馬身程度の遅れ。時計そのものは悪くなく、相手が走る馬と考えるべきか。鞍上は松山騎手。

エルスネル(牡、ロードカナロア×サンドミエシュ、栗東・西園厩舎)
坂路53秒1−12秒3(一杯)で、新馬に1馬身先着。2週前のCW調教の内容も上々で、レースへ向け準備は整いつつある。鞍上は荻野極騎手。

ナスタチューム(牝、キングカメハメハ×レディシャツィ、栗東・笹田厩舎)
母はペルーの3歳牝馬チャンピオン。坂路53秒1−12秒5(一杯)で、古馬2勝クラスの馬と併入。この時計から十分上位を窺える。

ロードドミニオン(牡、ロードカナロア×サウンドオブハート、栗東・西浦厩舎)
母は阪神牝馬Sを勝つなど10戦6勝。CW5F70秒台と全体時計は平凡だが、終いは1F12秒台前半をマーク。2週前の坂路では52秒2−12秒5と水準レベルをクリアしており、血統面からも楽しみな一頭だ。
[RES]


皐月賞と同じ舞台に素質馬が集結!
ナリティー 2019年09月17日 (火) 15時23分 No.55

icon ◆中山芝2000m

ベスビアナイト(牡、ルーラーシップ×モルガナイト、美浦・国枝厩舎)
半兄ブラックスピネル(東京新聞杯勝ち馬)、半姉モーヴサファイア(現5勝)。「これからの馬だとは思うが、入厩後も稽古が消化できているし、1週前の動きも悪くなかった。距離もあってよさそう」と国枝師。1週前調教(以降も調教は主に1週前のもの)は、美浦ウッドで5F66秒台半ば、1F13秒台前半の時計をマーク。終いが少々物足りないが、まだまだ余裕があり時計は詰められる。鞍上は三浦騎手。

キングサーガ(牡、キングカメハメハ×ディアマイベイビー、栗東・池江厩舎)
母の兄ゴスホークケン(朝日杯FS勝ち馬)。CWで6F81秒台、5F67秒台前半、1F12秒台前半の時計で、併せた古馬オープンのシルヴァンシャー、新馬のクレアーレに遅れたが、こちらは追走しており時計的にも水準レベルはクリアしている。鞍上は武豊騎手。

レッドアダン(牡、ルーラーシップ×レッドジゼル、美浦・尾関厩舎)
母の弟レッドアンシェル(CBC賞勝ち馬)。美浦ウッドで5F70秒、1F12秒台後半を馬なりと全体時計を見ると軽めだが、2週前の坂路では53秒8−12秒3を出しており、やれば時計は出る。鞍上はデムーロ騎手

エバービクトリアス(牡、ダノンシャンティ×シーズアン、栗東・友道厩舎)
CWで一杯に5F68秒台前半、1F12秒台前半。新馬のヒュッゲに遅れたが、こちらは大きく追走したもの。2週前に比べると時計を大きく詰めており、変わり身が見られる。

◆中山ダート1800m

グッドフェイム(牝、ヴィクトワールピサ×グッドチョイス、美浦・和田郎厩舎)
母の弟にグレープブランデー(フェブラリーS勝ち馬)。美浦ウッドで5F67秒台後半、1F12秒台前半を余力をもってマークなら悪くない時計だ。鞍上は藤田菜七子騎手。

◆阪神芝1600m

セウラサーリ(牝、オルフェーヴル×サマーナイトシティ、栗東・西園厩舎)
半兄サダムパテック(マイルCS勝ち馬)、半姉ジュールポレール(ヴィクトリアマイル勝ち馬)。2週前にCWで6F78秒台、5F64秒、1F13秒台前半の速い時計が出たため、前倒して阪神2週目にデビューの可能性もあったが、当初の予定通り当週のデビューとなった。1週前は坂路で57秒1−12秒1(一杯)。CWの時に比べると見劣るが、本数そのものが少ないので直前調教で更に前進を見込みたい。鞍上は、ジュールポレールの主戦だった幸騎手。

アドマイヤチャチャ(牝、ディープインパクト×ホットチャチャ、栗東・友道厩舎)
半兄エタリオウ(菊花賞2着)。「順調に乗り込めている。ディープインパクトの産駒らしく素軽いフットワークをするし、血統馬らしくいい馬」と大江助手。CWで6F82秒台、5F66秒台半ば、1F12秒台半ばで、古馬2勝クラスのワールドプレミアに3馬身、新馬ポタジェに2馬身程度遅れたが、大きく追走してのものなので、全体時計は悪くない。鞍上はルメール騎手。

ベイキングヒート(牡、ジャスタウェイ×リーサルヒート、栗東・須貝厩舎)
半兄トータルヒート(5勝)。栗東芝コースで6F77秒台、5F61秒台、1F12秒台前半の時計をマークし、新馬と併入。手応えはこちらほうが上だった。速い時計こそ出ているものの、陣営はまだ物足りなさを感じている模様。それだけ期待が高いのだろう。鞍上は浜中騎手。

ロータスランド(牝、PointofEntry×LittleMissmuffet、栗東・角居厩舎)
近親にカラビナ(現5勝)。CW5F71秒台、1F11秒台後半の時計を抑えたままで、2勝クラスの3歳馬シーリアに先着。全体時計を見ると軽めだが、2週前には坂路52秒8−12秒7を楽に出しており、仕上げは進んでいる。


9月22日(日)

◆中山芝1600m

アヌラーダプラ(牝、キングカメハメハ×ポロンナロワ、美浦・萩原厩舎)
半姉ディーパワンサ(中京2歳S1着)、半兄ガルヴィハーラ(3戦2勝、全日本2歳優駿3着)。母の妹シンハライト(オークス馬)。美浦ウッドで67秒台後半、1F12秒台半ばの時計をマーク。すぐにスイッチが入りやすいようなので、そのあたりをコントロールできれば、初戦から好勝負とになりそうだ。鞍上は三浦騎手。

サトノジヴェルニー(牡、Syouni×BaldeLaRose、栗東・音無厩舎)
坂路52秒3−12秒4(一杯)の好時計で、3歳馬ミッキーブラックを追走し1馬身先着。「気持ちに前向きさがある。いいスピードのあるタイプだし、マイル前後が合っていそう」と生野助手。初戦から期待大だ。鞍上は福永騎手。

◆阪神ダート1400m

ミステリオーソ(牡、パイロ×ミステリアスオーラ、栗東・武幸厩舎)
昨年のオータムセールで、ノーザンFが購入した馬。CWで一杯に追われ、6F83秒、5F67秒台半ば、1F13秒台前半の時計を出し、併せた新馬に1馬身程度遅れている。時計は平凡だが、延ばす可能性もあったデビュー戦を予定通りに迎えたことから、仕上がりは悪くないのだろう。鞍上は北村友騎手。

ロフティーピーク(牝、ヘイニーヒューズ×ロフティーエイム、栗東・武幸厩舎)
母は福島牝馬S勝ち馬。CWで6F82秒台、5F67秒台前半、1F13秒台前半をマークし、併せた新馬に先着。馬なりでこの時計なら悪くない。鞍上は吉田隼人騎手。

イーベンホルツ(牡、ゴールドアリュール×オフジオールドブロック、栗東・村山厩舎)
半姉オールドパサデナ(5勝)、半兄シュナウザー(4勝)。坂路53秒1−13秒1(強め)の時計で、古馬1勝クラスの馬と併入している。鞍上は和田騎手。

◆阪神芝2000m

ラルナブリラーレ(牝、ハーツクライ×シルヴァーカップ、栗東・石坂正厩舎)
半兄ドラゴンカップ(現4勝)、ルッジェーロ(現3勝)。坂路51秒1−12秒6で、古馬1勝クラスに3馬身程度の先着。2週前までは馬なり調教が中心だったが、初めて強く追ったところ、大きく時計を詰めてきた。この時計なら、初戦から楽しみだ。。鞍上は和田騎手。
[RES]


3日間開催は阪神でシンハライト妹、ジュールポレール妹が出陣!
ナリティー 2019年09月09日 (月) 07時52分 No.54

icon 9月14日(土)

◆中山芝1800m

アブルハウル(AmericanPharoah×KittensDumplings、栗東・池江厩舎)
母は北米G1勝ち馬。「稽古は楽な感じで時計が出ている。手先が軽くて芝にも対応できそうなフットワーク」と池江師。1週前調教(以降も調教は主に1週前のもの)は、栗東坂路で一杯に52秒2−11秒9と、新馬としては秀逸の時計を出し、初戦から勝ち負けできる態勢にある。鞍上はM.デムーロ騎手。

ヴォリアーモ(牝、ルーラーシップ×リビアーモ、美浦・木村厩舎)
母は6勝、一族にアンバーシャダイ、サクラバクシンオー(スプリンターズS2勝)がいる。調教は、2週連続芝コースで5F68秒台、1F12秒台半ばを馬なりと似たようなメニューをこなしている。気性的に難しいところがあるという話なので、レース当日はパドックや返し馬をじっくり観察したい。鞍上は三浦騎手。

◆阪神芝1400m

ピュアカラー(牝、ワールドエース×ヴィヴィッドカラー、栗東・橋口厩舎)
半兄カレンラストショー(4勝)、近親スリープレスナイト(スプリンターズS勝ち馬)。CWで一杯に5F67秒台前半、1F12秒台半ばと水準レベルの時計は出ている。鞍上は川田騎手。


9月15日(日)

◆中山芝1200m

ユールファーナ(牝、ジャスタウェイ×ユールフェスト、美浦・和田勇厩舎)
一つ上のフィルムフェストは新馬勝ち。調教は、美浦坂路54秒6−12秒6(馬なり)。余力を残して12秒台半で上がっていれば合格点だ。鞍上は丸山騎手。

◆中山芝1600m(牝)

デイトライン(牝、Zoffany×パシフィックリム、美浦・高橋文厩舎)
母はフランスG2勝ち馬。「スピードがあり、気性も真面目。血統からもマイル前後の条件が合っているのでは」と高橋文師。調教は美浦坂路で56秒3−13秒1(馬なり)。速い時計が不足している感じだが、しっかり天栄でやってきているのだろう。鞍上は石橋騎手。

ジュエルタワー(牝、クロフネ×プリンセスゴールド、美浦・尾形厩舎)
母の兄ステイゴールド(香港ヴァーズ勝ち馬)。新設された美浦ウッドコースで、5F67秒、1F13秒。まだ余力はあるので時計は詰められそうだ。鞍上は田辺騎手。

◆阪神ダート1800m

ベイサイドブルー(牡、ロードカナロア×ルージュクルーズ、栗東・矢作厩舎)
一つ上のロークアルルージュは新馬戦を3馬身差で快勝している。調教は坂路53秒8−12秒4(一杯)で、2歳未勝利馬に先着している。鞍上は坂井騎手。

リレーションシップ(牡、ルーラーシップ×カラフルブラッサム、栗東・須貝厩舎)
母は阪神JFで5着、母の兄にピイラニハイウェイ(交流重賞2勝)がいる。調教はCWで一杯に5F69秒台、1F11秒台後半と終いに好時計を出し、新馬に2馬身程度先着している。鞍上は川田騎手。

◆阪神芝1800m

レーヴドゥロワ(牡、キングカメハメハ×レーヴディソール、栗東・池江厩舎)
母は阪神JF勝ち馬、母の兄にアプレザンレーヴ(青葉賞)、母の弟にレーヴミストラル(重賞2勝)がいる。CWで一杯に5F67秒台後半、1F12秒台後半の時計。2週連続でCWでは上りがかかっているが、坂路では12秒台前半で上がっており、素質の一端を見せている。鞍上は川田騎手。

ラインハイト(牡、ハーツクライ×ピューリティー、栗東・石坂正厩舎)
半姉ピュアブリーゼ(オークス2着)。CW71秒台、13秒台後半を馬なりと、1週前までは余裕を持った内容。血統的にも使ってからのイメージだ。鞍上は岩田康騎手。


9月16日(日)

◆中山芝1600m

アコルドエール(牡、オルフェーヴル×フォルテピアノ、美浦・中川厩舎)
近親にカンパニー(G1を2勝)、トーセンジョーダン(天皇賞・秋勝ち馬)。「併せ馬でも動けているし、いいモノはありそう。気性的な難しさが出ないよう調整していければ」と中川師。調教は美浦ウッドコースで、5F67秒台、1F13秒台で新馬に遅れている。鞍上は川田騎手。

◆阪神芝1600m(牝)

ライティア(牝、ディープインパクト×シンハリーズ、栗東・石坂正厩舎)
全姉シンハライト(オークス馬)、半兄アダムスピーク(ラジオNIKKEI杯2歳S勝ち馬)、半姉リラヴァティ(マーメイドS勝ち馬)。調教は坂路54秒5−12秒5(強め)。あまり派手な時計を出さない石坂正厩舎なので、この時計なら十分。鞍上は北村友騎手。

ヴィオリーナ(牝、ディープインパクト×レディアルバローザ、栗東・中内田厩舎)
全姉オールフォーラヴ(オープン特別2勝)。CWで一杯に67秒台半ば、1F11秒台半ばで、古馬1勝クラスに遅れたが、大きく追走したもので心配ない。終いの時計も良好で、初戦からチャンスだ。

セウラサーリ(牝、オルフェーヴル×サマーナイトシティ、栗東・西園厩舎)
半兄サダムパテック(マイルCS勝ち馬)、半姉ジュールポレール(ヴィクトリアマイル勝ち馬)。調教はCWで6F78秒台、5F64秒、1F13秒台前半。テンから行ったのでさすがに後半は伸びが甘かったが、全体で6F80秒を切ったのだから十分。本来は4週目のデビュー予定だったが、予想以上に仕上がりが速いことを考慮し、ここでデビューの可能性もあるという。さすがに直前は抑えた時計になると思うが、終いが速くなっていれば、デビュー戦へ向け楽しみは増す。
[RES]


秋競馬が開幕!日曜日の阪神では栗東で噂の馬が登場!
ナリティー 2019年09月02日 (月) 16時35分 No.53

icon 9月7日(土)

◆中山芝2000m

ブレッシングレイン(牡、ディープインパクト×レゾンデート、美浦・木村厩舎)
ノーザンFが、セレクトセールで7560万円(税込)で落札した馬。近親ライトオンキュー(現4勝)。「コントロールが利くよう気をつけて調整。まだ良化余地はあるが、週ごとに良くなってきた」と太田助手。1週前調教(以降も調教は主に1週前のもの)は、美浦芝コースで5F68秒台半ば、1F12秒台前半を持ったままでマーク。抑えた調教ばかりなので、強めに追ってどのような時計が出るのか注目である。鞍上はルメール騎手の予定。

ブリジャール(牡、ブラックタイド×ボシンシェ、美浦・加藤征厩舎)
半兄グレンツェント(重賞2勝)。調教は、美浦ポリトラックを馬なりで5F67秒台前半、1F11秒台後半で、古馬1勝クラスの馬を大きく追走し併入している。鞍上は戸崎騎手。

◆阪神芝1400m(牝馬限定)

フェアレストアイル(牝、ディープインパクト×スターアイル、栗東・中内田厩舎)
全兄ミッキーアイル(G1を2勝)。「走りが軽く、フットワークも大きい。芝コースに入れるといい動きを見せるし、このくらいの条件が合いそう」と猿橋助手。調教は栗東芝コースで、5F66秒台半ば、1F12秒の時計を楽にマーク。動きも上々で、厩舎の評価も高いようだ。鞍上は川田騎手

フォールクヴァング(牝、ノヴェリスト×ヴァナディーズ、栗東・高橋康厩舎)
母の姉ラインクラフト(G1を2勝)、母の兄アドマイヤロイヤル(プロキオンS勝ち馬)。調教はCWで一杯に、5F72秒、1F12秒。全体時計は遅いが、終い重点でしっかり脚を伸ばし、併せた馬を突き放している。鞍上は北村友騎手。

クレドラネージュ(牝、エピファネイア×シナノネージュ、栗東・松下厩舎)
半姉ブランネージュ(フローラS2着)。栗東芝コースで一杯に追われ5F66秒台、1F13秒。馬場が重かったせいもあるのか、終いがかかってしまった。鞍上は坂井騎手を予定。

◆阪神芝1600m

ゴルトファルベン(牡、オルフェーヴル×バシマー、栗東・吉村厩舎)
半兄バシレウスライオン(現3勝)。調教はCWで、最後に気合を入れる程度に5F65秒前半、1F12秒の好時計をマークし、古馬1勝クラスの馬に先着。ここまで併せ馬は全て先着しており、上りも上々。初戦から楽しみである。鞍上は浜中騎手

クラヴァシュドール(牝、ハーツクライ×パスオブドリームズ、栗東・中内田厩舎)
リアアメリアとともに、3月には栗東に入っていた馬。僚馬は6月頭の新馬戦でデビューしたが、こちらはじっくり調整され、いよいよデビューを迎える。調教は、栗東芝コースで5F66秒、1F12秒を馬なりでマークし、フェアレストアイルを追いかけて併入。2週前馬には、坂路で終い1F11秒8を出しており、脚力も十分だ。


9月8日(日)

◆中山ダート1800m

レベンディス(牡、エピファネイア×ヴァルホーリング、美浦・高柳瑞厩舎)
近親エイシンプレストン(朝日杯FS勝ち馬、香港G1を3勝)。坂路53秒2−12秒4(一杯)で、新馬と併入。2週前に比べて時計も詰まってきている。鞍上は丸山騎手。

◆中山芝1600m

シャインガーネット(牝、オルフェーヴル×ベルベットローブ、美浦・栗田厩舎)
半兄アドマイヤサガス(交流重賞・北海道スプリントC勝ち馬)。「小柄だがバネのある動きで、稽古はやればやるだけ動きそう。能力を感じるし、いきなりから楽しみ」と栗田徹師。美浦坂路51秒6−12秒3の好時計を軽々マークし、初戦から好勝負を期待できる。

フロイデンベルク(牝、ダイワメジャー×フラニーフロイド、美浦・手塚厩舎)
母は北米G1勝ち馬。1週前の新潟1400m戦を除外され、こちらにまわってきた。1調教は坂路53秒8−12秒4(強め)。除外もあり仕上がりは更に進んでいる。

スターズプレミア(牡、ロードカナロア×スターズインハーアイズ、栗東・池江厩舎)
半兄アインラクス(若駒S1着)、母の妹ディープインパクト(G1を7勝)。CWで一杯に6F81秒台、5F66秒台前半、1F12秒台前半の好時計を出し、いいイメージでデビューを迎えることになる。鞍上はデムーロ騎手。

◆阪神ダート1400m

アルコレーヌ(牝、ゴールドアリュール×マチカネタマカズラ、栗東・奥村豊厩舎)
半姉ホウオウパフューム(3勝)。CWで強めに、5F69秒台後半、1F12秒台前半の時計で、新馬と併入している。鞍上はルメール騎手

◆阪神芝2000m

アルジャンナ(牡、ディープインパクト×コンドコマンド、栗東・池江厩舎)
母は北米G1勝ち馬。セレクトセール1億8360万円(税込)。CWで一杯に追われ6F82秒台、5F66秒台半ば、1F11秒台半ばの好時計で、古馬オープンのジャンダルムにクビ差遅れ、3歳オープンのサトノルークスには2馬身程度先着している。因みに並走相手のジャンダルムは、池江厩舎の重賞ウイナーと併せても、ほとんどが先着の猛者。これに少差遅れなら問題無い。予定されていた小倉戦は除外となったが、当時から栗東で噂になっていた馬。クラシックを意識させるようなレースを期待したい。
[RES]


夏競馬ラスト!新潟でペルラネーラ、小倉でヴェルトライゼンデほか良血馬が出陣
ナリティー 2019年08月27日 (火) 08時06分 No.52

icon 8月31日(土)

◆新潟芝1800m

ペルラネーラ(牝、ディープインパクト×シユーマ、美浦・国枝厩舎)
全兄ヘリファルテ(現4勝)、ブレステイキング(現3勝)。「体幹が強くてバランスもいい。牝馬の中ではトップクラスにあると思う」と国枝師。1週前調教(以降も調教は主に1週前のもの)は、美浦坂路で気合をつける程度に52秒5−12秒7。余力をもって水準レベルの時計はをクリアしている。鞍上は福永騎手。

バルバレスコ(牝、ロードカナロア×ローマンエンプレス、美浦・宗像厩舎)
母はイギリスG1ヨークシャーオークス3着。調教は、美浦坂路で54秒2−12秒8(一杯)。3歳未勝利馬を追走したが、1馬身程度遅れてしまった。終いが甘かったという陣営の話なので、このあたりを最終調教で解消できるか。

◆新潟ダート1200m

クワトロチェント(牡、スマートファルコン×チャーチクワイア、美浦・新開厩舎)
母は4勝、近親キングストレイル(重賞2勝)、コディーノ(重賞2勝)。調教は、坂路55秒4−12秒7(一杯)。ここまで全体時計は目立たないが、強く追ったときはしっかり12秒台で上がっている。

◆小倉芝1200m

アルタグラシア(牝、ジャスタウェイ×エヴィータアルゼンティーナ、栗東・平田厩舎)
母は北米G1勝ち馬。「時計も悪くなく、稽古の動きも追う毎に上向いてきた。良さそうだし、いいモノを持っている」と小林助手。調教は、坂路52秒9−12秒3(一杯)。全体が52秒台、上りが12秒台前半なら合格点だ。鞍上は川田騎手。

パドゥヴァルス(エピファネイア×アンレール、栗東・吉田厩舎)
母は3勝。近親はフサイチコンコルド(ダービー馬)、アンライバルド、ヴィクトリー(ともに皐月賞馬)など活躍馬多数。8月24日の土曜日にCWで6F82秒台、5F66秒台半ば、1F12秒台前半の好時計を余力十分にマークし、初戦から楽しみだ。

キルシェンロート(牝、ロードカナロア×ルタンデスリーズ、栗東・橋口厩舎)
母の兄タイセイアトム(ガーネットS勝ち馬)。坂路53秒4−12秒3(強め)で3歳未勝利馬に2馬身程度先着している。

◆札幌芝1500m

ダノンオスカル(牝、キングカメハメハ×ジンジャーミスト、栗東・藤原英厩舎)
母の妹ルージュバック(重賞4勝、オークス2着)。函館ウッドで強めに5F68秒台後半、1F13秒台半ば。時計が出にくいコースなので地味だが、3歳未勝利馬に大きく先着している。


9月1日(日)

◆新潟1400m

エストロ(牝、ロードカナロア×スピードリッパー、美浦・萩原厩舎)
母は重賞2着3回。母の兄ポップロック(目黒記念2勝)。美浦ポリトラックで5F65秒台前半、1F11秒台後半を楽にマークし、古馬1勝クラスを追走して併入といい動きを見せている。鞍上はルメール騎手。

フロイデンベルク(牝、ダイワメジャー×フラニーフロイド、美浦・手塚厩舎)
母は北米G1勝ち馬。美浦坂路54秒5−12秒8(馬なり)で、3歳1勝クラスのライルに先着している。鞍上は石橋騎手。

ショウナンサモン(牡、エピファネイア×パワフルラリマー、美浦・大竹厩舎)
母は3勝、母の兄ロイヤルクレスト(7勝)。美浦坂路で54秒7−12秒4(馬なり)。本数も多く、仕上がりは進んでいる。

スピードサウンド(牡、キンシャサノキセキ×ブレイヴフィート、美浦・栗田厩舎)
近親スティルインラブ(牝馬3冠馬)。ポリトラック4Fから53秒台前半、1F11秒台後半で古馬2勝クラスの馬を追走して併入している。

◆小倉芝1800m

ヴェルトライゼンデ(牡、ドリームジャーニー×マンデラ、栗東・池江厩舎)
半兄ワールドエース(重賞2勝、皐月賞2着)、ワールドプレミア(現2勝)。「大人しくて素直。まだ緩さが残って動き切れないが、キャンター時のフットワークなどはいい」と池江師。CWで一杯に追われ、6F68秒台半ば、1F12秒台半ばの時計で、併せた新馬のレーヴドゥロワに2馬身程度先着している。鞍上は川田騎手。

リアンティサージュ(牡、オルフェーヴル×ローブティサージュ、栗東・須貝厩舎)
母は阪神JF勝ち馬。CWでやや一杯に6F81秒台、5F65秒台後半、1F12秒台半ばの時計で、古馬オープンのアドマイヤアルバを追走して僅かに遅れ。全体時計も速く、新馬勝ちへの意欲が伝わってくる。鞍上は武豊騎手。
[RES]


ノーザンFの良血馬がズラリ!日曜新潟は芝1800mの新馬戦も必見 2019
ナリティー 2019年08月19日 (月) 07時04分 No.51

icon 8月24日(土)

◆新潟芝1200m

エリナイトニケ(牝、エイシンフラッシュ×コパノマルコリーニ、美浦・相沢厩舎)
半兄サイモンラムセス(5勝、小倉大賞典3着)。1週前調教(以降も調教は主に1週前のもの)は、美浦坂路53秒2−13秒1。馬なりでこの時計なら悪くない。

◆札幌ダート1700m

ゴリン(牝、ヘニーヒューズ×レストレスハート、栗東・高橋忠厩舎)
半兄パドルウィール(金鯱賞2着)。調教は、函館ウッドで軽く促して5F70秒台、1F13秒台後半。古馬1勝クラスに僅かに遅れたが、大きく追走したもの。2週前には同じく函館ウッドで5F69秒台、終い13秒を切る時計が出ており、本来はもっと時計が出る馬だ。


8月25日(土)

◆新潟芝1800m

アドマイヤミモザ(牝、ハーツクライ×キラモサ、栗東・友道厩舎)
母は豪州G1勝ち馬。セレクトセールで6696万円(税込)。「追い切りで芝コースに入れると、こちらが思った以上の動きを見せた。水準以上のモノがある」と安田助手。調教は栗東芝コースで一杯に追われ、6F79秒台、5F61秒台前半、1F11秒台半ばで、古馬1勝クラスの馬を追走して先着している。2週前まではCWで遅れることも多かったが、芝コースでいい動きを見せたことから、軽い馬場向きなのかもしれない。これなら初戦から楽しみだ。鞍上は福永騎手。

シャドウブロッサム(牝、ディープインパクト×ヒアトゥウィン、栗東・藤岡厩舎)
全姉サトノワルキューレ(フローラS勝ち馬)。「稽古は楽々と動けているし、能力を感じさせる馬。ディープインパクト産駒らしい素軽い走りをする」と仲田助手。調教は坂路53秒4−12秒5(一杯)で、新馬を追走して先着。2週前にも同じような調教内容をこなしており、順調に進んでいる。鞍上は松山騎手を予定。

アナンダライト(牡、ジャスタウェイ×レインボークォーツ、美浦・田村厩舎)
母の弟ワールドエース(重賞2勝、皐月賞2着)。ポリトラック5F64秒台前半、終い気合を入れて1F12秒台半ばでフィニッシュし、古馬1勝クラスに1馬身程度先着している。鞍上は田辺騎手。

リグージェ(牡、ブラックタイド×マルティンスターク、美浦・木村厩舎)
母は4勝、半兄エングレーバー(現2勝)「入厩からここまで予定通りに調整できている。格上と併せても食らいついているし、稽古もマズマズ動けている」と太田助手。調教は美浦芝コース5F69秒台前半、1F11秒台後半。なおデビューを延ばす可能性もある。

ヴィディア(牝、オルフェーヴル×ピクシーホロウ、美浦・大竹厩舎)
母3勝、近親ウキヨノカゼ(重賞3勝)。17日の札幌芝1500m戦でデビュー予定もスクミで回避し、1週延ばした。調教は函館ウッドで4F55秒を馬なりでマーク。2週前には函館ウッドで5F68秒の時計を楽に出しており、脚力は見せている。最後も函館で追い、金曜日に新潟へ移動する予定。

◆小倉芝2000m

ラズルダズル(牡、ルーラーシップ×ラシンティランテ、栗東・斉藤崇厩舎)
母は3勝。母の弟にトーセンスターダム(重賞2勝)、母の妹にセンテリュオ(現4勝)。調教はCWで一杯に5F69秒、1F12秒台後半。追いかけた2歳1勝馬に遅れている。遅れは追走したものなので仕方ないが、時計はまだ物足りない。残り1週で詰めていきたい。鞍上は北村友騎手。

ウェイヴァリー(牡、ノヴェリスト×イストワール、栗東・平田厩舎)
母は3勝、近親アルーリングボイス(重賞2勝)。CW5F71秒台の軽め。2週前には坂路54秒8−12秒8の時計を出している。500キロを遥かに超える大型馬、しかも1週前が軽めなので、直前はしっかり時計を出したい。鞍上は秋山騎手。
[RES]


日曜小倉がアツイ!大魔神・佐々木オーナーのヴァルコスほかノーザンF良血馬が集結!
ナリティー 2019年08月13日 (火) 15時39分 No.50

icon 8月17日(土)

◆新潟芝2000m

クロスキー(牡、ハーツクライ×リッチダンサー、美浦・国枝厩舎)
半姉バウンスシャッセ(重賞3勝、オークス3着)、コントラチェック(フラワーC勝ち馬)、半兄ムーンクエイク(京王杯SC勝ち馬)。「初戦向きかはどうかだが、ハーツクライの産駒で奥はありそう。来週にはいい状態に持っていけると思う」と国枝師。1週前調教(以降も調教は主に1週前のもの)は、美浦ポリトラックで5F69秒台、1F12秒。抑えたままで、古馬1勝クラスのサトノエルドールを追走し併入。ここへきて評価も上がりつつある。鞍上は三浦騎手。

ラヴィンフォール(牝、ルーラーシップ×クロフォード、栗東・友道厩舎)
母は新潟2歳S3着。調教はCWで6F80秒台、5F65秒台後半、1F12秒台前半。古馬オープンのユーキャンスマイル、2歳新馬のアドマイヤミモザを大きく追走し、最後は1馬身程度先着している。その前の日曜日にも坂路で52秒7−12秒2を出し、仕上がりは良好だ。鞍上はM.デムーロ騎手。

◆小倉芝1200m

ジュビリーヘッド(牡、ロードカナロア×ローズノーブル、栗東・安田隆厩舎)
母は4勝、CWで一杯に5F66秒台前半、1F11秒台半ばの好時計をマークし、古馬2勝クラスのユアスイスイを追走し併入。初戦から好勝負が見込める。鞍上は北村友騎手。

エンプティチェア(牡、リアルインパクト×トウカイデンヒル、栗東・音無厩舎)
母は新馬勝ち。坂路52秒3−12秒9(一杯)で、新馬のモズトンボに1馬身程度先着。上りはかかったが、全体時計は合格点だ。

◆札幌芝1500m(牝)

ポレンティア(牝、ハーツクライ×ポーレン、美浦・田中博厩舎)
母はアイルランドG3勝ち馬。函館ウッドで5F67秒台後半、1F12秒台後半をマークし、3歳未勝利馬を大きく追走して先着。函館ウッドを楽な手応えでこの時計から上々だ。鞍上は池添騎手。

アスティパレア(牝、ディープブリランテ×ペンテシレイア、美浦・中舘厩舎)
母の兄ロジユニヴァース(ダービー馬)。函館ウッドで5F71秒台、1F13秒台前半と軽めだが、2週前には同じく函館ウッドで一杯に追われ、5F69秒台、1F12秒台後半の時計を出している。

ヴィディア(牝、オルフェーヴル×ピクシーホロウ、美浦・大竹厩舎)
母3勝、近親ウキヨノカゼ(重賞3勝)。函館ウッドを5F68秒台、1F13秒で新馬を追走して併入。時計の出にくい函館で、抑えてこの時計から悪くない。


8月18日(日)

◆新潟芝1600m

クロワルース(牝、ディープインパクト×ルシルク、美浦・古賀慎厩舎)
半兄グランシルク(京成杯AH勝ち馬)。美浦芝コースを、直線で気合を入れて5F66秒台、1F12秒台半ばの時計を出し、3歳未勝利馬と併入している。鞍上は三浦騎手。

テクノポリス(牡、エピファネイア×レディシビル、美浦・宗像厩舎)
母はフランスG3で4着。坂路56秒8−13秒4(馬なり)で、新馬に1馬身程度先着している。山元で速めの時計を出しているとはいえ、美浦では軽めが中心。最終調教に注目したい。鞍上は田辺騎手。

スパニッシュアート(牝、フェノーメノ×スパニッシュクイーン、美浦・戸田厩舎)
母はアメリカンオークス(北米G1)勝ち馬。美浦芝コースで5F65秒台、1F12秒台前半の時計を抑えてマークし、新馬と併入。体が小さいので、仕上がりは早そうだ。鞍上は武藤騎手。

アヴァンセヴェリテ(牝、オルフェーヴル×コケレール、美浦・武井厩舎)
母はサンタラリ賞(フランスG1勝ち馬)、半姉ラヴィエベール(3勝)。坂路52秒0−12秒9(一杯)と、レースが近づき全体時計も一気に詰まってきた。鞍上は津村騎手。

◆新潟芝1400m(牝)

シャンボールロッソ(牝、モンテロッソ×シャンボールフィズ、美浦・武藤厩舎)
母の姉アプリコットフィズ(重賞2勝)、母の弟ダービーフィズ(新潟記念勝ち馬)。ポリトラックで5F73秒台、1F12秒台後半をマークし、楽な手応えで2歳未勝利馬に先着している。鞍上は西田騎手。

◆小倉芝1800m

ミレニアムクロス(牡、ハーツクライ×アドマイヤテレサ、栗東・斉藤崇厩舎)
全兄アドマイヤラクティ(豪州G1コーフィールドC勝ち馬)。CWで一杯に追われ、5F68秒台前半、1F12秒台後半。併せた1勝クラスの馬に少差遅れたが、大きく追走したもので心配ない。長めからの時計は多く、1F12秒台前半の上りも連発しており、いい状態でデビュー戦に臨めそうだ。鞍上は北村友騎手。

ミッキーローズ(牝、ディープインパクト×サファリミス、栗東・池江厩舎)
母はアルゼンチンのG1を2勝。CWで一杯に5F66秒台後半、1F12秒台半ばの時計で古馬2勝クラスのプランドラーに2馬身程度の遅れ。「期待は高いが、初戦向きでは無さそう」と栗東の記者。このような状況で勝てれば、先々が更に楽しみになる。鞍上は浜中騎手。

ヴァルコス(牡、ノヴェリスト×ランズエッジ、栗東・友道厩舎)
半姉はロカ(クイーンC3着)、母の兄ディープインパクト(G1を7勝)。CWで一杯に6F81秒台、5F65秒台半ば、1F12秒台半ばの時計を出し、古馬1勝クラスのピボットポイントを離れた後方から追いかけ先着している。鞍上は、姉のロカにも騎乗していた和田騎手。

ネイプルスイエロー(牡、サンカルロ×ペニーホイッスル、栗東・松下厩舎)
半兄は現在3連勝中のカヴァル(現4勝)。CWで一杯に5F70秒台、1F12秒台前半で、古馬1勝クラスの馬に遅れている。鞍上は松若騎手。

ライトウォーリア(牡、マジェスティックウォリアー×スペクトロライト、栗東・高野厩舎)
母の弟ビッシュ(紫苑S勝ち馬)。坂路51秒8−13秒0(一杯)で、古馬2勝クラスのナムラアッパレに先着している。

マスカテル(牡、トーセンホマレボシ×ティフィン、栗東・宮本厩舎)
母の兄アルナスライン(日経賞勝ち馬、GT2着2回)。10日のダート1700m戦を予定も除外。ダート戦がしばらく無いので、芝の当レースに出走する予定だ。調教は坂路53秒9−12秒5(一杯)。1週前に出せる仕上がりにあったので、調教量に不足はない。鞍上は西村騎手。

シャンドフルール(牝、キズナ×バイコースタル、栗東・松永幹厩舎)
半兄は新馬、500万特別と連勝したティルナノーグ。CWで一杯に5F67秒台、1F12秒台半ばで、古馬1勝クラスの馬に遅れている。

◆小倉芝1200m(牝)

パリスデージー(牝、エピファネイア×ルミナスハッピー、栗東・高野厩舎)
半兄ルミナスウォリアー(函館記念勝ち馬)「稽古は動いていい時計が出ている。前向きな性格でスピード能力は高い」と高野師。調教は栗東坂路で52秒8−12秒3(一杯)の好時計をマーク。調教毎にしっかり時計を詰めて変わり身を見せている。鞍上は北村友騎手。

◆札幌芝1800m

アンティシペイト(牡、ルーラーシップ×アンチュラス、美浦・国枝厩舎)
母はファンタジーS2着。「稽古はここまで順調に積めている。体型を見ても距離が保ちそうだし、芝の長い条件が良さそう」と国枝師。調教は札幌芝コースを5F65秒台前半、1F12秒台半ばで、11日(日)にデビューしたスペースシップを追走して併入している。鞍上は福永騎手。

ミヤマザクラ(牡、ディープインパクト×ミスパスカリ、栗東・藤原英厩舎)
全兄マウントロブソン(スプリングS勝ち馬)、ポポカテペトル(菊花賞3着)。函館芝コースで一杯に5F66秒台半ば、1F12秒を切る時計で3頭併せの再先着。2週前には函館ウッドで5F66秒台後半を出しており、いい形でレースを迎えることになりそうだ。鞍上は藤岡佑騎手。

ラザフォード(牝、ディープインパクト×キトゥンカブートル、美浦・藤沢和厩舎)
札幌芝コースで5F73秒台と軽めだが、藤沢厩舎ならこれで大丈夫。全兄ルヴォルグ(現2勝)はデビュー戦で圧勝しており、妹も初戦から期待したい。鞍上はルメール騎手。
[RES]





Number
Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板